2010年02月

  1. --/--/-- スポンサーサイト
  2. 2010/02/26 吉池マスコ『永遠のボーイフレンド』(バンブーコミックス)
  3. 2010/02/19 息子のとある素質を感じた時
  4. 2010/02/17 よしながふみ原作映画『大奥』のキャスト発表~!
  5. 2010/02/16 ブクオフがTポイントから撤退…だと!?
  6. 2010/02/16 アラフォーが思うジ○ンプコミックスについてのあれこれ
  7. 2010/02/12 少年ガンガン付録ハガレンドラマCD『流星計画』前・後編
  8. 2010/02/10 アニメ『荒川アンダー ザ ブリッジ』のキャスト決定~♪
  9. 2010/02/09 息子にBL雑誌を見られた時
  10. 2010/02/08 気になるコミックタイトル
  11. 2010/02/05 『OPERA Vol.18』 (EDGE COMIX)を買いました~
  12. 2010/02/02 「読書メーター」で読了本記録 2010年1月
  13. 2010/02/01 2010年1月購入
  14. 2010/02/01 中村明日美子『卒業生―冬―』『―春―』(EDGE COMIX)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉池マスコ『永遠のボーイフレンド』(バンブーコミックス)

すっかり本家のブログの更新がとまっております2月ですが、生きております~。汗

ということで。

今月はせめてこれの感想をあげなければ!
な、吉池マスコさんの『永遠のボーイフレンド』(バンブーコミックス)を読みました!

麗人セレクション 永遠のボーイフレンド (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
いっぱい泣いた。けど、幸せだった。たった一度の本気の恋――

繁華街で小さな花屋を営む、顔はゴツいけど、心はオトメなみちる姉さん。惚れっぽくて、世話焼きな彼女(?)を慕って今日もたくさんの人々が店を訪れる。店のバイトくんの先輩・克彦もその一人で、毎日店に顔を出しては、みちるに憎まれ口をたたいて帰って行く。克彦を見ているとなぜか懐かしい気持ちになる、みちるだったが…!?
みちる姉さんの切ない恋を描いた表題作他、麗人本誌で大好評を博した心優しきオカマのみちるさんシリーズが遂にコミックス化。ツンデレ塾講師と大学生のぎこちない恋愛シリーズ作品と描き下ろしを収録した最新コミックス!!

----------

やだわー、年取るとなんだか涙もろくなっちゃって…(くすん)

となった吉池さんの新刊です!

ザックリした絵柄にガッツリしたエロ、そしてヤンキーものが好きなので、これまでも吉池さんの作品はとても楽しく読んできました。

が、これは恐らく一番話がわかりやすい上に…

泣けた~~~!!。・゚・(ノД`)・゚・。

『永遠のボーイフレンド』って、このタイトルを思い浮かべるだけで、もう、な…涙がでそう…。

萌えて、笑えて、しみじみ泣ける。

そんな作品をお探しの方、そして、これまでの吉池さんのイメージからなんとなく敬遠されている方にこそ!
ぜひ手にとってみて欲しい1冊です。
スポンサーサイト

息子のとある素質を感じた時

またジャンプネタですみません。

今日、学校から帰って来た息子がおやつを食べながら

息子:「おかーさん、今週の『銀魂』読んだ?」

と、おもむろに聞いてきました。

母:「いや、まだだよ」とあまり気のない返事をしましたら、

息子:「すごくいい話だから今すぐ読んで!!!」

と、いつにない積極性で自室からジャンプの今週号(11号)を持ってきました。

ジャンプは気になる作品を適当に拾い読みしている状態なので、シリーズ外の読みきりの『銀魂』は、空いた時間に気が向いたら読むって感じになってしまってます。

母:「え~、今~??」

と聞くと、

息子:「今!!今すぐ!!」

と急かします。

まあ、その時は息子のおやつに付き合っているだけで暇だったので、とりあえず読み出しました…。

そしたら…

ほんとにいい話だった…!!!

こういうの読むと、『銀魂』ってホント面白い作品だと思います。

それにしても、息子よ、おまえ10才にしてすでに人生の機微がわかってんじゃねーか。

で、ふと思いついて

母:「アニメのナルトの大蛇丸と、銀さんのお登背って、中の人(声優さん)同じなんだよ」

と、得意げに教えてやると

息子:「そう言えば同じ声だよね」(なんだ、気づいてたのか)

続けて

息子:「でも、大蛇丸のときは

サァスゥケェェくんがぁぁ…欲しぃぃい…!
(↑くじらさんのマネで)

ばっかだったよね」

って…。

なぜそこで出るのがその台詞~~!?

ギャハハハ!!☆ヾ(≧∇≦)〃))≧∇)ノ彡☆バンバン!!

くじらさんには大変申し訳なかったのですが…

母大爆笑でした!!!

あ~、やっぱこの人すごい可能性を秘めてる気がする~。笑

あと、読んでみたら『銀魂』に「ポ○ルダンスショー」のシーンがあったんですが…。

こうしてお前は漫画から世の中というものを学んでいくのかな~~。汗汗

よしながふみ原作映画『大奥』のキャスト発表~!

今日の午前中は男子フィギュアSPで、選手達のプリッと上がったヒップに目が釘付けでした~。
くふふ。

さて。

とうとうよしながふみさん原作映画『大奥』のキャストが発表になりましたね!

▽コミックナタリー
実写「大奥」堀北・玉木・サダヲら豪華絢爛キャスト発表

【キャスト】
水野祐之進:二宮和也
徳川吉宗:柴咲コウ
お信:堀北真希
鶴岡:大倉忠義(関ジャニ∞)
松島:玉木宏
杉下:阿部サダヲ

-----------

あははは!
なんかおもしろそ~~((´∀`))ヶラx2

すでに原作とは別物と割り切って愉しもうと覚悟を決めているので、仕上がりが楽しみです!

特に阿部サダヲさん…。

「ええッ!?w(°o°;)w」
みたいな。

いったいどんな映画になるのか…想像つきませ~ん!!

それだけで公開を楽しみにできるというものです。笑

久しぶりに原作読み返してみるか。

ブクオフがTポイントから撤退…だと!?

今日、近所のブクオフに久しぶりに行って中古漫画を物色中、BGMの合間をぬって「Tポイントは9月末で終了です」のアナウンスが…。

ガーン!!Σ(゚Å゚)

私、恐らく一番活用しているポイントカードがTカードで、ブクオフなんですけど~。汗
(買うのも多いですが、売ることも多いので)

店頭のポスターには詳しい情報がなかったので、帰宅してから調べてみました。



▽不景気ドットコム
ブックオフが「Tポイント」から脱退、10年9月契約満了で

「不景気ドットコム」ってサイト自体、存在をはじめて知りましたが~(゚_゚i)

撤退は昨年末には決まっていたようですね。
う~ん。

うちの近くのブクオフは、2階がツ○ヤなので使い勝手よかったんだけどな~。
残念。

次、また新しいポイントサービスはあるんでしょうか?

たしか、Tポイントの前はブクオフオリジナルのポイントサービスがあって、5%還元でレシートに現金値引きが印字されて、即利用可能という大サービスだったんですよね~。

Tポイントに切り替わった時、還元率が1%でガッカリしたのを覚えてますよ。
鮮明に。←主腐には重要。笑

以前ほどのサービスではなくとも、何か新しいポイント制ははじめて欲しいな~、と思います!

アラフォーが思うジ○ンプコミックスについてのあれこれ

今月は、これまでためにためていた少年漫画を消化する月間になっております。

はい、そうです。
先だって息子にBL雑誌を読まれてしまったため、正直守りに入っております~。

積読消化がはかどらないったりゃありゃしません。←自業自得

で。

一緒に読める少年漫画もいくつか準備して、ヤツの目を誤魔化してみたりしているのですが、おかげでここ数年溜め込んでいた『ハガレン』と『BLEACH』を、ようやく最新刊までチェックできそうです!

よかった!!
これらは完全にアニメに追い越されていて、ちょっと焦ってましたから~。アハ。
これからDVDで追っかけます。

でも、少年漫画はある程度溜まってから一気読みしたほうがわかりやすいですよね。
確実に。

特に週刊誌の連載物(ジ○ンプコミックス)には、正直もうついていけないのを実感しています。

『ONE PIECE』も『ナルト』も『バクマン。』も『ぬらりひょんの孫』も、一応毎週本誌で見ていますが…

怖い位に頭に入ってきませんよ!?

やっぱり年取ると、細切れの漫画は覚えていられないようです。汗

それにしても、これらは(JC)キャラが多すぎなんだって!!

もうエスパーダ個々の能力(え~っと。刀剣解放?)と、名前は覚えません。←宣言


で。

今週のジ○ンプをさっき拾い読みしていたら…

よもやのあの人が大変なことに…!!

マジで~!?涙

今まさに主役級の活躍ですよ!?

それだけは無いだろうと思っていた展開だったで、すごく衝撃で一人なのに「嘘ッ!!」と大声で叫んでしまった…。

(息子よ、昨日読んでんだから言ってくれよ~。)

嗚呼、悲しいです。
お悔やみを申し上げます…。

って、一体全体誰がどうしちゃったかを知りたい方は、今週号のジ○ンプをチェック!

いやはや、中途半端な記事で申し訳ないです~~!滝汗

少年ガンガン付録ハガレンドラマCD『流星計画』前・後編

どうしようかひと月近く悩んでいたくせに、キャストを知って即買い!

ということで、月刊少年ガンガン2010年2月号と3月号付録、「鋼の錬金術師 オリジナルドラマCD『流星計画』前・後編」を聴きました~♪

少年ガンガン 2010年 02月号『月刊少年ガンガン2010年2月号』

■特別付録
・『鋼の錬金術師』オリジナルドラマCD「流星計画 前編」
・『とある魔術の禁書目録』描き下ろし特大ポスター



少年ガンガン 2010年 03月号『月刊少年ガンガン2010年3月号』
■特別付録
・『鋼の錬金術師』オリジナルドラマCD「流星計画 後編」
・ドラゴンクエストモンスターバトルロードIIカード「アルミラージ」(モリーセレクション)


----------

今回付録目当てではじめてガンガンを買ったのですが、コンセプトが“中学生対象の日本一元気な少年マンガ誌”ということを今日まさに知りました…。

そうだったのか~。

あの分厚さで¥500は安いと常々思っていたのですが、中学生向けだからなんでしょうか。
(そしてもちろん付録付でも¥500…。素晴らしい!)

で、もちろんハガレンのCDが目当てでしたので、本誌は読んでおりません…。

あ、でも先日ようやく24巻までチェックし終わったハガレンにはつい目を通してしまいましたが~。

結果、

「これは大変なことになりましたよ!奥さん!!」

とだけ、申し上げておきます。汗

そんなわけで、肝心のドラマCDについて。

ネタバレあるので、以下折りたたみます!

アニメ『荒川アンダー ザ ブリッジ』のキャスト決定~♪

今回はめずらしく気になっていたニュースの結果をタイムリーに入手!!

以前も話題にしましたが、中村光さん原作アニメ『荒川アンダーザブリッジ』(荒川UBと略すらしい)の声優さんが発表されました~♪
(過去記事>>こちら

▽コミックナタリー
アニメ荒川UB、ニノ役に真綾ほか豪華キャストが橋の下に集結

アニメ荒川UBアニメ『荒川アンダー ザ ブリッジ』
©中村光/スクウェア・エニックス・荒川UB製作委員会

制作:シャフト
監督:新房昭之

【主要キャスト】
ニノ:坂本真綾
リク:神谷浩史
村長:藤原啓治
星:杉田智和
シスター:子安武人

---------------------

…。

シスター:子安武人

やった~~~!ヾ(*´∀`*)ノ

今まで画面から子安さんの声が聴こえてきてたの、そら耳じゃなかった…!←そら耳です

シスターが子安さんじゃなかったらどうしようと、夜も眠れなかったのでうれしいです。(嘘です)

で。

それにしてもすごい豪華キャストですね。
まさか、ニノに坂本さんが来るとは…。

でも、やっぱりリク役は神谷さんでしたね~!

どんだけ新房監督に愛されてるんですか?
いいですよ~♪
私も愛しましょう。笑

そして。

村長=藤原さん、には飲んでいたカフェ・オレを吹きそうになりましたッ!!

まさか明夫さんはないだろうとは思ってたので、藤原さんがこれで“声優界の中でも美声”と認められて嬉しい。笑

ちなみに星役の杉田さんも…「やっぱりね( ̄。 ̄)」と言った感じでした~。汗

ところで、これ、ナタリーの記事中「ハートフルラブコメディー」って作品紹介されてるんですけど…

そ、そうだったのかあ…(´゚Д゚`)

息子にBL雑誌を見られた時

いやー、私、またしてもやってしまいましたよ…。

今度は、息子にBL雑誌を見られました~~。汗

これまでにも、あんなことや(コチラ参照)、そんなこと(コチラ参照)、さらにこんなこと(コチラ参照)までやらかしてきて、すでに母=腐女子だと薄々感づいていたのかもしれませんが、今回こそは息子の年令(今年5年生)から言っても、もう誤魔化しきれないだろーなー。

…。

( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

って、笑い事じゃないですよ!!←お前がな

事件は、春の陽気を思わせる、うららかな今日の午後に起こりました。

ちょっと買い物に出たくなり、息子の学校の帰宅時間と重なりそうだっため、秘密の場所に置き鍵をおいて出たんです。

で、さっさと近所で用事を済ませてマンションに戻り、玄関の扉をやおら開けると…
(息子一人だと開けっ放しのことが多いので~←アホだけに)

そこには、廊下の物入れ(=BLコミック置き場)を物色する泥棒!?

…ではなく、

息子の姿がッ!!Σ(・Д・lll)

とっさに

「こら~!!おかーさんのモノは勝手にいじったらダメって言ったでしょッ!!!(`O´*)」
と、怒鳴ると、

「 ごめんなさーい!!!ε=ε=ε=ε=ε=ヘ(*゚∇゚)ノ」
と、自室に駆け込み、ドアをピシャーーーーン!!

閉じこもりました…。

いやもう、怖くて、それ以上はツッコめませんでしたよ…。( ̄ェ ̄;)
もしかして、アイツこういうのは初めてじゃないのかなって気もするし…。滝汗

物色してたらしい場所を確認すると、そこには全サ用に買ったのち、とりあえず押し込んでおいた『Chara Selection (キャラ セレクション) 2010年 1月号』がありました!

↓この表紙

Chara Selection (キャラ セレクション) 2010年 01月号 [雑誌]

う~ん、これは中まで見たのか見ないのか。

現場を見ただけでは、物入れの扉が邪魔で手元が確認できなかったんですよねー。

これのとなりにあった『麗人 2010年1月号』よりは、中は見られてもマシだったと開き直るべきなのか。

↓これこれ

麗人 2010年 01月号 [雑誌]

まあ、息子は、その10分後には部屋から出てきてケロッとしながらおやつ食べてましたけど…。

とりあえず、かける言葉も見つからないので、私も知らんふりを決め込みました~~~。

でも、この子が中学に入ったら「母は腐女子」だと告白しておこうかな。
(旦那には口止めしておいてもらって~~~~。汗)

そんでBLに興味をもてば、それはそれ。

興味がなければ、まあ、まっすぐに育っていって下さい。

娘だったら、ここぞとばかりに一緒に愉しむんですけどねー。笑

気になるコミックタイトル

今、蔵書管理は「コミックダッシュ」で行っています。
管理と言っても、思い出した時に購入本をチマチマ入力している程度ですが…。

いずれ手放そうかと思った本は、削除が面倒なので最初から入れてません。←え?
おまけに入れ忘れもあると思います。汗

そして、新刊の発売日をお知らせしてくれるブログパーツを右下に貼っているのですが、これが新刊チェックもかなりいい加減な私にとってはけっこう便利。
(たまに嘘もあり騙されます。例:本仁戻さん『探偵青猫』6巻がもう発売になっている…。まだ出てません。)

そこですごーく気になるタイトルのコミックがありました。

↓それがこれ!

濡姫 絶頂にむせび泣き悶えるプリンセス (竹書房文庫)『濡姫 絶頂にむせび泣き悶えるプリンセス』 (竹書房文庫)

高貴な姫でも庶民の娘でも、求めるのは悦楽。童話に隠された官能を暴くアンソロジーコミック。

矢萩 貴子/ 六畳 間/ 伊藤 かこ/ たなはらりうら/ 和田 海里
表紙イラスト:深井 結己


-----------

普段私にはまったく縁もゆかりもないレディコミが、なぜ新刊チェックにひっかかったかと言えば、深井さんが表紙を描いているからに他ならないと思いますが。

でもこれ、シリーズでいろいろあるらしいんですよね~。

淫姫 ~性技の極みを貪り求める姫君たち~
縛愛 淫らに囚われたプリンセス
泣姫 麗しき涙に濡れる姫君たち 号泣傑作選
などなど…。

あれですね。

ノーマルの世界でも、作家さんは読者からいろいろなバリエーションを要求されているのでしょうか。笑

で、何が言いたかったかと言いますと、たとえばタイトルが…

濡王子 ~絶頂にむせび泣き悶えるプリンス~

だったらすごく読んでみたい!!

ということです。爆

姫を王子に、プリンセスをプリンスに変換するだけで、魅力100万倍なんだけどな~。笑

『OPERA Vol.18』 (EDGE COMIX)を買いました~

はい、ぶっちゃけ全サ目当てで『OPERA Vol.18』 (EDGE COMIX)を買ってみました~♪

Vol.1を買ったとき以来、久々です…。

OPERA Vol.18 (EDGE COMIX)
OPERA vol.18は、中村明日美子特集

インタビュー記事はもちろん、仕事場訪問や原稿が仕上がっていく行程を
ダイジェストで紹介など、未公開情報がもりだくさん!
待望の新シリーズ『空と原』もスタート。さらにファン必見の情報もお見逃しなく。
スペシャルゲストに、技巧派・伊藤真美が、ピンナップとショートコミックで登場!

特別付録:「卒業生」ファンシーメモパッド

------------

特別付録:ファンシーメモパッド…。

なんだか昔の『りぼん』を思い出しましたよ。

ちびキャラの3人(佐条、草壁、ハラセン)が可愛かったです。笑

でも、これいつ使うんだろう。
「使わない」というのが、正解なんだろうか。

さて、全サは『卒業生』の帯の応募券(+為替¥500)以外に、この『OPERA』(か次号でも可)についてる応募券を同送すると「おまけ」がつくそうです。

いったい何でしょうね?
ファンシーメモ…関連ではないですよね?
封筒だったらどうしよう。笑

あと、明日美子さん特集で、仕事場が見れたのが楽しかったです。
なんだか雰囲気にぴったりのお部屋でしたね。←勝手なイメージですが

アシさんは全然使わないとのことには、びっくりしました。

でも、妙に納得。
それが、あの原稿の統一感のある美しさの秘訣なのかも。

おととし行った原画展(その模様は>こちら)で拝見した、美麗な原稿を思い出しました。

で。

基本単行本派なので、ハラセンのスピンオフに興味深々ながら本誌を読むかどうかすごーく悩み…

ましたが結果、やはり読んでしまいました~!

手元にあったら読むわな、そら。笑

ハラセンの佐条への気持ちがかなり本気だったのがわかって、ちょっとうるっとし、鼻水が出そうになりました…。

もう、ハラセンたら、やせ我慢しちゃってさ~。
ソラちんにしっかり慰めてもらって下さい。

そう、はっきり言って、この二人ならソラちんがタチ希望です!!

さあ、ハラセンがどう転ぶのか!?

今後の展開が楽しみだわ~♪

「読書メーター」で読了本記録 2010年1月

年頭の目標は地味に「小説をもっと読もう!」にしてみました。

が。

1月に読んだ小説は崎谷さんの2冊しかありません…でし…た。汗

全然読まなかったよりは多少ナリともいいでしょうか。
前向きにとらえて頑張ります☆

そして、去年から取り掛かっていた高橋ヒロシ氏の『クローズ』を読み終えました。

ある作家さんの描いている二次創作を読んでみたくて、そこで主役のキャラ(九○虎)が登場するまでは…!
と思って頑張ったら、結局ようやくほぼ最終巻で現れました。汗
どうやら次のシリーズ『WORST』での主要キャラだったらしい。

しかも、どうやら映画は漫画の舞台より1年前の設定らしく登場人物ぜんぜんわかんない人だらけだったという…。
オーマイ…。

でも、若い情熱をただぶつけ合う抗争につぐ抗争の話を読むのは楽しかったです。

と、そんな感じの2010年1月の読了本控え。

レンタルコミック80冊が冊数を後押ししたようです。

以下折りたたみます!

2010年1月購入

2010年も、もうひと月過ぎたのですね…。

早ッ∑(*゚д゚*)!!

ついこの前のお正月、実家で姪っ子たちとキャッキャしていたのに~。

で。

1月はいろんな作家さんのサイン会がありましたね~。
参加出来た皆さまがうらやましいです(*゚∇゚*)

でも、でも、私はそれらを全部ガマンして、ようやく我が家の地デジ化にこぎつけましたよ☆

そして、届いたおニュー(死語)のテレビを見ましたら…
なんだか、すごいことになってる~!!

なに、あのデータ放送とかって!?

息子がいきなり「エレメントハンター」で、エレメントをハントしてました。汗

時代の進化を実感しましたわ~。(感動)

と、そんなこんなな2001年1月のいきあたりばったりお買い物控えです♪


【BLコミック】

阿部あかね 「奪われることまるごと全部」(感想はこちら)「制服のためのラブソング」
イシノアヤ 「恋などとうに成就していた」(新刊)「夢見た週末」(新刊)
上田規代 「嘘つきは恋をする」(新刊)
内田カヲル 「夢中になっちまえ!」
小野塚カホリ「生日快楽」
恋煩シビト 「愛のポルターガイスト」
腰乃 「嘘みたいな話ですが」(新刊)(感想はこちら
志水ゆき 「志水ゆき全集 1~2」(新刊)
たうみまゆ 「恋と罪悪」
高井戸あけみ 「恋愛の神様に言え」
中村明日美子「卒業生―春―」「卒業生―冬―」(新刊)(感想はこちら
新田祐克 「春を抱いていた 13」
春野アヒル 「姫とジョーカー」
藤たまき 「ホライズン」「密告」
本間アキラ 「愛が神を殺す時」
山田ユギ 「青年14歳(文庫版)」(新刊)
依田沙江美 「ニュームーンに逢いましょう」

【BL小説】

崎谷はるひ「オレンジのココロ ―トマレ―」
水壬楓子 「統べる者たち ~コルセーア外伝~」

【一般コミック】

岩本ナオ 「町でうわさの天狗の子 1~5」※1
海野そら太/三浦しをん「風が強く吹いている 1~6」※2
児玉ユキ 「坂道のアポロン 5」(新刊)
篠原健太 「SKETDANCE 1」
末次由紀 「クーベルチュール 1」
マツモトトモ「ボーズラブ!!!」(新刊)
浅田弘幸 「テガミバチ 8」

※1・2 いずれもはじめはレンタルしたんですが、あまりに面白かったので手元に置きたくなり、大人買いしました~!
満足。


【BLCD】

英田サキ原作「すべてはこの夜に」
高口里純原作「幸運男子(ラッキーくん)」※3
本仁戻原作 「探偵青猫」※4
杉原 理生原作「スローリズム」

※3 な、懐かしい!!ということで、タイトル買い。多分石田さん受けのCDは手元にこれ1枚です。しかも未聴…。
※4 これは原作も好きで、かつ完璧キャスト買い!朴さん、ありがとう。

【非BLCD】

椎橋寛原作「ぬらりひょんの孫」※5

※5 これを買ってしまったら、「SKETDANCE」も聴きたくなってしまうじゃないですかー。でもまだ届きません。汗


* * *

ということで、購入はBLコミック22冊、一般コミック18冊でした!

ちなみに、レンタルコミックは80冊ありましたよ…。
1週間に20冊ずつレンタルで、とうとう新記録です!
アハハハ~

って、いつ積読の方を消化する気なのか!!

今月は頑張ってレンタルをガマン!しなくてはいけない…かも~?汗汗

中村明日美子『卒業生―冬―』『―春―』(EDGE COMIX)

やはり、よかったー。
2010年ベスト1はもう決まったか!?

ということで、中村明日美子さんの『卒業生―冬―』『―春―』(EDGE COMIX)を読みました♪

卒業生-冬- (EDGE COMIX)大学受験を間近に控えた佐条は、予備校帰りに草壁とのデートの時間を重ねていた。
そんなある日、佐条の母が入院することになる。
病院への往復、家事、そして受験に追われ、心身ともに疲れきっていた佐条は「今、お前に会いたい」と、だれもいない自宅に草壁を呼んだ…。
ほか、ハラセンの青春時代を描いた番外編『げに大人というものは』同時収録。

収録作品:「冬のはじまり」「げに大人というものは」「手ぶくろをかいに」「Fitting」(描きおろし)「気になるあの子」「気になる先生」「雨に宿る」「泣きそうなとき」



卒業生-春- (EDGE COMIX)佐条の受験まであと数日。
学校の帰り道、将来について草壁は「養子縁組とかすんでしょ」と浮かれて話すが、世間はそんなに甘くないと猛反発する佐条。
仲直りする間もなく受験会場のある京都まで向かうと…。
ゆれる青春時代の思い出を綴った人気シリーズ遂に完結!

「落ちない涙」「お好みに焼く」「卵を焼く」「モチを焼く」「鉄板で焼く」「京都にて」「卒業」「After School」(描きおろし)


-----------

私に、はじめて「萌え」という感情を実感させてくれた前作、『同級生』(感想はこちら)からもう2年近くたつんですね~。

…。

え!?
2年ッ!?汗

BL読みって、ほんと気が長くなりますよね。笑


これは『同級生』の続編がOPERAではじまったと聞いてから、いつ完結の時が来るのか首を長くしてまっていました。

いや、正確には首はのびてなかったかな。
なんとなくこの作品には、「完結らしい完結」を迎えて欲しくなかったので~。

でも、季節はめぐって彼らは無事、思い出深い学び舎を巣立っていきました。

読み終えたときに、思わず涙ぐんでいた自分の乙女心にはびっくり。
あの涙は、もうこれで彼らの制服姿は見られないんだという、寂寞の思いの表れだったのかしら…。

さりげなく、でも計算されつくした明日美子さんの世界をじっくり味わい、酔って欲しい。
そして最後は、読み終えた3冊の背表紙を本棚に並べて、どうぞにんまりとしてください。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。