2009年12月

  1. 2009/12/31 2009年12月購入
  2. 2009/12/29 『このBLがやばい!2010年腐女子版』 (Next BOOKS)
  3. 2009/12/28 『声優が好きな人へバトン』
  4. 2009/12/27 韓国映画『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』DVDを見てみた
  5. 2009/12/25 山田ユギ/三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒 1』
  6. 2009/12/21 英田サキ原作BLCD『DEADLOCK 外伝 SIMPLEX』(インターコミュニケーションズ)
  7. 2009/12/17 ONE PIECE FILM『STRONG WORLD』を見てきた
  8. 2009/12/15 『麗人 2010年1月号』も買ってみた
  9. 2009/12/09 恋煩シビト『窓際の林檎ちゃん』(POE BACKS Babyコミックス)
  10. 2009/12/08 「もやしもん」実写ドラマ化!?
  11. 2009/12/07 内田カヲル『そして続きがあるのなら』(バンブー・コミックス)
  12. 2009/12/04 鬼嶋兵伍『バチ☆バチ』(バンブー・コミックス)
  13. 2009/12/01 2009年11月購入
  14. 2009/12/01 「読書メーター」で読了本記録 2009年11月分

2009年12月購入

冬コミに参加の皆さま。
お疲れ様でした~~!!

狙ったブツはつつがなく入手できましたでしょうか?

このお正月休みは獲物を片手に、どうぞ素晴らしい初夢をご覧くださいね♪


さて獲物と言えば、今年はコミックをあまり買いませんでした。(多分)

その代わり、レンタル店の人には確実に顔を覚えられたと思います。

そして、これまでの蔵書で収納にぜんぜん余裕がない我が家なので、この傾向は来年も強まると思います。

しかも、せっかくコミックを新刊で買っても、読んでいないうちに中古書店に並んでいることがすごく多かったな…。
おまけに、BLCDも買って満足してしまって、聴くまでに至ってないものも結構あるんですよね…。

いかん!
お金の使い方間違ってるよ!

と、2009年の反省です。

来年からは「新刊&新譜はフレッシュなうちに!」を必ず実践したいです。

と、積読消化に躍起にならざるを得なかった今月を振り返り、今年最後の煩悩のおひろめ。

2009年12月のいきあたりばったりお買い物控えです!


【BLコミック】

あそう瑞穂 「兄ちゃん、イッちゃって!」
イシノアヤ 「椿びより」
サクラサクヤ「秘書育成中。限定版」
高井戸あけみ「プリンス・チャーミング 1」
高口里純 「ななひかり 2」
夏目イサク 「きら星ダイヤル☆」(新刊)
西田東 「life,love. 2」(新刊)
遙々アルク 「猿喰山疑獄事件」
日高ショーコ「花は咲くか 1」(新刊)
富士山ひょうた「悪態は腕の中でふたたび」
本間アキラ 「裁かれし者」(新刊)「人生は薔薇色だ」(新刊)※1
真生るいす 「坊ちゃまと主治医 1.2」
斑目ヒロ 「いとしい悪魔」(新刊)
宮本佳野 「眠れる月 2」(新刊)
大和名瀬 「ちんつぶ」1.2「ちんつぶ 3」(新刊)
わたなべあじあ「ユウキュウノカナタ」(新刊)

※1 『兎オトコ虎オトコ』が面白かったので新装版を入手。ショコラも勝負に出たな。笑 
ハーフシリアス、ハーフギャグのバランスが向上してきての今年のブレイクだったんだと納得。


【一般コミック】

池田理代子 「おにいさまへ… 文庫1.2」
水城せとな「黒薔薇アリス 2」「失恋ショコラティエ 2」(新刊)※2
篠原健太 「SKET DANCE 2~9」
清水玲子 「秘密 7(新刊)」
末次由紀 「ちはやふる 7」(新刊)※3
波津彬子 「幻想綺帖 一」
ひぐちアサ 「おおきく振りかぶって 13」(新刊)
山田ユギ 「まほろ駅前多田便利軒1」(新刊)(感想はこちら
橘みれい/今市子「鏡花水月」

※2 水城さんの描く不毛な恋って、ほんとショコラのように甘くほろ苦いぜ。
でも、最後はタイトル通りの結末を迎えるんだろうな…。
※3 末次さんの方のショコラティエの新刊を買いそびれてます。汗

【BL雑誌】

「キャラセレクション 2010年1月号」
「麗人 2010年1月号」 (感想はこちら

【BL小説】

英田サキ 「最果ての空」(新刊)※4
榎田尤利 「ひとりごとの恋」
崎谷はるひ 「不機嫌で甘い爪痕」「不条理で甘い囁き」
杉原理生 「スローリズム」
吉原恵理子 「間の楔 3」

※4 発売日延期になったけど、それだけ待った価値があったと思います。
酸いも甘いも噛み分けた大人のためのBLでした。

【mook】

「このBLがやばい!2010年腐女子版」(感想はこちら


【CD】

「百歌声爛 男性声優編 Ⅱ」

【BLCD】

小野塚カホリ原作 「少年四景」
サクラサクヤ原作 「秘書育成中。」※5
鳥人ヒロミ原作 「彩おとこ」
西田東原作  「願い叶えたまえⅡ」
斑目ヒロ原作 「かわいい悪魔特典CD」
真山ジュン原作 「ラブ・フェロモン」
三池ろむこ原作 「魔法使いの恋」

※5 阿部くん目当てでしたが、聴いてません…。2010年の初聴きにしよう♪

【DVD】

韓国映画「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」


----------

以上、BLコミック19冊、一般コミック18冊、BLCDは7作品でした~。

レンタルもかーなーりー我慢して、たった10冊でした!
フイー。

果たしてここまでセーブして、積読消化がはかれたのでしょうか。
それは次月の「読書メーター」まとめを見ないと、イマイチわかりません~

で、自覚のある買いそびれ本が、末次さんの新刊意外にも実はいろいろと…。

それは来年のお愉しみってことで。

それでは、本日これから4日まで、実家に帰省してきまーす。
また考えなしに地元の書店で色々仕入れてくる予感がいっぱい。笑

年始のご挨拶はちょっと遅くなりますが、2009年のベスト10もこの間に記憶をほじくり返してなんとか選んでおきたいです。

それでは、今年も多くの方に支えられて楽しいBLライフを送れたことを感謝します♪

どうぞ皆さまもお健やかに、よいお年をお迎え下さい~☆

『このBLがやばい!2010年腐女子版』 (Next BOOKS)

もう今年はいいかな~、と思いつつも、またもや買ってしまったのでした。

ということで、『このBLがやばい!2010年腐女子版』 (Next BOOKS)を読みました!

このBLがやばい!2010年腐女子版 (Next BOOKS)世はまさにBL戦国時代――!
天下をとったNO.1BL作品が、ついに決定します!!
お待たせしました! 毎年恒例! 『このBLがやばい!2010年腐女子版』!!

★2010年の大本命BLマンガがそろいぶみ!!
発表!! 2010年度BLコミック・ザベスト20

『俎上の鯉は二度跳ねる』『ファインダーの真実』『テレビくんの気持ち』『ダブルミンツ』『恋する暴君』『セブンデイズFRIDAY→SUNDAY』『たかが恋だろ』etc
旬な名作がめじろ押し!! 今年NO.1の栄光は誰の手に?

★話題のあの人に直撃!! BL最前線ロングインタビュー!!
水城せとな、高永ひなこ、須和雪里!!

★スペシャル描き下ろし!! ランキング作品番外編&萌え武将エッセイ!!
中村明日美子、宝井理人、こうじま奈月、不破慎理&小島アジコ!!

------------------

今さらなんですけど、「2010年の大本命」ってコピーが気になります。
どう見ても2008-2009年の作品なんだから、素直に「2009年版」でいいじゃないですか。
タイトルを見ると妙に悶々としちゃいますよね。

さて、そんなことはさておき。

今回も購入したお目当ては…

そうです。

明日美子さんの描き下ろしです~~!
『ダブルミンツ』の二人でたったの2P!!

でも、大満足です~~

素晴らしい出来でした!!
あんまり素敵で夢に出そうです。

ストーリーが良くても萌えの見出せない作家さんもいる中、どっちの才能も突出している明日美子さんて、ホント素晴らしい。

「もう今年はいいや~」と思われている方も、借りるなり見本誌を探すなり、なんとかしてこの2Pは読んでみて下さい!
買わなきゃいけない気になるから。
(私は見本誌で見ちゃったのです…)

恐るべし、宙出版。笑

では、他さらっと感想です。

『声優が好きな人へバトン』

気づくと2010年まであと数日…!!

わ~、ぜんぜん積読消化がはかどってませんよ~。汗
そのために今年も書きたいと思っていた「このBLがスゴイ!2010」のことも書けてません…。

でも、最後まで諦めずに頑張りたいです。

と、そんな中萌えの森の蓮さんより頂きました『声優が好きな人へバトン』~!

「声優が好きな人に今年を振り返っていただきます。」

とのことですので、今年のBLCD締めくくりとして挑戦してみたいと思います。

基本BLCDにご出演の方のみです!

さらに本格的に声優さんに目覚めたのが今年なので、素人感丸出しで答えたいと思います。

では、さっそくトラ~イ☆

韓国映画『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』DVDを見てみた

こりゃあいいクリスマスプレゼントでしたわ♪

ということで、韓国映画『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』DVD(エスピーオー)を見ました!

アンティーク~西洋骨董洋菓子店~ [DVD]
小さな町にひっそり佇む、洋菓子店‘アンティーク’。
極上のスウィーツと、4人の美しい男たち。そして、謎の誘拐事件・・・。
甘いケーキに秘められた、ミステリーが溢れ出す…。

◆STORY
甘いものが苦手なジニョク(チュ・ジフン)は、会社を辞めて‘女性客が多い’という理由で洋菓子店を開く。
パティシエとなったのは、とびきり腕がいいにも関わらず働く店ごとに恋愛トラブルを起こしてしまう‘魔性のゲイ’ソヌ(キム・ジェウク)。
元ボクサーで甘いものに目がないギボム(ユ・アイン)や、
ジニョクの幼なじみのスヨン(チェ・ジホ)も加わり、‘アンティーク’での毎日が始まる。
多くの人が極上のスイーツと美しい男たちに魅了されてゆく中、町では連続誘拐事件が発生する。
そして次第にジニョクの隠された過去が明らかになり始め、幼い頃の悲しい記憶が蘇える・・・。

◆原作:よしながふみ 『西洋骨董洋菓子店』(新書館)
◆監督&脚本:ミン・ギュドン 『少女たちの遺言 MEMENTO MORI』

◆キャスト&日本語版吹き替え
ジニョク(チュ・ジフン)=日野聡
ソヌ(キム・ジェウク)=近藤隆
ジャン(アンディ・ジレ)=前野智昭
ギボム(ユ・アイン)=岸尾だいすけ
スヨン(チェ・ジホ)=諏訪部順一
※敬称略

-----------

まず最初に…
3枚組みの「コレクターズBOX」を入手するほどの甲斐性はなかったです!
すみません~!!汗

とりあえず、どう吹き替えられたかを確認したい!!
と思って、予約はちゃんとしましたが…。

クリスマスのエピソードがある映画なので、この時期の発売だったんでしょうね。
なんとかタイムリーに見れてよかった!

では、声優さんを中心にしてのさらっと感想です!

山田ユギ/三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒 1』

クリスマスレッドも真っ青(?)の表紙には度肝を抜かれました!

ということで、山田ユギさん作画、原作三浦しをんさんの『まほろ駅前多田便利軒 1』(花とゆめコミックススペシャル)を読みました♪

まほろ駅前多田便利軒1東京の南西の大きな街、まほろ市。まほろ駅前で便利屋を営む多田は、ある日仕事先の近くで、高校の同級生・行天と再会する。高校時代は言葉も交わしていなかった二人だが、行天は多田の事務所兼自宅に転がり込むことに。便利屋には、庭の掃除や子どもの送り迎えなど、「普通」の依頼が舞い込むが、二人が関わると一筋縄では行かない方向へ…?

■初出■
ピアニッシモVOL.1~3.5.6 2008~2009年(ポプラ社)

-----------

帯にある

理想のコラボが描き出す哀愁とユーモアの物語


って、さすがうまいこと言うなぁ。

ピアニッシモ休刊の危機を乗り越え、ようこそ復活してくれました!!
(過去の関連記事はこちら

1冊にまとまったユギさんの『まほろ』。
やっぱりすごく面白くって読み応えがありました。
首を長くして待っていた価値があった~♪

ユギさんの描く行天が、すごくいいです。

単行本を読み終えてまず思ったのは、原作の続編『まほろ駅前番外地』(文藝春秋)まできっちり描いてもらえると、これほど嬉しいことはないなあ~、ということでした。

ということで、さらっと感想です!

英田サキ原作BLCD『DEADLOCK 外伝 SIMPLEX』(インターコミュニケーションズ)

遠近さんのヨシュア、素敵じゃないですか…!

ということで、英田サキさん原作『DEADLOCK 外伝 SIMPLEX』(インターコミュニケーションズ)を聴きました♪

SIMPLEX【 あらすじ 】
犯罪心理学者ロブの誕生日パーティに届いた謎の贈り物。送り主はなんと、かつて全米を震撼させた連続殺人鬼を名乗っていた―!!
ロブの警護を志願したのは、金髪の怜悧な美貌のボディガード・ヨシュア。すこぶる有能だが愛想のない青年は、どうやら殺人鬼に遺恨があるらしい!?危険と隣り合わせの日々を送るうち、彼への興味を煽られるロブだが・・・。

【 キャスト 】
遠近孝一(ヨシュア・ブラッド)/遊佐浩二(ロブ・コナーズ)
中村悠一(ユウト・レニックス)/安元洋貴(ディック・バーンフォード)/三宅健太(ネト)/鈴木千尋(トーニャ)/関俊彦(パコ)/檜山修之(コリン)  

「SIMPLEX」収録インタビュー

---------

「遊佐ロブ」にふたたび染まるのが怖くて、今まで聴くのを躊躇していてすみません!
と最初に謝っておかないといけません…。

季菜子さま、背中を押してくださったおかげで堪能しました♪
ありがとうございます☆

『DEAD』シリーズ2作目にして主役のディックを堂々と押しのけ(?)、言わば第3の主役とも言える存在感を放ったロブ。
ユウトを献身的に愛しながらもその想いは遂げられなかったロブに、「早くいい人を見つけてあげて!!」とのファンの声が多数殺到。

そして満を持して外伝の『SIPMLEX』が出たときには、ヨシュアという素晴らしい伴侶を得たロブに対し、心からの祝福の言葉が飛び交いました!(ネットで)
(CD『DEADLOCK』シリーズ感想はこちら

1枚目『SIMPLEX』はロブ視点、2枚目『DUPLEX』はヨシュア視点で語られるお話なので、ナレーションもお二人の楽しめて得した気持ちに♪

このシリーズならではの、まるで洋画のような言い回しの完全再現にも思わずニヤニヤです!

ONE PIECE FILM『STRONG WORLD』を見てきた

先日、今話題の劇場版第10弾ONE PIECE FILM『STORONG WORLD』に、無事行って来ました~!

storong woldポスター
【ストーリー】幼いころ、“悪魔の実”を食べたことにより不思議な能力を手に入れた少年ルフィは、命の恩人にもらった麦わら帽子をトレードマークに海賊王を目指して航海に出る。旅の途中で出会った仲間たちとともに、大海原を突き進んでいくルフィ海賊団。そんな彼らの前に、海賊王と並ぶ世界最強の男・悪魔の実の能力者“金獅子のシキ”が立ちはだかる。

【スタッフ】
監督: 境宗久
原作・製作総指揮・ストーリー・クリーチャーデザイン・コスチュームデザイン: 尾田栄一郎
脚本: 上坂浩彦
キャラクターデザイン・作画監督: 佐藤雅将

(© 尾田栄一郎 / 集英社・フジテレビ・東映アニメーション ©「2009 ワンピース」製作委員会

--------------

映画に行こうと思い立ったのが息子が学校から帰って来てからだったので、18:10~の回になってしまったのですが、1時間前に窓口に行ったにも関わらず、「後ろから2列目の端しかありません」と言われましたよ。汗

レディースデイだったからでしょうが、女性が9割でした。
あとはカップルと、思ったよりも小さい子が多かったです。
(終わるのは夜の8時過ぎですが、今あんまりそういうこと気にするお母さん少ないですよね)

ワンピ零巻冬休みとかならまだしも、平日の夕方で満席ってすごいです。
連日大入りってニュース、ウソじゃなかったんだ…。笑

でも、内容もこれなら文句なし!!

絶対欲しかった「零巻」も無事に入手できましたし(画像左は一緒に配られたデータカードダス用カード)、尾田っちのこだわりが随所に光る楽しい映画でした♪

『麗人 2010年1月号』も買ってみた

12月も残すところ半月あまり。
実家に頼まれた年賀状は早々に準備しましたが、じぶんちの年賀状は今だ手付かずです…。

と、なんだか気が焦りながらも結局やる気にならないので、とりあえず『麗人 2010年1月号』(竹書房)を読みました!
麗人 2010年 01月号 [雑誌]
今月号のみどころ☆新春増ページSpecial!特大号!!
描き下ろし小冊子応募者全員サービス!! ”

-----------

コミックス派なのでめったに雑誌を買わないのですが、最近気になる全サが多くって雑誌購入率があがってます。

『麗人』も全サ小冊子目当てで2009年11月号を買ったのが「人生初麗人」だったのですが、なんとそれが…

すごく読みやすかった!!

作家読みする私にとっては、麗人には好きな作家さんが揃っていることもよかったのでしょうけど、それにしても読むのが楽でした。

単純に版が大きからこんなに読みやすのかな、と思ったのですが、同じ画面の大きさでもジ○ンプは正直読み飛ばしていることも多いので、情報量が適度な上、フォントの大きいことがポイントなのだと思います。

小冊子応募の説明や用紙の字も大きくて、嬉しい!

表紙に「ヤバいくらいにアダルト」とありますが、そこらの仕様も意識したアダルト向けなのか?笑

そして、1月号もまた全サの罠にハマって購入したわけですが、こちらも丸ごと1冊楽しめました。

では、気になった作品に関してさらっと感想です。さらっと。

恋煩シビト『窓際の林檎ちゃん』(POE BACKS Babyコミックス)

ずっと寝かせてた子を起してみたら、自分的にえらい衝撃作だった。

ということで、恋煩シビトさんの『窓際の林檎ちゃん』(POE BACKS Babyコミックス)を読みました♪

窓際の林檎ちゃん
パソコンを購入するために家電量販店を訪れるユーザー。 
窓川ゲイツと林檎田ジョブズ、2台との同棲生活に夢が膨らむ。 
マジメで従順、偏食なしだけど少し病気がちな、至極フツ~の窓川。
お洒落大好き、ワガママ美男子林檎田。
こんなに正反対な2人が仲良くなれるの…!? 
パソコン、食べ物、ホテルといった擬人化ネタを中心に8編収録。 

■初出■
窓際の林檎ちゃん/Baby VOL.7
キャッチャー・イン・ザ・エダマメ/描き下ろし
心のこもった御持て成し/Baby VOL.10
足りないものそれは真心でした/商業未発表作
真実の真心は友情にあり!?/描き下ろし
ループ ループ ループ/Baby VOL.8
誰にも言えない/Baby VOL.9
愛だとか恋だとか友情だとか/描き下ろし
あとがき/描き下ろし

----------

前作『図書委員の恋』(感想はこちら)を表紙買いして当たりだったと喜んでいた恋煩さんの2冊目です。

2冊目になるとエロも増量!

そして、様々な“もの”を擬人化した作品が収録されているのですが、これまでイマイチわからなかった「擬人化の面白さ」を、この作品によってはじめて思い知らされた気がします。

そして何より驚いたのは、前作からの「真心シリーズ」の結末…!!

こんなまさかの展開を想像もしていなかった分、ちょっとショックが大きいんですけど~。

ということで、なるべくさらっと感想いきたいと思います。

「もやしもん」実写ドラマ化!?

今ちょっと小耳にはさんで驚いてしまいました。

▽まんたんウェブ
人気の“菌マンガ”がドラマ化

マージーで~!?

しかも「ノイタミナ」枠!!

S台じゃ(というか我が家のテレビ環境じゃ)見れません…。汗

え~、でも、蛍のゴスロリとか~、アレとか~、どうするんだろう??

菌はもちろんCGでしょうが。

そして、肝心のキャストは…??汗


というか、今はとりあえず『さらい屋五葉』が見たいのですッ!!

声優さんいったい誰だろう~♪

うちもこれを機にマジメに地デジ化図るかッ!!

でも、ブラウン管テレビに「アナログ」の文字出っ放しなのも、もう見慣れちゃいましたが…。

実現には、実質うちのお財布の紐を握っている旦那を説得せにゃいけませんです…。

アイツめ、「オタクのために買い替えなんてしてやらん」と言い放った…!!

「一番画面がきれいなのはブラウン管だしな」

って、その知識、息子のジ○ンプで読んだ「こち亀」の受け売りだろう!!

なんだか納得いかない~!!怒

内田カヲル『そして続きがあるのなら』(バンブー・コミックス)

先輩、っていい響きですよね。

ということで、内田カヲルさんの『そして続きがあるのなら』 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)を読みました!

そして続きがあるのなら (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
気のない麻雀漫画誌の編集者・坂口は打ち合わせ途中に立ち寄ったコンビニで偶然、高校時代の後輩・藤代と再会する。
藤代は坂口に漫画家になることを諦めさせた才能の持ち主だったが、漫画を辞めバイト生活を送っていた。
もう一度、藤代に漫画を描かせるためにあれこれ世話を焼く坂口。
藤代の漫画が評判になり、大手に引き抜かれてふたりの関係は終わったかと思われたが―。
暴力編集とヘタレ漫画家の10年越しの想いを描いた表題作と、人気漫画家とそのマネージャー(兼恋人同士)となったふたりのその後を描いた続編他、読みきり1編を収録した最新作品集!!

-----------

「麗人」本誌を小冊子目当てで購入した際、最終回が「真っ白」でびっくりだった内田さんの新刊です!

あんな白い画面、数年前に見たナ○ト以来だったぜ。

でも、単行本ではちゃんと完成していました。
その仕上げぶりも楽しかった。笑

実は、筋肉&体毛に食傷気味で、ここ2~3冊分は内田さんの作品から離れてしまっていたのですが…

なんということでしょう!

久しぶりに見たら、筋肉が減っているじゃあありませんか!!
(過去内田さん作品比3割減?)

とはいえ、細マッチョ…というには、まだマッスル寄りですけれども。汗

しかも、話もこれまで以上に面白くって読んでて楽しかった~!

これは買って損はなかったです。

鬼嶋兵伍『バチ☆バチ』(バンブー・コミックス)

この方の作品も、どっちがどうだか一見判別つきませんよね。

ということで、鬼嶋兵伍さんの『バチ☆バチ』(バンブー・コミックス 麗人セレクション)を読みました♪

バチ☆バチ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)サッカー部主将の津田沼と副主将の冬依(とうい)はお互いへの想いを胸に秘めながら友人関係を続けていた。
後輩の一汰は二人の恋心に気がつき応援していたが、ある日二人から衝撃の告白を受けて――!?
新感覚トライアングルラブを描いた表題作ほか傑作4編と描き下ろし番外編16Pを収録した、恋にはオクテ♡ でも欲望には忠実なオトコ達が満載の最新コミックス。


-----------

気鋭の作家、鬼嶋さんの3冊目。

先の読めない展開の話が続くので、飽きることなく読めました!

受け攻めどっちかなのかが見た目ではわからないうえ、「ふたを開けてみたらこう来たか!」みたいな感じがこれまた楽しい。

そして、実は自分がちびっこ攻めが好きだったことを思い出しましたよ。(また)

最初に自覚したのは内田かおるさんの『ハートにご用心』の中学生、テル。
学ランでツンツンヘアーでヨーヨー名人なテルと、乙女なリーマンの組み合わせが楽しかったなぁ。

そう思うと、ガチムチちびっこ乙女も、鬼嶋さんは内田さんの正統な継承者と言えるのでは?
(おっと、内田さんの新刊も読まないと!)

とまあ、それはおいておいて。

これはBL=THEファンタジーを楽しめる方、にオススメです!

2009年11月購入

積読を減らすにはどうしたらいいか。

それは、「新たに買わずに手持ちのものから消化していく」しかありません。

そんなわかりきっていることが、なんで出来ないの~!?

ならいっそ、買わずに借りてすませればいいものを、気になった作品にはやはり手が伸びてしまいます…。
(そもそもBLコミックのレンタルはほとんど無いし)

今はそれほど収集癖ないと思うんですけれど…。

ヲタクの業!?


改めてリストを見ると、あいかわらず新刊はけっこう買ってるのに全然読んでない…
だから最近ますます感想も書いてないという…

我ながらびっくり&呆れてます。汗

ということで、2009年11月のいきあたりばったりお買い物控えです!


【BLコミック】

内田カヲル「そして続きがあるのなら」(新刊)
扇ゆずは 「浴びる純情」「BROTHER 1~2」「DARLING 3」(新刊)
鬼嶋兵伍 「バチ☆バチ」(新刊)
小野塚カホリ 「ぼくは天使ぢゃないよ。」
北別府ニカ  「泣かないで、大久保くん。」
木下けい子 「幾千の夜 第一夜」(新刊)「由利先生と愛しき日々」(新刊)
恋煩シビト 「窓際の林檎ちゃん」(新刊)
腰乃 「幸せになってみませんか?」(新刊)
砂河深紅 「瑕だらけの男たち」(新刊)「最果ての地」(新刊)
高永ひなこ 「アクマのヒミツ♡」
天禅桃子 「セブン」
中村春菊 「世界一初恋」「小野寺律の場合2」
新田祐克 「春を抱いていた 14」(新刊)(感想はこちら※1
星野リリィ 「ナースがお仕事」「ミックス★ミックス★チョコレート」
依田沙江美 「AMETORA―雨虎―」(新刊)

※1感想にたくさんの拍手を頂きうれしかったです♪
b-boy webに新田さんのメッセージも発表されましたね。→こちら
でも、この内容だと復帰についてははっきり触れていなくて…。
具体的にはどうなんでしょうね。汗

【一般コミック】

入江亜紀 「群青学舎4」
岩本ナオ 「雨無村役場産業課兼観光係  1~2」
オノ・ナツメ 「COPPERS 2」
小畑健/大場つぐみ 「バクマン。5」(新刊)
篠原健太 「SKET DANCE 10」(新刊)
波津彬子 「幻想綺帖 二 玉藻の前」(新刊)
羽海野チカ 「3月のライオン 3」
森薫 「エマ 1~4、6」
山本鈴美香 「7つの黄金郷 文庫1」
渡辺多恵子 「風光る 文庫1」「風光る 27」(新刊)


【BL雑誌】

徳間書店「小説キャラ 2010年 1月号」(感想はこちら

【BL小説】

和泉桂 「貴公子の求婚」
榎田尤利 「オール・スマイル吾妻&伊万里」「ソリッド・ラブ」「ロマンス作家は騙される」
かわい有美子 「空色スピカ」
木原音瀬 「こどもの瞳」
吉原恵理子 「間の楔 4」(新刊)
李丘 那岐 「夜明けの声は甘く」

【CD】

声グラ「百歌声爛」男性声優編 ※2

※2 「らし○ばん」で見かけて即買い!
井上和彦、小西克幸、羽多野渉、宮田幸季、佐々木望、森田成一、真殿光昭、石川英郎、柿原徹也、阪口大助(敬称略)らそうそうたるメンバーがそれぞれアニソン10曲をメドレーで歌ってるとなれば飛びつきます。
しかも、私世代には懐かしい70~80年代アニソンメインなのが嬉しかった♪
笑ったのは真殿さん。
歌すごく上手いのに、ふざけすぎです。笑


【BLCD】

中原一也原作 「よくある話。」
新田祐克原作 「公使閣下の秘密外交」「舞踏会の手帖(コミック付き)」
斑目ヒロ原作 「かわいい悪魔」
水城せとな原作 「窮鼠はチーズの夢を見る」「俎上の鯉は二度跳ねる1」※3
山田ユギ原作  「どうして涙がでるのかな」
依田沙江美原作 「チョコレート・キス」
「おい!田中君 十番勝負」

※3あの痴話喧嘩をえんえんと聞かされるのはどうなのかと思ってましたが、やっぱり買ってしまいました…。
「窮鼠」は遊佐さんがまるでウラだったのが楽しかった!(え?)
「俎上」については…これから聴きます。汗
「SIMPLEX」については遠近さんのヨシュアには興味深々なんですが、遊佐さんが近頃やっとロブから脱してくれたところなので(自分的に)、もうちょっとたったら…考えます…。滝汗

【DVD】

よしながふみ原作アニメ「西洋骨董洋菓子店 1~2」(特典の感想はCDこちらとイベントDVDこちら


以上、BLコミック21冊、一般コミック16冊、そしてレンタルしたコミックは71冊でした~!

え!?
71冊…!? Σ(・ω・ノ)ノ!

「読書メーター」で読了本記録 2009年11月分

15年間漫画から離れていたので、その間の作品を追いかけるのが楽しいです。

レンタルコーナーそして、最近近くに大型の書店(ツ○ヤ)が出来まして、そこのレンタルコミックがこれまた充実してるんですよ~。
そこでついつい色々手を出してしまい、新刊やBLにあてる時間が確実に削られているんですよね…。

両立は難しいので、なんとかバランス取りつつぼちぼちやって行こうと思います。

そして。

カレンダーも残り1枚になったところで今年を振り返ってみると・・・

何もやってないな!!

春は引越しでバタバタしたものの、あとはただノンベンダラリとした日々を送ってしまいました…。

しかも、積読は減るどころではなく確実に増えています。
そして、まったく体が動いていない分、体重も確実に増えました。
着れる服がありません。(特にボトム)

もう言い訳もありません…。汗

そういえば年頭の目標も途中でCDに目覚めてぜんぜん違う方向に向かっていっちゃったので、目も当てられない~。汗汗

とりあえず12月は積読にある新刊はやっつけてしまいたいです。
世間ではとっくに中古なので。涙

ということで、2009年11月の読了本控え。
自己満足な感想つき。
学級閉鎖で自宅に息子と引きこもっていたこともあり、先月よりも多かったです。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad