HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[感想]アニメ/西洋骨董洋菓子店

アニメ「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」レシピ7“聖夜の甘味”

一応毎週書いていたので、遅ればせながら先週分の感想もをば…。

■ 西洋骨董洋菓子店 「レシピ7」2008年8月15日放送
今週のスイーツ/カスタードクリームとナッツ風味のプラリネクリームの2層 シューペイザンヌ

アニメ アンティーク 7話ケーキ店が一年で最も忙しい日、クリスマスが近づいていた。橘の提案でイブ当日限定で無料配達をすることにし予約の受付が始まる。申し込みは好調。小野とエイジでクリスマスケーキ作りが進められる。そんな中、常連客から特注クロカンブッシュの予約注文がやってくる。しかも配達先で飴掛けのパフォーマンスをしてほしいという。橘はそんな無理な注文も気軽に引き受けてしまった。混乱と奮闘の中、ついにクリスマス当日がやってくる。

-------

真夏にクリスマス編が来たか~!!

なんだか番組内ですごい勢いで季節が過ぎていく、と思っていましたが、これの伏線だったのですね。
な~る~。
この部分、原作でもすごく好きなので嬉しかったですけど。

でも、冒頭、芥川元刑事が窓越しにいきなり会話に飛び入りしてきてびっくり。
橘のストーカーか??笑

満を持して登場のくるくるパーマ&その旦那は、原作のイメージ通りでよかったです!

でも、原作読んだ時も疑問だったんですが、子どもをおじいちゃんちに預けてまでやる大人だけのクリスマスパーティって…。
普通、日本では考えられませんよね。汗

そして、橘の過去の恋バナにもさらっと触れていました。

アニメに登場した高校時代の彼女以降も、なんでも出来て気が利く橘は、その甲斐性ありまくりな性分から女性には敬遠されて、ふられっ放しの半生を送るハメになるのですが…。
その遍歴たるや、ほんと、気の毒です。汗

これって、一見過去のトラウマ(誘拐)とは何の関係もないエピソードに見えますけど、成長期の人格形成期に人さまの顔色を伺うように暮らしていたことと、多少なりとも因果があるんでしょうか。


ところで、今回勝手に耳が反応した台詞が…
これだ!!
 ↓↓

小野(三木さん):「すごくいい…」
エイジ(野宮さん):「え?」
小野(三木さん):「上手になったね、神田くん」
エイジ(野宮さん):「マジっす…か?」
小野(三木さん):「素晴らしい上達ぶりだよ…」
※「…(三点リーダー)」はあくまで効果です。

フッフフフフ( ̄+ー ̄)

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/276-ca4cc7af

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。