HOME>[ライトノベル]喬林 知/マ王シリーズ

「これがマのつく第一歩!」 (喬林知 著/イラスト 松本テマリ) (角川ビーンズ文庫)

「めざせマのつく海の果て!」(感想はこちら)の続編…
「これがマのつく第一歩!」 (喬林知 著/イラスト 松本テマリ) (角川ビーンズ文庫)を読みました~!

これがマのつく第一歩! 
毎度おなじみ高校生マ王のおれ・渋谷有利は、護衛役のヨザック、小シマロン王サラレギー、そして大シマロンの使者コンラッド、という微妙なメンバーで、神族たちが住むという聖砂国への船旅を続けていた。ところがそこにハプニングが…!一方、地球に取り残された親友の村田健(ムラケン)は、いつもと違う(=すぐに帰ってこない)おれを心配して、ついに大胆行動を起こしてしまう。―で、これからおれたち、どうなっちゃうの。
平成16年10月1日初版発行

---------

前作の最後、二手に別れてしまったユーリとヴォルフ。
その船の中で、思いもよらぬことがユーリを襲います。

一方、ユーリのあとを追うべく追跡隊を編成するヴォルフ達。
ギュンターが秘術でもって、眞魔国の王佐たらん魔力を発揮します。

その頃地球ではいっこうに変える気配がないユーリを心配して、ムラケンが奔走!!
地球産魔王のボブやユーリの兄・勝利までを巻き込んでの大活躍です!

が。

本編がすっごい中途半端かつシリアスなところで、ムラケンズに突入!
ええ!?なんでッ!?

でも、その代わり?ユーリの親ばかぶりが炸裂の短編「マ王陛下の優雅な一日」でもあんな人やこんな人が活躍しております。

かつての、穏やかで忠誠心にあふれるコンラッドの姿に思わず涙です。




う~~~わ~~~!!
どうしたこった!!
コンラッド!?

乱心、乱心でござる!!

と、殿中に触れまわしたくなるほどの彼の所業。

次兄好きな皆さんにはかなり過酷な展開。(含わたくし)
さすがにユーリが気の毒になりました…。

でも、おかげで初めこそ新米魔王に冷たかったヨザックの真の忠誠心が確かめられてよかった…!!
あまり慰めにはならないけどね。

ところで。

ユーリにとってあまりに辛い展開で目も充てられない中、今回の見所はなんといっても「追跡隊」組の皆さんにつきます。
ギュンターのすご過ぎる「秘術」もさることながら(犠牲者はヴォルフ)、ギーゼラの「鬼軍曹」っぷりに拍車がかかってエラク大変なことに~~!!
さすが親子。
血を分けていなくとも、立派に「変」なところは引き継いでいるのですね。笑

ところでギュンターの守護の呪文、「ぎゅぎゅぎゅんぎゅんぎゅん ぎゅぎゅぎゅんぎゅんぎゅん ぎゅぎゅぎゅんぎゅんぎゅんぎゅんぎゅーん」ってフレーズ…。

かつての名作アニメ「花の子ルンルン」を知っている世代の何割がこの作品を読んでいるというのか!?
喬林さん、ギャグにかけては相変わらずチャレンジャーです。


それにしても。

コンラッドがいったい何を考えているのか。
まったくわからないのでストレスもピ~ク!
実はTさんにお借りしているのはここまでなのですよ!涙

気、気になる~~
早々に続きをゲットして、解決したいです!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/94-9981b166

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad