HOME>[BLコミック]新田祐克

新田祐克『春を抱いていた 13』(SBBC)

先日ドラマCDを借りた際、こちらも一緒にや○いの師匠Hちゃんにお借りしてました~。

ということで、新田祐克さんの『春を抱いていた』13巻(リブレ出版/スーパービーボーイコミックス)感想です!

春を抱いていた 13 (13) (スーパービーボーイコミックス)
■初出一覧■
1粒の砂/BE・BOY GOLD(’07年4月号)掲載
10%子供/BE・BOY GOLD(’07年6月号)掲載
100年愛/BE・BOY GOLD(’07年8月号)掲載
カップル・アワード/BE・BOY GOLD(’07年12月号)掲載
スタンドオン・ベッセル/BE・BOY GOLD(’08年2月号)掲載
Turn the tables/同人誌掲載
あとがき/描き下ろし


日本アカデミー賞ノミネート前夜。
『いったいどちらが主演男優賞にノミネートされるのか?』
緊迫した雰囲気が関係者の間に流れていた。
岩城と香藤も役者としてのプライドと、互いへの愛情の狭間で激しく揺れ動く!!
過去・現在・未来をテーマにした番外編三部作と、商業誌未発表作品も収録した、ロングランヒット第13巻!! 

---------

連載開始10周年!ということで、《過去》《現在》《未来》をテーマとした『番外編トリロジー3部作』が収録されています。

それが番外編1「1粒の砂」、番外編2「10%子供」、番外編3「100年愛」です。

さらに同人誌《BOTH》からは「Turn the tables」が収録されており、【10周年記念限定ペンダント「SWEET10」】(ダイヤバージョンは138,000円(税込)!!!すげー!!ちなみにジルコニアバージョンは24,800円とぐっと庶民派価格)のチラシまで封入!と盛りだくさんの13巻~!!
さすが国民的BLの『春抱き』です~。
(これまでの『春抱き』感想はこちら

Hちゃんは、すでに人生の中の四半世紀をや○いに捧げているのですが、現在商業誌で購入しているのは「BE・BOY GOLD」だけだそう。
なぜなら「GOLDでは、新田さんとこだかさんが連載しているから!」と言い切ります。
「他は読むとこはない!」と、いっそすがすがしいほどのお言葉を述べていましたが。

BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2008年 04月号 [雑誌]
そんな師匠が「さすがにこれは買うのに勇気がいったよ~!」と見せてくれたのがこちら!
『BE×BOY GOLD (ビーボーイゴールド) 2008年 4月号』 です!!

いや~、目立ってましたよね~。
この表紙。
平台では他紙を圧倒して、すっごいキラキラしてましたから~
単行本派の私もうっかり手を出しそうになりました。笑

きっとHちゃんが買うだろうから、その時に見せてもらおう。うっしっし。
と目論んでいた私は、本誌を手に取りしげしげと眺めすがめつしてしまいました。

新田さん、本当に華のあるイラストをお描きになりますよね~うっとり

で、「この(表紙の中の)ポスター、13巻の表紙なんだよね~」と、私が同意を求めると、「え!?そうだっけ!??」と予想外の反応のHちゃん。

おいおい、それはちょっと詰めが甘いんじゃないの~?ふふふふーん。
と、ちょっぴり優越感にひたってみました。←や○い関係の情報量では敵わないから

恋!仕事!家庭!
どこをとっても全力投球なお二人がとっても生き生きしてますよ!!

100年でも200年でも愛し合っちゃって下さ~い!!と叫びたくなる13巻です!

なんだか妙にマッパ=全裸率の高い本です…。

マッパでリビングをウロウロする岩城さん。
マッパで禊(みぞぎ)をする岩城さん。
マッパでベッドにいる岩城さん。

当然もれなく香藤もセットです!!笑

これも10周年を記念してのことなんでしょうか!?
つか、「俺たちにはもう飾るものなんて必要ないだろう?」みたいな。

はい。
ごもっともであります。


【1粒の砂】

大学生の香藤はその整った容姿から街でよくスカウトされていたが、いまひとつ業界に興味を持てないでいた。そんな時、大学の映研の先輩から誘われて、AV出演のバイトをすることに。その現場で、AV男優としての仕事にも真摯な態度で取り組む岩城に出会う。はじめは「たかがAV」と馬鹿にしていた香藤だったが、岩城の仕事に対する真剣さを目の当たりにし、「このままじゃ、なんか嫌だ」という感情が沸き起こってきて…。

* * *

トリロジー三部作は「1粒の砂」=過去、「10%子供」=現在、「100年愛」=未来をテーマにお話が成り立っていますが、特に注目なのがこの「1粒の砂」です!

香藤がAVに出演することになったきっかけと、岩城さんとの馴れ初めのお話です。
「わ~、香藤ぜんぜん変わんないよ~」とぺージをめくると、いきなりの衝撃映像(?)がッ!!

岩城さんが女性のお●ぱいわしづかみしちゃってます~!!汗

そうか、この二人もともとAV男優だったんですよね。
なんかもう、すっかりこのことは忘れがち。

ついこの前聞いた「春抱き ドラマCD 1」でも、のっけから女の人があんあん言ってて、かなりびっくりしちゃったんです~。
というか、男の人があんあん言ってることに、むしろ慣れてしまっている自分…。ふ。

香藤と出会う以前の真面目一方でガチガチの岩城さんと、チャラい大学生(青学だったのか!)をやってる香藤が見ものです。

岩城さんの真剣な仕事ぶりに触発されたことが、香藤が業界で生きていくきっかけだったなんて。
さすが新田さん。話が上手い!!
香藤の人生は根っこの部分から岩城さんに影響を受けたんだな~、と深く感心しました。

が!!
なんじゃ、この喧嘩の仲直り後のラブっぷりは!!←いい加減慣れろよ

そのうち「11月22日」=いい夫婦の日のイメージモデルにでもなりそうな勢いですね。
『春抱き』の作中ならあり得なくないかも~!!と思ってしまいました。



【10%子供】

故郷の恩師の定年にあたって、同窓会に呼ばれた岩城はオフを利用して新潟に帰省する。岩城のいない時間を持て余した香藤は、宮坂と小野塚を呼び出してオール(徹夜)で遊ぼうと決め込んだが…。

* * *

小野塚~♪久しぶり~!
と、久々の小野塚との再会に少々浮かれてしまいましたが。えへ。

青春時代の旧友や恩師との再会に「オレも年をとったさ」、と昔を偲ぶ岩城さんでしたが、ここで気になったことがひとつ…。

そう、それは岩城さんの出生年!!

実は「春抱き ドラマCD 1」(1~3の感想はこちら)のリーフレットには、岩城さんと香藤の生年月日が包みかくさず載っていたんですが、今回チラッと見た『GOLD4月号』では…なんと「197X年」(伏字じゃありません)に、なってたんですよね~。

連載開始して10年も経つと、やはり実年齢は隠さないといけないのね。

だって、岩城さんたら、実は私と同じ年生まれだったんだもん!!←岩城さんは早生まれだから、学年はひとつ上です
ちなみに香藤は岩城さんよりも5才下です。

以前からのファンの方にとってはもう周知の事実だと思うのですが、私のような新参者にはけっこう衝撃の事実でした!
ストーリーの中では、もちろん10年という月日が経っていないので、当たり前と言えば当たり前の措置なのだとは思いますが。

でも、おかげでなんだか急に親近感わいたわ。笑
永遠の美青年・岩城さんよ、いくつになっても美しくあれ!


【100年愛】

香藤の両親が別荘のつもりで購入した山荘で、田舎暮らしを始めることになった。そこに香藤とともに遊びに行っていた岩城は、香藤の甥っ子・洋介に懐かれ、自然の中で和やかな時間を過ごしていた。だが、昼寝をしてしまった洋介から二人が目を離した隙に、その姿が見えなくなってしまい…。

* * *

あとがきで新田さんもおっしゃってます。
「洋介 めっさ楽しい めっさ楽しい!!」と。笑

この香藤の妹・洋子ちゃんの息子の洋介が、どうやら香藤の子供時代にそっくりらしいです。
そしてこれがまた可愛い♪

無邪気にキャッキャとまとわりつく洋介の姿・・・ラブリー
大きくなったら間違いなく岩城さんに恋してしまうと思われます。
そうなったらなったで、叔父(香藤)と甥っ子(洋介)の仁義無き戦いもこりゃあ楽しみなんですが。笑

洋介が迷子になって大騒ぎの渦中、香藤の言葉をきっかけに、悩んでいた事務所の独立を決意する岩城さん。
このことが新章に向けての大切なターニングポイントになったばかりでなく、窮地に立っても意外と冷静さを見失わない香藤の落ち着きぶりが頼もしい作品でした。

でも、あの禊(みそぎ)シーンは洋介には見られなくってよかったわ~。

たとえ見られたとしても、きっと二人は愛ゆえに躊躇しないと思いますけど。
しかもある意味開き直りそう。
特に香藤が。笑

でも、早すぎる性の目覚めはいかがなものかと思うので、二人にはちゃんとした大人の自覚を持って接して頂きたいと思います。

…つまり、アオ●ンはやめ~~い!!←今さら?


【カップル・アワード】

日本アカデミー賞に『冬の蝉』がノミネートされる。岩城主演の「ロスト・ハート」の舞台挨拶の日、マネージャーの清水の携帯に一本の電話が入る。また同時に、香藤のマネージャーである金子もあることを香藤に耳打ちする。主演男優賞をめぐって二人の間に何やら不穏な空気が流れるが…。

* * *

役者として、順調に階段を上って行く岩城さんと香藤。

『冬の蝉』がノミネートされて、果たして主演男優賞を受けるのはどっち!?
ということになるのですが、岩城さんの新作映画「ロスト・ハート」を撮った持宗監督の「主演は香藤くんだと思ってましたよ」に納得だったんですけどね。
映画界も粋なことをするもんです。←2次元だって

受賞決定度の祝杯Hでは、また岩城さんが、岩城さんが・・・
香藤に攻められまくり~~!!

なんだか回数を重ねるごとに可愛くなってく岩城さん。
素晴らしい。

フェロモンすごくていいんですけど、岩城攻めはもう見られないかと思うと、それはそれでかなり残念です。


【スタンドオン・ベッセル】

テレビのスペシャル企画「スタンドオン・べッセル」のため、中東ロケに旅立つことになった香藤。その同時期に、岩城は事務所独立の話を進め、渋る社長の承諾をついに得ることに成功した。だが、その直後、社長が覚せい剤所持で現行犯逮捕されてしまう。この時期の独立は尚早だと事務所の後輩・浅野にも咎められる岩城だが…。

* * *

「私 岩城さんに付いて行きたいと思います」
うう~ん、さすが清水女史!!
あなたならそう言ってくれると思ったわ。

さて。

危険地域に旅立つ香藤を心配するあまり、のっけから下ネタを大真面目に展開する岩城さんが笑えます~。
ええ、ご本人はいたって本気なのですけれど。

そして、しばらく会えない淋しさから、またしてもHになだれ込む二人…!!

あいかわらず 熱く!濃くところかまわず!!です~。

時間が無いとは言え、自宅なんだから服くらい脱いだらいかがです?←やぼ?

そして、香藤。
いくら「弾除け」のお守りとは言え、さすがにその“特製しおり”は人様に見られないようにしてね。


浅田君の登場は嬉しかったのですが、事務所社長の逮捕というショッキングな展開に、ここまで順調だった岩城さんの独立話にも、暗雲が立ちこめはじめます。
この危機をどうやって乗り越えるのか、が今後の課題ですね。

岩城さんと清水さんのお手並み拝見です。


【Turn the tables】同人誌掲載

不思議なデジャ・ヴを感じるわ~と思ったら、以前Hちゃんに借りた同人誌《BOTH》からの再録でした。
こりゃあ脱いでるはずだよね。
13ページ中、実に9ページがマッパです!!←数えてみた

おお!久しぶりに岩城攻めが見られるか!?と思わせておいて、本番はありません。笑

で、香藤はやっぱり短髪の方がいいんじゃないの!?
と、思ってしまいました~。

-----

『春抱き』13巻は…あ~、やっぱり面白かった♪
新田さんの作品は、いつ読んでもハイクオリティなので安心感がありますね。

ただ安定して落ち着いてるだけじゃなく、読者が驚かされるような新鮮な驚きや、ギャグ、進化し続けるXXシーンが随所にあって、期待を裏切らない上に飽きさせないのが素晴らしいです。
ロングランヒットの理由がよくわかります。

岩城さんと香藤、次巻ではそれぞれバラバラでの活躍になりそうですが、それはそれで、また面白くなりそうですよね。
二人の新しい表情が見られることを期待して14巻を待ちたいと思います!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/219-b7f536c8

コメント

おしえていただけますか。よろしくお願いいたします
はじめまして。最近、日本に留学に来て、新田先生の作品を読み始めたものです。papicoさんのブログを拝見させていただきましたことで、春抱きについていろいろ知ることができて、ありがとうございます。本当に助かりました。新田先生のマンガ、とても好きです。この作品は去年から休載になりましたよね。その13巻後の話は、どんな雑誌に載っていたのを教えていただけますか。本当にその後の話は気になってしょうがないんです。今はその雑誌を手に入れることはできるのでしょうか。はじめてなのに、 図々しくて本当に申し訳ございません。どうか教えてくださいますようお願いいたします。どうぞお願いいたします♪
COCOさん、こんばんは!
はじめまして♪コメントありがとうございます。
留学…ということは、外国の方なのでしょうか?日本語がとてもお上手で、びっくりです。
私の書く妙にテンションが高い「春抱き」の記事がお役にたったとは、とてもうれしいです。
うれしいお言葉をありがとうございました!

さて、『春抱き』は去年の7月から休載に入って、もうすぐ1年たとうとしています。
13巻以降のお話は、リブレ出版の「BExBOY GOLD」という雑誌の2008年4・6・8月号に連載されていました。(「スタンドオン・ベッセル」という副題です。)
8月号発売のあとで新田さんの事件が発覚し、休載、今に続きます。

雑誌は、中古漫画専門店(「まんだらけ」など)で探すか、Amazonのマーケットプレイスの中古商品を購入するか、もしくはオークションに出品されたものを手に入れるしかないのではないかと思います。
いずれにしろ、定価での入手は難しいかと思いますが、多少お金がかかってもよければ、手に入れられると思いますよ。

実は私はコミックスしか読まないので、13巻以降のお話を知らないのです…。新田さんが早く復帰して、14巻が発売される日がくることを、心待ちにしています。
COCOさんが留学中に、新田さんの新しいお話が読めるといいですね!
ご返事、ありがとうございます♪
早速なご返事、本当にありがとうございます。台湾から来た留学生です。台湾にいたとき、日本の漫画を日本語の教科書として読んでいました(笑)。日本の漫画は、日本語会話の教科書として、そして日本の文化の一面として考えていろんなジャングルの作品を読んでいたのです(勉強をさぼる言い訳にもなるけれど)。しかし、のちにわたしは日本留学試験のために、ちょっと長い間、マンガを読まないようにしていました。そのちょっと長い3年間、あっという間に過ぎましたが、本当に日本の漫画のことを忘れかけていたのです。
Papicoさんのブログで書いて感想文を読んでて漫画の中に日本人しかわからない、書かれているもの、または書かれていないものや感情を改めて知ったことはよくあります。本当に良い勉強になりました。
新田先生の作品の事件ですが、私は最近ネットの情報から少しは知っています。その事件を除いて、「春抱き」の物語自体の構造なり、中心テーマなり、とても素晴らしいものだと思っています。小説を読んでいる感じもします。その作品から、読者の私はいつも教われています。好きなひとをたいせつにしなくてはって、とか。^^
そして、現在、今まで読んでなかったことは、少し後悔しました。 マンガ離れの3年間、世の中にいろんな事が起こってたらしくて(いろんな意味で^^)、今のわたしにとってはとても長い3年間だったと痛感。Papicoさんから教えていただいたAmazonで探してみたら、8月号はまだあることはよかったことですが、その4月号はもう取扱ないことになっています。そして、その6月号はびっくりするほどの値段(7000円近く)になっているのです。その値段に本当に驚きました。それはまさか、その3年間に払わないといけない代償ではないかと思ったこともあります。(^^)
関係の情報を詳しく教えていただきまして本当に助かりました。またお尋ねさせていただきたいと思います。どうもありがとうございました。
COCOさん、こんばんは!
>台湾から来た留学生です。台湾にいたとき、日本の漫画を日本語の教科書として読んでいました(笑)
そうだったのですね!たしかに、漫画が教科書なら勉強もはかどりそうですね~!でも、本当にお上手ですよね。
COCOさんの努力の賜物だと思います。素晴らしいです!

> Papicoさんのブログで書いて感想文を読んでて漫画の中に日本人しかわからない、書かれているもの、または書かれていないものや感情を改めて知ったことはよくあります。
思ったことをそのまま書いているだけで、あまり深く考えて感想は書いていないので、そう仰っていただくと嬉しいと同時に気恥ずかしいです。ありがとうございます♪

>「春抱き」の物語自体の構造なり、中心テーマなり、とても素晴らしいものだと思っています。
私も同感です。新田さんの作品は、登場人物に愛がたくさんありますよね。
そして、悩んだり、苦しんだりしながらも、正直に生きている姿が大好きです。

> そして、現在、今まで読んでなかったことは、少し後悔しました。 マンガ離れの3年間、世の中にいろんな事が起こってたらしくて(いろんな意味で^^)、
私も子どもの頃は漫画が大好きでたくさん読んでいたのですが、大人になってから、15年間!!(汗)漫画からはなれていました。
また読み出したのは、ほんの3年前です。離れている間に、とても面白い作品がたくさん登場していて驚いてしまい、激しく後悔したので、今また必死に漫画を読んでいるところです。笑

>6月号はびっくりするほどの値段(7000円近く)になっているのです。
えッ!!そんなに高騰しているんですね。汗

>その3年間に払わないといけない代償ではないかと思ったこともあります。(^^)
探せばもっとお安く手に入るところもあるかもしれませんよ~!あまりあせらず、じっくりと探してみてはいかがですか?ヤフーオークションなどは、時たま目玉商品が出たりしますから。
無事に(なるべくお安く)入手できることを、お祈りしていますね!
どうぞ、またいつでも遊びにいらしてください♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad