2009年07月

  1. 2009/07/31 小鉄子さんのサイン本をゲットしました~♪
  2. 2009/07/31 「NARUTO-ナルト-疾風伝スペシャル カカシ外伝 ~戦場のボーイズライフ~」でしたね
  3. 2009/07/29 寿たらこ原作『BE×BOY CD COLLECTION  SEX PISTOLS』1~3(ムービック)
  4. 2009/07/26 ヤマシタトモコ『ジュテーム、カフェ・ノワール』(Dariaコミックス)
  5. 2009/07/25 ジ○ンプが我が家にやって来た
  6. 2009/07/21 映画『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ』
  7. 2009/07/15 山田ユギ/英田サキ『たかが恋だろ』(ミリオンコミックス)
  8. 2009/07/11 大竹とも/木原音瀬『恋について』(プラザコミックス)
  9. 2009/07/09 韓国映画「アンティーク~西洋骨董洋菓子店」を見てきた
  10. 2009/07/08 『デコイ』&『交渉人は疑わない』連動小冊子【さくら】
  11. 2009/07/06 夏目イサク原作BLCD『どうしようもないけれど』
  12. 2009/07/05 わたしの秘密の箱
  13. 2009/07/02 「読書メーター」で読了本記録 2009年6月分
  14. 2009/07/01 2009年6月購入

小鉄子さんのサイン本をゲットしました~♪

今日、最寄の書店で売り切れだった依田さんの新刊『愛くらいちゃんと』を仕入れに、S台まで地下鉄で行ってきました。

はじめ兄友に行ったのですが、そこにも無く…。
さらにK久屋書店漫画館まで足を伸ばして、ようやく手に入れることが出来ました!

やれやれ。←JO太郎

そしたら!

本日発売の榎田尤利さん魚住くんシリーズ『夏の塩』と『夏の子供』の、サイン本が各1冊ずつ置いてある…!!

ええええ~~~!?
なにこれ???
いったい何のフェア!?

すっごく欲しい!と思ったのですが、もうネット書店に予約済みで明日届くメールも受け取っているし…。

さすがにこの価格の本を2冊ずつ買うのは現在無職の私の財布には厳しすぎる…
ので、泣く泣くあきらめました。涙

で、第一目的の『愛くらい~』を探してBLコミックコーナーをうろついていたら今度は…

なんと山本小鉄子さんの『チュチュンがチュン』のサイン本がある~!

うわ~、なんのフェア~!?

と、不思議だったのですが、こちらはまだ持っていなかったので、ありがたく買って参りました。

↓そのサインがこちらです♪
小鉄子さんサイン

普段からペーパーやポストカード封入などの特典が多い書店さんですが、サイン本があるのは初めて見ました。

でも、帰ってからHPを見ても特にサイン本フェアなどの告知もなく・・・。

足繁くお店に通って情報は入手して、ってことなのでしょうか?

でも。

家についてから、むくむくと後悔の念が。

やっぱり榎田さんのサイン、欲しかったなぁ。汗

「NARUTO-ナルト-疾風伝スペシャル カカシ外伝 ~戦場のボーイズライフ~」でしたね

昨日は、テレ東で「NARUTO-ナルト-疾風伝スペシャル カカシ外伝 ~戦場のボーイズライフ~」でしたね!!

ちびカカシ
©岸本斉史 スコット/集英社・テレビ東京・ぴえろ

待望の!!

でも、ここS台では3週遅れのため、見れてませーん!
(感想じゃなくてスミマセン)

ので、や○いの師匠に確認しました。

ちびカカシが井上さんで、ミナトは帝王だったそうですね~。

やっぱり!

CP的にもノープロブレムです!←?

カカシは…他の人には難しいでしょうけど、井上さんか…すごいな…。

ミナトも、君麻呂に続いてまた森川さんとは、いかにアニメスタッフに愛されているのか!

さすが帝王!!

ということで、こちらでの放送も楽しみです。

土曜の朝6時からだけど、頑張って起きてみようと思います!

でも。

近所の人と夏休みの話をしていて、
「アニメの時間がT京とちがってしまって、あまり見なくなっちゃって♪」
なんて、密かに探りをいれてみたら
「うちス○パーで見てるから、よくわかんないの~」
と返されました。

そうか。

その手があったのか…!!驚

寿たらこ原作『BE×BOY CD COLLECTION  SEX PISTOLS』1~3(ムービック)

冬のOVA化の前に、これが聴けてよかったです~♪

ということで、寿たらこさん原作BLCD『BE×BOY CD COLLECTION  SEX PISTOLS』の1~3を聴きました!

BE×BOY CD COLLECTION SEX PISTOLS 1 寿たらこ『BE×BOY CD COLLECTION  SEX PISTOLS 1』
普通の高校生ノリ夫は、バイク事故をきっかけに、突然、「斑類」に目覚めてしまった! しかも、傲慢な野獣系の男・国政に、出会ったその日にガンシャされ、さらに「俺の子供を孕ませろ」と迫られ――。斑類に振り回されるノリ夫の運命は!? 繁殖を志す、サイエンス・ラブ・フィクションが待望のCDドラマで登場! 国政×ノリ夫編を収録!

【キャスト】円谷ノリ夫:鈴木千尋、斑目国政:梁田清之、斑目米国:子安武人、熊樫照彦:大川透、他
(2004.11.27)

【CONTENTS】
1. 人間が…動物に見えますっ! 2. 斑目国政との出会い 3. よいこのまだらるい 4. 胸がキュウキュウ 5. 斑類の貞操観念 6. 魂現 7. 通じあった心 8. 特訓 9. SEX PISTOLS2の予告

BE×BOY CD COLLECTION SEX PISTOLS 2 寿たらこ『BE×BOY CD COLLECTION  SEX PISTOLS 2』
委員長の首筋に、熱烈なキスマークを見つけた日から米国はいやらしい夢を見る。 カタブツの委員長が、眼鏡をとって…米国の腰にまたがる夢だ。 男嫌いの米国が、いったいなんでこんな夢を…!? 男嫌いの米国×唯一傍に居させてもらえる委員長・しろの切ない恋のゆくえは? 繁殖を志す斑類たちの、サイエンス・ラブ・フィクションのドラマCD第2巻!  

【キャスト】 斑目米国:子安武人、藤原しろ:平川大輔、円谷ノリ夫:鈴木千尋、斑目国政:梁田清之、青桐王将:野島裕史、他(2005.3.25)

【CONTENTS】
1. 委員長の初恋 2. 雨降る夜の訪問者 3. 期待してしまう気持ち 4. 厄日な一日 5. 「友達ごっこ」の終わり 6. 米国の初恋 7. 無意識の行動 8. 一目惚れの本能 9. 子供みたいに 10. 熱のありか 11. 解けた暗示

BE×BOY CD COLLECTION SEX PISTOLS 3 寿たらこ『BE×BOY CD COLLECTION  SEX PISTOLS 3』
熊樫家のしきたりにより、ノリ夫の先輩・熊樫が契約Hをすることに。一晩数千ドルの種付けのお相手は、アメリカングリズリーの最高峰・マクベアー家の息子ヨシュア。「好きでもない人とHするなんて!」と憤ったノリ夫は、契約を破棄させるために熊樫の恋人と偽り、ヨシュアと対決するが・・・!? そして、大将のことが好きだが素直になれないシマ。斑類版ロミオとジュリエット――ハブとマングースの天敵同士の切なすぎる恋を同時収録。ヨシュア×熊樫編、大将×シマ編の二本立て!

【キャスト】熊樫照彦:大川透、 ヨシュア・マクベアー: 成田剣、 青桐大将:一条和矢、 渡嘉敷シマ:神谷浩史、 渡嘉敷ウメ :谷山紀章、  遊佐浩二:解説(2006.2.24)

【CONTENTS】
第一章「ヨシュア×熊樫編」
1. ブリーリング 2. おさらい講座その1 3. 家の「しきたり」 4. 一挿し何千ドルのビジネス 5. ヨシュアの誓い 6. 身分違いの恋 7. 戦いのゴング 8. HAPPY WEDDING 9. おさらい講座その2

第二章「大将×シマ編」
10. ハブとマングース 11. それぞれの想い 12. 誰の子だよッ!! 13. 大将の本音

----------

某aさん、こちらオススメして頂いてありがとうございました!
おかげ様でしろさん、堪能してます。
OVA化でのキャスト変更にキャーキャー(ぎゃあぎゃあ?)言った甲斐がありました~!

いやいやいやいや。

ほんとこれ、おもしろーい

原作のよさをメチャメチャうまく再現してます!!

おまけに遊佐さんの懇切丁寧な斑類の解説が非常に勉強になりました。笑

そんなわけで、1~3までの感想です~。

ヤマシタトモコ『ジュテーム、カフェ・ノワール』(Dariaコミックス)

まるでBLには見えない表紙が、夏休み中の我が家には嬉しかったです。

ということで、ヤマシタトモコさんの『ジュテーム、カフェ・ノワール』(Dariaコミックス)を読みました!

ジュテーム、カフェ・ノワール『好き』にもいろいろあるけれど――?!  
それは、「好き」から始まった。男に恋心を打ち明けた男。趣味の話に花を咲かせる男女。待ち合わせ相手の来ない女。とあるカフェに偶然集まった3組の客と、2人のバイトで織り成される、それぞれの小さなドラマ。軽妙でいて、時に切なく胸を打つ、ヤマシタトモコの世界が詰め込まれた、珠玉の作品集。表題作ほか、読み切り6作品と描き下ろしを収録!

■初出■

ラ・カンパネラ…Daria 2006 12月号
こいのじゅもんは…Daria 2008 4月号
サタデー・ボーイ・フェノミナン…Baby vol.5
魔法使いの弟子…Baby vol.7
cu,clum,come 食・喰・噛 …Baby vol.8
ワンス・アポン・ア・タイム・トーキョー …Baby vol.6
ジュテーム、カフェ・ノワール …Daria 2007 8月号
魔法使いので。…描き下ろし
ジュテーム、カフェ・アラ・クレム ~タムラの巻…描き下ろし
ジュテーム、カフェ・グラッセ ~髭の巻…描き下ろし
ラ。…描き下ろし
あとがき…描き下ろし

---------

数ヶ月前、書店で「月刊 flowers (フラワーズ) 2009年 04月号」の表紙にヤマシタさんの名前を見かけたとき。

正直、「マジで!?」ってヒキました。汗

でも、繊細な心理描写がうまいので、男女の恋愛マンガを描いたとしてもヒットする(死語)のかもと、無理やり納得してみたのですが…。

「フラ○ーズ」は草間さんの作品が載っていた時にも相当びっくりしたんですけど(店頭で「うそ!?」と叫んだ記憶が…)、はっきり言ってお二人が「フラ○ーズ」に描いているという事実に違和感がぬぐえず…。
作品はまったく読んでおりませんです。汗

小○館はいったい何を考えているのだろうか。
去年の年末に『BLコミック 恋する言葉。 Perfect Bible』を出した時に、その意図に気づくべきだったのか。

とまあ、それは一旦おいておいて。
ヤマシタさんの新刊です。

ヤマシタさん「Daria」に描いてらしたんですね。
知らなかったです。(たいていコミックス出るまで知らないのだが)

そして、なぜに「Baby」(ふゅーじょんぷろだくつ)の分と同時収録なのでしょう。

最近、ようやく『恋の心は黒い羽』のCDを聴いたのですが(遅ッ!)、聴きながらしみじみと思ったのは、ヤマシタさんの作品の面白さは会話にある、ということでした。
(いや、すみません。ホント今さらで…。)

絵がさっぱりしているせいか、マンガだとけっこうテンションが低めに思える台詞でも、実際声優さんが演じると「生々しい」ところが面白い。

そこに違和感を感じる方も多いかと思うのですが、私は立派な“会話劇”として、充分に楽しむことができました。

この作品も、巧みな「会話」が中心となって、様々な人間模様を織り成します。

もはやヤマシタ作品において「BLらしくない」と言うのは、ほめ言葉!
独特の空気感と台詞回しが、やっぱり好きだなあ、と思えた1冊です。

ジ○ンプが我が家にやって来た

小4の息子が、とうとう「週刊少年ジ○ンプ」を買い出しました。

うわ~、とうとうその日が来たかあ~。

なんだか感慨深いものがあります。

実は息子が生まれてからずっと、「早く小遣いでジ○ンプ買うようになんないかな~」、と思っていたからです。笑

実は毎月決まったお小遣いがある訳ではなくて、たまに会うじいじやばあばに貰ったお小遣いを貯金していて、気になるガチャガチャをやったり、ドラえもんのコミックスを買ったりしていたんですが、多分、引っ越したマンションの1階がセ○ンイレ○ンだったことが「ジ○ンプ買い」に至った要因だと思います…。

だって、月曜日になると、おにーさんたちの立ち読みがすごいから~!!爆
(たまにおねーさんもあり。)

一人でコンビニには入っちゃダメと言いつけてあるので、今までは私が何か用事が出来た時に一緒について来て、その合間にひっそりと読んでいたのですが、それだけだと物足りなく感じたらしい。

で、「お母さん、これからは自分のお小遣いで買うから!」と堂々と宣言されました。

これまでに貯めていたお小遣いも¥3000くらいはあったので、しばらく大丈夫と踏んだみたい。

ちゃんと「これ預かっておいて」と、私にお小遣いを入れた封筒(表書きは“ジ○ンプ用”となっていた)を渡したところが健気だった。笑

それから毎週、いそいそと買って来るので、コミックス派の私も、ついつい中身をチェックするようになりました。(たいてい決まった作品ですが)

以前、「この年で細切れのマンガなんて読めない」とか言ってたのに~。
スミマセンです。汗

でも、手元にあると、やっぱり中が気になってしまうんですよね~~!

画面(と文字)が、素晴らしくおっきいですしね!!爆

だから、エースの出生の秘密も知ってしまいました…!!
あ~、びっくりした。笑


でも、最近JOJOシリーズを第一部から読み返していて思ったんですが、以前(って、私が読んでたのは20年以上前ですが…)よりも、マンガの内容(と絵柄)が断然ソフト(というか、繊細)になってますね。
当時はぜんぜん気にならなかったのに、今読むと、まるで劇画のようで驚きです。

「JOJO」や「北斗の拳」では当たり前のようにあった、顔面がひしゃげてえぐれたり、手足がちぎれて吹っ飛んだりっていう残虐な描写が、今はほとんどありませんもんね~。
(せいぜい刀で真っ二つに切られる、ってくらい?)

漫倫とかで(ってそんなものあるのか?)、いつの間にかそう言った規制が出来たのか…?
それとも、集○社の自主規制なのでしょうか??汗

ここしばらく読んでみて、ジ○ンプ自体が低年齢化しているような気がしました。
私が読んでいた頃は、ターゲットが高校生から大人でした。
(私は中学~高校にかけて読んでいましたが。)
今はいくつくらいが対象年齢なんでしょうね。

でも、そんなのお構いなしで息子と一緒にJOJOは読んでいます。
最初一緒に読んでいた旦那は、早々に「流血シーンが多くて読めない」って脱落しましたが…。
(彼、「すすめ!!パイレーツ」しかジ○ンプコミックス購読歴がないのです。)
ま、いっか~。汗

ジャンプ表紙←ラーメン屋のジ○ンプのように使用感いっぱいのうちのジ○ンプ。
このくらい真面目に教科書も読んで欲しい。(いつも言ってるが)

普段片付けなんかめったにやらないくせに、これらはちゃんと本棚にならべてるんですよね。
いったい何冊取っておく気なんだろうか。
ちょっと怖い。

映画『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ』

今日は、この夏のポケモン映画、『劇場版ポケットモンスター/ダイヤモンド&パール アルセウス 超克(ちょうこく)の時空へ』を見てきました!

というか、見させられました。

子ども会の“夏の行事”=映画、の担当だったので・・・。

こちらでは、毎年地区の子ども達40人弱を引率して映画を見に行くと言う行事があるのですよ。

子ども達は子ども会費で入場料は無料ですが、大人は自腹なんですよ。

これで面白くなかったら、どうしてくれよう・・・、と思って行ったのですが、これが今年は意外と面白かったです!!

自分史上最高に萌えたポケモン映画はなんと言っても『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』でしたが(主従萌えの方にオススメ!たかがポケモンとバカに出来ませんよ~。アーロンは山ちゃん、ルカリオは浪川さんでした)、最近のポケモン映画は、勘違いや思い違いをした暴れん坊ポケモンたちがあっちで激突、こっちで激突するだけなイメージだったんですが、今年はちゃんとストーリー性がありました!←暴言

しかも、主役?のアルセウスの声が、三輪明宏さんだった…!!

何気に豪華な声優さんを使うので注目のポケモンなのですが、今年はあまり期待していなかったこともあってキャストを知らずに行ったので、すごくびっくりしてしまいました。

しかも、さすが!聞いてすぐにわかるお声。
前の席のお母さんが、「もの○け姫みたい」と言っていて、ちょっと笑っちゃいましたが。笑

息子は帰って来てから、「アルセウスの声、渋いよね」と言ってました。

ええ、たしかに、三輪さんのお声は渋さの中に神々しさがあってよかったです。

まさに、「アルセウス、光臨!」って感じでした。笑

個人的にはダークライのへいちゃんよりは、すんなり耳になじみましたね…。汗
そんな大物を使う理由がいまひとつわかりませんが。←対ミ○ザキ?

まあ、今回残念ながら(?)萌えは見出せませんでしたし、楽しみにしていたコジロウ(三木さん)もあまり(というか、ほとんど)活躍しなくて残念!
と思ってしまったのですが、その分グレッグル(小西さん)がスクリーンでもタケシをドついてくれていたので、よしとしましょう。笑

ところで。

今日の行事では管理上の問題からDSは持ち込み禁止にしたので、アルセウスゲットのために、また息子だけ見に行かせないといけないという…。

それってなんだかなあ。

山田ユギ/英田サキ『たかが恋だろ』(ミリオンコミックス)

フェロモン立ち昇るこの表紙には、思わず足が止まっちゃうわ!

ということで、英田サキさん原作、山田ユギさん作画『たかが恋だろ』を読みました~。

たかが恋だろ (ミリオンコミックス  Hertz Series 61)倉田泉巳は、ある朝思いがけない男と再会を果たす。それは中学時代の親友であり、卒業式の日に理由も告げずに自分を拒絶した男、高津戸真だ。
何事もなかったかのように振舞う高津戸に、泉巳は戸惑いながらも嬉しくもあった。
一方、義兄の椹木とは良好な関係を築きつつも微妙な緊張感を抱いていた。そんなある日、高津戸は椹木に嫉妬のようなものを見せるのだが・・・。

------------

原作が英田サキさんで、作画が山田ユギさんとは。

小説とコミックにおいての2大大御所を持って来た、BL業界における夢のコラボレーション

な、この作品。

意外とファンの皆さんの評価が厳しく…ないですか??汗

でも、そんなのこの表紙を前にしたら怖くなーい☆

しかも、帯は石原さんだもの!

と、いそいそと買って参りましたとも。笑

ああ、『HertZ』の表紙も素敵なんですよね~。
ウットリ♡

HertZ VOL.25  (ミリオンコミックス)HertZ VOL.29 (ミリオンコミックス)

2人の美味しい部分のいいとこどり!?

微妙で切ない男心を堪能しました!

大竹とも/木原音瀬『恋について』(プラザコミックス)

BLとは思えないこの表紙に驚き、そしてそのセンスに感動さえ覚えます。

ということで、大竹ともさん画/木原音瀬さん原作、『恋について』を読みました!

恋について (プラザCOMIX Hollyシリーズ) (プラザコミックス)-君みたいな女の子がいればよかった。-
ブライダルコーディネーターの朝霞武史は、初めて結婚式を担当したお客様、笹川吉郎と一年ぶりに再会した。
朝霞のミスを笑って許してくれた、優しく、互いを慈しみ合っていた笹川夫婦は、朝霞にとって理想の夫婦だった。
再会をきっかけに、笹川と居酒屋で顔を合わせるようになった朝霞は、黙って話しを聞いてくれる穏やかな男と過ごす時間が好きになった。
そんなある日、泥酔した笹川を送っていったマンションの部屋で朝霞が見たものは・・・。
大人の恋の切ないラブストーリー。

ergo掲載原稿に大幅改稿+ラブラブ描き下ろし収録。
木原音瀬の小説世界の男たちの人間関係や感情の流れを忠実に追い丁寧に描いた漫画化第一弾!

----------

木原作品への耐性を作ろうと(?)、とりあえず読んでみた『ergo』の中で、一番気になった作品がこれでした。
(次に気になったのは深井さん作画の「さようなら、と君が手を振った」と、木原さんの描き下ろし短編でしたが)

あまりに普通の男たちが、その恋について悩み苦しみながら、ひとつの答えを導き出すまでの作品。
木原さんの原作にしては、かなりふつうです。
(いや、初っ端から片方に妻がいたりするのはかなりふつうじゃないか。汗)

特に大げさな事件が起きるわけでなく、ひょいと芽生えた恋心をもてあましてウダウダする、どこにでもいるようなふつうの男2人の心象をとても丁寧になぞっていく。

その展開にかな~り焦れ焦れさせられながらも、それゆえに!
その行く末をちゃんと見守らねば!!

という気持ちになりますよ。笑

「恋って、ホントにやっかいだよ」

なんてつぶやきながら、大竹さんの味わい深い作画をじっくり楽しんで頂きたい作品です。

韓国映画「アンティーク~西洋骨董洋菓子店」を見てきた

チュ・ジフン逮捕(関連記事はこちら)のあおりを受け地方では上映中止が危ぶまれていた中、S台では無事に公開されましたよ。

ということで先日、よしながふみさん原作の韓国映画『アンティーク』を見てきました!
(公式サイトはこちら

韓国映画「アンティーク」ポスター幸せな時に、人はケーキを食べる。
ほろ苦い人生を少しでも甘くするために─。

静かな町にひっそり佇む、小さな洋菓子店'アンティーク'そこに集まる4人の美しい男たち・・・それは、甘くてミステリアスな物語の始まりだった─。

甘いものが苦手で、実は財閥の御曹司であるジニョク(チュ・ジフン)は、突然務めていた会社を辞めて'女にモテそう'という思いつきで洋菓子店を始める。パティシエとなったのは、とびきり腕がいいにも関わらず働く店ごとに恋愛トラブルを起こしてしまう'魔性のゲイ'ソヌ(キム・ジェウク)。元ボクサーで甘いものに目がないキボム(ユ・アイン)や、ジニョクの幼なじみのスヨン(チェ・ジホ)も加わり、一風変わった'アンティーク'での毎日が始まる。
しかし、多くの人が極上のスウィーツと、美しい男たちに魅了されてゆく中、町では連続誘拐事件が発生する。そして、次第にオーナー・ジニョクの隠された過去が明らかになり始める・・・。

【キャスト】
チュ・ジフン ・・・ ジニョク役 (富豪の二世、アンティークのオーナー)
キム・ジェウク ・・ ソヌ役 (魔性のゲイ、天才パティシエ)
ユ・アイン ・・・ ギボム役 (元ボクサー、見習いパティシエ)
チェ・ジホ ・・・ スヨン役 (不器用なウェイター)

【監督】ミン・ギュドン
【原作】よしながふみ
【製作国】2008年韓国映画
【上映時間】1時間51分

-----------

ま、とりあえず、見られてよかった。

と、いうのが正直な気持ちです。笑

だって今後のDVD化は正直難しい…。
ですよね?汗

レディースデイに行ったので、女性客が大半でしたが、その平均年齢がけっこう高くて驚きました。
しかも、小さな映画館だったのですが、9割方座席が埋まっていてこれにはびっくり!

50代くらいの女性グループで来てる方が圧倒的に多く、「韓流」好きな人がたくさん来てるんだろうな~、と予想出来ました。

が、内容わかってて来たのかしら…?汗

ともかく、ネタバレ&ちょっと(かなり?)ビターな感想です。

『デコイ』&『交渉人は疑わない』連動小冊子【さくら】

先週、『デコイ』&『交渉人』シリーズの全サ小冊子「さくら」が届きました!

これまた引越しの住所変更をお願いしたものだったので、無事に届いて嬉しいです。
ご担当者さま、ありがとうございました♪

デコイ&交渉人連動小冊子「さくら」当初4月発送予定だったものが、5月になり、6月になり…。

とうとう、7月に入ってしまったので、正直「どうなの?このテーマ」と思いましたが、いろんな大人の事情があったのでしょう。笑

桜の花びら舞う表紙がすっごくラブリーなこの冊子。

一体ぜんたいどうしちゃったのかしら…?
と、しばし訝しがってみる。笑

だって、どっちのシリーズにも、この表紙が似合うような、可憐なキャラが見当たらないじゃないですか。←暴言(あ、智紀がいたか)

小説では芽吹たちと那岐たちが、作品中でちょっとだけリンクしています。

では、以下かなりネタバレな感想です!

夏目イサク原作BLCD『どうしようもないけれど』

ヤッベ。
ジャケットのピンキー島野が、かわいすぎる…!!

ということで、夏目イサクさん原作BLCD『どうしようもないけれど』を聴きました!
(原作の感想1巻はこちら、2巻はこちら

どうしようもないけれど CD容姿・頭脳・家柄--三拍子揃ったお坊ちゃま、島野の唯一思い通りにならない相手、それが上司の黒川だ。ムカつきつつも共に仕事をするうちに、島野は黒川の素顔にふれ、次第に彼に惹かれてゆく。黒川も島野を憎からず想っているようで、やがてふたりは身体を重ねる関係になるが……?

【キャスト】
(黒川) 楠大典×武内健 (島野)/福島潤(山森)/ 平松晶子(冴子)

※78分05秒 トークあり


----------

これをぜひ!とオススメして下さった和吉さん。
ありがとうございます!
おかげ様で、ものすっごい堪能しました!


まず何がいいって、黒川役の楠大典さん!!
すっごい美声!

黒川っていうと、ついつい○ロっぽい雰囲気が抜けなく、無意識に中井さんを想像してしまっていたせいか、ディアプラスの付録CDで聴いたときには、いまいちこう、ピンと来なくって…。

でも、前言撤回します!

部下の信頼厚い、頼れる兄貴っぽさよし。
大人の男の雰囲気醸す、哀愁感よし。
そしてもちろん、甘い低音響く、攻めっぷりよし。

非の打ち所がありません!!

ハマリ役!!

しかも、普段は余裕しゃくしゃくの黒川が、島野のピンクオーラ噴出(?)を心配してハラハラするところなんかは、アワアワしていてかわいいし。笑

会社にこんな先輩がいたら、絶対一緒に飲みに行きたいと思ってしまいました。←のぞみちっさ!爆

もう、最初お名前はなんて読んだら…みたいな未熟者で、ホントすみませ~ん!汗
(これ聴いた後で、『毎日晴天!』シリーズの大河役と知り、すごく納得してしまった。)

これからも、どんどんメインでBLCDに出て欲しいです

そして、みんなのツンデレ王子・島野役には武内健さん。

この役ではいつもより、かなり低いトーンですよね?

武内さんの中での島野は、26歳&ぼんぼん&会社の跡取り、なイメージだったのかも。

嫌いじゃないけど、ちょっと落ち着きすぎ?って感もありましたが、島野のツンツンデレデレな表現はさすが!!

お約束の
「ば・・、ばッかじゃねェ!?」(〃゚⊿゚〃)
に正直、萌え。笑

最初は違和感ありましたが1枚聴き終わるころには、すっかり耳に馴染んで、お坊ちゃんらしい凛々しさが、かわいく思えてきました。

で、珍しくフリトがすっごいあっさりしてるんですけど(約1分半)、楠さんの「ツンツン」発言には笑いました!

夏目さんの現時点では代表作であろう、『どうしようもないけれど』。
原作のノリのよさがとてもいい感じで表現されていて、とてもテンポよく楽しめる作品でした。

1巻の8割くらいしかカバーしていないので、ぜひ続編も作ってもらえることを期待してます!

わたしの秘密の箱

引越し後、うまいところに片付かない私の「秘密箱」が1個あります。

いつも無造作に旦那の書斎のタンスの横に置いてあるのですが、
一応カモフラージュに普段着を放り込んだ籠を上に乗せてあるのです。

でも今日、ふと見たら…

児島かつら同人誌

↑蓋が開いてる・・・!?∑q|゚Д゚|p

しかも、ご丁寧に籠も横にどけてあるよ…?

ちょ・・・

一体誰のしわざ…!?

そのタンスの横にあるPCデスクでは、いそいそとゴルフバックを
ネット通販している旦那の姿が。

「お前か…?

お前なのか…?」


聞きたいけど、聞けないッ…!!(o>艸<)

結局、そ知らぬふりをして、そっと蓋を閉めました…。

でも、まだ見えてるのが
普通っぽい表紙の薄い本でよかった!!
※児島かつらさんの同人誌「Happy END(1)」です。

ちなみに中身は、BLCDと薄くて高い本でギッシリなんですが、
とりあえずこれは助かったと思うべき…なのか?

でも、よっく見ると表紙に思いっきり
「R-18」って書いてあるけどな!!涙

果たして、逆の蓋が開けられていない保証はないのですが、
確かめるすべもありません…。

ひょっとしたら、この部屋でしばらくPCゲームに興じていた
息子の可能性もあるし。
(最近人の蔵書を荒らすようになってきた。チッ)

いずれにしろ、わざわざ確認する勇気は…ないので、
この問題はこのままスルーしたいと思います。

って、いうか、そんなとこに置かないで、早く片付ける場所を作れって?

ごもっともです~。汗

「読書メーター」で読了本記録 2009年6月分

雨音に囲まれる中、閉ざされた空間で作品の世界に没頭するのは、至福の時です。

低気圧による頭痛さえ起きなければ…。涙

ともかく朝起きて一番に耳に入る音が雨音だと、一気にモチベーションが下がって、その日の引きこもりは決定します。

もともと外出しない方だから、たとえ一日中家から出なくてもぜんぜん平気なんですよね。

そのおかげで読書もはかどった…??

体調不良で1冊も読めない日もあったんだけどな。汗

と言うことで、レンタルコミックの活用がきいている2009年6月の読了本記録&独りよがりな感想です!

2009年6月購入

梅雨に入ってから体調を崩したりして、更新がままならないことも多かった6月も終わり、もう7月です!

S台に越してきて早3ヶ月。
なんだかあっと言う間でした~~。

越してきた当初は近所のK伊国屋書店が便利だったので愛用していましたが、ちょっとずつS台の書店地図が頭に入って来て、今は10日に1回くらい地下鉄で出かけて行って、「らし○ばん」やブクオフS台西口店、兄友などをめぐっています。

あと、休日に車で出かけて中古書店の看板を見かけるたびに、覗いている感じ。←やってることはT京時代と変らず。笑

そんな中、品揃えでびっくりしたのは「喜久屋書店漫画館・仙台店」!

ビルの1フロアになんとコミックが10万冊!!

ベンチも配置してあって、お試し巻は立ち読みも自由。
新刊から既刊まで、中身を思う存分にチェック出来るのですよ~~

まさに、漫画読みにとっての天国

ポイントカードもあるし、なにより品揃えがいいので、発売日が近い作品はなるべくまとめてここで買うようにしています。

でも、いつ行っても学生さんから大人まで、みんな真剣に漫画を読んでいるのですが、実は私は緊張してしまって、その中では立ち読みが出来ません…。

なんていうの??
こう、立ち並んで漫画をむさぼり読む皆さんから立ち上がる、「俺こそが(私こそが)、この中でも1番の漫画好きだぜ!!」みたいなオーラに圧倒されてしまって…。←ただのヘタレ

あと、みんなが手に持っている作品に注視して、「なんだそれ?面白いのかよ?」みたいな視線が刺さってくる気がする。←被害妄想??

いや、実は私がそんな視線を不躾に送っているんですけれど。

真剣に作品に取り組む姿は、老若男女を問わず美しいわ。←自己弁護…?

とまあ、そんなわけで、2009年6月のいきあたりばったりお買い物控えです!

【BLCD】

Unit Vanilla 「SASRA2」 「SASRA.3」
山田ユギ 「最後のドアを閉めろ!」※1

※1 ずっと欲しかった絶版分を入手。まだ聴けてないが。嗚呼。

【BLコミック】

basso 「Gad Sfortunato」 (新刊)
扇ゆずは 「レオパード白書1」(新刊)
大竹とも/木原音瀬 「恋について」(新刊) ※2
高口里純 「暗殺者は魚を嫌う」「不思議は何で出来ているか」全2巻
びっけ 「真空融接 春」
ミエノサオリ「花影の記憶」(新刊)
明治カナ子 「惑溺趣味」(新刊)※3
本仁戻 「耽美主義」(新刊)
ヤマダサクラコ/Unit Vanilla「薔薇とライオン1」
わたなべあじあ「あいしてベイビー」「キャンディ」「蝶よ花よ」「楽園のペット」※4
麻々原 絵里依 「下宿日和」

※2 これは素晴らしい出来でした。
※3 オッサンによる腐女子(腐男子)のためのオッサンの本。
※4 わたなべあじあさん、初挑戦。なんだかこういうテイスト自体が久しぶりで、予想以上に楽しめた。

【BL小説】

松岡なつき「FLESH&BLOOD 13」(新刊) 
Unit Vanilla「SASRA 2~4」
榎田尤利 「largo」「青い鳥 眠る探偵Ⅳ」「神様に言っとけ」「無作法な紳士」
木原音瀬 「眠る兎」
吉原理恵子「二重螺旋」「愛情連鎖―二重螺旋2」※5

※5 変らぬ吉原節にクラクラ。もうそろそろ出る(出た?)3年ぶりの新刊のため、3も読まないと!

【一般コミック】

樹なつみ 「八雲立つ 文庫3」
尾田栄一郎「ONEPIECE 54」(新刊)※6
佐々木倫子「動物のお医者さん 文庫1~5」
杉本亜未 「ファンタジウム 4」(新刊)※7
ひぐちアサ 「おおきく振りかぶって 12」(新刊)
末次由紀 「ちはやふる 5」(新刊)
緑川ゆき 「夏目友人帳 4、7」
小畑 健/大場つぐみ「バクマン。 3」(新刊)
渡瀬 悠宇 「櫻狩り 中」 ※8

※6 こんなに巻数重ねて、さらに面白い。驚愕。
※7 楽しみすぎて読むのがもったいなくて寝かせてます。汗
※8 BLを描きたいのでなければ、テーマは一体…?最終巻を待ちます。

【レンタルコミック】

岡本倫 「ノノノノ 1~5」
枢 やな 「黒執事6」
岸本 斉史 「NARUTO 46」
山崎 紗也夏「シマシマ 1~4」
いくえみ綾 「潔く柔く 1~9」
青桐ナツ 「flat 1~2」
若杉 公徳 「デトロイト・メタル・シティ 1~7」
二ノ宮知子 「のだめカンタービレ 10~21」(感想はこちら
小川彌生 「君はペット 1~14」

以上、BLコミック16冊。一般コミック14冊でした。

そして、なんとレンタル数が55冊!?
我ながら借りすぎじゃね??汗

でも、置き場に悩まされずに存分に読めるってのはいいですね~♪
しばらくレンタルにハマると思います。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad