2008年10月

  1. 2008/10/31 や○いの師匠と「GOLD」の表紙の関係
  2. 2008/10/30 自分取扱い説明書バトン
  3. 2008/10/29 Yahoo!コミック【ネオ・ロマンティック特集】に思うこと
  4. 2008/10/27 恋煩シビト「図書委員の恋」(POE BACKS Babyコミックス)
  5. 2008/10/26 小玉ユキ『坂道のアポロン 2』(フラワーコミックス)
  6. 2008/10/23 111111HIT☆記念【BL好きに100の質問】にトライ!
  7. 2008/10/23 日向せいりょう「独占欲」(ドラコミックス)
  8. 2008/10/16 深井結己『はつ恋ものがたり』(花音コミックス)
  9. 2008/10/10 天禅桃子「青空の澄んだ色は」 (ミリオンコミックス)
  10. 2008/10/09 枢やなさん原作アニメ『黒執事』を見てみる
  11. 2008/10/08 杉本亜未『ファンタジウム 3』(モーニングKC)
  12. 2008/10/03 アニメ「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」レシピ12“永遠の後味”
  13. 2008/10/02 ヤマシタトモコ『イルミナシオン』(mellow mellow COMICS)
  14. 2008/10/01 「読書メーター」で読了本記録 2008年9月分
  15. 2008/10/01 2008年9月購入

や○いの師匠と「GOLD」の表紙の関係

先日、や○いの師匠Hちゃん宅に3ヶ月ぶりにお邪魔して来ました。

子どもたちが学校や幼稚園に行っている隙を狙って、数ヶ月に1度くらいの割合で開いている「萌えバナ(話)の会」開催のためです。

今回は夏前からずっとお借りしていた『鋼の錬金術師』のアニメシリーズ全51話を録画したビデオと、映画のDVD(『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』)、さらに最近彼女がハマっている「おお振り」和準本数冊も返却して来ました。

ハガレンアニメは原作とは内容がかなりちがうと聞いていたのできちんと見たかったんですが、結局息子が自分のペースで見てしまっていたので、4割くらいしか理解出来ていないかも…。
でも、2009年に新シリーズも始まることだし、あまり長時間お借りしているのも申し訳ないので、お返しすることにしました。

いつもサンキュー!!Hちゃん!!

Hちゃんは自他共に認めるハガレン(というかヒ●ーロイ)好き。
アニメ放映当時2歳だった下のお子さん(お嬢ちゃん)が道路のマンホールの蓋を“錬成陣”に見立てて、パンッと手を打ってからおもむろに両手をついたという「あなたの娘ならいかにも!」な逸話が頭から離れません。笑

で、今回も数ヶ月ぶりに互いの萌えを赤裸々に、声高に、語りあっていたわけですが、そのうち珍しく彼女が鼻息も荒く愚痴をこぼし出しました。

「まったくホントに参ってんだよね~~、これ見てよ~!」

と、目の前におもむろに取り出したもの。
それは…

自分取扱い説明書バトン

あわわわわ~!
人生で初!!
和吉さんからバトンがまわって来ました~!

この年になりますと初体験も減ってくるものなので、謹んでお受けしたいと思います。笑

そんなわけで素直な気持ちで『自分取り説バトン』にトライです!


■自分取り扱い説明書バトン■
お客様に本製品【自分】を説明しましょう

本製品名     papico
対象年齢     全年齢
適正動作環境  半径1m以内にマンガがある空間
製造元       東北地方
製造日       世界禁煙デー
保証期間     生涯保証
価格        お手頃価格


【以下の動作方法】
話す:波長が合いそうな方とは初対面から語りたがります。 
誘う:小心で自分からは誘わないけど誘われ好き。体が空いていれば飛びつきます。
笑わせる:広くツボが分布しており、押されるとけたたましく鳴り響きます。
泣かせる:死に別れ、生き別れ、生い立ちモノで涙腺が崩壊します。     
怒らせる:怒りの沸点は低いですが、一晩寝たら忘れます。
謝らせる:「ありがとう」より「すみません」を多く口にします。
倒す:好きな作家さんの新刊出版延期情報で200ダメージ。   
相談する:金銭面以外なら真摯に対応します。
騙す:素直なタチなので、あっさりこまされます。
味方にする:頼まれたらとりあえずイヤとは言いません。
服従する:鎖に繋がれると死んでしまうタイプ。
     

【メンテナンス】
エネルギー:各種マンガ、小説、アニメ、萌え声、お昼寝で急速チャージ
ケアの仕方:定期的に「萌え」を与えないと爆発の恐れあり
故障してる例:昨日読んだ本の内容が思い出せない、人が呼べないほど家にBLコミックを山積させている、など主に神経系統に顕著な兆候あり
故障かな?と思ったら:しばらく状態を観察し、「ヤバイな」と感じたらお客様センター(コメント欄等)に速やかにご連絡ください。
修理の仕方:現在定期的な保守点検(蔵書整理)の必要性を実感中


【本製品に関するお問い合わせ(回す人)】
人数の指定とかって、あるんでしょうか??
ご興味のある方、どうぞご自由にお持ち帰りください~!

Yahoo!コミック【ネオ・ロマンティック特集】に思うこと

うわ~、やっぱり私のBLのアンテナって変な方向に向いてるんだなぁ。

と、しみじみしてしまったのは、Yahoo!コミックで配信中の【キュート&スイートな男の子たちがいっぱい!秋風にときめきを感じて…ネオ・ロマンティック特集】(副題長いよ!)を見たからです。

甘く切ない少年たちのラブストーリー』、『好みのイケメン・カップルで選ぶ!ドキドキストーリー!』、『Yahoo!コミック先行配信!7年の時を経て復刊のファン待望作』、『ネオ・ロマンティック界の永遠の名作&人気作品』にカテゴライズされ、おススメBLコミックが無料試し読み1200ページ以上との魅惑的なフレーズとともに紹介されております!

が、なんと言うことでしょう…。

紹介されている28作品中、これまで読んだことのある作品が…
たったの7作品だった~!!Σ( ̄ロ ̄lll)ガガーン

4月にYahoo!で特集された【男子にも読ませたい!少女マンガ特集】(感想はこちら)でも、多少BLが紹介されていたのですが、その時も全然自分の嗜好と違っているなあ、と感じてましたが…。
それはYahoo!コミックの担当の方との意見の相違かと思ってたんですけど、もしや違った…?

私ッたら、BLチョイスの指針が、世間さまとよほどかけ離れているのかしら…??汗

でもそう言えば、昨年暮れに出版された『このBLがやばい! 』(宙出版/Next BOOKS)(感想はこちら)を読んだ時も、そのランキング堂々1位だった志水ゆきさんの「是―ZE」を未読だったというイタイ過去がある。
ぬ~~ん(-_-;)

好きな作家さんにこだわってしまったり、積極的な新規開発に二の足を踏んだりと、確かに腐女子としてはパワー不足は否めません。
そもそもイベントに行けないってのがダメっぽさ全開なんですが。汗

この情報収集力の低さが、多くの面白い作品を取りこぼしてるんだろうなぁ。
とりあえず、お試し読みから見聞を広げて行きたいです。
ハイ。

ところで、この「ネオ・ロマンティック」って呼称、世間では一般的なんでしょうかねぇ??

恋煩シビト「図書委員の恋」(POE BACKS Babyコミックス)

世の皆さまがJ庭で盛り上っていらした頃、一人ひっそりとこちらを読んでおりました。

ということで、恋煩シビトさんの「図書委員の恋」(POE BACKS Babyコミックス)を読みました!

図書委員の恋
「カンっていうか、確信だね
 君は男を好きになる。」

高校2年の夏、親友に彼女が出来た。
この気持ちは何!何!何!!
自分に好意を持つ男が現れた。女々しい奴。
この嫌悪感は何故、何故、何故!!
やがて出会った1冊の本が導いた答えとは――…。
多感期の主人公が、自らの性嗜好に動揺し
周囲や自分を傷つけながら成長していく姿を
風情豊かな筆致で描く。

■初出■
図書委員の恋…Baby VOL.1
それは真心でした…Baby VOL.4
僕のハートの切り抜きは…Baby VOL.5
冷たい手は君の中に…Baby VOL.0
青少年髭漂流記…Baby VOL.2
夏の終わり…Baby VOL.3
花村君頑張ってね♡ ~幸せになぁれ~…描き下ろし
あとがき…描き下ろし

---------

うう~ん、これは面白かった!

表紙を見た時は当たりかハズレかちょっとわかりかねましたが…
タイトル的にも読んでみたかったし。

結果、私としては当たり!でした。
表紙買いがあたった時ほど嬉しいことはありません。

作者名からしてもう面白い。プププ。

絵柄は鈴木ツタさんっぽい感じ?
ざっくりしたデッサンの中に、時にドキッとさせる妖艶な表情が潜んでいます。

それが妙によい~♪

学生さん(高校生も大学生も)中心で、カップリングはさまざま。
おおむね青春モノって感じです。

お話としてはエロも少なく(0ではない)、BLにしてはなんかこう、「もっとそっち方面を具体的にお願いします!」とでも頼みたくなるようなものばかり。

でも、気持ちにしっかり残ります。
不思議と何度も繰り返し読みたくなる1冊です。

小玉ユキ『坂道のアポロン 2』(フラワーコミックス)

ああ、恋とはなんとままならないものなのかしら。

と言うことで、小玉ユキさんの『坂道のアポロン 2』(小学館/フラワーコミックス)を読みました!

坂道のアポロン 2 (2) (フラワーコミックス)
―1960年代を舞台に描く、友情と恋と音楽の日々!
66年、九州。転入した高校で不良の千太郎(せんたろう)と出会った薫(かおる)。千太郎に振り回されながらジャズを知り、律子(りつこ)に恋をし、すべてが初体験の日々の中、3人の関係を変える出来事が次々と…! 眩しくてほろ苦い、直球青春物語。
<同時収録作品>インターチェンジ

[flowers]2008年4月号~2008年8月号掲載

----------

楽しみにしていた2巻です!
1巻を凌ぐ勢いで面白かったです!(1巻の感想はこちら

ああ、こりゃもう、なんと言ったらいいのか…。
この作品全体が愛しくてたまりません!

私にもまだこういった作品を純粋に楽しめる気持ちが残っていたようで、ほっとした、みたいな。笑

5月に1巻が発売されたあと、7月にasahi.com『漫画偏愛主義』で取り上げられたので、きっとその後一気に読者を増やしたのではないかしら?と思います。

月刊 flowers (フラワーズ) 2008年 07月号 [雑誌]
←月刊 flowers (フラワーズ) 2008年 07月号表紙

1巻のラストで登場した美女をめぐって、千太郎、薫、律子(左の眼鏡が薫、真ん中のバンカラが千太郎です)の関係に変化が訪れます。

少女マンガでは、これまで恋する葛藤を通して少女が成長する物語が数多く描かれてきたと思うのですが、この作品は薫視点で描かれていることもあり、少年が恋を経験することで大人になっていく様がとても丁寧に描かれていて、そこが新鮮だと思うのです。

小玉ユキさんは、これまで人魚や白鳥などのちょっと変わったモチーフをご自分の作品に取り入れて来て、またそれが個性の作家さんですが、今回のように多感な時期の青少年の「恋愛」を真正面から描くにあたって選んだ背景が「1960年代の長崎」だったことがとても興味深いです。

この作品に必要だったのは、きっとこの時代の「空気感」。
だから、それが「リアルじゃない」としても、それはそれで構わないと思うのです。

彼らの繊細な心の動きに、きっと誰もが“恋するときめき”を思い出せる。
しばらく少女マンガから遠ざかっている方にも、ぜひ読んでみて欲しい作品です!

111111HIT☆記念【BL好きに100の質問】にトライ!

先日おかげ様で10万ヒットを数えましたこのブログが、今日の昼間にめでたくゾロ目を更新しました~!重ねてありがとうございます

と言うことで、10万の時は無企画でしたので(汗)、機会があればやってみたかった「100質」に挑戦してみました。
次のゾロ目はいつになるか皆目見当もつかないですしね!

恥はかき捨てな勢いで参りたいと思います。では、


【BL好きに100の質問】

1. ハンドル、お持ちならサイト名をどうぞ。

   HN : papico
  サイト :「漫画読みの読書感想ブログ~記憶の引き出し」(長ッ!)
 
2. 所在地、お誕生日、血液型は? 

 都下在住、5月末日生まれ、典型的なB型です。

3. 自分の長所と短所は?

 長所:ケンカをしても後をひかない(って長所?)
 短所:時にものすごくネガティブ思考


・・・と以下延々続きますので、お時間を持て余していらっしゃる方のみどうぞお付き合い下さいね。

日向せいりょう「独占欲」(ドラコミックス)

またまた表紙の学ランにつられて手を出しました。

と言うことで、日向せいりょうさんの「独占欲」を読みました!

独占欲 (ドラコミックス 167)
かつて恋人だった男の弟・小田と、赴任先の高校で出会った教師の市倉。成績優秀で生徒会役員も務める小田から、市倉は元彼との関係をネタに脅迫されてしまう。それは、調教という名の淫蕩な日々の始まりで...? 鬼畜。ヘタレ。ツンデレ。眼鏡にクールビューティー! 萌えを追求した著者ファーストコミックス!!

■初出■
[独占欲]…drap’07年11月号
[アナタにご奉仕したいのです]…drap’06年10月号
[なつくんじゃねぇ!]前後編…drap’07年6・7月号
[もう一度あなたに伝えよう]…drap’08年1月号
[独占欲]番外編/[あとがき]…描き下ろし

------

最初てっきり、高校生同士のお話だと思って買ったんですけど、実は…

高校教師と生徒だった!!

オーマイ・・・!!
でもたしかに、淡いピンクのシャツにオレンジのベストが制服の高校ってなかなかないかもな。うん。

さらに冷静になって見れば、学ランが妙に老け顔ではないかしら。
これなら25歳大学院生でも、通用するかと。←どこで?

とりあえず、このところ無意識に「先生と生徒」ものにハマッているようです。

帯に初コミックスとありましたが、実はすでに2冊目(『大嫌い!!でもホントはネ…』 (花音コミックス)) も出ている作家さんでした。(同人ではリボランで有名みたいですね!髪型的に納得。ヒバだけど。)

同人出身作家さんらしく、絵が丁寧でキレイでとてもお上手です。
なんとなく天禅桃子さんと紺野けい子さんと高久尚子さんを足して割ったかのような見映えかと。←足しすぎ?
睫毛ぱっちり&ぽってりリップがとってもツヤツヤグロッスィ~なんですよね~。

短編集なので、さらっと読みたい時におススメ!
他のドラコミックスに比べてなんとな~く薄いような気もしたり。

ともかくこのSな学ラン君によって「丁寧語の言葉責め」に弱いことを再認識させられました!!

深井結己『はつ恋ものがたり』(花音コミックス)

いい眼鏡発見~!!

ということで、深井結己さんの『はつ恋ものがたり』(芳文社/花音コミックス)を読みました♪

はつ恋ものがたり (花音コミックス)
超山奥にある全寮制男子校。数学教師の荒塚香は、「氷の教師」と恐れられていた。
他人との接触を嫌う香はもちろん恋愛さえもしたことがない。そんな時、医務室で謎の大男・鈴木晃太と出会う。トラブルから職員寮の彼のベッドで一夜を過ごすことになった香は、その夜初めて他人の手でひとりHをするハメに…!? 大人テイストな教師セクシャルラブ! 描き下ろし後日談も甘々セクシー★

--------

もともと保守的な私がかなり頑張って作家さんの新規開拓を続けて数ヶ月。
この作品を読みながら、あまりの面白さにこんなに素晴らしい作家さんを見逃していたとは~!!
と、後悔したのですが、あれ?
実は以前にも深井さんの作品は読んでいましたよ。

それは『君が居る場所』 (バンブー・コミックス)。
表紙はとても印象に残ってるのに、肝心な内容をどうしてぜんぜん覚えていないのか?
小さい子を残して奥さんの死んでしまった夫の元に、昔の友人があがりこんで来て…、とかだったかな!?
確認したくとも残念ながら今手元にも残っていませんが…。汗



『はつ恋~』に続けて2009年1月にCD化が決定した『その唇に夜の露』 (花音コミックス) も読んでみました。
(声優さんが豪華なCDの詳細はこちら

こちらの作品は「いい!」とのうわさを耳にしながらも、BLらしからぬ表紙のオドロオドロしさから勝手に敬遠していたんですが、そちらも実は大変BL的スイートな展開で、この方実はこの手のシチュエーションが非常にお好きなのね~、と実感。

でもって「そんなんありえないよね!?」っていう展開を、いつの間にやらラブ路線に持ち込むお話の上手さに感心しきり。

昔からのファンの方には「何を今さら…」だと思いますが、その辺は御理解いただいて(?)眼鏡でツンドラな先生にもうメロメロになりました!

天禅桃子「青空の澄んだ色は」 (ミリオンコミックス)

純愛」と書いて「ピュアラブ」とルビを振りたくなる。

ということで、天禅桃子さんの『青空の澄んだ色は』(大洋図書/ミリオンコミックス)を読みました!

青空の澄んだ色は (ミリオンコミックス)
―何があっても君を必ず守るよ―
教師を目指す杉浦秀は、講師として小学校に赴任する。
そこで、秀が小学校の時担任だった深田龍二と再会する。秀にとって、深田は憧れの人であり、心の支えだった。
再び会えたことに驚く秀だったが、昔の印象とは違う深田に戸惑いを感じる。
しかし、次第に深田への想いは形を変えていき・・・

■初出■
青空の澄んだ色は→CRAFT vol.28-29,31,33-34 2007
WAVE→描き下ろし

--------

表紙の鮮やかなブルーに惹かれて手に取りました。
こないだ出ていた『wonderful days?』(コアマガジン/ドラコミックス)は未読なのですが…。

多くの方が「前作よりよかった!」と絶賛していますね。
そして皆さん異口同音に「ピュア」な作品だと仰る。

たしかに、そのひと言に尽きるかと…。

出会いが小学生と新任教師っていうのが新鮮!!
BLにしてはXXシーンがほとんどなくて新鮮!!
年下教え子攻めでなくて新鮮!!
ムッサイヒゲオヤジが恋して小ぎれいになっちゃうのが新鮮!!

なんだかどこをとってもイチイチピュアフレッシュ!
恋するって素敵だな、と思わせてくれる1冊。
秋の夜長、心にじんわりと染み入るラブストーリーを読みたい方におススメです!

枢やなさん原作アニメ『黒執事』を見てみる

アニメ化記念?で、池袋ジュ●ク堂B1Fに、記念撮影用のパネル(観光地によくある顔の部分がくり抜いてあるヤツ。シエルとセバスチャンで、もちろん穴は2個!)があったのを見た時は、驚きで腰が抜けそうになりました…。
驚きのあまり写真を撮るのを忘れたことを、非常に悔いております。

ということで、やっとアニメ『黒執事』を見ました~!

アニメ 黒執事
■TVアニメ「黒執事」公式サイトはこちら
【放送局】MBS、CBC、TBS、東北放送、静岡放送、中国放送、熊本放送、北海道放送、山陽放送、RKB毎日放送

【スタッフ】(※敬称略)
 原作:枢やな(掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
 監督:篠原俊哉
 シリーズ構成:岡田麿里
 キャラクターデザイン:芝美奈子
 美術監督:小倉宏昌
 音楽:岩崎琢
 アニメーション制作:A-1Pictures


©枢やな/スクウェアエニックス・女王の番犬・MBS

【キャスト】(※敬称略)
 “セバスチャン”役:小野大輔
 “シエル”役:坂本真綾
 “バルド”役:東地宏樹
 “フィニ”役:梶裕貴
 “メイリン”役:加藤英美里
 “エリザベス”役:田村ゆかり
 “マダム・レッド”役:朴ろ(王へんに「路」)美
 “グレル”役:福山潤
 “劉”役:遊佐浩二
 “葬儀屋”役:諏訪部順一
 “タナカ”役:藤村俊二
 他

【第一話「その執事、有能」あらすじ】
ファントムハイヴ家に来客予定がある日のこと。
“セバスチャン”は、いつものように“シエル”を起こしてから、超一流なファントムハイヴのもてなしの準備に取りかかる。
しかしその一方で、“セバスチャン”をアッと言わそうと、使用人の“バルド”、“フィニ”、“メイリン”たちは、独自に来客を迎える準備を進めるが……大失敗に終わってしまう。
来客まで残り時間わずかとなった最悪の状況で、“セバスチャン”がとった行動とは……!?


-------

S原監督のお身内とひょんなことからお知り合いで、その仕上がりが超絶気になっておりました『黒執事』。
5月くらいにこっそりアニメ化すると伺ってから早半年近く。
「イギリスに取材に行ってる」とか「全然家には帰って来れない」など、精力的に製作にあたっていらしたご様子を耳にしつつ影ながら応援して参りました。
ええ、アクマで影ながら。

だけどその実、完成がとっても楽しみなような不安なような気がしていたのも正直な気持ちです。
だって、この作品、すごく情熱的なファンの子が多いではないですか~。
もしもそんな子達からブーイングが出てしまったりしたら、どうするの!?

だけど、第1回を見た限りでは、そんな不安を吹き飛ばすような仕上がりで、とてもよかった~♪
作画が丁寧で、見ていて眼福でした
(アニメ『西洋骨董洋菓子店~アンティーク』のアレがアレだったので)

セバスチャン役の小野さんのセクスゥイ~ヴォイスもなかなかはまっていましたね。
でも、じつはドラマCDの『黒執事』ではセバスチャンが帝王・森川氏だったことを今さら知ってしまい、どうして聞いていないのか自分!と頭を掻きむしってみましたが。ハハハ

声優さんへのインタビューは『電撃オンライン』“―アニメで執事ですから―10月開始の「黒執事」アフレコ現場よりおもてなし”に掲載されています。

タナカ=おひょいさんの抜擢に大変驚いたのですが、残念ながらインタビューにはいらっしゃらなかった。笑
というか、原作での台詞もあんまり(てか、ほとんど?)無いですよね。汗

ぶっちゃけ、原作は3巻までしか読んでいません…。
作画の華麗さには心魅かれたのですが、もともとショタ萌えしないのと、なんと言っても死神・グレルのキャラが受けつけなかったので、それ以降止めてしまったというか…実は手元にももうないんですけれどね~。ゲフンゲフン。滝汗
でも、これを機に、どう話が展開するのかもう1度追ってみたいと思います。

S原監督をはじめスタッフの皆さま、くれぐれもお体にはお気をつけて、どうぞ素敵な作品にして下さいませ♪

杉本亜未『ファンタジウム 3』(モーニングKC)

世に名作と謳われる作品は数あれど、これもその内のひとつに数えるに値することは間違いない。

ということで、杉本亜未さんの『ファンタジウム 3』(講談社/モーニングKC)を読みました!

ファンタジウム 3 (3) (モーニングKC)
“変われない自分”を誇りに思っていい。マジックの世界を舞台に描かれる“心”の物語。

テレビ出演が決まった良は、その番組でエンタメ集団K.O.Mとの共演することになった。K.O.Mの代表は、良のマジックの才能に興味を持つが、良は自分と彼らのマジックに対する考え方の違いに戸惑ってしまう…。

■CONTENTS■
#8 ヤコブの梯子(前編)…08年モーニング・ツー8号
#9 ヤコブの梯子(後編)…08年モーニング・ツー10号
#10 The Last Unicorn(前編)…08年モーニング・ツー12号
#11 The Last Unicorn(中編)…08年モーニング・ツー13号

--------

杉本亜未は常に渾身の力で、人間がなにを魂の糧として生きるのかを表現する。漫画を愛してきて本当によかった。『ファンタジウム』に出会えたのだから
―三浦しをん―


書店で、帯に寄せられたしをんさんのメッセージを読んだとき、得体の知れない熱いものが胸の中にこみ上げてきました。
いってみればその感情は「同じ感動を共有できる興奮」、とかそんなものなのだろうと思います。

多くの人に知ってもらいたい。
そして、同じ気持ちを味わってもらいたい。

漫画読みとして心からそう思える作品に出会えて、私も漫画を読み続けてきて本当によかったという思いをしみじみと噛みしめています。

無垢な魂をもつ良を思わず抱きしめたくなる。
そして山口さんが素敵すぎ♡ な3巻でした!

アニメ「西洋骨董洋菓子店~アンティーク~」レシピ12“永遠の後味”

かなり今さらどうでもいいかなとも思ったんですが、最終話だけつぶやかないのもアレなんで…。

■ 西洋骨董洋菓子店 「レシピ12」2008年9月19日放送(公式サイトはこちら
今週のスイーツ/甘さひかえめのシンプルなスフレタイプのチーズケーキ ケーゼ
アンティーク 12話
橘の行動で連続幼児誘拐事件は解決をみた。しかし、それでも橘は言いようのない暗い感慨を抱えたまま、変わらぬ悪夢に眠れぬ夜を過ごしていた。アンティークはオープンから一年が経とうとしている。ますます繁盛し、何もかも順調であった。エイジはフランスへの渡航を決め、千影は橘から離れ一人で生きていく道を選ぶ。それぞれが新たな世界へと踏み出すなか、過去を捨て新たな歩みを始めようとしている、ある初老の男の姿があった。

----------

やっと見ました!
アニメ「アンティーク」最終回~。

オリジナリティを出すなら最後かな、と思っていたのですが、やはり原作とはかなり印象が違いましたね。

サブタイトルに「永遠」という文言を見たときに、「まさか」と思ったんですが…
やっぱり!!
橘のあの台詞をここに入れて来ましたか~。
わー、そうですか~…。

「俺とお前は永久に恋人同士にはならねぇ。
だから俺達は別れることもねぇ。」

大分言い回しが“べらんめえ調”だったのが気になりますが、これは同人誌「永遠はありますか?」で橘が小野に向かって言う台詞です。

ここだけ聞くと、小野への最後通牒!?
だけど仕事仲間としては一生そばにいるっていう事!?

ってな感じの響きですが、この台詞は…

あの状況下で言うからこそよかったんでないの!?

と、この台詞の深みがイマイチ伝わりきれていない感じがなんだか腑に落ちない。
ちょっと複雑な心境です…。

ラストもなんかこう、中途半端な気がしてしまったんですけど、どうなんでしょうね??
原作を読んでいない方にはすんなり入っていったのでしょうか??

原作での、ともすればトラウマに引き摺られそうになりながら、それでも今日も顔をあげて生きて行こうとする橘の姿が好きだったんですけどね。

でも、芥川氏が橘に一礼するシーン。そして犯人と橘の一瞬の邂逅なんかは、なかなか上手い演出だったと思いました。←何様!?汗

今回アニメで「アンティーク」を知った方には、これを機にぜひ原作にもトライしてみて欲しいです♪
またちょっと違った4人が見られますから。
(同人誌では大分違った4人が見られますけどね。汗)


それにしても、最後まで見切ることが出来たのはひとえに声優陣の芸達者な演技のおかげです!!
これまでは原作読む時はドラマCDの声優さんでアテレコして読んでいましたが、今はすっかりアニメの声優さんになっていますから。
(あ、でもドラマCDももちろん違った魅力で最高です!あれはあれでフォーエバーにLOVE♡ )

でも絵的にはどうにもこうにも、最後までなじめなかったなぁ…。汗

これまで深夜アニメは結局連続して見られずに、撮りだめながらもHDDから全消去!を繰り返して来ましたが、今回こそ最後まで見届けるという本懐が遂げられたのは、よかったです。←もはや意地。笑

あとは今日からMBS・TBS系で「黒執事」ですね~!
さぁ、どこまで頑張れるかしら…!?

ヤマシタトモコ『イルミナシオン』(mellow mellow COMICS)

ヤマシタさんの4冊目のコミックス。
あれ?まだそんなもん!?

と言うことで、ちょっと時間をあけてしまいましたが、ヤマシタトモコさんの『イルミナシオン』(宙出版/mellow mellow COMICS)を読みました!

イルミナシオン (mellow mellow COMICS) (mellow mellow COMICS)
―愛を乞う男たちの物語―
公務員の幹田はホモでもないのに男に恋心を抱いている。
女たらしの幼なじみ小矢に。
恋心を隠して友達づきあいを続けることに限界を感じ始めた幹田は、居酒屋で出会ったゲイの州戸と一夜を共にする。
一度きりの関係のはずが、再び州戸は幹田の前に現れ、幹田の日常は壊れてゆく・・・。
表題作シリーズ他、短編4作、さらに描き下ろし後日談を収録した、最新作品集。

■CONTENTS■
イルミナシオン scene1…『メロメロVOL.1』2007年3月 宙出版
イルミナシオン scene2…『メロメロVOL.2』2007年6月 宙出版
イルミナシオン scene3…『メロメロVOL.3』2007年9月 宙出版
ラブとかいうらしい…『メロメロVOL.4』2008年1月 宙出版
ばらといばらとばらばらのばらん…『メロメロVOL.5』2008年3月 宙出版
あの人のこと…『メロメロVOL.6』2008年5月 宙出版
神の名は夜…『DANDAN VOL.1』2005 メディアミックス
separation?セパレシオン?…描き下ろし
きみはばらよりうつくしい。…描き下ろし
NOBADY BUT GOD KNOWS…描き下ろし
あとがき

-----

コミックス発売記念に横浜の書店で開催されたサイン会には、うっかり夏ボケで行きそびれました…。
だからということではないのですが、買ってから読むまでに大分長いこと放置しちゃってたり、記事も書きかけでしばらく放置しちゃってたり…。
で、今さらなわけです。わー、ごめんなさい!汗

と、それはともかく。

タイトルの「イルミナシオン」。
語感からいってフランス語には違いない。
綴りは“illumination”だ。
英語ではイルミネーション?じゃあ照明???

ということで、20年ぶりに学生の頃使っていたプチ・ロワイヤル仏和辞典を引っ張り出してみる。
まだ捨ててなかったことに驚き。(正直もう一生使うことはないと思っていた。)

【illumination[名](女)】
1.照明;イルミネーション
2.ひらめき、霊感、天啓
3.[神学]天啓 (古)洗礼
4.『イリュミナシオン』ランボーの詩集の題名

・・・。
となると意味合い的に1番近いのは2、なのかな~と。

なんだかもうどれをとってもヤマシタ的な作品が、今回もテンコ盛りな1冊でした!     

「読書メーター」で読了本記録 2008年9月分

2008年9月にはいったい何冊読んだのか、さっそくまとめてみました!

1冊ずつ思いつくままにコメントも入れてみました。
読み返すといかにもアホ丸出しですけど…。

試験勉強もあったので、9月の読書数は案の定少なかったです。
と言っても、最後の追い込みは1週間だったんだけどな…。

でもって前々から目の疲労が激しく、ピントが合わない、夜目がきかない、といった老眼疑惑があったので、数年ぶりに眼科に行きました。

そしたら、なんと!!
右目が初期の「緑内障」なんですって~~~~!!
どええ~~~!?マジで??Σ( ̄ロ ̄lll)

正しくは特に眼圧が高くなくてもなる「正常眼圧緑内障」だそうです。
日本人には多いらしい。
失明原因としては糖尿病の合併症に続いて、2位とのこと。llllll(-_-;)llllll ずーん

とりあえず1ヶ月後に視野の精密検査です。
でも、日常で気をつけることは特に無いとのことなので、漫画は読みますよ!!

ついでに言うと、別に読みすぎてるからなったわけではないみたいです。
40代の(ってまだ30代なんですけど~)20人に1人は自覚症状がないままになっていて、ある日突然失明ってこともあるみたいです。
その点私はたまたま早期に発見できてよかったみたい。←先生に言われました

疲れ目は単に度が合わなくなっていただけとのことなので、眼鏡は新しく作り変えです。
コンタクトもちゃんと検査してもらって処方箋もらいましたしね!
(実は検査自体は10数年ぶりだったり…。汗)

眼鏡を新しくしたら読書三昧だ~!

ということで?、折り畳みます~!

2008年9月購入

9月は月末にバタバタでさっぱり読めなかった…。悔い。

ということで、2008年9月のいきあたりばったりお買い物控えです!

【BLコミック】

加東 セツコ「トロンプルイユの指先」※1
深井 結己「はつ恋ものがたり」※2
タクミユウ「キスと嫌いの反対」「見てらんねぇよ」※3
志水ゆき「レシピ」
川唯東子「形而上なぼくら」
星野リリィ「ハレムでひとり」
菅野 彰/二宮悦巳「子供の言い分 1・2」
雁 須磨子「間抜けには向かない職業」
蛇龍 どくろ「エンドレスワールド」
中村春菊「世界一初恋」
本仁戻「DOG STYLE 3」(新刊)(感想はこちら
明治カナ子「生まれ星―三村家の息子シリーズ 」(新刊)※4
ヤマシタトモコ「イルミナシオン」(新刊)(感想はこちら)
今市子「僕のやさしいお兄さん 2」(新刊)(感想はこちら
寿たらこ「GARDEN」(新刊)※5
ヨネダコウ「どうしても触れたくない」(新刊)(感想はこちら

※1~3 今月の新規開拓作家さん。深井 結己さんはかなり前に「君が居る場所」を読んだ気がする…でも、全然内容を覚えてません!!汗 「はつ恋ものがたり」のセンセーが非常に良かったので、他も挑戦してみます。
※4 無事に二人がくっついて心底喜んでおります。角さんでも是非一冊お願いします。
※5 「SEX PISTOLS」から寿さんに入った私にとっては、この3編が全ての根っこになっていると思います。

【BL雑誌】

Dear+(ディアプラス) 2008年 10月号 ※6

※6 ぶっちゃけおまけCD目当てです!まだ聴いてないが!「彩おとこ」がいきなり佳境を迎えていて心の準備が追いつきませんでした。涙


【一般コミック】

杉本亜未「ファンタジウム 3」(新刊)
末次由紀「ハルコイ」「ちはやふる 2」(新刊)(感想はこちら
尾田栄一郎「ONE PIECE 51」(新刊)※7
星野リリィ「夢見る古都 1」(新刊)
仁/小島 アジコ「となりの801ちゃん―腐女子的高校生活 1」
岡崎京子「ヘルタースケルター」※8

※7 なんかもう新キャラがキャパ超えてしまって~。ともかく読むのに目が痛い。
※8 ずっと読みたかった。読んで良かった。

【BL小説】

榎田 尤利「ギャルソンの躾け方」「獅子は獲物に手懐けられる 」「愛なら売るほど」※9
吉原 理恵子「銀の鎮魂歌」

※9 小冊子B目当てだよ!新刊はまだ買ってないよ!また電車で買いに行くよ!

【BLCD】

ヤマシタトモコ原作「タッチ・ミー・アゲイン」
榎田 尤利原作「きみがいなけりゃ息も出来ない」※10

※10 通販ではおまけ小冊子付きと知らず、普通にネットで買ってしまった~~~!!私のバカバカ!!涙


けれど!
以下はBLCDの師匠ねこ様から、中村悠一さん出演のおススメ布教ブツ~♪
いつもありがとうございます!

綺月 陣原作「龍と竜」
橘 紅緒原作「セブンデイズ―MONDAY→THURSDAY 」
日高ショーコ原作「嵐のあと」

ゆーきゃんたら、低音が素敵~~♡
特に、大好きな帝王と競演の「嵐のあと」は、原作も大好きですし、低音x低音の魅力で悶絶死しそうになりました…!!

ということで、9月はBLコミック、18冊~!
はじめての20冊切りでした…。

9月は月末に資格試験があって、非常に頑張ってコミックを読むのも買うのも自重しました。
その甲斐がなかったら…悲しすぎる!
けど、手ごたえとしては厳しかったなぁσ(TεT;)
来年受けなおすのだけは避けたいけど、ただ今結果待ちです。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad