HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[BLコミック]阿仁谷ユイジ

阿仁谷ユイジ『カンゴク69』(ジュネットコミックス)

今、熱のあるエロを描かせたら業界№1まちがいなし!

そんな阿仁谷ユイジさんの『カンゴク69(ロック)』 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)を読みました~♪

カンゴク69 (ジュネットコミックス ピアスシリーズ)—許して、先っぽしか入れんけん—
「カンゴク69」地元で一番スパルタな全寮制の予備校で出会った、浪くんと市路くん。逆境があるほど恋って燃える!?プライバシー皆無の中、こっそり育むラブ&H!
「ナイチンゲールは夜に啼く」愛仁くんは♂専出張ホスト。いろんなお客にHな奉仕をするのがお仕事。誰にでも一生懸命な彼が、ある瞬間、運命の男に巡り会う・・・!
どちらも超傑作、スーパーエロス2シリーズ収録vBL革命児・阿仁谷ユイジ、初めてのピアスシリーズ!!

----------

収録作は2作品。
親孝行なデリヘルボーイが主役の『ナイチンゲールは夜に啼く』と、山奥の全寮制予備校が舞台の『カンゴク69』。

いずれ劣らぬ良作で、帯にもあるように両A面仕様でした!
(でも、「A面」って何なのか今の若いひとに理解できるのかという素朴な疑問…。汗)

ピアスだからもちろんエロが前面に出てくるのはわかっていましたが、その期待に阿仁谷さんがしっかり応えているのがさすがです。笑

そしてただエロイというだけじゃない、わくわくするような愛もちゃんとそこにありました!

上のあらすじが完璧なので、これ以上説明のしようもありませんがもう一言。

【ナイチンゲールは夜に啼く】

恋がしたかったんだ



デリヘルボーイの愛仁(あいじん)くんは、どんなお客様のどんな注文にもしっかり応えて、相手を癒すのが信条。
その熱心なお仕事ぶりを、阿仁谷さんはきっちりガッツリ、汁音もたっぷりに描いてくれてます。

日陰のお仕事的暗さは微塵もなくて、自分のプライドをかけ、まさに汗水たらしてお客様に一所懸命ご奉仕する愛仁くんの姿には、ちょっと感動さえ覚えます。

その愛仁くんが、病身のお母さんが入院している病院で、“運命のひと”劉衛太郎(りゅう・えいたろう)に一目ぼれ。

そして、このシーンがすごくいい!

精緻に描き込まれた薔薇の花(朝露つき)がそれこそ画面いっぱいに咲き乱れます!

こんなにキレイに描かれた薔薇の花、久しぶりにお目にかかりました~!

効果音をつけるなら、
パァアアアアアアア~~~~~ッ!!
って感じ?(JOJO風)
作中では「ぶわッ」だけども、そんなじゃ足りないですよ。

でも、この「いかにも古典的」だと思っていた、恋に落ちる瞬間のマンガ的演出。
ヤマシタさんの『薔薇の瞳は爆弾』(感想はこちら)の中では告白シーンで薔薇が散ってましたね。
実は再び市民権が復活してきているのかしら?

ま、それはおいておいて。

この薔薇の花びらが、のちのちとても素敵な効果を生み出すわけです。笑

主人公に多くを語らせなくても、その心理が手に取るようにわかる。
この演出、ベタだけど、かえって新鮮で、すごくよかった。

そんな劇的な一目ぼれののち、阿仁くんは、なんと!

お仕事でその彼のお相手をすることになりますが、そこは惚れた弱み。

理性などぶっとんでしまったために、本来ありえない本番になだれ込んでしまいますが、最中に「これは仕事」だと意識したとたん、お金を介在させてするHに疑問を感じてしまって、その後お仕事では失敗続き。

ついに、お客様の愛し方を忘れてしまった夜啼鳥は、デリヘルのお仕事を続けられなくなってしまうのです…。

と、ここで、お金と体先行で突っ走っていた阿仁くんが立ち止まり、自問自答する姿は本当に羽をもがれた小鳥のよう。

恋って怖い。
気持ちと体のつながりを強く意識させられます。

結局、こっちも愛仁くんが忘れられない衛太郎のフライング的な行動により、2人は無事再会を果たし非常に感動的な一夜を共にしたあげく、めでたく一組のラブラブカップル♡ が誕生するのですが、最終ページの愛仁くんの姿が、すごく可愛くて印象的。

また、その羽で好きな人とどこにでも飛びたてる…!
なんてロマンチック~

エロスを介しつつなんともほのぼのとした恋物語が進行していく、ただのポルノマンガに終わらない人情味を感じる作品でした。

ただ、この衛太郎。

インテリ眼鏡で人当たりもよい看護士さんなのですが、そんな「フツウのひと」がどうやって愛仁くんの所属する「夜啼鳥倶楽部」に辿りついたのか?

そしてなにやらそのリクエスト(「人間椅子」!)も上級なんだけど!?

そのミステリーが一番気になりました。笑


【カンゴク69(ロック)】

青いからだだけん、いつもいい匂いがするん?


はい、性春よありがとう!
リバカップル、ウェルカム!!

な作品で、こういうノリが大好きな私は読んでてウハウハ(死語)でした。爆

そして、この「69」はあの「69」でなくて「ロック=鍵」だったんだ。
と、読んでみてタイトルを勘違いしていたことを理解しました。汗

全寮制の予備校で同級生の、ヤリたい盛りの浪くんと市路くん。
最初は興味本位から始まった体の関係だけど、そこに恋心が加わってしまったから、もうノンストップ!
若さのままにエロスに突っ走るふたりを誰も止められません。

この2人の方言の会話&掛け合いがすんごく笑えるし、一生懸命でかわいいんです。笑
これぞ阿仁谷さんの真骨頂!

受験生ならではのエピソードにも、うっかり(?)ホロリとさせられちゃいました。

せっかくなので、もうちょっと彼らのからみが見たかったなあ。

そして。

最近、BLに求めているのはこういう「笑い」な気がする。

「切なさ」「痛さ」って、耽美の時代からの常套でもあるわけで、そこを突き抜けた「笑い」ってさらに上級の楽しみ方になってる気がしなくもない。

暗くて重い時はとことん重い作風の阿仁谷作品とはまた180度違う、この作者ならではのこだわりが光った2作品。

嫌なことがあった時なんかにこの本を読むと、きっと無性に元気になれる。
そんな気がした一冊でした!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/570-94bf7a7a

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。