HOME>[妄想・たわごと・独り言]漫画・ドラマCD

『ガラかめ』43巻発売おめでとうございます☆

ガラスの仮面 43 (43) (花とゆめCOMICS)
とうとう出ましたね。
4年ぶりの新刊、美内すずえさんの『ガラスの仮面』43巻(白泉社)が!

いや、でもまだ読めてないんですけど。
すみません

私がはじめて『ガラかめ』を読んだのは、忘れもしない私の漫画好きの原点になった「ピアノ教室」でした。
小学4年生くらい??
『ガラかめ』は1976年から連載されていたので、当時すでにお話はかなり進んでいましたね。
そのピアノの先生が月影先生にそっくりだったのも思い出深いです。←マジで

でも、それがきっかけで『花とゆめ』を購入しだして、以降白泉社漫画にどっぷり漬かる青春時代を送ることになったのですから、人生何がきっかけになるかわかりません。

で、今日たまたま見ていたTBS「王様のブランチ」に美内すずえさんがご出演されていたのを拝見!

43巻の発売を記念?しての、お仕事場でのインタビュー(というか、仕事机でのインタビュー)でした。



今でも作画には「墨汁」を使ってらっしゃるという美内さん。
「墨汁のにおいが好きなのよ」との台詞に、「ああ、わかる、わかる」とうなづく私。

原稿(マヤのアップ)にペン入れをなさっていましたが、ペン先から聞こえる「シュッ、シュッ」という音が耳に心地よくて、PCで描く漫画とは違う味わいがたしかにそこにはありました。

昔からずっとこうした作業を続けて43巻、その数、実に8000枚!!もの原稿を描いて来たんだと、なんだか感慨深かったです。

他にも、面白い質問にいろいろ答えてらっしゃいました。
(覚えている限りですみません)

「一番気に入っているシーンは?」→「夜叉姫物語」の舞台で、マヤが泥団子を食べるシーン(マヤが役者に対しての情熱を取り戻す重要なシーンだから)

「好きな登場人物は?」→黒沼先生(なんとなく憎めない)

「長期連載中、気をつけていることは?」→流行のものをなるべく取り入れない(特にファッションはスタンダードなものしか着せないようにしている)

などなど。

まあ、そうだったんですか!
それであの「レオタード+腰リボン」の謎が解けました。笑
でも、うさぎさん柄のTシャツは今も昔もいかがなものでしょう。汗

それでも、電話だけは黒電話→プッシュフォン→携帯電話と変遷してきてるそうです!
公衆電話も赤電話→カード式になったそう。
なんだか『サザエさん』みたいです。笑

そして、気になるこれからの展開について、「ファンの方からは紅天女のことより、早く真澄さんとマヤをくっつけて!とのご希望が多くて…」と、苦笑してらっしゃいましたが…

すみません!!私もずっとそう思っています!!

『ガラかめ』自体、前回の単行本が出たときにチェックして以来なので、細かい部分はもうあんまり覚えてないんですけど(亜弓さんの目がいつ治ったのか、とか…。汗)、やっとそれぞれの想いを自覚した真澄さんとマヤが、あと何巻費やせば結ばれるのか気になって仕方がない。

必死に紅天女を追いかけている亜弓さんにも、マヤを追いかけている桜小路くんにも申し訳ないんだけど、それこそがファンの偽りのない心境かと…。

ともかく、私の視力がそんなに悪くならない内に、二人のウェディング姿を見たい。
小学生から読み続けていて、今やすっかり年老いたお母さん並みのファン心理になった自分にも驚きました。笑

あと何年かかってもいい。
ひょっとしたら、もう1回くらいは年号が変わるかもしれない。

それでも、これからもお体にはくれぐれも気をつけて、必ずや完結させて欲しいです!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/491-844cfcf1

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad