HOME>[BLコミック]ヨネダコウ

ヨネダコウ『どうしても触れたくない』(ミリオンコミックス )

うわさ通り、恋する切なさ200%~!

ということで、ヨネダコウさんの『どうしても触れたくない』(大洋図書/ミリオンコミックス)を読みました♪

どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) (ミリオンコミックス  CRAFT SERIES 26)
新しい職場に初めて出社した日、
嶋はエレベーターで二日酔いの男と一緒になる。
それが、新しい上司・外川との出会いだった。
無遠慮で図々しいように見えて、
気遣いを忘れない外川に惹かれる嶋だが、
傷ついた過去の経験から、一歩踏み出せずにいる。
一方、忘れることのできない記憶を抱えながらも
外川は傷つくことを恐れず、嶋を想う心を隠さない。
好きだけど、素直にはなれない・・・
不器用な想いの行方は?

■CONTENTS■
「どうしても触れたくない」…CRAFT31-36・2007.2008(全面的に修正・加筆あり)
「週末」…描き下ろし
「小野田課長は憂鬱」…描き下ろし
「夜明け前」…描き下ろし

-----------

毎度毎度、大洋図書の表紙デザインと帯のセンスは素晴らしいですね。

さらに、木原さんが帯に推薦文を書いてらっしゃいます。

シンプルなストーリーの中に、恋愛の切なさがギュギュっと詰まってます。
大人のお嬢さん方にじっくり読んでもらいたいお話です。(帯より抜粋)


これは読まねばいけない気にさせます!
しかも、これ以上無いくらい端的に内容を言い表しております。

で、気になったのは私は「大人のお嬢さん」に該当するのか、という点。

年齢的には充分に大人です。
でも、「お嬢さん」というワードはどうだろう。
精神的に言えば充分「お嬢さん」な感じですが、自称するにはうすら寒い。

「いいの?私がこれ読んでもいいの??」と、店頭でしばし自問してしまいました。汗

でも読んでみないことには始まらないので、読みました!

さすが多くの皆さんから絶大なる人気を誇る作家さんです。
これで初コミックスとは恐れ入ります。

同人出身作家さんの底力を感じる作品でした!


【どうしても触れたくない】 上司・外川(30手前)×部下・嶋(26歳)

――ああ… 俺は 恨まれるのか 
それならそれで 忘れずにいてくれるだろうか


エレベーターの中での最悪の初対面を経て、上司と部下として仕事をすることになる外川と嶋。内気な嶋に何かとちょっかいをかけてくる外川にゲイだとバレて、勢いで一線を越えてしまう二人。
徐々に外川に惹かれていく嶋だったが、過去の辛い恋の呪縛と、外川の壮絶な過去を知ってしまったことから、自分の気持ちになかなか素直になれなくて・・・。

* * *

はじめ、タイトルを「どうしても触れたくなる」と読み違えそうになりました…。
だって、まさかタイトルからそんな反BLっぽい感じで攻めてくるとは。笑

読み終えて初めて、このタイトルの意味がさらに大きく気持ちに響いてきます。
触れたくないのは彼の過去なのか、気持ちなのか…。

意味深で上手いタイトルですよね。

さて。

もう多くの皆さんが語りつくしていることと思うので、今さら…ってな感じなのですが、やっぱり「恋の持つ切なさ」の表現が突出してお上手だな~、と思いました。

間合いの取り方が独特で、雰囲気があります。
外川のオッサンくささギリギリの会話のセンスや、嶋の持つ「可愛らしさ」をあらわす表情や仕草が絶妙。(ホクロもね)
さらに、小野田のようなワキ役も「こういう人、いるいる!」と思わせる存在感が抜群です。

そして内容と言えば木原さんが仰るように、恋愛モノとしてはこれ以上無いシンプルさでぐいぐい押してくる。
だけど、だからこそ人に訴える力が強い作品なのだろうと思います。

嶋が表面上はあくまで淡々としながら(したいと思いながら)、その気持ちを隠しきれず、悩み、迷う様子が印象的です。
ひと言で言うと、いじましい。

そして恋に対して臆病になる気持ちを丁寧になぞって、そこに滲む人の気持ちの弱さ、ずるさをサラリと描き出す。

苦しい恋愛を経験した人なら、誰しも嶋に感情移入してしまうことと思われます。
まずこれが「大人の」お嬢さんたちの共感を呼ぶでしょう。

そして、若いお嬢さんたちの共感をも得たところをみると、それはきっと「世の中にはこういう恋もあるんだわ」という未経験ゾーンへちょっと触れた気になるからでしょうか。
経験が増えるにつけ、勢いだけでは踏み込めない他人の領域というものが増してくるものです。

嶋の元彼がノンケだからこそのエピソードが、「男同士の恋愛」にリアルさをもたらします。
そしてそのことを、誰にも責める権利はない。
それがどうしようもない人間の、弱さであり、愛しさだと思うのです。

その理性の壁を外川が軽々と越えようとする強さを持つ理由を、その過酷な生い立ちに求めるからこそ、これもまた不思議な説得力をもって読者の気持ちに迫ってきます。

恋の、ひいては人生の苦しみや辛さを知っている彼らだからこそ、もがいてもがいて手に入れたその幸せを誰もが祝福したくなる。

BL=ファンタジーという概念は根底にありながら、「恋愛」というものがもつ本質を私たちの目の前に突きつけてくる作品だと思いました。

そして…

やはり私も小野田の幸せを願わずにはいられません~。
(というか、あの告白に転ばない嶋が不思議なくらいです。汗)

読後感も上級で、これはきっとずっと読み継がれる1冊になることでしょう。

彼らすべてに幸多かれ!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/284-37818825

コメント

こんにちはーお邪魔します^^
実はこっそりpapicoさんの『どうしても触れたくない』の感想を待っておりました~^^
私も読了してから、この作品のタイトルはとても意味深だと気づきました。

>恋の、ひいては人生の苦しみや辛さを知っている彼らだからこそ、もがいてもがいて手に入れたその幸せを誰もが祝福したくなる。
>BL=ファンタジーという概念は根底にありながら、「恋愛」というものがもつ本質を私たちの目の前に突きつけてくる作品だと思いました。

ぬおー!この二文に激しく共感です!
私も感想でこういうことを書きたかったんですよ!
力量不足で全然書けませんでしたが…^^;
papicoさんが的確な言葉で代弁してくださいました(笑)ありがとうございます♪

あとすごく今更ですが、リンクを貼らせていただきました~^^
何か差し支え等ありましたら遠慮なくおっしゃってください。
白桔梗さん、こんばんは♪
コメント嬉しいです~!
>ぬおー!この二文に激しく共感です!
こんな激しく共感して頂いて嬉しいでッス!!笑

>力量不足で全然書けませんでしたが…^^;
いえいえ、とんでもない!白桔梗さんがいかにこの作品に心を奪われたかが、しっかり伝わって参りましたよ~(^_^)本当にお好きなんだな~、ぜひ読まなくては!と背中を押されました。ありがとうございます!

それからリンクありがとうございました♪こちらにも貼らせて頂きました。これからもどうぞ末永くよろしくお願いします!
こんばんは☆
私も、読書メーターで表紙画像を見かけて以来、いつ書かれるのかな~と楽しみに待っておりました(感想UP自体は勝手に確信してるあたり…w)。

タイトルの件、そう思う気持ちが痛々しい位伝わってくるが故に、告白シーンや、表紙&中表紙で掴んだその手に、じーんとしてしまいます。 
ただ、読了後すぐは、もうこうなったら「どうしても離したくない」にタイトル変更して、末永くしあわせに暮らしたらいいよ!と思っていたのですが、あの子、自分から手を伸ばしはするものの、相手が離した手にはすがらないのじゃないかなという気がしてきました。
もっとわがままになってもいいのにな…なんて。ただ、(某o様も仰っていたのですが)安易に甘くしない、そのさじ加減の絶妙さがまたリアルで心惹かれてしまうところなのかもしれません。そして、あの子のその慎み深さが、また、私を惹きつけてどうにも離してくれないのかもしれません…

やー、もうあの子が可愛すぎてですね、その話しかできないんです。ダメだ私。
それでもって、記事に合わせて、極力ネタバレなしのコメントに挑戦したものの、結局わけわからない感じになってしまってすみません(汗。
akiさん、こんばんは!
コメントありがとうございます~♪ヨネダさんと言えばakiさんに布教されたようなものですから!akiさんがずっと絶賛されていた理由がよくわかりましたよ~。

>安易に甘くしない、そのさじ加減の絶妙さがまたリアルで心惹かれてしまう
おお~、確かにそこが最大の魅力ですね。さすが、BL道を先んじる皆さまのお言葉は重いです!笑
この作品はただの感情に振り回されない「大人の恋愛」が基本にあって、だけど理性ではどうしようもない「恋心」の描き方が絶妙というか、恋愛の王道を真っ向から描いたところが多くの方から支持される所以なのでしょうね~。

>結局わけわからない感じに
いえいえ、そんなことないですよ~!akiさんが嶋を「あの子」と呼ぶところに、この作品を愛し、その世界に入り込んでいる様子が手に取るようにわかりました♪
今だこの方の二次創作物にはご縁がないのですが、機会があればぜひ挑戦してみたいです!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad