HOME>[BLコミック]西田東

西田東『天使のうた 1』(新書館/ディアプラスコミックス)

すご~~く楽しみにしていた西田さんの新刊!
『天使のうた』(新書館/ディアプラスコミックス)を読みました~♪

天使のうた 1 (1) (ディアプラスコミックス)

最愛の妻と子供を事故で失い、人生に希望を見出せない医師・ミシェル。ある日ゲイストリートに迷い込んだ彼は、かつて知り合いだった少年を目撃する。その少年・アレックスは美形の音楽家、クリストフ・アドラーの息子。アレックスのことを相談しにクリスの楽屋を訪れたミシェルが目にしたのは、男と戯れるクリスの姿だった——。

■初出■
「天使のうた」Dear+ 2006年6.7.9.11.12月号掲載
「見守る者」 描き下ろし

---------

ご覧下さい、この麗しい表紙を
まず2人が素晴らしい。
その色合いも、ベルベッドの風合いまで感じられるようです。

そしてもちろん、ストーリーも期待を裏切りません・・・!!

う~む。
確実に進化しています!

西田先生~、こうなったらどこまでもついて行きますぞ~!



ワン アンド オンリーな魅力でもって、ファンの気持ちを鷲づかみにして来た西田東さんですが、作品を世に出すごとにその評価も高まってきています。

この作品を読んでまず思ったのが、
「絵が上手くなってる!」
ということ。

味わいのある筆致ながら、時に驚くほど色気ある奇跡の画面を描く作家さんでしたが、今作ではますますその腕が冴えわたっています!

そして人物の内面をえぐり出し、鋭い眼差しで描き出す力量も増しているような…。

漫画家さんの成長がこれほど実感できるなんて、本当に西田さんに出会えてラッキーです。

西田さん、BLを描いてくれてありがとう!!(叫)

だって、BLじゃなければ読まずに終わっていたかもしれませんから。汗


今作では西田作品では初めて子供(アレックス)が登場し、その父親である音楽家のクリスと突然の事故で最愛の家族を失った医師のミシェルの三角関係が描かれます。

アレックスに辛く当たるクリスに不信感を抱きつつも、徐々にその奔放な魅力にひかれ始めるミシェル。
クリスの後ろ暗い過去を探る息子、アレックス。
一流の音楽家でありながら、男娼としての過去を隠そうともしないクリス。

ばらばらだった三人が一つの線上に重なった時、物語が動き始めます。


個人的には、ミシェルがクリスへの気持ちを自覚した時のくだりがとても好きです。
こういう感じ、わかるな~、と。


あと、圧倒されたのがミシェルの射○シーン!!
ド迫力です!!爆
まったく西田さんの描く男どもには毎回驚かされますよ~。ふー。滝汗


そして、この描き下ろし「見守る者」がまたとても心に染みます。
人生捨てたもんじゃない、ってね。

あとがきでのアホッぷり(失礼)がまたまた爆笑ですが、本作読んだ後にこれって、いいのか悪いのか。笑
でも、西田さんのあとがきはやっぱりこうじゃないと~!

ということで、コミックス派のわたくし、今から2巻の発売を首をなが~くして楽しみにしてます☆





この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/98-80627fe2

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad