HOME>[感想]映画・ドラマ

ドラマ「有閑倶楽部」…“勝手にキャスティングの会”発足

昨日10/16(火)夜10::00~から日テレで始まりましたドラマ「有閑倶楽部」…。

来たよ…、ついにこの日が。
とうとうはじまっちゃったよ~~!!

【ドラマあらすじ】
セレブの子息や令嬢が集まる名門校・聖プレジデント学園の生徒会室は、今日も部員たちが集まって賑やかだった。『生徒会室』の他に『有閑倶楽部』というプレートも掲げたこの部屋の主は、生徒たちの中でもひときわ目立つ6人――警視総監の一人息子で生徒会副会長・ 松竹梅魅録(赤西仁)、大病院の跡取りで頭脳明晰な生徒会長・菊正宗清四郎(横山裕)、スウェーデン大使子息でプレイボーイのクウォーター・美童グランマニエ(田口淳之介)、父親が日本画の大家で母親が茶道家元の大和撫子・白鹿野梨子(香椎由宇)、宝石商の一人娘で玉の輿を夢見る美人娘・黄桜可憐(鈴木えみ)、男顔負けの運動神経と食欲を持つ大財閥会長の令嬢・剣菱悠理(美波)。いずれも美男美女で、家族が大金持ちの6人は、部室でヒマを持て余していた…。

-------------

原作ファンの間では、発表当初からキャスティングに大ブーイングの嵐!!

実写化自体がありえない漫画なのに、何故にあのキャストなのか!?
そもそもレッド西君が「魅勒」な上に、「主演」とはどうしたことじゃい!!??
(レッド西ファンの皆さますみません。でも事実。)

かくいう私も「魅勒命!ロン毛好きは美童の影響!!」と言ってはばからない友人Mちゃんの申し入れもあり、キャスティングを再度真剣に考えてみることにして(その様子はこちら)、まもなく「“有閑倶楽部”勝手にキャスティングの会」を立ち上げました。

参加するのはママ仲間のコミ友(=漫画友達の勝手な呼称)6名。
普段からいろんなジャンルの漫画を交換し、読み比べている貴重な友人たちです。

みんな小学生時代はりぼんを愛読し、「有閑倶楽部」とともに青春時代を送ってきた同世代のメンバーですから、原作への思い入れのすさまじさは筆舌に尽くしがたいものがあります。

だもんで、友人宅のテーブルを囲み、いっせいにキャストについて語り出すと…

これが、とまらない、とまらない!!
「そこまでマジになんなくても~!!」という位、盛り上がりました~。笑

キャスティングのお約束としては、「年齢にこだわらないで自由に選ぶ」こと。
高校生年代にこだわっていたら、絶対に無理だからです。
そして決定には「最低4人の同意が必要」。

そして、さっそくキャスティング開始!!


まず最初。
どうしてもハーフかクォーターは譲れない美童に、私はウェンツを押しましたが、みんなの反応はイマイチ。
なんで?ちょっと足りなっぽいところなんて、そっくりだよ??

で、苦し紛れに言った「オーランド・ブルーム」に、「あ、なくはないね。」
って、そんなん「あり」なのか!?
(「ロード・オブ・ザ・リング」のイメージでね)

可憐さんは、日本人に該当者なしで、いっそのことキャメロン・ディアスという意見が出ましたが、「台詞回しが気になってドラマ見てるどこじゃないよ!」とのマジ意見が飛び出したので、これまた却下です。
じゃあ、オーリーだってそうじゃんよ~。
ぶーぶー。

「年齢はともかく、国籍にはこだわってみようよ」との私の意見に、「じゃあいっそすべて外国人というのもありなんじゃない!?」とMちゃん。
それじゃあ全然違うものになっちゃうよ。
いっそのことハリウッド版でいくか!?
そっちの方がある意味納得出来るかも。

で、野梨子には深津絵里!
などと、それぞれの登場人物に勝手気ままながらも名前はあがってくるのですが、そんな中でどうにもこうにもならないのが清四郎です。

知性派で武術の達人、そしてあのすだれ頭…。
人間ではとうてい無理~~!

