HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[BLコミック]鬼嶋 兵伍

鬼嶋兵伍『ジョカトーレ、捕獲計画。』 (竹書房/バンブーコミックス)

久しぶりに表紙買いした1冊・・・。
鬼嶋 兵伍さんの『「ジョカトーレ、捕獲計画。』 (竹書房/バンブーコミックス)を読みました!

ジョカトーレ、捕獲計画。 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
サッカー部エースの加藤空の様子がおかしい。ガッツと闘争心、タフな体にカリスマ性を持ち合わせた加藤が練習中に倒れたのだ。しかし、それは後輩マネージャーが加藤の体に仕込んだ或るモノの所為だった――!? 青春一直線(!?)な表題作ほかデビュー作を含む、溢れる情熱と欲望が止まらない、熱くてカッコイイ男子満載の著者ファーストコミックス!!

■CONTENTS■
「ジョカトーレ、捕獲計画。」…麗人Bravo!2005春号
「若者よ、迷走(はし)れ!」…麗人 2006年3月号
「ブラザー・ギルティ」…麗人Bravo!2006春号
「ギリギリ☆カウント2.9!!」…麗人2006年7月号
「欲望サウンドホール」…麗人Bravo!2005秋号
「矢鶴町胡瓜天王祭」…麗人Bravo!2006年秋号
「ウィーク・ポイント・ハニー」…麗人 2004年11月号
「あとがき」…描き下ろし

-----------

「ジョカトーレ」とは、イタリア語でplayerの意。
転じて「サッカー選手」のこと。

へ~。そうなんだ。
サッカーについて全然知識がないもので、勉強になりました。

というか、この作品、表紙の手彩色(ですよね…?)の美しさに魅かれて購入し、さらに内容も勝手に「耽美」っぽいイメージを抱いてましたけど、実はぜんぜん違った~!!

腰周りのがっちりした、筋肉質な男たちが次々と出てくるわ出てくるわ…。
道具もあれば、縛りもあり。
もちろん、体毛もね!!みたいな。

さらには、エロの表現も「最上級」。
モロ出し丸出しで、細部の表現までしっかりです。

よくぞここまで…!!

これが「ガチホモinBL」ってやつですか??←ちがう?

そんな訳でなんというか、初期から現在に至る内田かおる(カヲル)さんを彷彿とさせます。

でも、これが初コミックスとは恐れ入る!!
最近の新人さんの、底知れぬパワーに圧倒されました!!


そもそもは、「June=耽美」からこの世界に入り、綺麗で淫靡なBLものを愛でていた私。
筋骨隆々として体毛もっさりな兄貴たちの絡みは、正直いって苦手でした。

でも、そんな保守的なことじゃいかん!!
BLの楽しみの1割は損してるかも知れん!!

と、唐突に気付いて、一念発起して内田かおる作品を読破し、その免疫を付けました。
で、この作品に出会えた?のですから、唐突な思い込みも役に立つものだな~、と。笑

きっと、その修行がなければ途中で放棄しちゃった位のリアル描写なんですもん。←マジで


さて、この「ジョカトーレ、捕獲計画。」に収録されているお話の登場人物は…

【ジョカトーレ、捕獲計画。】
サッカー部マネジx花形サッカー選手→捕獲するつもりが捕獲されてるという

【若者よ、迷走(はし)れ!】
メガネドレッド大学生x親友(まぶだち)→別カップリングで4Pあり!だし

【ブラザー・ギルティ】
ドSな甥っ子16歳xドMな叔父バイク屋27歳→こんな顔のS攻め(しかもチェリー!)、はじめてかも

【ギリギリ☆カウント2.9!!】
ゲイリーマンx2重人格プロレスラー(※悪役)→このレスラーの子がキモ!

【欲望サウンドホール】
ロン毛下駄履きミュージシャンx心酔するギタリスト→70年代フォークのかほりが

【矢鶴町胡瓜天王祭】
帰省中の大学生x祭りの太鼓打ち→祭りの余韻、夏の夜の夢

【ウィーク・ポイント・ハニー】
言葉責め高校生xピアッシング依存なヤンキー高校生→この年でこの言葉責めか

な人々…。


多種多様な職業、人種でごった煮の面白さなんですが、一話ずつのお話が内容が濃くて面白い。
しかも、どの作品も唐突に道具で悶えさせられようが、縛られようが、根底にはがある。

これにはどんなにエロがハードでも、やっぱりBL=ファンタジーなんだな~、と思い返してみたり…。

個人的にいいなと思ったのは、「ギリギリ☆カウント2.9!!」のリングにあがると性格が豹変するレスラーの子。
鍛えた身体を惜しげもなく観客に晒し、戦う相手の飛び散った血を舌なめずりする様には…
やられました!!
新しい「萌え」の発見だわ~。

とはいえ、ストーリー的に好きなのは、やっぱり「矢鶴町胡瓜天王祭」。
都会の大学で学ぶ大学生が、地元でのお祭りを手伝うために帰省して、そこで久しぶりにあった年上の彼の生き方に共感し、恋に落ちるお話。
もちろん、恋に落ちた途端にガッツリいたしてますけど。笑
特にきちんと未来を誓い合うわけでなく、でも、最後は希望をもった終わり方に心揺さぶられます。


その直接的な描写から、好き嫌いがはっきり別れる作家さんだと思うのですが、独特な味わいのある線描は好ましいです。
これからの活躍も大いに期待します!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/158-060afab0

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Mさま、コメントありがとうございます♪
鬼嶋兵伍さん、素晴らしいですよね!
麗人よ、ありがとう!と思いました。笑
近頃はBL(同人)作家さんから一般誌に華麗に転身される方も多いですよね。
金のたまごが続出するのが楽しみですね!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。