HOME>[BLCD]感想

英田サキ原作BLCD『DEADLOCK 外伝 SIMPLEX』(インターコミュニケーションズ)

遠近さんのヨシュア、素敵じゃないですか…!

ということで、英田サキさん原作『DEADLOCK 外伝 SIMPLEX』(インターコミュニケーションズ)を聴きました♪

SIMPLEX【 あらすじ 】
犯罪心理学者ロブの誕生日パーティに届いた謎の贈り物。送り主はなんと、かつて全米を震撼させた連続殺人鬼を名乗っていた―!!
ロブの警護を志願したのは、金髪の怜悧な美貌のボディガード・ヨシュア。すこぶる有能だが愛想のない青年は、どうやら殺人鬼に遺恨があるらしい!?危険と隣り合わせの日々を送るうち、彼への興味を煽られるロブだが・・・。

【 キャスト 】
遠近孝一(ヨシュア・ブラッド)/遊佐浩二(ロブ・コナーズ)
中村悠一(ユウト・レニックス)/安元洋貴(ディック・バーンフォード)/三宅健太(ネト)/鈴木千尋(トーニャ)/関俊彦(パコ)/檜山修之(コリン)  

「SIMPLEX」収録インタビュー

---------

「遊佐ロブ」にふたたび染まるのが怖くて、今まで聴くのを躊躇していてすみません!
と最初に謝っておかないといけません…。

季菜子さま、背中を押してくださったおかげで堪能しました♪
ありがとうございます☆

『DEAD』シリーズ2作目にして主役のディックを堂々と押しのけ(?)、言わば第3の主役とも言える存在感を放ったロブ。
ユウトを献身的に愛しながらもその想いは遂げられなかったロブに、「早くいい人を見つけてあげて!!」とのファンの声が多数殺到。

そして満を持して外伝の『SIPMLEX』が出たときには、ヨシュアという素晴らしい伴侶を得たロブに対し、心からの祝福の言葉が飛び交いました!(ネットで)
(CD『DEADLOCK』シリーズ感想はこちら

1枚目『SIMPLEX』はロブ視点、2枚目『DUPLEX』はヨシュア視点で語られるお話なので、ナレーションもお二人の楽しめて得した気持ちに♪

このシリーズならではの、まるで洋画のような言い回しの完全再現にも思わずニヤニヤです!

遊佐さんのロブは、もう言うこと無しです。
だって、もうまるまるロブなんだもの!!
他の人は考えられません。笑

この作品を聴いて、またしても「よくぞこのロブにこの遊佐さんを」とキャスティングの妙を実感してしまいました。

それにしても耳きり魔に殺されかけているというのに、あんな呑気なことを考えている遊佐さん…あ、いえ、ロブ。

音声になると、余計に笑えます!!
ものすごく深刻なシーンのハズなのに~~!爆

そして気になるのは、我らがロブのお相手がいったい誰になるかということでしたが、首を長くして待ったキャストは…

意外にも(!?)遠近孝一さんでした!

遠近さんと言えばこれまでは『ドアシリーズ』の斉藤か、ナ○トのネ○の印象ばかりで、BLでのメインがなくて正直ちょっと不安でしたが、第一声を聴いてみて、この「よそよそしさがすごくいい」と思ってしまいました。笑

人と上手く接することが苦手なヨシュアらしい、と。
しかも、ちょっと低音で自信なさ気にボソボソ喋るところなんてまんまだよ、と。←誉めてます
低音で搾り出すように話す様子に、なんとも言えないストイックな色気がありました。

そして、このシリーズでメインを張れたということは、間違いなくBLでの遠近さんの代表作になったのではないでしょうか?

よかったですね♪笑

でも“収録レポート”で「始めのシーンはいきなり後半の山場から」とあってびっくり。

顔合わせしていきなりあのシーンを録音だなんて、気持ちの準備とかいったいどうするの…!?

しかも、最初は人馴れせずに壁を作りまくっているヨシュアの、硬い蕾が少しずつほころぶようにロブに心を開いていく様がなんとも言えずよかったのに、実は花びらが開き切ったところからの収録だったなんて…。
なんだか騙された気分です。笑

でも、はじめに手の内を全て見せあったせいか(?)、遊佐さんとの掛け合いもすごく自然で、最初から2枚目の『DUPLEX』まで、ものすごくスムーズに楽しく聴くことが出来ました!

もちろん、すでにロブの家族同然と化しているディックとユウト、ネトやトーニャも登場で嬉しい♪

三宅さんのネトはもう安心。
関さんのパコはもっと聴きたかった!!
鈴木さんのトーニャは、艶のあるしっとりした高音が奇跡かと思いました。汗

安元さんは、ディックどうこうより(汗)相変わらずフリトで遊佐さんにいじられてまくっていたのが面白かったです。
もう、安元さんはこのメンバーの中ではあまり強く出られないらしい。笑

中村さんのユウトは、久しぶりのせいか、ちょっとトーンが低くなってる…??汗
ユウト的にはもう少し甘いトーンでディックに甘えて(というか、尻に敷いて?)欲しかったかも。汗
でも、いつ聴いても相変わらずのイケメン声にはうっとりさせられちゃいました。

そして、忘れてはいけないのが『SIMPLEX』のシリアルキラー役でご登場の檜山さん。
「収録してて楽しかった台詞」って、なんだったんだろう!?
すごく気になる…。

かたや『DUPLEX』の立てこもり犯ケビンの大西健晴さんが、これまた思わず同情をひく実感こもったダメ男なのが印象に残ったんですが、フリトでは出演者の皆さんもこぞってケビンに同情していて「やっぱりね!」と嬉しくなりました!笑

さて。

原作の外伝もここまでの発刊なのでこれ以降はないかもしれないのですが、ダメもとで言わせて頂くなら是非「パコとトーニャ」のお話が読んでみたい!!
2010年には…ぜひ実現しないかな~。

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/628-485fc377

コメント

お邪魔いたします!
お邪魔します!
おいらも購入いたしました~(*´ω`*)
しかしマダ聞けてないんですが・・・

ロブいいんですねロブ'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
じっくり聞きます!!!
葵さん、ようこそ~♪
コメントありがとうございます~♪

> しかしマダ聞けてないんですが・・・
(´゚Д゚`)ンマッ!!
葵さんともあろう者がなんということ…!!

> ロブいいんですねロブ'`ァ,、ァ(*´Д`*)'`ァ,、ァ
> じっくり聞きます!!!
ロブ、いいですよ~~ロブ!!
さすが遊佐さんの口八丁手八丁ぶり!!
葵さんも今夜にでも聴いてニヨニヨしてくださいネ!ウフξ≖ฺ‿≖ฺ)

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad