HOME>[感想]舞台・展覧会・イベント

白泉社「メロディ」フェア(原画展) IN 有隣堂ヨドバシAKIBA

中学高校のまばゆい青春の日々に、どっぷり白泉社作品に浸かって育った私としては、これは何があっても見逃せん!!

ということで…

有隣堂ヨドバシAKIBA店で開催中の『白泉社「メロディ」フェア(原画展)』(2008年1月26日(土)~2/17(日))に行ってきました~!

白泉社 成田美名子白泉社 清水玲子白泉社 よしながふみ
(C)白泉社/メロディ 成田美名子 清水玲子 よしながふみ

まったく~、いつまでたっても有隣堂の情報ページが更新されないので、やきもきしちゃったよ~~
と、それはともかく。

東京とはいえ都下に住まう私は、めったなことでは都心には出向きません。
つまり、この「メロディフェア」は私にとって、それだけ価値のある“めったなこと”だったのですが。

それにしても予測していたとはいえ、休日の「バシカメ」はえらい混んでおった。

さらに以前とは駅が全然違っちゃってて(つまり新しくなってて)、出掛けに旦那に「バシカメAKIBAに一番近い改札口はどこか」をたまたま聞いておいてよかった…!!と、つくづく思ったわけです。
じゃないと、また迷子になるところだった…。汗 ←実は池●でよくなる

本当の予定では、初日の朝一で行って、中村明日美子さんの「直筆サイン本ゲット~~~ッ!!」を狙っていたのに、旦那が飲んで朝帰りの上、昨日一日「生きた死人」と化していたので子供を頼めず、泣く泣く今日になったわけですが…。

やっぱりね。

当然1冊も残ってなかったですよ。涙

でも、いい!!
とりあえず、豪華作家陣の『原画』を拝めて大満足!!

その模様はこっそり折りたたんだこちらでどうぞ♪




JR総武線秋葉原駅中央改札を出て、左に少し歩くと、通りを渡った先に、巨大な「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」がそびえ立っております。

今回の原画展は、その7階のフロアにある「有隣堂ヨドバシAKIBA店」が会場です。

原画展と言えば、『文化庁メディア芸術祭 受賞記念原画展』の際のよしながさんと今市子さん(記事はこちら)、そして『「僕のやさしいお兄さん1」発売記念【今市子複製原画展】』(記事はこちら)に続く3回目。

いずれも人間業とは思えない素晴らしい作品を目にしまして、行くたびに寿命が延びる思いがいたします~

しかも、今回の生原画の展示は14名の超豪華作家陣のラインナップ!!
さらに、なんと迫力のオールフルカラー!!!

すごいッ!!これはすごすぎるッ!!!
「白泉社さん、太っ腹な企画をありがとう!!!」と小躍りしそうになりました。

今日は2日目だし、もうサイン本は無いことを予想していたので、中●線を途中下車してN野のまん●らけに寄り道して来たこともあり、お昼過ぎに到着。
コミックコーナーのすぐ近くにブースが設けてあったので、場所はすぐにわかりました。

念のため店員さんに撮影可能か聞いたところ「否」のお返事…。
ま、そりゃそうだよね。

でも、雰囲気だけはお伝えしたくて、ちょっと遠くからですが、1枚だけ…撮影させていただきました。

メロディフェア
←それがこちらです (写真の女性の影になっているのは、山口美由紀さんと清水玲子さんの作品です。ごめんなさい)

【展示作家名】
よしながふみ/清水玲子/成田美名子/ひかわきょうこ/やまざき貴子/河惣益巳/山口美由紀/勝田文/麻生みこと/山田ユギ/橘裕/魔夜峰央/川原泉/中村明日美子 (敬称略・順不同)

「メロディ」を愛読している方は、どの作家さんのなんの原画か、おわかりになるものも多いのでは!?



papicoはコミックス派な上、現在メロディの連載で読んでいるのは、よしながふみさん「大奥」、山田ユギさん「おひっこし?」(感想はこちら)、清水玲子さん「秘密」(感想はこちら)の3作品のみ…。

だから、今日ほど「メロディを読んでおけばよかったかも」と思ったことはありません。
だって、ほら。
やっぱり原画を目にした時の、感動が違いますでしょう??

でも、長年白泉社で活躍されていて、papicoの“漫画がなくては生きてはいけない”体質の形成に大いに貢献された?作家さん(成田美名子さん・ひかわきょうこさん・河惣益巳さん・山口美由紀さん・魔夜峰央さん・川原泉さん…つまり、80年代に「月刊LaLa」と各種「花とゆめ」で活躍されていらした作家さん)の原画が多く、本当に眼福~♪

どれもこれも信じられないくらい美しくて、しばしの間見入ってしまいました。

そして、これらの中でも特に印象に残ったのは、山田ユギさんの原画でした。
展示されていたのは単行本「おひっこし?1」のカラー口絵でしたが、背景をホワイトで丁寧に修正してあり、スマイリーの髪の毛の艶まで、一本ずつ丁寧に描かれていたり、なんだかこれをユギさんがひとつひとつ手作業で描いているのかと思うと、後光が差して見えました。笑

他にも、「メロディ」フェア対象商品を買った方に『オリジナルメッセージペーパーの配布』や、『直筆サイン本販売』(要日程確認)などの企画もあり、大変に充実したフェアですよ。

「秘密」の4巻も出るし、中村明日美子さんのサイン本も再入荷予定らしいので、「こりゃぁまた行っちゃおうかな~、うししし」と目論んでおります。

作家さんお一人お一人の作品にかける“情熱”が、手に取るようにわかる原画展。
これからも、機会があればどんどん行って「本物」に触れて、感動をもらいたい!と心底思いました。

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/186-64700fca

コメント

こんにちは☆
わー、レポありがとうございます!雰囲気が伝わってきます~。ちゃんと原画展になってますね!←失礼。
ユギさんの原画は、右下にかけられているものでしょうか。papicoさんのようにじっくり観てもらえるなら、修正の甲斐あり!ってもんですよー、きっと。明日美子さんのサイン本もゲットできるといいですね、えへへ。
別件ですが。「まほろば」原作は図書館で予約中、ピアニッシモは通販で発送待ち中なんです。papicoさんの記事を読んで、私も早く読みたくなってしまいました!
それでは~。
akiさま、こんにちは!
そうなんです。ちゃんと「原画展」ぽくなってますでしょ?笑
以前、ジュンク堂の今市子さんの原画展では展示ケース(しかも箱型)に並べただけっていうチープさでちょっと悲しかったのですが、今回はなんだか担当の方の一生懸命さが伝わってきて微笑ましかったです(^_^)
仰るとおりユギさんの原画は一番下の右から3番目のものです~!ボスの周りをいい男がぐるりと取り巻いているという、それはそれでなんとも素晴らしい構図のイラストです。笑
「まほろ」は原作も面白いですよ♪下村さんの描くイラストも素敵なので、ぜひユギさんの多田や行天と比べてみて下さいね~!
ギャ!
きゃー!コメ中の「まほろば」は「まほろ」に読み替えてください…orz。
勢い余って古代に意識が飛んでしまったみたいです。というか今まで「まほろば」と思い込んでました(赤恥)。失礼しましたー!
読みがち…ですよね!笑
「まほろ」と「まほろば」…。確かに似ているが非なり、みたいな。笑
でも、どうして「町田」が「まほろ」なのかと思っていましたが、案外「まほろば」が語源かもしれないと思い至りましたよ。
「まほろば」→「まほら」=すぐれた立派な場所の意。だそうです。
う~ん、しをんさんってば町田を心から愛してるんですね!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad