HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>[BLコミック]鳥人ヒロミ

鳥人ヒロミ「キャラメル・フレーバー」(芳文社/花音コミックス)

引き続き、鳥人ヒロミさんの「キャラメル・フレーバー」(芳文社/花音コミックス)です。

前作「キャラメル・エスプレッソ」(感想はこちら)の続編。

帯のあおりがまたまたこんなです。

-----------

大学生の左右(さゆう)は二重人格者の美少年アオに惚れ込んでいる。
柴はアオの主人格アキをずっと想い続けていた。
そして左右を狙う謎めいた男・カズ先輩まで現れ、
恋は淫らな四角関係に………!?

「抱きたくてしようがない」

自由で身勝手な心と身体。
大学生4人の性春ラブストーリー


キャラメル・フレーバー
鳥人 ヒロミ
芳文社
売り上げランキング: 202770


------------

この文句はいわゆる担当さんが考えるのでしょうかね?
ベタなんですけど…ウケてしまった!!

で、謎めいた男って、誰ぞや!?

帯を外すと、たしかに、えっらいムサ苦し~いひげ面が…。

確かに「ひげ」は個人的には大変好きな萌えパーツですが、いくらなんでもこんなにワサワサ生やさなくても~~~!!
と動揺しつつページをめくると…

前作よりもラブが大幅増量しておりました!(当社比50%増)

前作の最後にアキアオの意識が自由自在に入れ替わることが可能になったので、それをネタにした笑いの要素もたくさん!
どうやら左右の左利きも、すっかり定着したもようです。笑

しかもグデングデンに酔っぱらった左右Xシバの「一夜の過ちH」でお話が始まります。

あくまで男役希望のアキのために、女役でもいやいや我慢していたシバ。
しかしあまりにも自己中で乱暴なアキのHに、とうとう不満が爆発しちゃいます。
で、左右を呼び出しての大(酒)文句大会となった訳ですが、ついつい酔った勢いでHになだれ込む二人…。

いや~んシバさんたら~、いけすかない天パのメガネ野郎(失礼)だと思ってましたが、けっこう色っぽいのねん。
嫌がってるわりには「受」の素質満点じゃないの~♪
っていうか、左右が上手くなってんの!?
これがアオの特訓の成果なのか!?

と、しょっぱなからの怒涛の展開に目が話せません!爆

でも、近所の「柴犬」から、シバのやらしーとこを連想し、しかも「もよおして」しまうなんて~~!!
ギャー!!
左右ってば、すっかり鬼畜です!!

確かにシバちゃんは犬っぽいけど、どっちかっていうと長毛の外国種でしょ~!?
左右の見境のなさには爆笑です。

しかしその後、左右との浮気がバレた挙句にアキと喧嘩し、ひどい言葉を投げつけてしまったシバ。
取るものも取りあえず、左右のアパートに転がり込みます。
そこで、お互いがどんな風にアキとアオを思っているのかを語り合い、シバを励ます左右。

結局、今までずっと一人きりでアキに対するあれこれを飲み込んで来たシバにとっても、左右は大切な友人となっていたのですね。

お前、本当はいいやつだ!!左右!!
見境なくて、ただ顔が老けているってだけじゃなかった!
中身も出来た奴です。

そのやりとりを左右の隣室、かずら谷先輩の部屋で聞いているアキ。
シバの告白をアオがどんな思いで聞いていたかと思うと、切なくなります。

涙が止まらないアキに、そっと「手ぬぐい」を差し出すかずら谷先輩。
このシーン、かずら谷先輩の人柄がさりげなく出ていて、とってもいいですよ~。

結局二人の浮気をきっかけに、アキはシバに対する自分の本当の気持ちに気づくことになり、結果左右はアオに大失恋してしまいます。
ああ、哀れな「あて馬」左右…。

そして、それをきっかけに今作のキーマン、蔓谷(かずらだに)先輩が左右に本格的にアタックを開始!!
左右とシバの会話を盗み聞きしていて、意外に懐の広い?左右にフォーリンラブしちまうんです。

この人ッたら、はじめはただの「左右印コーヒー」が好きなムサい先輩だと思わせておいて、やる時はやります!
左右を振り向かせるために、ひげを剃り、服を新調し、あげくの果てにはインテリアまで一新しちゃうなんて~!
あごのほくろがチャームポイント(死語)です♪

それに、実はモデル並みに「いい男」というお約束な設定!!

こんな男、普通はいません

そんな人にここまで想われたら、左右も嫌な気がしませんよ~。
グラリと来ちゃう気持ち、わかるわかる!
ああ、かずら谷先輩ったら真性ゲイじゃなければ、私の彼氏にしたい位です♪←論外

しかし、このカップルでも「攻」同士の攻防がッ!

左右は、ガタイがよくて老け顔な自分の「女名前」にコンプレックスを抱いていて、あくまで女役(受)には抵抗感があるのです。
そんなトラウマごと受け入れようとする、かずら谷先輩。

イタリア男ばりの熱い愛のささやき、はいつかきっと左右の気持ちを溶かしてくれると信じていますからね~♪

だけど、さすがに鳥人ヒロミさんの作品。
甘いばかりでは終わりません。

やりたい盛りの10代(見えないけど…)の左右。
年越しをアオと二人で過ごすことになり、Hがご無沙汰の左右は体の欲望を抑えることが出来ません!
嫌がるアオを無理やり押し倒してしまいます。

そして、それをきっかけにアキの中の「消したい記憶」がフラッシュバックし、パニックを起こすアキ。
左右は、アキの人格障害の「本当の原因」を知るのです。

その後のアオと左右の行動には、アキを思いやる気持ちがあふれていて感動します。
左右はアオとは結ばれなかったけど、アキを通してずっとアオを想い続けていくんだろうな、と思います。
たとえアオアキが統合してひとりになってしまったとしても、アオの面影を追っていくんでしょうね。

最後の左右とアオとのやり取りは、心がじーんとしますよ。

で、気になるのがやはり今後のかずら谷先輩と左右の関係!
左右はかずら谷先輩を受入れることが出来るのか!?
ギャー!!見たいような見たくないような!!?

鳥人ヒロミさんのHP「おまえはそれでいいのか」を覗いたら、どうやら同人誌で二人の絡みの短編があるらしい。
…読みたい。
きっとどこかで手に入れます。

2002~2004年にかけて花音に連載されたこちらの作品。
後半にかけてはだいぶ絵柄がさっぱりして来てちょっと残念なのですが(連載当初の絵柄がすごく好き)、少しずつでいいから、続編を描いていって欲しい物語です。

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/12-2bdce1eb

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。