HOME>[BLCD]感想

今市子原作ドラマCD「B級グルメ倶楽部」(ダリアレーベル)

またまた!「B級」ネタですが…
特典目当てで通販で頼んでたのが届いたもので~!

と、いうことで今市子さん原作ドラマCD「B級グルメ倶楽部」(ダリアレーベル)を聴きました♪(ダリアカフェ商品詳細はこちら/原作の感想はこちら

ドラマCD B級グルメ倶楽部
新入社員の吉野は、高校の時、かっこいいけど恐くて変でカレーパンが好きな先輩・鬼塚に憧れていた。
しかし恋に臆病になっていた吉野は、鬼塚に思いを告げぬまま転校してしまう。
そんなある日、吉野は偶然会社で鬼塚と再会し…。
紆余曲折の上、7年越しの思いをやっと通じ合わせる。しかし、平穏で幸せな日々が訪れるのかと思いきや、実際は誤解やすれ違いばかりで…。
更に2人の家族や友人を巻き込んだ騒動から、鬼塚の浮気疑惑までが浮上してきて……?!

★CDの最後には声優さんのお楽しみトーク、ブックレットには声優さんのコメント&収録アフレコレポ、今先生の描き下ろしアフレコレポも!


【キャスト】
吉野英介:平川大輔 鬼塚耕造:千葉一伸 鬼塚芳記:立花慎之介 田畑:鳥海浩輔
カオリ:遊佐浩二 さやか:永野善一 他

【CONTENTS】
1. カレーの王子様との再会
2. ゆれる想い
3. すれ違い
4. いつか僕らも
5. Talk of voice actor

--------------

基本的にぼんやりしてるので、「特典」とか「フェア」とかいう企画にはいつも乗り遅れます。←断言

今回も普通にAmazonで注文しようかと思っていましたが、ふとしたことから通販だと「小冊子」の特典があることを知り、慌ててメディア通販で申し込みをした次第。
というかだって、郵便振替っていうのがね~、どうも…。←めんどくさがり

BL読みの皆さんは、こういった企画モノにいつもすごく機敏に反応されるので、すごいなあ、とため息をつくばかりです。

ちなみに今回の頑張り(そんなにたいしたことではないのだが)のお陰で入手したものは、通販特典の①小冊子(今先生描き下ろし漫画)と②鬼塚の名刺(今先生描き下ろし)、さらに初回封入特典の③吉野の名刺(今先生描き下ろし)の、3点。

この小冊子では、なんと田畑と鬼塚の出会い、また彼らが付き合っていた頃が描かれていたので、これは読めてよかった~!!

さらにこのドラマCDについている申し込み葉書と、原作コミックス3巻の帯についてる応募券で、またまた小冊子が全サの連動企画もあり!
なんですよね~。
(でも今申し込んでも届くの12月って…)

う~ん、なんだか商売っ気がちらつくぜ…。
という気もしなくもないですが、やっぱりファンともなればぜひ押さえておきたいですものね。
いやはや・・・。

さて。

原作の「3巻限定版」のスペシャルミニドラマCD(感想はこちら)を聴いてから、楽しみにしていたのが、千葉一進さん演じるオニー(鬼塚)のすっとこどっこいぶり!

やっぱりオニーは怖くて変だった~!!笑

そして平川さんも、ヨッシー(吉野)が乗り移ったようなおっとりぶりが最高☆でした!

今回、ジャケットイラストが今さん描き下ろしと聞いていたので、とっても期待していたんですが。
なんだか・・・地味じゃないですか!?

一応オフィスラブだから、オフィスの階段なの…??
まさか高校の階段、じゃないですよね!?汗

カラーイラストでのお約束のお花も飛んでいないし、今さんならではの華やかなイラストを期待していたので、今回はちょっと残念でした。
CD裏は2巻の口絵カラーの桜の花びらが舞う素敵なイラストだったので、なんだかホッとしましたけど~。

と、それはさておき。

CDを聴いて、まず思ったこと。
「ああ~、やっぱり平川さんだと微妙に低めのトーンなのよね~。」←私の脳内ヨッシーとの比較

ミニドラマCDを聴いた時も、同様のことを真っ先に感じたのですが、聴いているうちに不思議と耳に馴染んでくるのは、何故なのか。
前回ははっきりとわからなかったその原因が、「喋りかた」のせいなんだと、今回はっきり自覚しました。

平川さんの実におっとりとした素直な話し方が、私の脳内ヨッシーそのまんま、だったと言うわけです。これは嬉しいびっくりでした!

反面、オニーの千葉一進さんをミニドラマCDで聴いた時は、正直(オニーにしては)かっこよすぎじゃね?
と思ったりもしましたが、本編CDでは、すっかり力も抜けて、リラックス。←!?

慌てたり怒鳴ったり吐いたり足蹴にされたり…と、自分の意思とは関係のないところで振り回されるオニーの「いまひとつカッコよくなりきれない」ところがよく出てました~!

やっぱりオニーはこうじゃないとね~。笑

でも、エロく決めるところはきっちり決めて下さって、ある意味原作以上に艶っぽい仕上がりで素晴らしかったです

オニー「吉野…お前はここが好きなんだよな…」って…

ギャー!!
絶対に原作ではありえない台詞だしッ!!

途中平川さんのアクションを想像しそうになって、困りましたが、いやいやそれはそれで。笑
たいへんご馳走様でした♡


それにしても、今さんの作品だけに、原作を読まないとわかりづらいシーンが多いんじゃないかとの懸念もあったのですが、それは杞憂に終わりました。

内容は1巻及び2巻のact.4までの4話分。
細かい色々はさすがにはしょってあったんですが、本筋を変えずにきれいに納めてくださっていて、ほっとしました~!
今さん節が炸裂する芳記とオニーのいざこざもテンポよくはまっていて、非常に面白かったです♪


で、フリートークですが。

無理に「B級グルメ」をテーマに持ってこなくてもよかったのでは!?みたいな。
皆さん、けっこう困っていたような…。笑

まあ、千葉一進さんが大豆好き、ということは判明しました。
あと、田畑の下の名前が「かずき」だということも。(この場で鳥海さんが命名)

でも他の方の「B級グルメ」はバキューン音で消されてよくわからないって!
(かろうじて立花さんのは「あ●の素」か・・・?)

今さんも「1話に1回はパンのネタを入れることにしている」と仰ってましたが、正直言って、カレーパンとクリームパンにこだわる理由は、実はもうあまり無いですけどね。笑
でも、いいんです。
食の価値観が似ていることは、一緒に暮らす上で非常に重要な要素ですから。←と、無理にまとめる


今回は4話まででしたが、「B級」の真の面白さが発揮されるのは、オニーとヨッシー双方の家族のからみかと。
千葉さんがミニドラマCDで「季実子(吉野姉)のところがやりたかった!」と仰っていたのですが、私もそこが聴きたかったです!
季実子の登場がほんのちょっとで、すごく残念だった~!!

夢の第2弾の時には、千葉さんのお声で「クマパン」、という台詞が聴けるのをすごく楽しみにしています♪

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/259-d9239954

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad