HOME>[BLコミック]新田祐克

新田祐克『春を抱いていた9』(ビブロス/SBBC)

『春を抱いていた9』(ビブロス/スーパービーボーイコミックス)はズバリ、帯通りの「両立できるの!?仕事と家庭。熱々夫婦に亀裂発生!?香藤さん、怒られないと物足りないってホントですか?」編です!


春を抱いていた 9 (9)「冬の蝉」は暑さ真っ只中の京都で撮影中。役作りのためもあり、ウェイトコントロール中の岩城はすっかり夏バテに。そんな岩城を元気づけようと、香藤はすっぽん鍋を用意して体力回復を図るが、それが自分にとっても効果抜群で…!!私生活でパートナーでありながら、同業者でもある2人が当然ぶち当たる壁をどうやって切り抜けるのか!?

「ウィッチ・ドクター」b-BoyLuv 2003年9月号掲載
「ロス・リーダー」b-BoyLuv 2003年11月号掲載
「スクランブル・レース」b-BoyLuv 2004年3月号掲載
「トゥルー・リバー」BE・BOY・GOLD 2004年6~8月号掲載
「剥奪者」b-BoyLuv 2004年1月号掲載
スペシャル企画スウィートホームへようこそ!」b-BoyZips2002年11月号掲載

-------------

いや~、やっぱ岩城さん「妻」役決定ですわ。←今さら??

なんなんですか!?
9巻の随所に漂う、この妖艶かつ滴るほど溢れる岩城さんのお色気は!?
かつて「岩城攻がよし!」と思った時代もありましたが、こうなったら永遠に「受」でいいです。
キッパリ。

そこまで岩城さんを変えたのが香藤の愛の力なのだとしたら(いや、確かにそうなのだが)、8巻の「岩城さんを成熟させたのは俺」発言にも素直にうなずこう。
え!?
あれってもしかして、9巻の岩城さんの伏線だったり!?

2人の理解者であり、かつこのシリーズでは貴重な普通の人キャラ、吉澄さんも登場でますます盛り上がる「冬の蝉」撮影編!
ラブラブだけでは終わらない、仕事に対する真摯なまでの男の情熱がぶつかり合います!


【ウィッチ・ドクター】

男、岩城京介、34歳(のハズ)。
女性で言えば、いわゆるそろそろ「女盛り」ってやつ!?

だから?
だからなの!?
なんだかすっかり「可愛い新妻」キャラになってますよ!

すっぽん鍋でビンビンの香藤のいつにも勝る欲求に対して、健気にお応えする岩城さん。
夏バテで辛いだろうに、えらいね~。
なんて感心しちゃってる自分、なんなのよ!?
いや。普通の新妻もここまではしないだろうと思ってさ。

ところで、変なところで感心したのはまる鍋(すっぽん鍋)を食べる和室のシーン。
岩城さんは礼儀正しく正座、香藤は当然あぐら。笑
仕事以外では正座なんて1分ももたないであろう香藤のキャラがよく描かれてるな~、と。
新田さんはこういう細かい設定が実にお上手ですよね。



【トゥルー・リバー】

こんなに香藤にメロメロになってしまっている岩城さん。

これまでどんな仕事に対しても真面目に取り組み、プライベートを持ち込むことなどなかった岩城さんが「相手役の草加」と「現実の香藤」を切り離して考えられなくなってしまいます。

結果、香藤を断崖から突き落とすシーンの撮影中にNGを連発。
挙句に体調を崩してしまうほど。
そんな岩城にとまどい、違和感を感じる香藤は思わず「前はそうじゃなかった!」と責めてしまいます。

その後、岩城を置いて飛び出した香藤が、心配して追ってきた吉澄に語る言葉が印象的です。

役者としての勝ち負けは俺達の根っこだから



これだ!!
新田さんが伝えたかった「春抱き」のテーマがこれなんですね。
2人が競演することによって、どんな心理的変化が起こるのか、それがどんな問題を引き起こし、その問題をどうやって解決していくのか。
それを描くために、同業者である2人を主役に据えたんですね。
ふ~。

それにしても…
ここに到るまでが長すぎです!
いえいえ、今までのお話がなければこの2人にここまで感情移入できないでしょうから、これまでのエピソードももちろん必要なんでしょうけど。


「心配かけたくないから来なくていい」と言われた火事のシーンの撮影現場に、やはり足を運んでしまう岩城。
その目の前で消火用ホースの水が出なくなり、スタッフが何人もが怪我をする大事故に…。結局香藤も吉澄もやけどを負い、入院を余儀なくされる。

事故直後、その時回し続けていたフィルムに偶然映っていた「映画人」としての吉澄の行動に気持ちを突き動かされ、涙する岩城さん。
役者として大切なことを教えられ、目が覚めます。命がけでフィルムを守ってくれた吉澄に礼を伝える岩城さんは、元通りの「役者」の顔に戻っていました。

撮影の舞台は京都から北海道へ。
入院している香藤を置いて、北海道入りしていた岩城のもとへ香藤が訪れます。

ここでロケ中の岩城さんが着ている官軍の制服!
これがとってもお似合いです~♪
黒髪にはやはりストイックな「詰襟制服」が決まりますな。
「春抱き」ではじめて「萌え」を感じた貴重なショットです!笑

この吹っ切れた顔の男らしく凛々しい岩城さん、久々で嬉しいです!
この岩城さんが好きなんだな~。
でもまあ、すぐに仲直りした香藤に服脱がされちゃってますけど。

それにしても、やったね…?
またやっちゃったね…!?

よりによって「アオカン」とは!!!
あんた達、少しは節度ってもんが無いのかい!?

まあこれも今さらむなしい叫びです。
これからも2人で互いを高めあいながら、いっちゃって下さい。←どこへ?


それにしても吉澄さんは、本当にいい味出してくれています。
もう「大好き!」です。
勇気を出してコクってみました。笑

なんかとっても普通で安心できます。
目が細いとこもいいし、精神的に落ち着いてる感じがいい。
ほら、新田さんの描くキャラって、どっか飛んじゃっるっていうか、芸能人だけに気持ちの浮き沈みの激しい人が多いから~。汗
ほんと、「春抱き」中ピカ1ですよ!
癒され感が!!爆
これからも岩城さんのおノロケの聞き役のみならず、2人のためにぜひ活躍して欲しいです。



【剥奪者】

お正月に実家で過ごす岩城さんと当然一緒について来たその夫、香藤。
岩城さん、やっと自分の実家でお正月迎えられてよかったよ~。

これ、ファンの間でとっても人気があるお話のようですね。
なんせ着物姿(羽織はかま)の岩城さんが拝める上に、お約束で香藤にさっくり剥がされちゃってますから~。
またこれがフェロモン出まくりなんだよ、この時の岩城さんが!!
まさに「お正月スペシャル」!

で、このお話でもびっくりの展開が!!
なんせ真っ最中の部屋の階下に「父・兄・兄嫁さらにその娘(推定年齢生後3ヶ月)」まで揃っているからね~~!!

しかも振動で鏡餅から、みかん…みかんが落ちてくる!!爆
も~、正月早々、しかも真昼間から激しすぎです!

で、お義姉さんの「仲良いいんだから、いいじゃありませんか」って!!
ぜんぜんよくないですよ!?
このお義姉さんの超天然発言もツボです!

まあ、確かにもう家族は出かけたと思ってるだろう岩城さんのことは責められないかもしれないけどさ。←結局許す

しかも、これのオチにも大笑いでした。
あの時にはあんなになっちゃう岩城さんを知ってしまって、お兄さん、ほんと香藤には一生心開いてくれないこと決定ですな。



『春抱き』は主役2人がけっこう早い段階であっさり結婚しちゃった上に、世間もすんなり認めて応援しちゃってるので(普通はありえません)、「ホストシリーズ」みたいな男同士のプライドのぶつかり合いが少なくて正直ちょっと物足りないと思っていました。
フツウに岩城さんと香藤のいちゃこらマンガかと…。
すみません。汗

だから、ストーリー的にはやっとここらから盛り上がって来たって感じ。
…って、もう9巻だよ!!

まあ、これからはまた岩城さんにビシビシ怒られるMっ気まんまんの香藤(実は小野塚くんはだいぶ前から指摘してます)を楽しみにしたいです。

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/32-2c744f11

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad