HOME>[BLCD]感想

よしながふみ原作ドラマCD「ジェラールとジャック」

ああ~、やっと手に入れました!
もっと早く購入すればよかったわ~。

ということで、よしながふみさん原作「ジャラールとジャック」ドラマCD(エンタメシンクタンク)を聴きました♪

ジェラールとジャック■よしながふみ原作『ジェラールとジャック』ドラマCD

【キャスト】
ジェラール・アングラード:森川智之
ジャック・フィリップ・ド・サンジャック:遊佐浩二
ラウル・ド・アマルリック:井上和彦
ポール:檜山修之
ナタリー:勝生真沙子
ミッシェル:山口勝平

<発売元>
株式会社エンタメシンクタンク
<商品仕様>
・12cmディスク3枚組(ドラマ本編2枚+朗読版1枚)
・サウンドトラック、メインキャストトークを収録よしながふみ描き下ろしジャケット

-------

上品なジャケットが素敵ですね~

さて。

「最後のドアを閉めろ!」(山田ユギさん原作)のドラマCD(感想はこちら)での帝王・森川氏の演じた本田の素晴らしさに、今さらながら魂を抜かれてしまったワタクシ…。

いや、3月に「ジェラジャ」のCD化を知った時は(その模様はこちら)、井上和彦さんがアマルリック役だと知って、キャーキャー言ってたんですけどね。えへ。

実のところ、この作品では、ジェラールとジャックのLOVEうんぬんも良いですが、ジェラールとアマルリックの絡みの部分が大好きなんですよね~♪

だもんで楽しみも倍増です!
届いた早々、わくわくしながら聴きましたが…

さすがです!
としか言いようがない仕上がり具合~

芸達者揃いの豪華声優陣の演技に、酔いしれました!!


【ドラマ本編あらすじ】

恋という罪をお前に教えてやろう
貴族と平民、男娼と客、主人と下男。そして――――。


借金の形に男娼館に売られた貴族の少年・ジャックの初めての客になったのは、銀髪隻眼の男・ジェラールだった。
偶然、ジェラールの屋敷で下男として働くことになったジャックは、やがて強く美しく成長していく。
過去の出来事から貴族を憎み、心を閉ざしていたジェラールだったが、ジャックの成長を見守るその想いは果たして――。
18世紀後半のパリ。革命の動乱期を舞台に、10年にわたる二人の物語が展開される。

【朗読版内容】
・森川智之&遊佐浩二が、まるで目の前で語っているかのように息づかいが伝わる音作り。
(商品説明より転載)

* * *

白泉社から出た文庫版「ジェラールとジャック」を読んで、ガッツリBLの世界に引き込まれた私。
そういう意味で、まさにBLコミックの中でも一番に思い入れの深い作品と言えます。

ジェラールとジャックが出合ってからは10年。
その出会いからさらに遡り、ジェラールの青年期からは実に20年に渡っての時間軸が描かれます。

時にコミカルに、時にシリアスに、登場人物がたくみに絡み合い作り上げられるそのドラマは、本当に読み応えがあるのですが…
それだけに、この物語をどうやってまとめるのか?

それが心配でしたが、本編エピソードをモノローグでまとめた3枚目の「朗読版」をつけことで、すべてをカバーしています。
しかも、森川氏と遊佐さんがまるで耳元で囁くようですよ。笑
(ちなみにフリートークも笑えます!酒入ってんのか!?みたいな~)

本編1枚目はジェラールとジャックの出会い、青年期のジャック、ナタリー、アマルリックのエピソード、下男としてやって来たジャックの奮闘ぶりを収録。
2枚目は成長したジャックと小説家として成功を収めているジェラールが、公安委員会の追っ手から共に逃亡を計り、最後、互いに愛を確かめ合うまでを収録。
そして…

やっぱり森川さんと井上さんが最高~でした!笑

井上さんはもう私にとっては別格と言える存在ですが、さすが期待通りの男女を問わないバリタチぶり!
攻めて攻めて攻めまくっています!
キャー!それ以上はもうやめて~

そして、森川さんは、まだ一途で純情で初々しさに満ちた若かりしジェラールから、人生の悲哀を噛みしめた枯れた中年(・・・汗)までを、実に見事に演じ分けていらっしゃいます。
もう~、その低音のささやき、魂をえぐるような『言葉責め』には心底メロメロです!
キャー!喰われる~

声優さんってホント素晴らしいですよね。←毎回言ってる

もちろん遊佐さんも、貴族の生まれながら根が素直で、純真なジャックを好演。
こちらもイメージ通りでよかったです~

勝生真沙子さんの色気のある声質も、気位の高い貴族のナタリー役にぴったり。
美しさと力強さを兼ね備えた演技も、これまた素晴らしい!

あ、ただちょっと勝平ちゃんのミシェルには笑いを禁じ得ませんでしたが…。
(いや~、どうしても「ジャコビ」(byおかあさんといっしょ“ぐーチョコランタン”)の印象が抜けなくて~。汗)
精一杯、かわいく頑張ってるんだけどね!爆

他、脇の声優さんたちも個性豊かで大変よいお仕事ぶりです。

ともかく、素晴らしい~!と、よかった~!とを繰り返すばかりになってしまうので、ともかく一度ご自分の耳で聴いてみることをおススメしたい!

フランス革命後の混乱期の歴史に詳しくなれるというおまけ付きです。笑
原作の世界を忠実に再現していますので、原作ファンの方もきっと満足出来る仕上がりですよ~♪

最後のナタリーの墓の前でのジェラールの邂逅シーン。
あそこが原作で一番好きなシーンなので、あの台詞を森川氏のお声で聴く事が出来て、とても幸せでした!

素晴らしいお仕事をして下さった、キャスト、スタッフ、そして阿部さん、本当にありがとうございました。

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/238-3fcb0745

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad