HOME>[妄想・たわごと・独り言]アニメ・ゲーム

アニメ「NARUTO疾風伝―251話 継がれゆくもの」新OPとED

う~わ~!
危なかった…。
前回から空きすぎていて見逃すところだった…。

ということで、「おかーさーん!はじまるよ!」の息子の呼びかけによりしっかり見れました!

■NARUTO疾風伝<251話>「継がれゆくもの」2007年10月18日放送
NARUTO251話
【あらすじ】
ナルトの力を借りつつ、我愛羅に転生忍術を施すチヨバア。術の代償を知るサクラは涙をにじませるが、チヨバアはしっかりとした言葉で若き忍達に未来を託す。やがて目覚めた我愛羅が目にしたのはナルト達の他、我愛羅を慕い駆けつけた多くの砂忍たちの姿だった。我愛羅復活の賑わいの中、ひっそりとその命を終えるチヨバア。転生忍術の真実を知ったナルト達は偉大なくノ一チヨバアのために深く黙祷を捧げるのだった。

---------

「チヨバァとサクラ編」いよいよ完結です。
原作読んだ時も号泣でしたが、やっぱり泣けました。

チヨバァの生き様、かっこいいです!!
感動をありがとう~~~!!

そして。
今日の放送を見て、やっぱガアラ可愛いわ~♪としみじみ。
テマリ、姉ちゃんのくせに親衛隊になる気持ち、わかる。笑

ところで。

かつて息子が幼稚園年長の頃(2年前)、いたずら書きをしている絵を見ると、どうやらガアラらしい。(その頃親子でハマっていた。)
でも、私の目はその額の「文字」に釘付けにッ!!

なんと、「」って書いてある~~~!!!

「いや~~ん、するどい!何で~~!?」
と、動揺しまくりな私…。

あとで聞いてみたら、「愛」って言う文字が難しくてテキトーに書いただけらしい。

そんなのって聞くまでもなく当たり前なんだけど、その時はすごく動揺してこっちも異常なリアクションとっちゃいました。
懐かしいな~。

ところで、守鶴の抜けたガアラって、くま、なくなるのかしらん。
あのクマに萌えるんですけど。

でもって、今日の注目はやっぱり新OP、アーンド、EDです!!

うわ~~!!何じゃこりや!?
何だか肌見せ率が妙に高いッス。
BL本の表紙か!?

そもそもサスケの衣装が、なんでこんなに前はだけてんだっちゅーの。
大蛇丸の趣味だろうけど。
大蛇にまっきまきにされてるサスケなんて・・・素晴らしいよ。爆

そしてエンディングにいたっては、サイ一色!!
へそへそへそ、のオンパレードだよ!!
しかも、なんだあの全身からフェロモン出まくりな感じは!?

なんだよ~、ルーキーなのに、こんなに人気ある子なんだ…。
正直びっくりです。

原作自体「チヨバァとサクラ」後、ちゃんと通して読んでいないし、アスマの死を知ってからは一気に読む気がしなくなったので、彼のキャラ設定がイマイチよくわかってないんですよね~。

ホントにたまたま読んだ週刊ジャンプ17号で(印象深くて号数が忘れられない)、木の葉丸の変化の術「女の子同士のXXシーン」に対抗すべく、対腐女子のサクラ用?で披露した「男の子同士のXXシーン」のサスケXサイのからみを見て、あまりの衝撃にや○いの師匠Hちゃんにメールしたのを覚えてます。

原作でそこまでやるって、今NARUTOはどうなっておるのか!?と、疑問に感じたことはたしか。
ま、それが原作者公認カプだというならいいけどね。笑

【OP】 


【ED】

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/138-813ea91a

コメント

papicoさん、こんばんは(*^_^*)

こちらの方では一週遅れなんで、今つべで見てきました。
(しかも先週で追いついてしまったので、今日は疾風伝の鈴取り終了の回が再放送されました。こちらの方では土曜あさ5時29分開始なのです)

チヨバァさま、死んじゃいましたね;;
アニメの「十機vs百機」での、くぐつ戦がカッコ良くて何度も見てました。
あんなに静かに死んじゃったなんて・・・;;
(私はこの辺原作を読んでないんです。papicoさんとは逆でアスマが死ぬあたりからジャンプ読み始めました)

OP・EDサイとヤマトが~。
そしてヤマトとカカシが暗部衣装で!
おまけにサスケの裸に蛇とか、サイのへそとか!
一時停止して、しっかり見ましたよ(笑)

ヤマトは小山力也さんらしいですが、サイはまだ発表されてませんよね?
一体誰になるんでしょう。
ドキドキです(笑)
あ~でも、これからしばらくカカシの出番が減るんですよね?
ガックシですorz

息子さん、可愛いですね。
我愛羅の額に受けを書くなんて(笑)
たしかに我愛羅は受けだ!
さすが息子さん(笑)

あっ私も「有閑倶楽部」見逃しちゃいました。
ミケリスさん、こんばんは~!
朝5:29からなんですか~!?
は・・・早ッ!!

そうなんですよね、チヨバァ、本当にかっこ良くてほれぼれしましたよね。
ツナデを「なめくじ娘」呼ばわりしたり、カカシを父親と間違っていきなり襲い掛かったり(?)、武勇伝に事欠かない方でした。←なんかちがう?

原作では画面がかなり白っぽい上に、岸本さんの描くアクションシーンがイマイチ分かりづらく、読んでて苦しかったのですが、アニメでは見事に作画されていて、感動でした!!

最後、チヨバァに黙祷を捧げようと、ふらつきながら立ち上がるガアラに、ナルトが手を貸すところがこの回の私的最大の「萌え」でした。
(直前に女の子の手は振り払ったガアラ、という前置きがまたよしです!笑)

え~~っと、ヤマトって・・・!?
あははは。すみません。
よくわかってないんです~(>_<)
暗部なんだ!!
確かにカカシ暗部と一緒にいる子がいましたね。
サスケの「へびに裸体で巻っき巻き」姿に気を取られすぎて、うっかりしておりました!

>あ~でも、これからしばらくカカシの出番が減るんですよね?
>ガックシですorz
ええ~、そうなんですか~、なーんだ。

でも、この機会にまた友人に原作を借りようと思います。
「面白くなくなったよ」って、貸してくれなくなっちゃんですよ~。涙
拝み倒して来てみます。

>たしかに我愛羅は受けだ!
ですよね!?
個人的には「総受け」だと思ってるので、息子の落書き、本当にびっくりだったんですよ~。
さすがに息子には私の嗜好はバレてはいないと思うのですが、焦りました。笑

>あっ私も「有閑倶楽部」見逃しちゃいました。
機会があったら見てみてください。
男性陣、インパクトだけはありますよ~!

では~♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad