HOME>[大人コミック]やまがたさとみ

「キス キス キス」①やまがたさとみ(秋田書店/COMICMIUコミックス)

やまがたさとみさんの「キス キス キス」①(秋田書店/COMICMIUコミックス)を読みました!

キスキスキス

男に不自由したことがない空衣(そらい)。
でもいつも寄ってくるのは、セックスが目的の男ばかり。
けれどある日…!?
2002~03年COMIC MIUに連載





やまがたさとみさんと言えば「スリークォーター」(なんと絶版!!)「感情回路」「フェイクファー」(芳文社/花音コミックス)の山下くんシリーズ三部作で、その透明感あふれる絵柄とストーリーで世のBLファンを虜にした作家さん。

現在子育て真っ最中のためか、近頃はもっぱら挿絵かレディースコミックでの執筆が主らしいですが…。

くぅ~!
こういう作家さんにこそBL漫画も描いて欲しいのにぃ~!!


自分の中の定義として「BL作家が描く男女の恋愛モノはいただけない」というのがガッツリ存在していたのですが、この作品はその思い込みをみごとに打ち破ってくれました!!


「人は誰もが運命の相手を探している。」

恋愛ってそういうものなんだと、切ない気持ちを思い出させてくれます。



やまがたさとみさん、恋愛モノを描かせたら本当に上手い。
上手すぎます。


男には不自由しない生活を送る空衣。
誰かと付き合い、さして深く考えずに関係しては別れる生活を送って来たが、仕事場の書店で作家の恩田仁(おんだ・じん)に出会う。

「ああ あたしは この人と セックスするんだろうなあ」

その言葉通り、再会してすぐに体を許す空衣だが、恩田に対しては今までの男にとはまったく違う感情を抱く自分に気づき、とまどうのだった…。


人は恋愛の蜜月期を過ぎると、すぐに「本当にこの人でいいんだろうか?」「他にもっと違う誰かがいるかもしれない」と考えるようになりますよね?←え?ちがう?

結婚して10年近くたつ身としては、そんなことを真剣に考えていた若い頃がちゃんちゃらおかしいとも思うのですが、(当然、結婚=運命の人と…なんて幻想を捨てたからこそ結婚できた。)あの頃は本当に必死で「運命の誰か」を探していたのです。

でも、ある日突然にその「誰か」に出会ってしまったと感じたら…。
きっと空衣のように、臆病になるに違いありません。

恋愛に対して誰もが抱く、恐れと憧れ、切なさとトキメキ。
それらが入り混じった複雑な感情を思い出しました。

結局BL作品にも、男女の恋愛モノにも、私はそういうことを期待しているんだな~と実感。

はっ!!
過ぎ去りし青春のトキメキを疑似体験したいのか、私!?←今頃気づく。

それにしても恩田さんの醸す大人の雰囲気が、なんとも魅力的。
10代の小娘にはもったいないよ!←本音

他に若かりし恩田さん(笑)と、その元カノの新しい恋のお話と、同じ職場で働く美容師とネイリストの素直になり切れない大人の恋愛のやっかいさがテーマのお話のキスシリーズが2本。
おまけに?ちょこっとBL臭が漂う「16」という作品1本が収録。

やまがたさん、もっと多くの作品を描いて欲しい作家さんです♪

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/58-b511e1ae

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad