HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[感想]映画・ドラマ

『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』を見てきた

近所のシネコン、本日火曜はレディーズデイ♪

ということで、GWを待つことなくひとりで『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』を見てきました~!

公式サイト⇒こちら

銀魂 新訳紅桜篇
週刊少年ジャンプの人気コミック『銀魂』。そのシリーズ中、最もスケールの大きいエピソード“紅桜篇“を新解釈で映画化。宇宙人・天人の来襲を受け、突如価値観が変わってしまった江戸を舞台に、坂田銀時、通称・万事屋・銀さんの活躍をダイナミックに描く。宇宙人、高層ビル、バイクに電車など、何でもありの世界観に魅了される。

【ストーリー】
パラレルワールドの江戸。そこに最後のサムライがいた。男の名は坂田銀時。普段は脱力系だが本気を出すとめっぽう強い。妖刀“紅桜“をめぐって、彼はアイドル追っかけの相棒・志村新八、美少女の怪力宇宙人・神楽と共に、宿敵・高杉晋助と壮大な戦いを繰り広げる。

【キャスト】
[監督]高松信司[原作]空知英秋[脚本]大和屋暁
[声優]杉田智和/阪口大助/釘宮理恵/石田彰/子安武人/千葉進歩/中井和哉/鈴村健一/日野聡/山寺宏一

*********

そうですね。率直に言ったら…

『新訳』とわざわざ銘打つほどではなかったのでは~??

と思いましたが。汗

原作(コミックス『銀魂』11~12巻収録 妖刀紅桜篇)にすごく忠実でした。

真撰組と春雨はほとんど出ませんよ!!

いや、まったく出ないわけでは無いですが、ストーリーにガッツリ絡んで…

ってことはありません…。

あくまでゲスト扱い(?)でしたね。

私みたいに神威役の日野くんを楽しみにして行かれる方は、くれぐれもご注意を…!!

でも、高杉役の子安さんが素敵だったので私はおおむね満足です!!笑

声のトーンが交渉人シリーズの兵頭と同じで、ずっと心臓ドキドキでした~

他のWJ系映画によくある作画の乱れもほとんどなく、アクションも見ていてクオリティが高かったと思います。

そして、やっぱり銀魂らしいいい話…。

桂と銀時、高杉の子ども時代はやっぱり可愛くて大きな画面で見られて嬉しかったです。笑

今回はお金払って見に行っても、後悔はしてない!←ここ大事

アニメは終わってしまって寂しいけど、銀魂は銀魂でしか描けないものがあるんだなとつくづく思い、原作がまだまだ続くことをお祈りしたい気持ちになりました。

そんなわけで。

息子にはDVDをレンタルしてあげようと思います~

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/672-07c6d90f

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。