HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[BLコミック]鬼嶋 兵伍

鬼嶋兵伍『バチ☆バチ』(バンブー・コミックス)

この方の作品も、どっちがどうだか一見判別つきませんよね。

ということで、鬼嶋兵伍さんの『バチ☆バチ』(バンブー・コミックス 麗人セレクション)を読みました♪

バチ☆バチ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)サッカー部主将の津田沼と副主将の冬依(とうい)はお互いへの想いを胸に秘めながら友人関係を続けていた。
後輩の一汰は二人の恋心に気がつき応援していたが、ある日二人から衝撃の告白を受けて――!?
新感覚トライアングルラブを描いた表題作ほか傑作4編と描き下ろし番外編16Pを収録した、恋にはオクテ♡ でも欲望には忠実なオトコ達が満載の最新コミックス。


-----------

気鋭の作家、鬼嶋さんの3冊目。

先の読めない展開の話が続くので、飽きることなく読めました!

受け攻めどっちかなのかが見た目ではわからないうえ、「ふたを開けてみたらこう来たか!」みたいな感じがこれまた楽しい。

そして、実は自分がちびっこ攻めが好きだったことを思い出しましたよ。(また)

最初に自覚したのは内田かおるさんの『ハートにご用心』の中学生、テル。
学ランでツンツンヘアーでヨーヨー名人なテルと、乙女なリーマンの組み合わせが楽しかったなぁ。

そう思うと、ガチムチちびっこ乙女も、鬼嶋さんは内田さんの正統な継承者と言えるのでは?
(おっと、内田さんの新刊も読まないと!)

とまあ、それはおいておいて。

これはBL=THEファンタジーを楽しめる方、にオススメです!


【バチ☆バチ】麗人2008年9月号掲載

サッカー部1年、補欠の一汰(いちた)
       x
坊主の主将(津田沼)&ロン毛の副主将(冬依)


「俺は恋のキューピッド?それとも恋のターゲット?」という雑誌掲載時の表紙のアオリが、このおはなしの全てを物語っております。笑

結局はチビっこの ちー汰がターゲットな上、ガタイのいい先輩二人をまとめて面倒みちゃる!
という究極の男前攻め。

表紙からは想像出来ないドびっくりの超展開です。笑

おまけに鬼嶋さんいわく「Hシーンのこだわりは、坊主頭にぶ○かけ」って、ほんとに3P関係ないんですけども~!!爆

でも、漫画において3Pって色んな意味で難しいと思うんですが、でかくて乙女な先輩二人がちっちゃい攻めに弄られて感じちゃうっていう組み合わせは「うまい」と思った。
なんか説得力あるし。(あるか?)

でも、3Pに説得力を求めること自体間違ってるとわかってます。笑

あと私、単純に後輩攻めが好きなんでした。

やってる最中に後輩が「せんぱい、せんぱい」って言ってるのって、萌えますよね?

ね?


【茜色の青春】麗人Bravo!2008年秋号掲載

ダンディな左官(サカイ克司)x若手カリスマ?美容師(潤)

オッサン受けが全盛な今!!
いいオッサン攻めを発見したッ!!

オッサンにも受けていいオッサンと、受けていかんオッサンがいると思うんですよ。
そんな中、初見からこのオッサンには攻めオーラがあった。笑

そして、王道な展開のこの作品はオッサンの娘の存在が成功していると思います。
男前な女の子、これも最近の定番ですね。

でも、いっこ素朴な疑問が…

美容院って、ヒゲあたれるんでしたっけ…?汗


【サムライハニービー】麗人2009年1月掲載

スポーツジムで知り合ったアマボクサー(高杉)x黒帯の空手インスト(三ツ谷)

「ぼくと 戦(や)ろう!」
って、これがもちろんベッドの上でじゃないんですよ。

鬼嶋さんだけに、格闘モノは外せなかったみたいです。笑

元ヤンでつり目の黒帯くんが可愛かったです。
道着を脱ぐと、実は華奢なタイプ?笑

その気迫に惚れるお坊ちゃま、って~~!!
なんか懐かしい展開過ぎて、かえって新鮮でした。


【7723-1122(ナナにいさんのわんわんにゃんにゃん)】麗人2009年3月号掲載

近未来。
犬人のガジロー&猫人のシロさん&クローンのナナの共同生活…。

な、なんかSF!?
SFでいいのかな!?
これ??

最初、普通にケモミミだと思ったんですけど、設定はけっこう重かっ…た…。汗

これも3Pです。(いや、2匹とひとり?)
チャレンジャーな鬼嶋さん。
キライじゃないです。笑

この設定でいくなら、いろんな組み合わせ(バリエーション)が楽しめそうでこっちの3人の方が面白いと思う。(え?)
ガジローは早く立派な総攻めに成長してちょうだい。笑


【幡ヶ谷ララバイ】麗人Bravo!2009年春号掲載

V系バンドヴォーカル(ハルカ)x中年小説家(米澤)

鬼嶋さん、こんな美人が描けるなんて…!(失礼)

面白かったです。
この単行本の中では一番フツウのBLっぽいですね。

ハルカのキャラは個性的で素敵でした。
古典的な求愛方法がぐっとくる。

リップクリーム、その手があったか。笑

正統派な(?)オッサン受けがお好きな方にもオススメです。


【おまけまんが(みずいろのゆううつ/茜色の憂鬱番外)】描き下ろし

左官のオッサンが年下相手にいじけたり、甘えたり、のおまけ漫画。笑

オッサン好きな人のハートをわしづかみじゃろう。

しかし実は私は、さほどオッサンには触手が動かないんですよ。

でも、これをもしもCD化するなら克司さんの声は和彦さんでお願いします!!
(ないと思うが。)

あと、このまんま潤が上手く克士をいなしてって、いつか夢のリバもありだな~。←結局コレ


【カバー下】描き下ろし

これ、ユギさんの『人はなぜ~』と同じパターンじゃないですか!?

冬依は普通に可愛いけれど(?)、坊主のメイドは破壊力ありすぎです。笑


* * *

と、今回も実にバラエティ豊かな1冊でした!

でも、なんかこう、不思議と10年くらい前のバンブーコミックスを読んでいるかのような気持ちに…。

あれですかね。
ファッションと一緒で、流行は繰り返す、ってBLでもあるのかな?

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/621-edb08142

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。