HOME>[感想]アニメ/西洋骨董洋菓子店

アニメ『西洋骨董洋菓子店~アンティーク』DVD 「1」「2」をゲット!

以前より、機会があったら入手したいと思っていたものがありました。

それは、アニメ版『西洋骨董洋菓子店~アンティーク』のDVD~♪

西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第1巻 [DVD]西洋骨董洋菓子店~アンティーク~ 初回限定生産版 第2巻 [DVD]
初回限定生産版 第1巻 2008年11月26日発売 1~3話収録
初回限定生産版 第2巻 2008年12月24日発売 4~6話収録

【ストーリー】
「早く死ね。このホモ!」そんな言葉で高校時代に振った相手が目の前に現れた。今は天才パティシエになっているという。洋菓子店を開こうとしていて、彼が自分を覚えていないことに胸を撫で下ろしながら彼を口説き始める橘。ところが今やりっぱな『魔性のゲイ』にお育ちになった彼に迫られオソロシイ目に・・・。
オーナーの橘、天才パティシエの小野、元ボクサーのエイジ、ギャルソンの千影―イケメン揃いの洋菓子店「アンティーク」を舞台に、けれんみたっぷりに描かれる人間模様。橘の幼い頃の‘事件’や、魔性のゲイとして登場する小野。そして彼らの作り出すケーキたちまで巻き込んで織り成す、コメディとシリアスを自在に行き来していくレシピ。

【キャスト】
橘 圭一郎:藤原啓治 小野 裕介:三木眞一郎 神田エイジ:宮野真守 小早川 千影:花輪英司 榊楓子:河西智美(AKB48)

---------

なぜなら。

初回特典として「1」にはドラマCDが、「2」にはお台場で開かれた声優さんのイベント映像のDVDがついていたわけで。

でも、正直言って、テレビ放映時の作画の粗さがトラウマになっていて、なかなか手を出せずにいたわけで…。汗

それが韓国映画『アンティーク』DVDの発売を来月に控えた今、なんだか再びアンティーク熱が高まって来たのです~!
(「またこのネタか!」と思われた方、すみません。汗)

と、そんな時。

偶然とあるお店で初回限定版のDVDを見つけ、外箱のよしながさんの描き下ろしのイラストをしげしげと眺めていたところ、その帯に…
「映像クオリティアップを施した完全版を収録!」
って自信満々に書いてあるではないですか!

え~?
本当~~??(まだ疑問視)

でも、さらに!

初回限定特典のドラマCDタイトルが『ある日のアンティーク』…!

って、え!?
何それ??
いったい何のエピソード!?(食いつき)

私は勝手に原作にあるエイジや橘の過去バナ(元カノがらみ)あたりがドラマCDになったんだと思ってましたよ!?

ちがうの~!?汗(動揺)

となると、こんどは…

俄然内容が気になって仕方がない~~~ッ!!

ということで、発売後すでに1年たち、またしても今さら感いっぱいなんですが、とりあえずDVDの「1」と「2」を入手してみました!笑


実はまだDVDの「1」しか見ておらず、さらに特典「ドラマCD」を聴いただけなんですけど、なんだか思いがけずに色々と衝撃的なことがありました…!

ということで、以下折りたたみます☆


ズバリ言って。
DVDでは絵がきれいになってて嬉しかったです~

少なくともテレビ放映時とはぜんぜん違う、と私は感じました。
(テレビ版アニメ「アンティーク」感想はこちら

なんか見やすい!
(あいかわらずグレー線ですが絵が安定している)

監督のインタビューにもありましたが、作画に関しては製作時から苦労していたようですね。
ただ、初回の橘は…やっぱり橘には見えませんでしたけどね。笑

まあ、アニメ放映時は画面を見るのが辛かったので、声優さんの声ばかりを意識していてそんなにちゃんと見てなかったですしね。汗

今回DVDで久しぶりに4人そろっての声を聴きましたが、改めて聴くと、そのバランスがすごくよかったと思いました。

特に橘の藤原さんは、キャラ乗り移ってた!
そして、小野の三木さんはやっぱエロかった!
エイジの宮野くんはけっこう頑張って弾けてたんだな~!と思い、花輪さんは低音で落ち着いてていいんだけど、チィにしてはちょっと渋すぎ…と思ってたんですが、今聴くとそれがかえってよかったような。笑

そんなわけで、ひとりで見ていてすごく楽しくなっちゃって、「1」収録の1~3話を一気に見てしまいました~。(ってずいぶん暇だな、おい。汗)

そして、特典映像としてOP映像の製作現場が収録されていたのですが…。

あの建物、ドールハウスだった!!汗

家具やステンドグラス、カウンターやランプなどの小物に至るまで全て手作りだそうです。
すごい~~!!!
だってランプがひとつずつちゃんと点灯してる!

どこかにアニメ化の際にモデルになった、激似のカフェが実在するのかと思ってました。
で、CGで人形を合成してるんだと・・・。汗

OPでのペーパードールも一体ずつ手作り。
さらに、トレーに乗っているケーキはすべて粘土細工で出来ていて、大きさはなんとひとつ5~8mmなんだそうですよ。
なんという職人技…!!
やるな白組!!

↓で、完成したのがこれ


映像もペーパードールをちょっとずつ動かしながら、カメラでひとコマずつ撮影したそうです。
まさかそんな手間暇かけていたとは露知らず。
驚きました。

で、続けて特典ドラマCDを聴いたのですが、改めてこっちにも驚いたのはそのトラックタイトル。

DVDの版面に1:『レシピ0』、そして2:『七夕の夜』って書いてある。

…。

マジで!? (゚д゚)

アンティークファンにとって『七夕の夜』と言ったら、発行直後に大きな物議を醸したあの有名な同人誌のタイトルですけど!?

ウッソーーーン!!汗汗

と思いつつ、手元に『七夕の夜』を引っ張り出して来て(数年ぶりだ!)、同時にトラック2からチェック!!

「……。」←再生中無言

終了!

うおお~、よ…よかった…。

やっぱり確信には触れないのね~~。

…って、あんなの触れられるか!ヽ(`Д´)ノ

あ~、びっくりした。爆

よしながさんの同人サークル大沢家政婦協会2005年8月発行の『七夕の夜』は、アンティーク連載終了後も続いていた彼らのお話の中でも、もっとも重要なターニングポイントとなっている1冊です。
(同人誌ですのでネタバレしませんが)

おまけに、よしながさんの同人誌ったらエロスも最高潮~~!!

なワケなんですけど、そこら辺はバッサリカットで、なんだかでこちゃんも含めて和気あいあいのイイ話になってたわ~。苦笑

西洋骨董洋菓子店 2 (WINGS COMICS BUNKO)もうひとつのエピソードである『レシピ0』は、単行本未収録で文庫の発売にあたって2巻に収録された、4人ではじめて迎えたお正月にまつわるショートストーリー。

どちらも施設育ちのエイジの辛い生い立ちを感じさせる箇所があるのですが、きっとその辺も意識して、『アンティーク』の中でも最もアットホームな部分を抜き出したんでしょうね~。
で、ひっくるめて『ある日のアンティーク』、となったらしいです。


あ~、それにしてもびっくりした~。
一体ぜんたい、だれがここ(同人誌)から脚本起こそうとしたのかしら~。
やっぱりよしながさんなのかな??汗

そこらへんのことは封入のリーフレットの鼎談(よしながさん、藤原さん、花輪さんの3人)では話題になっていなかったのでわかりませんが…。

私同様、同人誌を読んで彼らのその後を知っている方なら、多分相当びっくりしたはずですよ。笑

続きの「2」はまた明日にでも見てみようと思います!
井上さんのジャンふたたび♡

そして実は私、三木さんの映像とか写真ってちゃんと見たことないから、特典DVDがすごく楽しみなんですよね。プププププッ ( ̄m ̄*)

▽アニメイトTVニュース
TVアニメーション『西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~』奥村よしあき監督インタビュー

TVアニメ『西洋骨董洋菓子店 ~アンティーク~』花輪英司さんインタビュー

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/610-3c3b2c74

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad