HOME>[BLコミック]石原理

石原理「あふれそうなプール2」(HUG文庫/メディエイション)

私の持つ文庫版「あふれそうなプール1」(感想はこちら)の帯には、「第2集は6/10発売!!」の文字が躍っている。
なのに、待てど暮らせど2集が出ない。
そうか、この帯で入谷鉄夫が哲夫と誤植されているように、きっとこれは「9/10発売」の間違いなのだ。
無理やりそう納得して数ヶ月。

9月に入ってすぐのある日、またあてどもなく書店のコミックコーナーを徘徊していると、新刊コーナーの平積みの一冊から強い視線を感じて、ふと立ち止まる。

そう、そこには待ちに待った石原理さんの「あふれそうなプール2」(HUG文庫/メディエイション)が!!

「これって、ひょっとしてガン飛ばされてる!?」(死語)と、勘違いしそうになった木津の強面がこちら。

あふれそうなプール2
―複雑な気持ちに戸惑いながら木津を受け入れた入谷。
心が通い、そしてぶつかり合いながら、深く愛し合って行く二人・・・。
友情と愛情の微妙な狭間でゆれる入谷の出した答えは・・・。
大人気を博した『あふれそうなプール』のコミック文庫2巻目が、描き下ろしマンガを収録して登場!!
別ストーリーの『色悪』も全編収録。


■初出■
あふれそうなプール「水の季節が終わるまで」
…MAGAZINE BExBOY(97年11月~98年1月号)掲載
あふれそうなプール「溺れた魚1」
…BExBOY COMIX あふれそうなプール3(98年10月)掲載
あふれそうなプール「溺れた魚2」
…MAGAZINE BExBOY(99年2月~4月号)掲載
色悪 前編…MAGAZINE BExBOY(98年5月号)掲載
色悪 中編…MAGAZINE BExBOY(98年7月号)掲載
色悪 後編…MAGAZINE BExBOY(98年8月号)掲載
触れない指先…コミックJUNE(98年5月号)
描き下ろしマンガ…描き下ろし

----------

「見てる~!怖い顔のお兄ちゃんがこっち見てる~!!」

と、子供も思わず泣き出しかねない木津の顔ですが、連載当時から10年を経てやっぱり趣は変わってますね。

文庫には1、2巻ともに「特別編」として描き下ろしがついてるのですが、こちらでは現在の絵柄での木津と入谷が楽しめます。
でも、この描き下ろし、「この物語は最終話後です。全巻読了後に読むことをおすすめします。」との無体な注意書きが…。

むむむ。
そんなの待っていられません。
ちょっとは(2日くらい)我慢しましたが、やはり読んでしまいました…。
くっ。

私は中古のビブ版もざっと読んでいたので、まあおおよそのストーリーは分かっていた(全巻揃いではなかった)からいいですが、文庫2巻以降を未読の方は、やはり3巻の発売を待ってからお読みになることを強くおすすめいたしますよ!

一度は体を繋げた木津と入谷。
とまどいながらも、その心までをしっかりと繋いで行く過程が2巻では描かれます。



2巻では入谷が加速度的に可愛いです!

でも俺お前と そんな親しくねぇし


というか、そもそもナチュラルボーンキャラなのね。
対人恐怖症だったから、人の気持ちを推し量るのが苦手なの??


夏休み、ある事情から木津の家に転がりこむことになった入谷は、挑発して来ては突然突き放す木津の態度にとまどう日々を送っていた。
そんなある日、木津は入谷の気持ちに白黒をつけさせる言葉を投げかける…。


2巻では木津がかなり嫉妬深いことがわかって、なんだか親近感がわきました。
むむ~。
木崎さん(木津と同じアパートの住人)たら、重要な人物かと思わせておいて思いっきり当て馬でしたね。
お気の毒に。

いつも不遜な笑みを浮かべてる木津も、ただの恋する男だったんだね。笑
良太に対しての挑戦的な態度も、入谷を独り占めしたいという気持ちからかと思うと、可愛げあるじゃん!
なーんて、ほほえましくなったりして。


それにしても、泣いたり怒ったり赤くなったり青くなったり、すったもんだの挙句に自ら木津の腕に抱かれることを望んだ入谷ったら・・・。

やっと俺のもんになったんだ 木津


って、ギャーー!!

もう私の中では最強の受けキャラに決定!

どうやら自分は受け寄りで作品を読む傾向にあることを、今さらながら実感。

でもって…この台詞で キ マ し ターーーーッ!!

慣れていくのが怖いんだ 
心より先に体が―――
お前に―――
お前に慣らされていくのが 怖いんだ―…



ぐはッ!!←吐血
もう、どうしよう!!!←オロオロ
なんだ、これ~~~!?←動顚

エロカワイイとは、まさに入谷鉄夫のためにある言葉です~!!

これじゃあ高熱をおしてまで木津が襲い掛かるのも無理ないですわ。
未遂に終わるけども。
さすがの木津も病には勝てなかったか。←勝手に人間離れしたイメージなので


とまあ、周囲の思惑をよそに実はかな~りラブx2な2人なんですが…。
そう、肝心の良太を忘れてはいけません!!

彼のおかげでストーリーに厚みが増しているのは間違いなんですから!
たとえその想いが不毛だとわかっていてもね…。
くくぅ~。

とうとう文庫2巻ラストで「俺のてっちゃん奪還作戦」に向けて行動を開始する良太。
さんざんカラ回ってきた良太の純情は、てっちゃんに届くのか!?
今後の展開を 乞う、ご期待!!

ってところで、次巻に続く。

で、肝心の3巻…、3巻はいったいいつでるの~!?
5月、8月と来たから次は11月か!?

そもそも、2巻の発売が遅れたのも、描き下ろしに時間がかかったとのことなので、そういうことなら鶴首して待ちますとも!!

そして、実は密かに3巻の表紙にも期待していたり。
今度は…良太!?いや、ダークホース彦根??
でも、これじゃピンはないな。
あ、もしかして花田とトリオだったりして。
それはいや~~ん。笑



同時収録【色悪】

そんな抱かれ上手なお前を見てるとな 
つい構いたくなるんだよ


春日三兄弟の真ん中、良太のすぐ上の兄・優市と、本編にも登場するその従兄弟・竜矢の織り成すサイドストーリー。

暴走族です!
ヤクザです!!

兄貴~~~ッ!!」←いったい誰に叫んでいるのか(兄貴キャラ多くって。笑)

そしてまたこの優市のホクロがあるのが・・・
首筋ですよ!!

どうしてこんなキャラ思いつくのか。
作家さんの萌えポイントってほんとスゴイです。

この優市がまたそそる、いい受けっぷりなんですよ~。

一本芯を通して精一杯突っ張ってるけど、本当はギリギリのところに立ちすくんでいる。
そんな受けを攻めがまるごと許容する・・・って図式が好きらしい、自分。



同時収録【触れない指先】

ペシミストな高校生・永瀬x口元ダブルほくろの数学教師・上月

石原先生が「高校生と先生モノ」を手掛けるとこうなってしまうのですね。

正直こんな人たちがいる学校なんて…厭だ~!!
男子校だが。

でも、互いに欠けたものを埋めあわせるために必要な関係ってあるのかもしない。
それが一時のものじゃないことを祈りたい。


【描き下ろしマンガ】

あわわわ。
何だよ~、木津~。
そういうことかよ~。

と、いうことで、本編読了後にお楽しみ下さいね!笑



はあ~、それにしても何故にこんなに入谷にときめいてしまうのか。
くり返し、くり返し読まされてしまう入谷の魔力・・・恐るべし!!

と言うわけで、メディエイションさん。
禁断症状が出る前に、早いとこ3巻を出版して下さ~~い!!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/127-2b78468c

コメント

papicoさんありがとう
やっと、コメントできました。実はここに書き込みするのいつもドキドキものなんですよ。文才があるほうではないので、コメント書いては送信のボタンを押すことができずにいる私です。(papicoさんのいつも読んでは、「何でこんなに上手にできるの~」と羨ましがってる私です)

さてさて、本題ですが、先日古書店に「あふれそうなプール」が全3巻文庫本でいま来たばかりですよ~みたいに飾ってあり、こ、これは、papicoさんが紹介してた本ではないか!と、手にとってみたわけです。石原作品はあまりよく知らなかったのですが、以前papicoさんが、本との出会いは、一期一会的な事を、書いてらっしゃたので、次回あるとは限らないと思い即座にレジへ!

買って良かった~(T0T)!!papicoさんありがとう!買ってその本がいいものだととってもうれしくなって
友達に読ませたくなります。でも私の周りは本当にBL読む人いないので、共感し合えないのがとっても寂しいですが・・。papicoさんのコメント読むたびに「そうそう」と相槌打つ私がいます。

木津の男っぽいところや、小谷のエロウサギちゃんところがいいですね。でもいい男はどんなしぐさや行動とっても様になるからうらやましい。でもこの本でやっぱりはずせないのは良太でしょう?彼がいないと
この本の面白さが」半減する気がします。小谷の事が本当に好きなんだな!って感じましたよ。この作品本当に女性が書いてるのって思うこともありましたが、書き下ろし部分は女性的なところがありましたね。
一冊がとても厚いので読み応え十分でお得した気分になりました。


papicoさん紹介の傾向の本が段々つかめてきたように思います?
「饒舌な試着室」や「キスブルー」なんかお好きだろうなとおもっていると過去のコメントが載ってたりして当たった、なんて自分で思ってしまいます。いかがででしょう?


最近読んだ高永ひなこ作品の「きみが恋に堕ちる」や穂波ゆきね作品の「凛!」に共通する弓道の袴にドキっとさせられる私です。作品もとても良かったのですが、あの袴には折り目正しい日本男児って言うのを感じちゃうんですよね。一本、筋が通っているみたいで読んでて気持ちがいい。背筋がぴんっとなってるみたいな。

最近の(あまりたくさんは読んでないが)がっつり物よりそれが少なくても話的に面白ければなくてもいいんじゃないかなと思っています。あまりにからみ多すぎで何がなにやら・・みたいのより読んだ後またもう一度読み直したいと思う本をたくさん読んでみたいと思っています。

ではまたコメントさせてくださいね。
papicoさんぜひ「あふP」の文庫3巻目のコメントもよろしくお願いします。楽しみに待ってますね。

コメントありがとうございます♪
biscoさん、こんばんは"^_^"

>「何でこんなに上手にできるの~」と羨ましがってる私です
ええええ!?またまた何ともったいないお言葉…。
最近は緊張感薄れたのか、ダラダラと長文で、本当にお恥しい限りで。汗
文章を書く練習というものをやってみたい気分です。
こんな感じなんですから、どんどん気軽にコメントお寄せくださいね!

>買って良かった~(T0T)!!papicoさんありがとう!
「あふプ」ったらもう3冊揃って古書店に並んじゃったんですね、たはは(^_^;)
でも、買って良かったと言って頂けてうれしいです~♪
愛を叫んだかいがありました!

>でも私の周りは本当にBL読む人いないので、共感し合えないのがとっても寂しいですが・・。
わかります!この感動を誰かに言いたいんですよね!←大げさ?
私もこの胸にあふれる行き場のない愛を叫ぶために、こんなブログを始めたんですよ~。でも、ネット上にはお友達がいっぱいいるので大丈夫です!
biscoさんも、いつでも「萌え」を叫びにいらして下さい!

>papicoさんのコメント読むたびに「そうそう」と相槌打つ私がいます。
わ~、そうなんですか!?それは嬉しいです♪
でも、個人的な愛の叫びばかりで、うっとおしくないですか!?
読んで不愉快になる方もいたら申し訳ないな~、と思いつつ(小心者なので)、
自分に正直にしかなれないので抑えられないんですけど。汗

それから、「あふプ」文庫3の感想はこちらです~!

http://lovecomix.blog89.fc2.com/blog-entry-154.html

カテゴリーが全然違うところになってしまってました。すみませんm(__)m(たまに勝手に変わってしまうんです~汗)
これを書いたころはあまりに「入谷にラブv-238」すぎて、文章がいつも以上に壊れてますね。お恥しい…。
良太にもほとんど触れてない上、茶化してますしね…ぎゃーごめんなさーい!(>_<)
私も良太好きですよ!「てっちゃん、オレのプールは広くて深いぜ」(でしたっけ?)ってシーンで惚れました♪

石原理さんは最近お子さんが産まれて、子育てしながら描き続けてるそうです。
男同士のプライドがせめぎ合う感じが、大好きなんですよね。
再販された「セルナンバー8」もすごく感動しました。
いつか感想をあげたいと思いつつ、好き過ぎる作品ほど、恐れ多い状態に…。機会があれば、一度こちらも読んでみて下さいね。

>papicoさん紹介の傾向の本が段々つかめてきたように思います?
あら、やだ、ばれてます?笑 
私、好みが単純なので、きっとわかりやすいと思います~。作家読みの上、すごく偏食だし。汗
でも、biscoさんのおかげで新しい作家さんにも挑戦してます!
この前高久尚子さんの「うつむく視線」、読みました♪受けの彼があれで「29歳」っていうのが衝撃でした~!

>最近読んだ高永ひなこ作品の「きみが恋に堕ちる」や穂波ゆきね作品の「凛!」・・・
高永さんもちょっとずつ開拓中です!最近は「リトル・バタフライ」を読みました。「暴君」しか知らなかったので、乙女な受けにすごくびっくりしました。
「凛!」は私も大好きなんです~!実は穂波さんのふんわりしながらも、色気のある絵が好きで、作画した作品は全部持ってます♪
「てのひらの星座」と「ヤバイ気持ち」(どちらもキャラコミックス)も私的にはおススメなんですが、biscoさんはもうお読みになりましたか~?

>袴には折り目正しい日本男児って言うのを感じちゃうんですよね。
うんうん。(うなづき)そうですよね!いいですよ!袴は!
息子が剣道をやっていますが、畳むだけで嬉しくなってます。←変??
なんだかHですしね~。(そういえば最近読んだ本の中にも、こんな台詞が…。あ、依田沙江美さんの「チョコレートキス」かな?)
袴は学ランと等しく、愛するアイテムなので、いつかBLと絡めて語ってみたいと思ってるんです~。袴が出てくる作品、けっこう多いんですよね。
だから、あえてこれまでの感想の中には触れていないという。笑 
いわば私にとっても聖域でしょうか!?

>読んだ後またもう一度読み直したいと思う本をたくさん読んでみたいと思っています。
激しく同意です!そんな本に出会ったら、ぜひぜひ私にも教えて下さい♪
楽しみにしておりますね。

それでは、またぜひ遊びにいらして下さいね~(^o^)/
おじゃまします
いしは~らの名前に釣られてやってきました。
雄叫びに近い心の中の萌えの声。よくわかります~。

以前いたサイトではBLネタが非常に書きづらくなってきて
石原さんのものだけ書き綴っていたのですが、
いよいよ住みづらくなり、こちらFC2に移している最中です。

石原さん以外にも好きな漫画家さんの名前を何人か見つけました。
また遊びに来させて頂きます。
ずいこうさん、はじめまして~♪
こんな辺境ブログにお立ち寄り頂きまして、ありがとうございます♪貴サイトさまを拝見しましたが、すっごいですね!石原先生のすべてを網羅させているんですね!感動しました。
また遊びに行かせてください~♪
>以前いたサイトではBLネタが非常に書きづらくなってきて
そういったこともあるんですね。私は何も考えず言いたい放題なのですが…NGワードなどありましたら、ぜひ教えて下さいませ。
では、またぜひいらして下さいね~!

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad