HOME>[少女マンガ]小玉ユキ

読書メーターで読了本記録 2017年8月分

8月の読書メーター
読んだ本の数:35
読んだページ数:5905
ナイス数:165

終わりなき夜の果て〈上〉 (リンクスロマンス)終わりなき夜の果て〈上〉 (リンクスロマンス)感想
清澗寺シリーズ6作目。表紙から勝手に和貴のお話だと思っていたら、貴久の短編と冬貴と伏見の話がメイン。さらに和貴と深沢のラブラブなSSありと盛りだくさんな内容でした!冬貴編は珍しく冬貴が中心になり事件が動くので、モノローグ以外にセリフも多く、あまり心中の描写の無い彼が伏見のことをどう思っているのかわかって興味深かった。意外と色々考えている上スペック高くて驚きでした、冬貴(笑)。「下」ではすっかり鳴りを潜めてしまっている国貴や道貴が出るようで楽しみ(^^)
読了日:08月05日 著者:和泉 桂
ポルノトピアポルノトピア感想
電書で偶然発見して購入。60頁。『エンドルフィンマシーン』の五樹先生の過去話。ちょっと五樹に触れられただけなのに、その快感が忘れられずあんなになってしまう青野副医院長、お気の毒!w しかもかなり意外なラストですごく忘れられない話になりました。
読了日:08月05日 著者:井上佐藤
終わりなき夜の果て〈下〉 (リンクスロマンス)終わりなき夜の果て〈下〉 (リンクスロマンス)感想
清澗寺シリーズ7作目。第1部完とのことで冬貴とその子ども達編完結。運命に翻弄され一度は疎遠になった兄弟達が再び本家でまみえ、清澗寺家に残る者、新天地へ向かう者、柵を乗り越えてそれぞれのパートナーと共に新しい人生を切り開いていく姿が描かれ、大団円でした。一番懸念していた国貴達に今後の展望が開かれたのが本当によかった!上海での浅野の存在感たるや、よいバイプレイヤーでしたね。しかし三兄弟にはなんやかや冬貴の血を感じるから1000年の呪い怖ろしい(笑)。そして鞠子の出自とお相手が気になる…。次世代編も楽しみです!
読了日:08月07日 著者:和泉 桂
狂おしき夜に生まれ (リンクスロマンス)狂おしき夜に生まれ (リンクスロマンス)感想
清澗寺シリーズ8作目。平安時代まで遡ってのご先祖編。ここに来て清閑寺家千年の呪いの根源が明らかに!子々孫々、永遠ともいえる怨念がどんな経緯からなったのか興味があったので、きちんと纏めて下さった和泉さんに感謝です。しかし嵯峨野もこの頃からの因縁があったとは…!暁成と貴将には清澗寺家のルーツとして抜群の存在感があり、釘付け。円陣さんの描く烏帽子姿が眼福でした。
読了日:08月09日 著者:和泉 桂
凛! (キャラコミックス)凛! (キャラコミックス)
読了日:08月10日 著者:神奈木 智
凛! 2 (キャラコミックス)凛! 2 (キャラコミックス)
読了日:08月10日 著者:神奈木 智
凛! 3 (キャラコミックス)凛! 3 (キャラコミックス)感想
電書で割引されていたので久しぶりに(多分10年ぶりくらい?)読みたくなって全巻購入。一気読み。穂波さんの絵柄は全体的にふんわり優しいけど時にキリリとしていて、弓道部にぴったり!弓道男子達の道着姿が素敵でした❤(ӦvӦ。)一見可愛いけど芯の強い桂に、次々といい男が引き寄せられるのも仕方ないという気分にさせられました(笑)
読了日:08月10日 著者:神奈木 智
フェイス (バンブーコミックス 麗人セレクション)フェイス (バンブーコミックス 麗人セレクション)感想
ここ数年西田さんは読んでなかったんですが、久しぶりに読みたくなり適当に電書で購入。表題作のSP受け!シュッとしててカッコよかった!ナーナ(攻め)もいい味出てたわ〜。やはり西田さん特有のオトコ臭さはいいですね(〃∇〃)他に麗人本誌で読んだ覚えのある甥×叔父ものと(1話目しか読んでなかったから続きでリバありで歓喜)、さらに『天国も地獄も』の短編もあって西田ワールド堪能しました❤
読了日:08月10日 著者:西田 東
今日も月が綺麗 (ディアプラス・コミックス)今日も月が綺麗 (ディアプラス・コミックス)感想
短編3作品が収録。表題作は高校の先輩×後輩が社会人になって同棲してて、あれこれあって喧嘩して仲直りして…って普通の?痴話喧嘩BLなんだけど、そこは木下マジックで受けは可愛く攻めはカッコよく、切なさと優しさの絶妙なバランス感覚!カッコイイ先輩も会社じゃ下僕なんだよが胸に刺さるし、「オレのちんこに飽きてんならケツ差し出すしかないだろ」が男前すぎた(笑)他、これも高校の野球部の先輩×後輩の腐れ縁ものと、攻め×攻め特集に掲載の作品。木下さんの短編はどれも面白い上読みやすくてさすがでした♪
読了日:08月10日 著者:木下 けい子
朝とミーチャ 1 (Dariaコミックス)朝とミーチャ 1 (Dariaコミックス)感想
表紙の学ランの美形に惹かれて購入。そして今他の方のレヴューを読んで、これの未来編の短編があることを知りましたΣ(´口`) 「共依存」がテーマらしいけど1巻は序章で物語は次巻に続く。当初の絵柄後半では変わってきてるのちょっと気になるので次巻で持ち直してくれるといいなあ。
読了日:08月10日 著者:ビリー・バリバリー
晴れときどき、わかば荘あらあら (H&C Comics  ihr HertZシリーズ 144)晴れときどき、わかば荘あらあら (H&C Comics ihr HertZシリーズ 144)感想
電書で割引されていたので購入。5年ぶりに再読。春頃に舞台化されてましたね。舞台では高校生達がメインだったのかな?改めて読むと車の営業なのにクレーム続きで修理工としても腕を上げてしまったリーマンがすごくツボでした❤方言いいですね(≧∇≦)
読了日:08月12日 著者:羽生山 へび子
発情期じゃなきゃ殴ってる! (フルールコミックス)発情期じゃなきゃ殴ってる! (フルールコミックス)感想
元ヤで狼体質の大神×刑事で兎体質の宇佐美。どちらも満月期に発情してしまう体質で性欲を持て余してたところに運命の出会い!しかし宇佐美は仕事がら大神に…、みたいなお話でしたが、なんやかや世話焼きオカン体質な大神がかいがいしくて微笑ましかった(^^)でもパートナーとして発情期以外も相性バッチリみたいなので別にこんな特異体質な設定なくてもいいのでは!?と思わなくもなく…。作中では珍しい体質ってことでしたが、同じ体質の組み合わせであと何カップルか読んでみたいです。
読了日:08月13日 著者:佐崎いま+高瀬ろく
なつめくんはなんでもしってる (ダリアコミックス)なつめくんはなんでもしってる (ダリアコミックス)感想
可愛い男子を描かせたら業界ナンバー1と思われるタメコウさんのラブコメディ。この表紙を見たら素通りは出来ないじゃない?…と思ったので読んでみました!ストーカー青年棗くん✕元気一杯ノンケDK葉ちゃん。明るく可愛くタメコウさんはシリアスなものよりもポップで可愛い今作みたいのが合ってる気がする。可愛いだけでなく男前なところもある葉ちゃんのキャラもステキです。でもこの絵柄でドロドロなのもそれはそれで一興、とも思うのでこれからも振り幅広くいろんな作品を描いていって欲しいです!
読了日:08月13日 著者:ためこう
雪と松 1 (アイズコミックス)雪と松 1 (アイズコミックス)感想
墨で描いたようなアナログ感溢れるタッチが個性的すぎる作家、高橋秀武さん初読みです。医者の松庵が雪の中拾った青年・雪を介抱する内にどちらも情が湧いて…って、時代物にこの絵柄、ほんと最強すぎる。雪の持つなんとも言えない色気が絶品です。時代物を描く方は時代背景へのこだわりや入れ込み方が半端ないので自然と物語も足元しっかりしていて安心して読める。刃傷沙汰、っておどろおどろしい字面がこれ以上なくしっくりはまる作品が平成で読めるとは!続きも楽しみです。
読了日:08月14日 著者:高橋 秀武
ジェラシー(1) (ディアプラス・コミックス)ジェラシー(1) (ディアプラス・コミックス)感想
「四代目・大和辰之」のスピンオフ。櫓木と辰之の父親の過去編。若かりし櫓木のキャラに全然萌えないんだけどストーリーが気になり読んでしまう。櫓木の娘って血が繫がってるのかなあ。とりあえず続き楽しみです。
読了日:08月16日 著者:スカーレット・ベリ子
暁に濡れる月 上 (リンクスロマンス)暁に濡れる月 上 (リンクスロマンス)感想
清澗寺シリーズ次世代編に突入の9作目。正直シリーズを読み出すまで次世代編があることを知らなかったので慌てて買いましたw 鞠子が産んだ双子・弘貴、泰貴が中心になってフレッシュに話が展開しつつ新キャラに混じって旧世代の人達がちらちらと散りばめられていて楽しいです。生い立ちが真逆の双子の道は今後どうなるのか。2人のお相手もイマイチ確信のないまま(まあ表紙見たらアレなんだけど)、あまり目立たない義兄・貴郁が終盤すごく気になる出方をして来て釘付け。和貴の子育て奮闘記は微笑ましく深沢の秘めた特技にほっこりしました(笑
読了日:08月17日 著者:和泉 桂
暁に濡れる月 下 (リンクスロマンス)暁に濡れる月 下 (リンクスロマンス)感想
清澗寺シリーズ2部、10作目。新世代らしく双子はずいぶんサラッと運命の相手を見つけたな~というのが正直な感想です。肉欲を抑えることも上世代に比べたらかなり楽そうだし(笑)しかし双子の父親の素性を知ってかなり驚き。清澗寺の血筋って…ど直球じゃないですか!好子(双子の妹)が今後誰と番うことになるのかすごく気になる…。でも鞠子が元気そうで、そして冬貴が相変わらずでそんな短編が読めて嬉しかったです。
読了日:08月17日 著者:和泉 桂
10DANCE(1) (ヤンマガKCスペシャル)10DANCE(1) (ヤンマガKCスペシャル)
読了日:08月19日 著者:井上佐藤
10DANCE(2) (ヤンマガKCスペシャル)10DANCE(2) (ヤンマガKCスペシャル)感想
麗人(竹書房)からヤンマガサード(講談社)に移籍してからの新装版。1巻に麗人では描けなかったという描き下ろしあり(杉木と鈴木の食事シーンでした❤)。久しぶりに読んで「あれ?こんな話の順番だったっけ?」となったのですが、2巻のあとがきに以前とは構成も違うとあって納得。白黒の画面なのに煌めかしいダンスシーンがさすがです。今度旧版も発掘して読んでみよう!3巻の発売が楽しみ(^^)※電書だからカバー下が読めず…残念!
読了日:08月19日 著者:井上佐藤
ロマンスとジェラシー (gateauコミックス)ロマンスとジェラシー (gateauコミックス)感想
テーマはタイトル通り…なんだけど、途中「あれ?これホラーだったっけ???」となる重い実さん特有の不思議な作風が炸裂!多分独特のシュールなギャグなんだろうけど読者を唐突に置いてきぼりにしますよね(笑)いつもの事ですが受けが可愛く喘いでくれて、多彩な体位が見られるので重い実さんの作品は好きです(笑)2人の年齢にはびっくりしました!(笑)
読了日:08月19日 著者:重い実
ばらの森にいた頃 (onBLUEコミックス)ばらの森にいた頃 (onBLUEコミックス)感想
なんと雲田さんのBL短編集は7年ぶりだとか!驚きです。(ねこっけあるから気づいてなかった)でも確かに懐かしい作品の数々が…。伝説の『ダメBL』(2011年発行)に収録の美脚な町田くん!大好きで本体処分出来ず単行本化を待ってました~やったー!!表題作のバンパイヤものは切なさと愛しさがハンパなかった(´;ㅿ;`)あと別冊オンブルーで大好きだったヤンキーケンカップルのタクミとよっちんも入っていて美味しい1冊。大好きって2回書いちゃってるけど雲田さんのBL短編はほんと大好き。新宿ラッキーホールの続編も楽しみです♪
読了日:08月20日 著者:雲田 はるこ
ふしぎの国のバード 1巻 (ビームコミックス)ふしぎの国のバード 1巻 (ビームコミックス)
読了日:08月21日 著者:佐々 大河
ふしぎの国のバード 2巻 (ビームコミックス)ふしぎの国のバード 2巻 (ビームコミックス)
読了日:08月21日 著者:佐々 大河
ふしぎの国のバード 3巻 (ハルタコミックス)ふしぎの国のバード 3巻 (ハルタコミックス)感想
書店で見かけて気になり1~3巻一気読み。私は福島出身なのですが、浜通りの出なので戊辰戦争についてはうっすらと知っている位で勉強不足を自覚しています。けれど会津の人があの戦争をどう捉えているかを直接耳にしたことがあり、会津路で描かれる庶民の疲弊っぷり、貧しさはその通りだったのだろうと胸に迫りました。まだまだ閉ざされた地方の多かった時代、純然たる好奇心だけを武器に異国の道なき道を突き進む女性旅行家のバードさん、本当にすごい。その旅に欠かせない名通訳・伊藤のキャラも魅力的!次巻も楽しみです!
読了日:08月21日 著者:佐々 大河
学園・天国 それは恋です小泉くん (ビーボーイコミックスデラックス)学園・天国 それは恋です小泉くん (ビーボーイコミックスデラックス)感想
可愛い表紙だな〜と読み出して、あっ、これアレか!「下衆BL」の!となったヤツです(笑)秀さんの作品の中ではエロ成分多め。さすがリブレ(笑)「下衆BL」「女子BL」「屑BL」やらのお題付きアンソロがうまいこと繋がって1冊に纏っていてさすがの構成力。下衆な小泉くんのキャラがなかなかで秀さんの作品の中で1番好きかも。下衆BLの表紙を飾った口絵の彼がいないと聞いてアンソロは買わなかったけど、ここでカラーで再会できて嬉しかったです❤(ӦvӦ。)
読了日:08月21日 著者:秀良子
暁に堕ちる星 (リンクスロマンス)暁に堕ちる星 (リンクスロマンス)感想
清澗寺シリーズ11作目。和貴の一人目の養子、謎多き貴郁編。双子により影を潜めていた感のある貴郁ですが、いつしか花咲く日を待ちわびていたのね…!表紙の通り3Pですがまさか相手が実の親子(しかも嫁の兄と父)とは~!清澗寺家に引き取られてからずっと自分を抑えて生きてきた貴郁を幸せにするなら二人がかりが相当と言うことか。まさに親の因果が子に報い…というか改めて伏見のやり方は間違えていたのでは?と頭抱えてしまった。部の悪い篤行、ガンバ!まあ淑女と娼婦の顔を持つ貴郁好きですが!己を解放して自由に生きて欲しいです。
読了日:08月23日 著者:和泉 桂
オレはかわいい弟と【電子限定・18禁】オレはかわいい弟と【電子限定・18禁】感想
あえて18禁版を電書にて購入。18禁の名に恥じずずっとヤッてるラブラブ兄弟もの。3Pもあり。そもそも18禁アンソロでの連作で、修正版も単行本になってますが(『晴れたら君を迎えに行く』)、こちらは高久さんのこだわりで18禁版も出版されたもの。出された当初は話題になってた思い出…。でも18禁と言っても4話以降は突如としてライトセーバーですし…この間に修正に関する大きな規制が何かあったに違いない。
読了日:08月23日 著者:高久尚子
この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)
読了日:08月23日 著者:こうの 史代
マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)
読了日:08月25日 著者:岩本 ナオ
俺と上司のかくしごと (GUSH COMICS)俺と上司のかくしごと (GUSH COMICS)
読了日:08月27日 著者:嘉島 ちあき
SMごっこ (gateauコミックス)SMごっこ (gateauコミックス)
読了日:08月27日 著者:三井 椿
とんがり帽子のアトリエ(2) (モーニング KC)とんがり帽子のアトリエ(2) (モーニング KC)
読了日:08月27日 著者:白浜 鴎
ふらちな刑事さん (EDGE COMIX)ふらちな刑事さん (EDGE COMIX)
読了日:08月28日 著者:日野雄飛
恋に落ちる5秒前 (Charaコミックス)恋に落ちる5秒前 (Charaコミックス)感想
『職員室の秘め事』スピンオフ。高校生ものならではの青さ、初々しさが上田さんの可愛らしい作風とピッタリマッチ。お固い攻めが恋に盲目すぎて進路を見失ってしまうのに対し、複雑な家庭環境のしっかりモノ長男な受けが健気に身を引こうとする…これぞ王道!上田さんの作品は久しぶりに読んだけどふわんと温かい気持ちになりますね。
読了日:08月28日 著者:上田規代
BARBARITIES Ⅰ (ビーボーイコミックスデラックス)BARBARITIES Ⅰ (ビーボーイコミックスデラックス)感想
鈴木ツタさんの洋風なんちゃって?時代物。2巻出るっていうので慌てて読みましたー!美丈夫かつモテ男なポジティブなアダムとツンツンお固い司法卿ジョエル。すみませんとても面白く読みましたがジョエルのビジュアル…もう少しなんとか…髭はともかく髪型と鬘が厳しい…。しかしお話は面白くてジョエルのデレも近そうな予感。続きも読みます。
読了日:08月30日 著者:鈴木 ツタ

読書メーター

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/791-c6dbc5b4

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad