HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[BLコミック]夏目イサク

夏目イサク「どうしようもないけれど 1」(新書館/Dear+コミックス)

これは多分、いや確実に2007年の「リーマンもの」を代表する作品。
どこのレヴューでも絶賛ですね♪

かくいう私も、大好きな作品です~!←そもそもがリーマン好きだし

どのページをとって見ても、ついニヤニヤしてしまう…。
家族の前ではうっかり読めません。
なぜなら、「何読んでるの??」と突っ込まれること請け合いだから。

と、そんなわけで、1月に2巻(感想はこちら)も出ちゃってすでに完結しましたが、どうしても今年中に感想をあげたかった夏目イサクさんの「どうしようもないけれど 1」(新書館/Dear+コミックス)の感想です!

どうしようもないけれど 1 (ディアプラスコミックス)恋も仕事も全力投球!
容姿・頭脳・家柄――三拍子揃ったお坊っちゃま、島野の唯一思い通りにならない相手、それが上司の黒川だ。ムカつきつつも共に仕事をするうちに、島野は黒川の素顔にふれ、次第に彼に惹かれてゆく。黒川も島野を憎からず想っているようで、やがてふたりは身体を重ねる関係になるが……?大人気リーマンシリーズ、待望の第一弾!!


■初出■
どうしようもないけれど/Dear+2005年9月号
ホントのことはわからない/Dear+2006年1月号
たりないものはひとつだけ/Dear+2006年3月号,4月号
だから今もこれからも/Dear+2006年7月号
フラワーフライデー①/描き下ろし
フワラーフライデー②/描き下ろし

----------

それにしても。

イサクさんって、あの139さん、だったんですね~。
すみません、わたくしその事実に、つい最近気が付いたんですけど…。
どうりで黒川(酒豪・ゴリラ・黒マリモ)と島野(プリンス・サラ髪・料理上手)が、たびたびゾ○と、サ○ジに見えるな~と思ってました。汗

それはさておき。

受けの可愛らしさでは右に出るものなし!!
恋しい。切ない。もどかしい。
そんな、どうしようもない大人の純情が満載です!


【どうしようもないけれど1 あらすじ】

(株)SHIMANOの社長の跡取り息子・島野隼(しまの・はやと)の上司、黒川彰浩(くろかわ・あきひろ)は社内屈指のやり手の営業マン。仕事、仕事の毎日で、妻には捨てられ、男やもめな暮らしをしている。ただの上司と部下の関係だった二人だが、ある一夜をきっかけに、二人の仲は急接近!そんな時、仕事の助っ人として現れたのは、黒川の元嫁・冴子で・・・。



お坊ちゃま育ちのセレブな島野を、今時流行りの「王子」と例えるならば。

「跡取り王子」?←まんま!
「照れ線王子」?←わかりづらい!
う~ん…。
あっ!!
抱き枕王子」!?

・・・。

それはともかく。


世にリーマンものは多けれど、この作品が指示される理由のひとつとして、黒川と島野がちゃんとお仕事をしている、というのが大きな要素な気がします。

普通は仕事中よりも、昼休みや終業後、または残業中に話が展開しがちですが、この作品は普通に外回りしてたりするのが新鮮~!
たしかに、こりゃ「恋も仕事も全力投球」だわ。
看板=「(2巻の)帯」に偽りなし!!ですね。

一人暮らしの家に帰れば不精ひげ、部屋は汚れ放題、床にはポン酒の瓶がずら~り。
32歳にしていかにもおっさんな黒川は、会社では有能な営業マンで、部下の信望も厚い出来る上司。
BL界での上司にしたい男№1』だわ、きっと。

そんな黒川が垣間見せた寂しさと、自分にはないワイルドさに惹かれて恋しちゃうのが、(株)SHIMANOの跡取り息子の島野。

おぼっちゃま育ちで挫折を知らず、これまで何不自由なく愛されて育った島野が、生まれて初めて「どうしようもない」位の本気の恋に落ちた“切なさ”や“とまどい”が痛いほど伝わって来て、ほんとに可愛いです。

そんな島野の気持ちに大きなさざ波を立てるのが、黒川の元嫁・冴子。
美人かつ有能、性格もさっぱりとして気風の良い姉御肌の冴子の登場に、島野はえもいわれぬ焦燥感を感じます。

黒川と二人タッグを組んで、案件をバリバリ処理していく姿にはもう惚れ惚れ!
ほんと、マジカッコいい!!
「冴子さ~ん、大好きです~」←そこかよ 笑

結局は、冴子の登場も二人の恋のスパイスでしかなく、よりラブラブ~な関係に落ち着くのですが、作品中での仕事と恋のバランスのとり方が絶妙で、繰り返し読めば読むほど関心してしまいます。

漫画の作り方が、上手だな~。夏目さん。
さすが(?)同人出身の作家さんですね。
すでに、百戦練磨の風格です。


そして、実は二人が出会ったのは・・!!の、事実が描かれる【だから今もこれからも】は2巻での大きな伏線になってるので要チェック!
高校生の生意気な島野と、よりワイルド感あふれる黒川が、色恋抜きにもしていい感じです。

それから描き下ろしフワラーフライデー①②…。

なんか「花金」(=フワラーフライデー)って言葉、久しぶりに聞きました!笑
下戸の島野のお酒に関する逸話は事欠きません。

それにしても、島野が無自覚に漂わすピンクオーラでいちいち理性が飛ぶ黒川には爆笑!
も~、勝手にやってろ~、このバカップルめ~!!

と、二人の熱気にあてられながら、2巻の感想(こちら)に続きます!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/171-fd9c4a32

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは!
コメントありがとうございます♪

私も作家買いしてしまう性質なんです~。でも、そのせいでけっこう偏った作家さんしか知らないので、最近は頑張って色々手を広げようと努力しています。
そして、これも同様に子供(小2の息子)の目を盗んでいかに読む時間を確保するかと、日々増えていくBLコミックの山と格闘中ですが、何を捨ててもこればかりは手放せない愛しい子たちばかりなのが悩みの種です。賃貸暮らしなのに。笑

またいつでも遊びにいらして下さいね♪
そしてオススメの作品等どんどん教えてくださいませ~!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。