HOME>[BLコミック]こだか和麻

こだか和麻「腐った教師の方程式」文庫版1巻(HUG文庫/メディエイション)

何を血迷ったのか、BBC DX「可愛いひと」(感想はこちら)、文庫版「あふれそうなプール1.2」(感想はこちら)に引き続き、「学ランモノ」3連発でいってみたいと思います!!

BLにおいての高校生モノに関しては一過言あるワタクシですが、正直言いまして「学ラン」に弱い…!!
花も恥らう乙女の頃からそうでした。ふふふ。

言うまでもありませんが、世に言う「学ラン」とは男子学生の着用する詰襟型の制服です。
最近は高校生の学ラン姿はブレザーにとって変わられてめっきり見なくなりました。
ああ、衰退の一途を辿るのが切歯扼腕の思いです。←大げさ

でも、中学校では未だ7割の学校が着用しているようです。
江戸時代、洋服全般を『蘭服(ランフク)』と呼んでいたことから、学生の着る蘭服=学ランと呼ばれるようになったそう…。

と、そんな豆知識はともかく。


あの色、そしてシルエット、襟元からのぞく白いカラー、そして折り目正しいそのズボン…。
ああ、なんというストイックな美しさ

学ランであれば何でも言い訳ではなく、好きだからこそその審美眼も鍛えられると言うもの。
もちろん、短ラン・長ラン・ボンタンなんぞにゃ目もくれません。
(私が青春時代を送った80年代は、ある意味そっちが正しい学ランの姿だったとも言えるのですが…。涙)

はっきり言って現世において、あの素晴らしい様式美あふれる洋服を着こなせる男(おのこ)なんぞおりません!!
下手な男子に着せるぐらいなら、ハンガーにかけてその形を愛でていたい!!

したがって、やはり2次元の世界にその理想を追い求める次第なのです。ふ。


と、前置きはこの位にして。←長ッ!

今回はヤンキー校の保険医とその教え子が繰り広げるラブコメを描いた、こだか和麻さんの「腐った教師の方程式」全5巻(HUG文庫)の1巻です!

腐った教師の方程式 (1) (HUG文庫)

初恋の君、まーちゃんとの再会を果たした純朴少年、敦。
昔のやさしい面影とは程遠い“まーちゃん”にとまどいながらも
恋心を自覚してしまう…。
敦の爆走LOVEはむくわれるのか!?
――伝説の学園ボーイズラブコメディ復活!!――

(文庫1巻 裏表紙より)


【INDEX】
vol.1 敦くんの受難の日
vol.2 ギンギラギンにさりげなく
vol.3 初恋の方程式
vol.4 ただ一言だけ
vol.5 LOVE CALL一気
vol.6 バトル・バケーション
Vol.7 誘惑の甘いワナ!?
vol.8 秘密のふたり
vol.9 戦場の!?メリークリスマス
----------------

実は、お名前はかつてから存じてましたが、こだかさんの作品をはじめて読んだのはこの夏のこと…。
しかも、や○いの師匠・Hちゃんがハガレンとセットで貸してくれた「同人誌」がその出会いでした。汗

ハガレンの原作を読み、「この中でカップリングするなら、やはりヒューロイしかないな」と思いつつも、今ひとつ納得いかない自分がおりました。
だって、ヒュースのあの愛妻家ぶりを見せられて、どうやったらほっぺむっちり大佐(失礼)とあんなことした~り、こんなことした~りする関係に至る訳なのだ!?

どうやら自分、ファンタジーであると定義しているや○いにおいても、意外と理屈を通さないとすまないようです。

そんなモヤモヤを抱えつつ読んだのが、こだまさんの描くヒューロイ本「シャングリラ」でした。
これでなんだか2人の関係がスコーーーーーンと納得できてしまったわけです。←た、単純。汗

原作のキャラの持ち味を殺さずに、巧みな心理描写と確かな画力で新たな世界を見せてくれたこだかさんの他の作品を是非読んでみたい!

そこでまずやはり頭に浮かんだのが、旧ビブロスの「腐教」と「KIZUNA―絆」の2大大作でした。
ちょうどHUG文庫から描き下ろしつきで復刊していたことと、高校生モノにトライしてみたい気持ちもあって、軽い気持ちで手に取った「腐教」。

93年のマガジンBE-BOY創刊時から、ずっとBL創世記をリードし続けて来たといえるこだかさん。
各文庫の帯に寄せられたBL界を代表する作家さん達の「推薦文」は、決して嘘ではありませんでした!



【1巻 あらすじ】

10年前の初恋の人・まーちゃんが保険医を勤めるヤンキー校、城ヶ丘高校に他校の推薦を蹴ってまで入学した有沢敦(ありさわ・あつし)は、すっかり人の変わってしまった“まーちゃん”の姿に、ショックを受ける。
だが、それは憧れのまーちゃんの、実の弟・柴田雅美(しばた・まさよし)だった!!
初キス相手の幼馴染の稲垣晃司(いながき・こうじ)にも再会し、再び熱い思いを寄せられて困惑する敦だが、雅美の素顔に触れて、その人柄にじょじょに魅かれていく…。


なんと1巻カバー帯の推薦文は、あの「間の楔」の吉原理恵子さん!

本音でモノを言えば嫌われる。
でも、たとえカッコ悪くても、痛くても、逃げないで本音を語れなきゃ
信頼もされないし恋愛も出来ない。
『腐教』はそんなボーイ&ガイな青春成長物語(グローイン・アップ・バイブル)です。
あなたもお手元に1冊いかが?



むむ~。
さすがです。
全巻を通して読んで、初めてこの言葉の意味が胸に響いてきます。


この作品でのメインのカプはまず、みんなの王子様まーちゃんこと、雅美の兄・まさみさんとその恋人である雅美の友人かつ同僚の萩原透(はぎわら・とおる)。
というか、この2人が貴重なラブ担当として物語をリードして行くと言っても過言ではありません。

そんな2人の仲を認めながらも、兄・まさみに想いを抱き続ける雅美。
そして、まーちゃんから雅美に恋心をスイッチさせてから、マイウェイを暴走しまくる天然純情少年あっくんこと敦。
さらにその敦に対して、幼い頃から愛を叫び続ける幼馴染の稲垣。

この5人の男たちを中心にストーリーが展開します。


まずページを開いて驚いたのが、その少年漫画さながらの絵柄です!
現在の絵柄にもちろん通じる個所も見受けられますが・・・まるで別人!!

こだかさんは「チャンピオン」がデビュー誌で、もともと少年漫画をお描きになっていた方だというのを知り、納得。

まさにチャンピオン系の絵柄ですよ!!(中高時代は欠かさず読んでいました。)

BLでこの絵柄はちょっと驚きではありますが、テンポのいいコマ割り、キャラクター達の生き生きした動き、勢いのある台詞回し、画力のあるデッサン…。

上手い!!
そして、面白い!!!

あとがきによれば出版社に「依頼」されてはじめてBLモノに挑戦したとあって、2度びっくり!!
いや、それは相当戸惑いましたよね、きっと。よく引き受けたな~、と。ボソ。


全巻読んでから再び読み返してみると、雅美は最初はこんなにガッチリしてたのかとかなり衝撃!
彼、最終形態は驚くべき変容を遂げますから!!笑
さ~ら~に~、あっくんもね!!爆

でも、基本的に他のキャラクターはぜんぜん変わらないですね。
まさみさんは「キレイなお兄さん」から、確実に「みんなのお母さん」ぽくなっていくけれども。
ハハハ。

私としては関西人キャラ・稲垣の勢いのよさがすごく好きで、あっくんに襲い掛かるたびに何度も「行け!!稲垣!!そこだ!!稲垣!!」と心の中で声援を送ってしまいました。汗
稲垣の設定が途中でいきなり変わったのには驚きでしたが(“中流の上の家庭で一人っ子”のはずが、“姉妹がいて、おかんはスナック経営”に…)、やっぱりそっちの方が彼のキャラにはあってるかな。
稲垣のおかん、いい味出してはるし。笑

さて、肝心の学ランに関してですが・・・。
学ランを美しく着こなしている男子はおりません(すみません)が、ともかくあっくんが非常に標準的に着てくれているのでほっとします。←結局、それだけ!?滝汗


雅美の切ない恋は今度どうなるのか!?
あっくんの暴走は誰が止めるのか!?
稲垣の思いは遂げられるのか!?

一度読み出したらとまらない面白さで2巻に続きます!


この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/130-f7974cff

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad