HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[少女マンガ]由羅カイリ

「彩雲国物語」(角川書店/あすかコミックスDX)

さっそくですが…由羅カイリさん(原作:雪乃紗衣さん)の「彩雲国物語」(角川書店/あすかコミックスDX)を読みました!

彩雲国物語 第1巻

「彩雲国」の名家・紅家に育つ紅秀麗は、お嬢様なのに家計は火の車で、日々の賃仕事(バイト)に大奮闘!!そんな秀麗に金五百両で“若きダメ王様の教育係の仕事が舞い込んだ。すぐさまオイシイ話に飛びつく秀麗だったが、期間中は貴妃として後宮に入れと言われて…。いったいどうなるの!?豪華絢爛なビンボー(?)お嬢様奮闘記、第1巻!!


--------

ふふふ。
堪能、堪能!!

GWに読破(といっても影月編まで)した角川ビーンズ文庫の「彩雲国物語」(感想はこちら)、コミックスがあると知ってさっそく購入して来ました~!←おそッ!

うわさ通り、いい男が満載!!
文庫の挿絵のように出し惜しみ?されておらず、出ずっぱりです~♪←漫画だから当たり前。

宮廷の調度品から衣装、髪型まで細部にも手を抜かない細やかな描写も見て楽しく、美しい~!

まさに眼福です


いや~、そういえば最初は劉輝がこんなに活躍してたよね~!
…ふと遠い目になってしまいました。

原作の味をまったく壊さずに、由羅さんの「彩雲国」が形作られています。今さらですが、絵柄のキラキラしさがこんなにマッチしてたのですね~。

でも、ちょっと気になったのは秀麗の目のでかさ
な、なんか大きすぎません…?
文庫のイラストの時はそんなに気にならなかったんですけど、落っこちそうな位でっかいよ!
たまにバランスが危うくて…あわわわ。
ゲフンゲフン。

少女マンガなんだから、そんなモノなのでしょうか?
(近頃かなり少女マンガから遠ざかっているから~汗。でも掲載紙が少年エースって…??)

それにしても、男性陣がみな一様に流麗でよし!
(リアルな描写のド迫力じーさんズ及びほんわか邵可パパは除く)
メインキャストの劉輝・静蘭・楸瑛・絳攸おしなべて麗しいです~!

中でも絳攸がいい!!
いいね!!←くどい

キャラが漫画向けです。
いきなり絳攸を応援したくなりました。
まあ、嫁取りうんぬんで活躍するのはまだまだ先の話なのですが。

そして珠翠がお色気たっぷりで、ドキドキです♪
楸瑛がひたすら想いを寄せるに値する美しさ。←あれ?ちがう?
香鈴は…ま、いっか。←汗

でも、ひとつ残念なのが劉輝が静蘭に夜伽を命じるシーン。
ほらほらそこは作中でも(個人的に)かなり重要ポイント!
静蘭のとまどいをもっとガッツリ表面に出して、劉輝はもっとタチっぽく!!
…思わず脳内で演技指導してしまいました。←バカ


それにしても読んでいてまったく違和感を感じさせないとは、原作つきとしてはとても珍しいかもしれません。

小説として活字で読むよりは、当然心理描写などの点で内容が簡略化されてしまうのは仕方ないので、物足りなく感じてしまう人もいるでしょうけど、個人的には十分楽しめて大満足です。

原作そのものがとても漫画的なせいもあるのでしょうが、由羅さん自身が「彩雲国物語」をすでにご自分のものとして消化し、表現されているからなのでしょう。
小説には小説の、漫画には漫画のよさがそれぞれありますから。

6月26日発売予定の第2巻で「はじまりの風は紅く」は完結とのこと。
今からとっても楽しみです♪

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/55-d13ffc0e

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。