HOME>[感想]アニメ/西洋骨董洋菓子店

アニメ「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」レシピ8“千影の隠味”

公式ホームページ(こちら)のトップのデザインが変わりましたね。

とそれはともかく、謎の美少女参上!の「レシピ8」の感想です!

■ 西洋骨董洋菓子店 「レシピ8」2008年8月22日放送
今週のスイーツ/イチジクとノワゼットをテーマにした焼き菓子 フィグ

アンティーク8話 でこちゃん
悪夢にうなされる橘。未だ少年時代の誘拐体験のトラウマから抜け出せずにいた。千影はそんな橘を傍で見守り続けている。千影は橘にとってもなくてはならない存在なのであった。ある晩、閉店後のアンティークに背の高い美少女が訪ねてくる。彼女はいきなり千影に泣きついた。母親と喧嘩して家を飛び出してきたというのだという。ただ呆然と眺る小野とエイジ。そこへ少女の母親が現れて、少女と千影の関係。千影のある秘密が明らかになる。

---------

いよいよもって千影のリーサルウエポン!!
橘とエイジの永遠のアイドル!!
でこちゃん」が登場~

橘役の藤原さんの「じょりじょりしちまうぞ~!」がよかった。笑
そして、エイジのカズ○コテンジョー発言はさすがに削除だった。大笑

でも、原作を知らない方には相当な衝撃的な展開だったかと思われます。汗

さらに。
でこちゃんが原作よりも髪もつやつやで、瞳も大きくて、3割増くらい可愛らしくてびっくりしました。

声も雰囲気にぴったりで、お上手でしたね。
AKB48の子でしたが(だから作画に力が入ってたのか!?)、下手な声優さんがやるよりも新鮮でよかったかもしれませんね。

だけど、動く桜子さんは原作の8割増くらいおっかなかった…
でも、原作同様に逆手ででこちゃんをパチパチ叩いてるだけなので、そんなに痛くはないはずですよ。←と、なんとなくフォロー 汗

ところで。

しかも、千影と桜子さんの出会いが「橘家のパーティー」って凄くないですか!?
どうやら年末恒例の年越しパーティーらしいんですが、「大人になってもホームパーティーかよ!橘ってホンモノのセレブだわ~」と、思った記憶があります。笑

桜子さんとでこちゃんの冒頭の絡みに度肝を抜かれた方も、終わってみれば「いい話だったじゃん」と胸をなで下ろされたでしょうね。

でも、私はやっぱり千影が不憫なんですよ。
桜子さんにしても、千影をいいように利用しただけですからね。
だけど、そういうことでもないと、彼の遺伝子が残されることもなかったでしょうし、心中複雑です。汗

不器用だけど、誰よりもきれいな心を持っている彼には、どうしても幸せになって欲しいんだけどなー。ハー。
頼むよ、小野…。

ところで、千影役の花輪氏のインタビューが「電撃オンライン」に載っていました。→こちら

インタビューを読んで「レフェリー演じたのは知ってたけど、飲屋の親父って!?」と思ったんですが、きっと今回出ていた人ですよね…。

全然ちがう~~~!!爆
声優さんのプロ根性を垣間見ました。

原作では4人で飲屋に行くってことがなかったので、なんだか新鮮でしたね。
(ちなみに原作ではオールマイティーなメニューが揃うファミレスです。)

飲屋でハンバーグって!?とは思いましたが、どうしてもテレビがついてないといけなかったらしい…。4人でラーメン屋はもっとありえないもんな~。

文庫版の2巻に初収録された年末年始エピソードでも明かされてますが、この4人、食の趣味がまったくあいません。
食にまつわる話は同人誌にも何度か出てきてますが、彼らの個性がよく出ていて面白いですよ。
食べることが大好きなよしながさんらしいネタですね。

で、花輪さんのインタビューからそのうちコンスタンスも登場するのがわかりましたし、また今後の楽しみが増えました!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/277-d3024dd0

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad