HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[BLコミック]腰乃

腰乃『嘘みたいな話ですが』(BBC)

え?
これ「スーパーBBCじゃないの!?」と、そんなところにびっくりしながら…

腰乃さんの『嘘みたいな話ですが』(BBC)を読みました♪

嘘みたいな話ですがカッコよくて仕事もできて、えらい男前の北川先輩に、キモいほど粘着してる後輩の中村くん。酒瓶相手に告白練習するような乙女過ぎて変態で可哀想な彼は、妄想を武器に欲望のままに北川に迫るが、先輩ってば……予想以上に男前でした…ッ♥♥!! いいトシの男たちがキャッキャ♥ラブラブ展開中! 待望の単行本化・描き下ろし付!

-----------

はい、相変わらずエロくっておもしろい!腰乃さんです~~!!

立て続けに本が出てくれて嬉しいです。
前作の感想書きそびれてますが。汗

帯にある

むしろ、王道です☆
もじもじしながら妄想して
謝りながら発情してますが何か?
男前な先輩(受)に叱られ、蹴られ、キモがられ、バック狙われ、ラブラブ中♥


って、これ以上の説明はいらない内容でした!笑

でも、あ~もう、疲れた。
濡れ場に次ぐ濡れ場なもので、こう、なんちゅーか、読んでて「もうこっちの体力的には無理ですわ!!腰いてぇ!」
と、言いたくなった。

真夜中に。爆

と、そんくらい今回もガッツリイたしてくれてます~。
まるでスポーツだよ。
ゲ○ビもこんな感じよねー。

ハッ、そっか!!
これがいわゆる…“ガ○掘り”ってヤツ!?

まさかそれが…男同士に夢と愛を求めるBLで読めるなんてな~!!!

いや、でもこれはまさに妄想という名の夢と、重量級の愛が詰まった1冊でした。笑

前作の『幸せになってみませんか?』(MARBLE COMIX)を読んだ時も思ったんですけど、腰乃さんてF島出身じゃないですかね?
だって、たびたび作中にF島の銘菓が出てくるんですよね~。お土産で。

前作では三万石の「まま○おる」、そして今回は柏屋の「薄皮ま○じゅう」。
恐らくF島出身者の帰省土産のワンツートップです。
地元なら知らない人はいませんわ。

きっと皆さんも一度位は会社でもらったことありませんか?
だからどうってワケじゃないんですけども…。
どっちも美味しいですよ。←回し者か/笑


【嘘みたいな話ですが】第1話~最終話/MAGAZINE BExBOY('06年4.8.9、'08年2.4.6.8.10.12、'09年2月号)掲載
【嘘みたいな話でした】描き下ろし

会社の後輩ゲイの中村xノンケ先輩北川

これは’06年~09年まで描き継がれた短編集なので、腰乃さんの絵柄の変遷がわかって面白かったです。

最初のころの方が、ごつい?
というか、むっちりしてる??汗
描き下ろしの「嘘みたいな話でした」になるとかなりスリムになってますね。

巷ではその「ヘ○タイぶり」が話題だった攻めの中村くん。
期待して読みましたが、意外とフツウの人でした…よ!?

一升瓶に語りかけたり(最初のページではあまりにデカイサイズで一升瓶と気づかず/汗)、椅子の肩を撫で下ろしながら語りかけたり…って、対象はともかくとして、仕草自体は可愛いもんじゃないですか?

あと先輩のお宝画像を会社のPCに溜め込んでたりも、私だって家のPCは旦那と共用なのにBLCDのデータやコミックの表紙画像とか満載にのせてるし、描き下ろしでの寝ぼけてのめっさ言葉責めとかもフツウにギャップ萌えの範疇でした…。(最後の正座で説教くらってるとこに大笑い)

「コイツやるなあ」と思ったのは鮮やかな手並みの亀○縛りくらいでしょうか。
あれはすごいな。
中村の真面目な?性格が出ていますね。爆

どっちかって言うと、中村君のヘ○タイ行為より、北川先輩が性的に非常にアグレッシブなところが印象に残りました!

いや~、腰乃さんの作品の受けは、皆さん実に積極的なので、これはもういつリバってもおかしくない雰囲気満々なんですけど、そうは問屋が卸さなかったですね~。

でも、普段は激烈にリバ推奨派の私ですけど、中村くんにはなんとかマウントポジションを死守して欲しい。

必死に抵抗している様子が面白すぎるので~。笑

北側先輩には「必殺!受けながら攻める=騎○位」戦法で、せいぜい満足していてほしいものです。

彼は絶対総受けがいいと思います。←珍しく今回はこだわってみました


【意外性の発展】小説b-Boy('09年7月号)掲載

眼鏡でゲイの神原x酒癖悪い?上司新巻(43)

きたきたきた、世間で人気急上昇の「ス○タ」プレイ~!!

はっきり言って、これまでス○タって何がいいのかイマイチわからなかったんですが、今回発見しましたよ。

肌がスベスベさらさらなところがいいのか~~!!
なるほど!!

オッサンの潤い足らずな肌のすべりのよさを納得してみました。
オッサン受けに対する認識が変わりそうです。

いやー、勉強になるなあ。


【明けの明星】ぷあぷあ('05年10月号)掲載
【暴露の夜】エロほん♥('07年6月)掲載

会社同期ノンケの島田xゲイの小峰

これ、壮絶にエロいシーンが続くのでうっかりそっちばかりが記憶に残ってしまいそうですが、意外と小峰の健気さもよかったり。

最初の単行本『隣りの』の感想(こちら)でも言ってるんですが、実は腰乃さんてモノローグや台詞にドキっとするような言葉があって、きゅんと来るんですよね~。

いやでも、それらも他のすんごい台詞(例「でっかくて ふち○くれて きもちいい」)とかに、かき消されがちですけどね!笑

忘れずにときめく台詞をひろって欲しいです。

【あとがき】描き下ろし

あ、やっぱり一升瓶の大きさがおかしいって気づいてくれたんだー。
と、ホッとしました。笑

* * *

ということで。

あ~、また面白かった!

それにしても腰乃さんの変わらぬリアルち○こ愛には感服です。
でも、すごい詳細に描き込まれてる割に、生々しさがなくて可愛くさえ思えちゃうのが不思議。笑

もうこのち○こを見慣れているってこともあるのでしょうが(アハハ)、きっと腰乃さんの全体的にカジュアルな印象の絵柄が功を奏しているのかと。

「リアルなのはちょっと~」と思ってる方も、一度勇気を持って読んでみて欲しい!
きっと新しい世界へのいろんな扉が開きますよ。笑

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/641-e20ee734

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。