HOME>[BLコミック]ヤマシタトモコ

ヤマシタ トモコ『くいもの処 明楽』(東京漫画社/マーブルコミックス)

引き続きマーブルつながり、ということで…
ヤマシタ トモコさんの『くいもの処明楽』(東京漫画社/マーブルコミックス)を読みました!

くいもの処明楽 (MARBLE COMICS)
居酒屋『くいもの処 明楽』の店長・明楽高志のそこそこ順調な人生は、年下の生意気なバイト店員・鳥原泰行からの突然のマジ告白と「危機感ヨロシク」発言によって一変する。年上としての意地も、男としてのプライドも通用しない鳥原に平穏な日々を乱されビビる明楽だがー!?
大好評「明楽」シリーズほか、高校生の切ない恋心を描いた読み切り作品と描き下ろしをたっぷり収録したファン待望の初コミックス!

■CONTENTS■
ORDER.1…「年の差カタログ」2006.05
ORDER.2…「制服カタログ」2006.07
ORDER.3…「幼なじみカタログ」2006.10
ORDER.4…「オヤジカタログ」2007.01
BASEBALL:AM7 くいもの処 明楽 LAST OEDER…描き下ろし
フォギーシーン…「メガネカタログ」2007.03
リバーサイド・ムーンライト…描き下ろし
店長記 くいもの処明楽 SIDE MENU…描き下ろし


----------

漫画は絵柄重視で読んでしまう(傾向にある)わたくしですが、ヤマシタトモコさんの絵もはじめ見た時「うわ~、青年誌むきだな~」と思いました。

ですので、なかなか手に取る勇気がなかったのですが、皆さんのこの作品に対するレヴューがまさに絶賛の嵐!なのを見て、購読を決意した次第です。←大げさ…

あと、ヒゲ店長がよしながさんの『西洋骨董洋菓子店』の橘に見えなくもないと思ったり。笑

ちょっと調べましたら2005年に週刊アフタヌーンで賞を頂いたりしていたそうですので、実力ある作家さんなのですね~。
(それに絡んでちょっと気になる記事もありましたけど、まあ、それはそれで。)
そしてやはり同人出身でした…。←今や当たり前!?

居酒屋の個性的な面々に加えて、軽妙ながらリアリティのある会話、店長と鳥原の巧みな心理描写で徐々に物語に引き込まれました!




1度読んですぐまた読み返したくなり、さらに3回、4回とくり返し読んでいく中で、店長と鳥原の距離感や、それを取り囲む牧さん達周囲の人々が生き生きと息づいて来ました。

絵柄のせいなのか、入り込みむのにちょっと時間がかかったかな~。
めずらしく。

絵は下手ではないです。
むしろキレイなだけの絵と違って、独特の雰囲気があって、上手い。
「OEDER.2」「ORDER.3」の扉イラストなんて、色気さえ漂って来ます。

ただ、描き下ろしの扉の「釘バット」はいかがなものかと思いましたが。
知らない人の方が、きっと多いでしょ。笑

ちょっとした仕草や、ふとした表情がよく描けてるな~と、何度も感心しつつ読みました。
特に腕から手、指がいいですね~。←指フェチ
人物の動きが自然だから、会話もリアルに胸に響いてくるってありますね。

シリアスな流れの中に、店長がナチュラルボーンなアホさを醸すのも、また絶妙。


【ORDER.4】

27のおれは多分あいつを選ばない


この店長の台詞に妙に納得してしまいましたが、でも何度読み返しても、どこで店長が鳥原を受け入れたのか(つまり好きになったのか)がイマイチわからなくて…。

告白されたのを機に観察してみたら、意識しちゃって…とか?
中学生かよ!!←いや、今時は小学生??


むりだ むり 怖ぇ


鳥原より店長の方が、背が低いけど、実はガタイはいいのがよい。
そして腕っ節も断然強いのがよい。笑

どっちがどっちなのかとハラハラしてたけど、すんなり店長が譲ったところに愛の深さを感じたり。

いざコトに及ぶ際に、店長が気まずさを消したくてベラベラしゃべり続け、鳥原に何度も「静かに」「うるせー」と言われ続けるところなんか、BLコミックでは近年稀に見る名(迷)Hシーン!
こんなシチュエーションいかにもありそうで、笑える~~!!

ところで、これ。
「オヤジカタログ」掲載なんですけど、店長32才…でしょ!?
全然若いよ!!
百歩譲って(?)アニキ・牧さんで考えたとしても、35才…ぜんぜんじゃん。

世のお嬢さんたちのオヤジの定義はいくつなのかしら??
繰り返して言いますが、個人的にオヤジとするのは不惑の40代以上です。←しつこい


【BASEBALL:AM7】

ネガティブ鳥原のぐ~るぐる、がテーマのお話。
そんでこの2人、すっかりバカップル。笑
店長の名前通りのアホなほどの明るさに、鳥原がいかに憧れて恋に落ちたのか描かれてます。

あなたへの恋のカタマリなんです おれ

久々にいい台詞聞いたわ~!
今回鳥原によって、新しい「萌え」を発見!

それは「二人称萌え」。
2人きりだと「あんた」で、公衆の面前だと「明楽さん(or店長)」、そしてモノローグだと…「あなた」!!

鳥原のキャラがよく表れてて、上手いなあ~、と感心しました。

そんでオチもね、オヤジものとして最高!
これは許します!!爆


【フォギー・シーン】
「メガネカタログ」掲載で、居酒屋シリーズとはガラリと変わって高校生モノ。

先生がとてもいい味出してます。
この人も30過ぎ(31です)で、それなりの人生経験あるので、ひと言ひと言に重みがあります。
主役のノンケに恋する男の子に対する態度も、無責任じゃなくていいな~と思ったり。
そのくせ、心揺らいでる感が良かったです。

は!
今回、全然主役の子達に視線が行ってませんよ!!
え~と、若いんだから、当たって砕けろ!!みたいな…?汗


【リバーサイド・ムーンライト】
いまだにBLにファンタジーを求める傾向のある私には、どうなの!?
川辺さん!!

って、感じでした。すみません。

でも、短編8pでこの出来って、やはりヤマシタさん、「漫画が上手い」ですね。


【店長記…くいもの処明楽 SIDE MENU】
正直、本編にほとんど絡まない居酒屋スタッフたち。
この店長記で、ぐっと「くいもの処明楽」に親しみが沸くというものです。
近所にあったら、行きつけますね。

個人的に気になったのが、松城大さん(35才)。
何気に牧さんと、いいカップリング組めそうです。


ところで。

作品中に「点描」や「かけ編み」といった、今や懐かしのテクニックが良く使われていて、ノスタルジックな雰囲気はそこからも漂ってるな~と感じました。
最近、ほんと見ませんから…。

ヤマシタさん、脅威の初コミックスですが今後欠かさずチェックしたい作家さんに登録完了です!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/87-f6cd505b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad