HOME>[BLコミック]今市子

今市子『幻月楼奇譚 2』(徳間書店/キャラコミックス)

「鶴来屋の若旦那ったら、幻月楼の男芸者に入れあげてましてね。通っちゃあ ふられ、通っちゃあ ふられで、ここんところは手のひらでいいように転がされてるって話でございますよ…。」

と、いうことで。

今市子さんの『幻月楼奇譚』(徳間書店/キャラコミックス)の第2巻がやっと発売されました~!

幻月楼奇譚 2 (2) (キャラコミックス) (キャラコミックス)
老舗高級味噌屋の若旦那・鶴来升一郎(つるぎしょういちろう)は、 
名だたる「道楽息子」で器用貧乏の変わり者。
そんな彼のご贔屓は、物の怪が見える曲者の幇間・与三郎(よさぶろう)。
今日も吉原の料亭「幻月楼」で言い寄るけれど、二人の逢うところ、なぜか不思議な事件が巻き起こり…!?
げに怖しきは人間か妖しか──人気シリーズ第2弾!! 

■初出■
其ノ伍 Chara 2005年8月号
其ノ六 Chara 2006年4月号
其ノ七 Chara 2006年12月号
其ノ八 Chara 2007年6月号
あとがき/描き下ろし 
-------------

巷で今市子さんといえば、『百鬼夜行抄』がドラマ化するなど、ホラー漫画で一世を風靡した作家さんだと思われている方も多いと思います。
他の作品を読んでみようと思い立って、実はBL作家さんだったと知って驚いた方も少なくないでしょう。

実は私もそんな一人。

『百鬼』のカラーがあまりにも美しくて、読んでみたいと思って調べてみて思わず狂喜した思い出があります。笑

ですから、初めての作品には迷わずBLを選びました。
それが『いとこ同士』(2002年ムービック版・2006年フロンティアワークスから再販)。
表紙の2人のイラストに魅かれて読んだのですが、初期の作品を集めたものでしたので(同人誌再録もあり)、今思うと今市子作品の出発点としてはちょうどよかったのかも。

何重にも張られた伏線。
行ったり来たりする時系列。
多数の登場人物etc,etc。

・・・の特徴により、今さんの作品を「読みにくい」をおっしゃる方もいらっしゃるようですが、どっこいそれが今市子作品ならではの味わい。

一度知ってしまうと、癖になります。

そんな今さんの作品の中でも『幻月楼奇譚』は№1に好きな作品。
『百鬼』のホラーテイストと、時代背景、BL感の絶妙なバランスがなんとも良いのです。

それになんと言っても、若旦那と与三郎が…!!
若旦那と、よ・さ・ぶ・ろ・う、が~~~~ッ!!!(叫)

と、まぁこれが気になって気になって、3年に1冊の発売を今か今かと心待ちにしてしまう力がある『幻月楼奇譚』。←ホント、BL読みって気が長くなりますね。

2人の関係にちょっと変化を感じた第2巻です。


相変わらず美しい表紙を描かれる今市子さん。
書店でシュリンクされたままの状態で、しばし見入ってしまいましたとも。
さらに今回は、表紙ばかりでなく見返しカラーの与三郎が…
スゴい美人!!
あ~、びっくり。


『幻月楼奇譚』は一昔前の花柳界が舞台。
吉原のお茶屋が舞台だから、旦那衆が粋な芸妓のお姐さんとお座敷遊びに興じたり。
そんな中、高級味噌屋の若旦那・鶴来升一郎は何を思ったか、過去に傷もつ幇間の与三郎に片恋し、隙を見ては言い寄る毎日。

ひと癖もふた癖もある与三郎と、器用貧乏で素っ頓狂な若旦那が吉原の料亭「幻月楼」を舞台に、あれやこれやと不可思議な事件に巻き込まれて…というお話です。


で、今回も巻き起こる数々の事件を理解・納得するために、読了までに異常に時間を費やしてしまいました…。

途中でページをさかのぼっては何度も確認。
何気ないひとコマや台詞が、後に大きな伏線になることも多いので、読んでる間もいちいち気が抜けません。
正直、「ああ~~、もうわからない~~!!」と放り出してしまいたくなる瞬間も一度ならず…。苦笑

でも、またそれが今作品のたまらない魅力であることも確か。
しかも、各事件のどれもこれもに与三郎が一枚かんでいたりするものだから、若旦那がそれに気を取られて青くなったり赤くなったりが…面白い

今さんの作品の面白さを語るには、決定的に日本語力が劣るため「ぜひお読みになってみてください」と申し上げるにとどまりますが(すみません…涙)、この2人の距離がそれぞれの事件を通して近づいたり遠のいたりの有り様が大きな楽しみと言えます。

1巻のレヴューでも、「この2人一体これからどうなるの~!?」との絶叫がこだましておりましたが、今作でも状況はあまり変わらず・・・といったところでしょうか。
むむう。

そもそも、若旦那がどこまで本気なんだか。

あ、いかん、いかん。
これでは全てが終わってしまう。笑

だ、け、ど。

確実に2人のスキンシップは増えてますよ~。
これがまた色っぽいんですよ~~。
かえってこの抑えた雰囲気がまたいい、と言いますか。←やせ我慢?汗

お色気のあるシーンはす~ぐ、終わっちゃいますが、とりあえず(※重要単語のため反転→)口づけはする仲なんだ、と確認出来て、ちょっとホッとしちゃいました。笑


裏が読めなくて、ちょっとした仕草がまた色気のある与三郎。
1巻では押せ押せの若旦那の勢いに飲まれてる感も無きにしもあらずでしたが、2巻では確実にリードしてますね。

若旦那って基本的におぼっちゃまだから、百戦錬磨の上、ノンケの与三郎相手ではなかなか攻略できなさそうだな~。

それにしても若旦那ったら…。
今回せっかくのチャンスだったのに~~~ッ!
もったいない!!


ま、お楽しみはまた、とのことで。
3年後の3巻に期待したいと思います!

この記事のトラックバックURL

http://lovecomix.blog89.fc2.com/tb.php/105-438e4a5f

コメント

お久しぶりです
ひと月ぶりのごぶさたでしたが、お元気でしたか?先月は初春という感じだったのにこちらはもう桜も散りつつあります。
papicoさんのブログは毎日拝見させていただいてましたよ。いつも楽しいですね!元気なく落ち込んでいる時でもポジティブに動けそうでありがたい存在です!

今さんの「弦月~」読みました。一回読んだだけでは、内容を把握するのが難しいです。一話読んではまたもう一度読み直してを繰り返しました。なので二度目はかみしめながら読みましたよ~。一粒で二度おいしい感覚かも?(古!)
自分が想像してたのとちょっと違っていましたね。読む前は与三郎が若旦那をたらしこむのかなと思ってたのですが、ぜんぜん違ってました。
いつも思うのですが、今さんは本当に丁寧に描いてますよね。時間かかるだろうな~。でもそれだけのことはある読み応えある作品が多いですね。まだ1巻しか手元にないのでぜひ2巻も探し出さねば!

「エマ」を読みました。「ホーホケ」とは別のドキドキがありましたよ。若い時を思い出したというか・・・一途な思いが胸をキュンとさせてくれました。ゆっくり話は過ぎてゆくのですがそれがまたいいです。最近にない傾向の本かも?papicoさんのようにたくさん本を読んでないので最近の傾向の本がわかってないだけかも?

「秘密」も読んでみたいな~。こちらの方ではアニメ放送やってないので残念に思ってたのですが、原作と違うのならば、う~ん、いいかな。こちらでは16日から「純情ロマンチカ」が放送されるので今から楽しみにしてるのですが、これもあまりにも期待しすぎない方がいいのかな?10巻も出て波に乗ってる?気がするのだけどな~

では、またお邪魔させてくださいね。
bisucoさん、こんばんは(^o^)/
>毎日拝見させていただいてましたよ。いつも楽しいですね!元気なく落ち込んでいる時でもポジティブに動けそうでありがたい存在です!
うわ~、なんとありがたく慈悲深いお言葉でしょう。うるうる。こんなアホっぽいブログにいつも温かいお言葉を頂き、本当に励みになります!ありがとうございます~m(__)m

「弦月楼奇譚」、お読みいただいたんですね♪
今さんの作品は、本当に時間がかかりますよね~。2回目でわかるbiscoさんは素晴らしいです!私なんて、なかなかぴんと来なくて本当に何度も行ったり来たりで、えんえん読んでいるんですよ…。涙 2巻だとまた二人の関係が微妙にかわるので、また面白いですよ。ぜひ!

>ゆっくり話は過ぎてゆくのですがそれがまたいいです
おお!そうなんですか~!俄然興味がわきました。私も最近はまったりしたものをBL外の読むことも増えました。近頃では勝田文さん(「かわたれの街」など)がほんわかとしたいい雰囲気の作風で気に入ってます。
「エマ」(今10巻位ですか?)にもぜひ挑戦してみますね!

それから、アニメの「秘密」は原作とはぜんぜん違いますよ~!設定もかなり違いますし。なんと言っても絵が・・・。原作の方がより濃密な人間ドラマを描いているので、物足りなく感じてしまいました…。汗

あと、うちではなんと今時「純情ロマンチカ」が見られません!!普段深夜枠のはPCでHDDに録画して見てるんですけど、端子がなくて入らないんですよ~~。ブラウン菅TVにビデオ録画という今時ありえない方法を取るしかないのですが、面倒で。汗 その内DVDで観賞になりそうです。汗 井上和彦さんが出てるので、チェックはしたいです☆

それでは、コメントありがとうございました!またいつでもいらして下さいませ~♪

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad