HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[その他]papicoの日記

中島梓(栗本薫)さんのご冥福をお祈りします

昨日、作家の中島梓さんがすい臓がんのため亡くなられました。

まだ56歳だったそうです。

私にとっての中島梓さんと言えば、やはり高校時代の愛読書「JUNE」の小説道場の師範、そして、栗本薫名義で連載されていた『終わりのないラブソング』の作者、のイメージが一番強いです。

それ以前にクイズ番組の女性軍のキャプテンでテレビに出ていらしてお顔を知っていたので、中島梓さん=栗本薫さんだと知った時は、ちょっと不思議な気持ちがしたことも覚えています。

その後1984年発行の『美少年学入門』を読んで、森茉莉や稲垣足穂の小説を手に取ったりもしましたっけ。

美少年学入門←文庫版は今も手元にあります。
竹宮さんが描く表紙の美少年がいかにも印象的。

今見返すと、ちょっと成長したジルベールみたい…。
って、みたいじゃなくてジルベールなのかしら!?←今さら気づいた。汗

ああ、ここにあの時代が息づいている…!

この本は「少年――それは、ひとつの思想である」との高尚な一文で始まりますが、平たく言ってクスッと笑えるエッセイです。(「JUNE」に連載されていた…んだと思います。)

中島さんが己の「少年愛」嗜好をを包み隠さず語るエッセイで、深い洞察と軽妙な語り口が面白い。
いや、それだけでなくこの時すでに「美中年」についてまでも語っております。
なんだか、しをんさんの先駆けみたいだと思いました。(お2人は大学も一緒ですしね)

BL界の黎明期に、後進のために大きな足跡を残された中島さん。
未完の作品を残して旅立つのは、作家としては非常に心残りだったと思います。

心からご冥福をお祈りいたします。

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/530-5f64ab45

コメント

papicoさんこんにちわ
栗本さんまだお若いのに残念です
「終わりのないラブソング」なんとか入手して読みかえしてみようと思います

ゆずはさん、こんばんは。
> 栗本さんまだお若いのに残念です
そうですよね。きっと無念だったと思います~。

> 「終わりのないラブソング」
私も青春の思い出の作品なので、機会があったら入手したいと思います。
吉田秋生さんの挿絵が好きでした。

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。