HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[BLコミック]草間さかえ

草間さかえ『夢見る星座』(リブレ出版/ビーボーイコミックス)

先月発売時に手に入れ損ね、やっとこさっとこ第2刷を手に入れた…
「夢見る星座」草間さかえ(リブレ出版/ビーボーイコミックス)を読みました♪

夢見る星座 (ビーボーイコミックス)
うなじ、手首の内側、君のほくろはスーツに隠れそうな場所にある。それを線でつないだら、綺麗な星座になるだろう…。男たちが日常で抱える秘密の妄想が、ある日美しい恋になった。
誰かに話したくなるような、5つのロマンチック・ストーリーズ☆

■初出■
「夢見る星座」MAGAZINE BExBOY(07年1月号)掲載
「白昼白夜」MAGAZINE BExBOY(05年1月号)掲載
「されど美しき日々」b-BoyPhoenix②(06年9月)掲載
「夏のみちしるべ」MAGAZINE BExBOY(05年8月号)掲載
「恋愛恐怖症」MAGAZINE BExBOY(05年4月号)掲載
「あとがき」描き下ろし
「おまけの翌週金曜日」描き下ろし
---------

草間さかえさん初のビーボーイコミックス!
発売当初からあちらこちらで絶賛のレビューが舞い飛んでおりましたね♪

リブレ出版といえばHにつぐ、Hにつぐ、Hの嵐!!
な、イメージだったのですが、この作品は草間さんの作品の中ではH度はかな~り低め。

こんなコラボレーションでいったいどんな激しい世界が展開してしまうのかと懸念していましたが、なんのなんの。
表題作の「夢見る星座」など、まるで純文学のかほりまでして来そうなほど…。
本当にロマンチック~!

サラリーマン、高校生、大学生…。
様々な年代の彼らの息吹がまざまざと聞こえてくる。
そんな素敵な短編集です。




そう、男は「ロマン」!!
海に、山に、新世界に、ロマンをもとめてさぁ、旅立て!

…と言うわけではなく、私がBLに求めているのがある意味現代では死滅した「ロマンチックさ」なのです。

男女の恋愛にはない、ギリギリとした切羽詰った感情に流されながら、おずおずと手を伸ばし、抱きかかえようとする。
そのもどかしさ、切なさが、好きです。

その世界を垣間見たくてBLを読み続ける。
それはBLでしか表しえない世界だから。

そんな私の「萌え」を激しく揺さぶったのが、表題作。



【夢見る星座】

誰か見たのか お前の背中


偶然道を教えてくれた人が 偶然上司になったんです
…次の偶然を 夢見る位いいでしょう


田舎から出て来て、都会での仕事や生活に必死に慣れようと踏ん張ってる様子が、周りからは「冷淡」「不機嫌」に映ってしまう久世(くぜ)。
上司である柳沼は最初の出会いで、面接に遅刻しそうになって青ざめていた久世を見ているので、どこかほおっておけない。

上司と部下として行動を共にし、混み合う電車の中で久世の背後に立った柳沼は、見下ろすその白い襟足にのぞく「ほくろ」に目を落とす。
ある日、久世のスーツからのぞく手首の内側にもほくろがあることを知り、柳沼が妄想したことは…。


サラリーマンです。
終電です。
ほくろです。

ノンケ上司・柳沼Xクールな新人・久世のカプですが、なんと言っても新人久世が可愛い!!

新宿に行きたがっていたことで自分の性癖がばれたのでは、と机で硬く震える姿。
柳沼と終電で帰る途中、自分が新宿の「どこ」に行きたかったかを意を決して告げる姿。
その後、柳沼の妄想を聞いて、真っ赤になる姿。

まさにピュア!爆

こりゃー、柳沼も数年ぶりの恋に落ちますとも。←勝手に想像
ハッ!でもこれって、ツンデレか…?

ところで、柳沼って離婚歴があるとかじゃないですよね?
仕事が忙しくって婚期を逃したってパターン??
いったい幾つの設定なのだろうか…。



【白昼白夜】

母を亡くし、父と兄妹の面倒を見るしっかり者の西野家の長男・圭一。
結婚し嫁いだ姉が喧嘩で里帰りして部屋を奪われ、赤ん坊のおもりや弟のいびきで眠れずに、じょじょに弱っていく。
学校で体調を崩した西野が向かった医務室には、「医務室のヌシ」と呼ばれる三年生がいて…。


レトロな校舎や制服に、「70年代?」と勘違いしそうですが、しっかり携帯使ってますから、現代ですね。

草間さんの絵の魅力はそのペンで描かれる線の自由奔放さだと思うのですが、建物や小物をしっかり描き込んでくれるので、そこをすみずみまで見ていくのも面白い。
医務室のストーブや、薬品棚に郷愁を感じたり。
俯瞰やあおりの構図を駆使して、自由自在にコマ割りする技量に感心したり。

ノンケ同士であろう先輩(名前が出てこない!!)と、圭一が、けっこう唐突に惹かれ合うのがちょっと「?」ですが、まあヌシ(←あだ名)のテクニックにやられたといことで。笑


【されど美しい日々】

小学校のある日を堺に、唐突にいじめの対象になってしまった山口。
彼の面倒をいつも見てくれたのは、唯一委員長だけだった。
中学入学と同時に目の前から姿を消してしまっていた委員長と、ある日偶然再会した山口は…。


優等生ホモっけ委員長攻めX出っ歯な苛められっ子受け。

これですね。
一時巷を騒がせていたb-BOY Phoenix 「不細工特集」の中の一遍!!
人目を憚りたくなる異色なテーマの中でも、異色中の異色です。

でも、発売当初から山口くん擁護の声が多かったですよね。
「出っ歯可愛い♪」とか。笑

この作品は子供ならではの残酷さが良く出ていて、その点でも異色。
読みながら、「子供ってこういうところ、あるある!!」って頷いちゃいました。

で、山口くんの場合、苛めの記憶=委員長との2人きりの記憶なんだから、やはり委員長の作戦勝ちなのか?

ある意味、委員長が過去の記憶を一切失ったことは、この2人の未来が幸せになるためには必要なことなのだと思います。


【夏のみちしるべ】

この感じ 何年たってもきっと 色褪せないような


亡くなった祖父との約束を守るため、受験勉強と称してある古い貸し家に滞在しようとする稔。
久しぶりに訪れたその家には、自称探偵の男がいついていて…。


これも「家」がお好きな草間さんらしい作品です。
畳の上のごろ寝、夏草のしげる庭、水撒きの音…。
画面に描かれる、今や懐かしい夏の風物詩が素敵です。
そして、2人の間に流れる優しい空気間も。


【恋愛恐怖症】

坂本はただ 「いいよ」って答えてくれるだけでいいのに


過去の男に言われた一言がトラウマで恋愛に臆病になっている坂本。
そんな坂本をつかず離れず見守る天野の気持ちは…。

一生懸命で悲壮感すら漂う坂本と、ひょうひょうとマイペースな天野の組み合わせが絶妙です。
天野の告白は、久しぶりに胸にぐっとくるいい台詞でした。


【おまけの翌週金曜日】

僕はずっと 毎日会社で会うだけの事が 
デートみたいに 楽しみでしたよ


久世ってば!!
なんて可愛いの~

「夢見る星座」の続編。
たった3Pの短編なのに、出来立てカップルの初々しさがなんとも言えません!
それにしても、付き合い始めてはじめてのデートがドライブって、柳沼さん分かりやす過ぎです。笑

でも、ここでひとつ疑問が…。

「泊まってもよかったのか」と一人ごちる柳沼さん。
「夢見る星座」では最後に終電を飛び降りて久世を追う情熱を見せてましたが、あのあとはタクシーで帰ったのですか??


草間さんの作品には、えてしてきわどい性癖の人間が登場しますが、この短編集はどれも安心して読めるソフトな一冊。
特に眼鏡攻めがお好きなら、ぜひお手元に置いて下さい。笑
BL初心者にも自信をもってオススメ出来ますよ!

なんだか草間さんの新たな一面が見られて新鮮かつ、嬉しかった作品。
これからも、どんどん進化し続けていって読者を驚かせて欲しいと思いました。

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/88-422ac6d9

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。