私が無理無理ひねり出したミッチー(及川光博)に、「う~~ん。ま、悪くもないかな」というご意見は頂きましたが、決定には至らず、残念至極。

ちなみに、この時点での決定は悠里=土屋アンナと、魅勒=長瀬智也。

この2人はずっと念頭にあったので早々と名前をあげたらすんなり同意を得られ、全員一致で承認されました。笑


結局さんざん頭を悩ませて、あーでもないこーでもないと大騒ぎはしたものの、納得のいく6人全員のキャスティングにはほど遠いまま、その日の会合は解散。

昨日の放映当日を迎えてしまいました。

で、問題のドラマが開始して3分…。

感想がコミ友から続々とメールで送られて来ます。
が、一様に「女子はまだいいが、男子がどうにもならん。もう寝る!」
という内容だったのには笑いました!!

かくいう私も、同様の意見です。


特に○山君がちっちゃい上に知性の煌めきが皆無なところ(失礼)と、田○君のまるでヅラのようなパツ金ヘアー(死語)には、もう見ていて腹がねじ切れそうなほど。←怒りで

正直見ているのもアホらしくなって、10分もたたずにテレビを消してしまいました。

やっぱり実写化は厳しかったな~、もう2度とこのドラマを見ることはあるまい。
そう思いながら、買い込んだ漫画を読みふけっていた午後11時過ぎ・・・。
今回の騒動の言いだしっぺとも言えるMちゃんから、真夜中の電話が。

「ごめ~ん、今日見るの忘れちゃってさ~~!!」
…って、何ですと~!?

「来週は見るから、またみんなで集まろうよ!ね!?」
まったくも~、あなたってそういう人だったよ。

でも一度は自分の目で見ないときっと納得出来ないよね。
Mちゃんには「“男山”(魅勒のペット=コリー)は文句なしでそっくりだったよ~!!」とだけ、教えておきました。笑

ちなみにMちゃんのイチオシのキャストは、美童に高見沢さん(byアルフィー)です。
それってどうなの!?

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/137-2bd6c255

コメント

おもしろいです
読んでて爆笑しました。
私も田口くんになるんだったらウエンツの方がよっぽどいいと思います!
魅録は正直な話論外ですよね。原作のキャラじゃないし。
でも、悠理は私のイメージに合ってるなと思いました。
ありがとうございます(^_^)
>いちこさま

こんばんわ、はじめまして!
爆笑でしたか!?嬉しいです!笑

いい大人がこんなに真剣に何をやっておるのかと思いつつも、ついつい白熱してしまうんですよ~。
みんなヒートアップしてるから、誰も止めませんし。笑

私も女の子は皆よかったと思います~!
ただ、男子のインパクトに押されて印象がかすんじゃって…。

レッド西君は、あまりにもキャラが遠すぎるので、魅勒として認識できないままにテレビを消してしまったというか。
ゆえに、感想もなし。汗

来週は女子に意識を集中させて見てみたいと思います♪
こんばんわ、続けて書き込みさせていただきます。
美堂に関して高見沢さんもアリだと思いますが、もしラスベガス行きの船の話がドラマ化された場合、高見沢さんが女装するのかと想像して笑ってしまいました。お、オモシロ~。田■くんではどうにもならないかなと。

好きなマンガの話を真面目に語るのはいつの年代も熱くなるものです。
又感想楽しみにしてますね。
では失礼しました。
こちらにもありがとうございます♪
>サエキさま

高見沢さん、「あり」ですか!?
Mちゃんに伝えておきます。
きっと大喜びします。笑

たしかに美童の女装、ありましたね!
ネックの高い淑女っぽいブラウス(ワンピース?)を着ていた記憶があります。
(現在原作が手許にないのでウロ覚え…)

あれを高見沢さんでとなると…ドラマ史上まれに見る「迷」シーンになりますね!!爆

私には漫画の話題を熱く語れる友人がいて、恵まれていると思います。
たまに相手を考えずに熱くなってしまう時があって、そういう時は冷たい氷雨のごとき視線が突き刺さって来ます。
時と場所と相手を選ばないといけないことを、身をもって学びました。
でも、今もたまに暴走してしまいますが。汗

この“キャスティングの会”はまだ継続中なので(←しつこい)、最終的にどんなメンバーが出揃うかまだわかりません。
決定したら、また報告いたしますね!

それでは~!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad