HOME>[ライトノベル]雪乃紗衣/彩雲国物語

「彩雲国物語」雪乃 紗衣著/イラスト由羅カイリ( 角川ビーンズ文庫)

雪乃紗衣さんの「彩雲国物語」シリーズを読みました!

今年のGWは、「彩雲国物語」(角川ビーンズ文庫)に没頭しておりました。
休み前に筋金入りのファンタジー好きなTさんが「これは面白いよ~~!」と貸して下さったのです。

ううう!!
なんとも表紙がまぶしい~~!!

彩雲国物語―はじまりの風は紅く彩雲国物語―黄金の約束彩雲国物語―花は紫宮に咲く想いは遙かなる茶都へ―彩雲国物語
彩雲国物語 漆黒の月の宴彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計彩雲国物語 心は藍よりも深く彩雲国物語 光降る碧の大地

家柄は最高だけど超びんぼうなお嬢様・紅秀麗(こう・しゅうれい)は、高額報酬につられてへっぽこ王様の教育係に就任するが……。
第一回ビーンズ小説賞読者賞・奨励賞W受賞作、満を持して登場!

----------

「はじまりの風は紅く」「黄金の約束」「花は紫宮に咲く」「想いは遙かなる茶都へ」「漆黒の月の宴」「欠けゆく白銀の砂時計」「心は藍よりも深く」「光降る碧の大地」…と、ここまで読みましたが、一気読みだったので、「目…目が痛い~!」

(寄る年波への)愚痴はさておき。

お話も面白いのですが、なんと言ってもイラストのキラキラ感が物語の世界を一気に広げ、彩ってくれています。
舞台が色を冠に頂く「七彩家」が統治する“彩雲国”ということもあり、雲乃さんの文体もまるで文字から色が立ち上ってくるようで感嘆しきり。
(これがデビュー作というのが信じられない!まさに瞠目です。笑)
が、やはり由羅カイリさんのイラストがその魅力を何倍にも引き立てていることは間違いない!
「極彩色ファンタジー」とは言い得て妙ですね。

右を見ても左を見ても、いい男目白押し!なこの作品。
あなたのご贔屓はいったい誰でしょうか?


私が読了したのは「影月編」まで。
これ以降3冊既刊とのことですが、貸して下さったTさん曰く「今家のどこかに埋もれている」とのことで…ううう。

この作品の面白さはやっぱり「女の子の精一杯の頑張り」に対して、完全無欠な男性陣が惜しみなく力を貸してくれる点でしょう。
(完全無欠な女性キャラもそうなんですが。)

「ただ守られているだけじゃいや。
でも、涙が出ちゃうときもある。だって、女の子だもん。」

さあ、その時誰が一番側にいて、そっと肩を抱いてくれるのか!?
って思うと、これが邵可パパだったりするんですよ~。

いやはや、こんなにいい男が満載なのに、さっぱり男女の恋愛が進展しないっていう点も新鮮というか、なんというか…。

まあ、ひとことで言えば秀麗が出来すぎ!なんですよね~。

劉輝(“バイ”という設定だったのにはぶっ飛びました!しかもタチ宣言してるし…)も巻を追うごとに印象が薄くなり、影月編ではすっかり影を潜めてひたすら耐え忍ぶ男になってしまったし、いよいよ絳攸が秀麗の嫁取りに参戦するかと期待するやあっさり引きさがるし、燕青もいい感じで近づいたと思ったら即戦線離脱しちゃうし。

となるとこれは「女性の地位向上推進オカルト風味冒険ファンタジー」ということ…?汗

その代わり、男性同士の友情物語のほうが熱く燃えたぎっている点がお約束というか…。

劉輝x静蘭の兄弟萌えにはじまり、楸瑛x絳攸、燕青x静蘭の親友萌え、さらに邵可x静蘭(あら、静蘭たら総受けだわ~)の主従萌えまでいったいいくつのカップルが誕生するのか…!!←あくまで勝手なイメージです
まったくめまぐるしい忙しさです。←何が?

しかし私はやはり宵大師x茶太保のビッグカップルがイチオシ!
当然50年前の姿限定で…。
宵大師が英姫(茶太保の奥方)に対して「邪魔をしとったのはそっちだ」とぶつぶつ言った時はゲラゲラ笑ってしまいましたよ。←バカ

あと、香鈴が読者には嫌われがちな女の子だと思いますが、私も苦手です。笑
堂主様もいいけど、影月はさっくり龍蓮に奪われて欲しいかな~。

…と、いっこうに妄想はとどまりません。←思うツボ!?

ところで、角川書店「彩雲国物語」公式HPを見ていたら、由羅カイリさんでコミックスが出てるんですね!

彩雲国物語 第1巻
ビンボー(!?)お嬢様奮闘記
紅家の貧乏お嬢様の秀麗は、彩雲国の若き国王で、即位直後から仕事を放棄している劉輝の貴妃兼教育係を金五百両で引き受けるのだが…!?





同じ角川ビーンズ文庫であり、NHKでアニメ化された松本テマリさん(原作:喬林 知さん)の「今日からマのつく自由業!」(角川書店)のコミックスは正直内容が薄くてがっかりでしたが、由羅さんのあの華麗な絵柄が堪能できるなら、彩雲国のコミックスも買い!!でしょう。

とりあえず、出世街道まっしぐらと思わせた秀麗が一気にヒラ官吏に降格となってしまって、今後どんな風に這い上がっていくのか。
続きを楽しみにしたいと思います。

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/54-d42496e8

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad