2007年11月

  1. 2007/11/28 渡辺多恵子『風光る 23』(小学館/フラワーコミックス)
  2. 2007/11/27 三浦しをんさん「まほろ駅前多田便利軒」が山田ユギさんで漫画化!
  3. 2007/11/26 よしながふみ「きのう何食べた?」#9 週刊モーニングNO.51 掲載
  4. 2007/11/23 鬼嶋兵伍『ジョカトーレ、捕獲計画。』 (竹書房/バンブーコミックス)
  5. 2007/11/22 よしながふみ「きのう何食べた?1」(講談社/モーニングKC)
  6. 2007/11/21 「乙女読み」と「腐女子読み」、「萌え」をかく語りき。
  7. 2007/11/20 石原理『あふれそうなプール3』(HUG文庫/メディエイション)
  8. 2007/11/19 グローブ座公演 篠井英介主演「欲望という名の電車」
  9. 2007/11/14 「シャア専用」が・・・そそる!
  10. 2007/11/12 「活字倶楽部」2007秋号【特集“乙女と隠れ腐女子のための読書案内”】
  11. 2007/11/09 山田ユギ『ありえない二人』(竹書房/バンブーコミックス)
  12. 2007/11/07 町屋はとこ『またあした』(リブレ出版/スーパービーボーイコミックス)
  13. 2007/11/05 山田ユギ『開いてるドアから失礼しますよ 新装版』(リブレ出版/ビーボーイコミックス)
  14. 2007/11/03 山田ユギ『最後のドアを閉めろ!新装版』全2巻(リブレ出版/ビーボーイコミックス)
  15. 2007/11/01 2007年10月購入

渡辺多恵子『風光る 23』(小学館/フラワーコミックス)

少女マンガ史上最強の野暮天カップル、沖田とセイの恋を見守って早2年…。
(連載当初のファンの方から見たら新参者ですみません。汗)

やっと、やっと、ここまで来てくれたのか…!!

との感慨に浸りつつ、渡辺多恵子さんの『風光る』23巻(小学館/フラワーコミックス)を読みました!

風光る 23 (23) (フラワーコミックス)


時は幕末の京都。後に新選組と呼ばれる壬生浪士組に、神谷清三郎と名乗る者が、入隊を志願してきた。実はこの清三郎は女で…!? 
幕末青春グラフィティ!!





---------

この漫画を読み出して、初めて旦那と幕末の話が出来るようになりました。
それまではぜんぜん興味もなく、勝海舟の話をされたりしたら、チンプンカンプンだったのです。汗
でも、旦那は黒鉄ヒロシさんの描くいわゆる「黒鉄歴画」の「新選組」、「坂本龍馬」、「幕末暗殺」、「京都見廻組」を愛読する根っからの倒幕派…。

新選組坂本龍馬幕末暗殺京都見廻組

 ↑旦那の本棚にはこの他、手塚治虫先生の『陽だまりの樹』(小学館/BIC COMICS)全11巻も…


それに比べて、私の中の幕末と言えば、「新選組」=「渡辺多恵子さんの“風光る”」が全て。
もちろん旦那にすすめられるままに、この「黒鉄歴画」も読んではみましたが…。

あれれ~??
内容がさっぱり頭に入って来ませんよ~~!?滝汗

そのくせ、伊東参謀の衝撃的な最後はもうしっかりネタバレし、とんだものをすすめてくれたと、旦那と喧嘩になりました。笑

だからいつも微妙~~~…、な空気感の会話しかなりたちませんが…。
まあ、それはそれで、夫婦の会話に一役買ってくれていることは間違いないのです。笑

それはさておき。

やっと沖田が目覚めてくれました!!

待った、待った!
この日を待ってたよ~~~!!叫

いや、斉藤一ファンとしては複雑な心境なんだけれども、ともかくこれでやっと進展してくれる!!…よね?笑

21歳「男の恋心」が錯綜する、23巻です!!

三浦しをんさん「まほろ駅前多田便利軒」が山田ユギさんで漫画化!

先日b-boyWEBの「山田ユギ先生のお部屋」でお仕事スケジュールが更新されてました!

と、なんとそこに、「1/25ポプラ社/ピアニッシモvol.1 三浦しをん先生「まほろ駅前多田便利軒
まんが化」の文字が…!!

ええ!?
「まほろ」をユギ先生が作画してくれるの!?

勢い込んで「ユギ先生の掲示板」で確認したら、担当さんが「すごいニュースですよね!」って丁寧にお返事をくれました~!
いつもありがとうございます☆

それにしても、しをんさんの作品をユギさんが・・・。
あまりにもベタ過ぎるカップリング(?)に仰天ですが、どんな仕上がりになるのかしら~。

・・・。
いかん、想像できん!!

すすすすすみませ~~ん!!
だって「まほろ駅前多田便利軒」(文藝春秋)を読んでる間は頭の中でずっと、挿絵の下村富美さんの多田と行天が動いてたんですもん~。涙

そうです。
何を隠そう私は下村さんが大好き!

仏師―乱世烈火譚」(小学館/プチフラワーコミックス)での線の美しさに、見た途端にキュン死に(死語)しました。
漫画は他に『』(小学館/プチフラワーコミックス)がありますが、あまり多作な作家さんでないのですよね。

ほかには主にイラストレーターとしても活躍されてらして、 小説では『安倍晴明』(谷恒生)、『穢土』(樹川さとみ)、『鬼族狩り』(霧島ケイ)、など多数に挿絵を提供。
そうそう、木原音瀬さんの『吸血鬼と愉快な仲間たち』『吸血鬼と愉快な仲間たち2』(蒼竜社/Holly NOVELS) でもその美しいペンさばき?を見せてくださってます。

吸血鬼と愉快な仲間たち Holly NOVELS吸血鬼と愉快な仲間たち Vol.2 (Holly NOVELS) (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)

←それがこちら

  いい!!このタッチ、すごく好きです~
  でも、すみません。小説自体はまだ未読。汗






しかも2000年から、「京都精華大学マンガ学部」のストーリーマンガコースで講師をやっておられるそうです。
いいな~。
私が高3の時にこの大学あったら、絶対に受験してたと思う。笑


それはともかく。

三浦しをんさんの作品の漫画化と言えば、今「週刊ヤングジャンプ」で「風が強く吹いている」を海野そら太さんが連載中。

「ヤンジャン」も、かつては(といっても15年以上前だ)普通に読んでましたけど、「週刊ジャンプ」よりも立ち読みしづらいのって何でだろう…。

グラビアギャルに、羨望を覚えるから…??
いや、絶望か。
だから、これも単行本化したら、腰を据えて読むつもりです。
ふんッ!←?


でも、どちらかといえば、「まほろ駅前多田便利軒」(文藝春秋)を下村さんに、「風が強く吹いている」(新潮社)(感想はこちら)をユギさんに作画して欲しかったかも…。

ユギさんの描く「青竹メンバー」が見てみたい!!
いえ、贅沢なのはわかってますが。

なにはともあれ、ユギさんの描く多田と行天、今からとても楽しみです!!

よしながふみ「きのう何食べた?」#9 週刊モーニングNO.51 掲載

単行本1巻(感想はこちら)の発売日に、本誌にも掲載されていたんですね~。
ということで、よしながふみさんの「きのう何食べた?#9」(週刊モーニングNO.51 2007年11月22日(木)発売号掲載)をやっと読みました!

モーニング№51表紙 
世界中で二人しか知らない思い出の味、思い出の時間。

←なんか、このオレンジ色、書店ですっごい目を引いてましたね~。
普段、モーニングは素通りしてしまう人でも、思わず手に取りたくなるような。第一話が掲載された時のターコイズブルー(こちら)に匹敵するインパクト!
でも、生活観も否応なく増してってますね…。

----------


いつもは月末掲載なのに、単行本発売記念で掲載が早まったために、発売日にチェックし忘れちゃいましたよ!
ちぇ。

それはともかく。

ここに来て、やっとシロちゃんとケンちゃんの“出会い編”が描かれましたね!

そして、今週はうれしはずかし「クリスマスディナーメニュー」!
シロちゃんが腕によりをかけて作ってますよ~♪

凝ったイタリア料理がメインなだけに、いつもよりレシピが詳しかった!!笑
でも、こんなの自宅ではきっと作りません。
てへ。

このメニューまで単行本に載ってた方が、レシピ本としては時期的にも完璧だったかも!?←注:レシピ本ではありません

鬼嶋兵伍『ジョカトーレ、捕獲計画。』 (竹書房/バンブーコミックス)

久しぶりに表紙買いした1冊・・・。
鬼嶋 兵伍さんの『「ジョカトーレ、捕獲計画。』 (竹書房/バンブーコミックス)を読みました!

ジョカトーレ、捕獲計画。 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
サッカー部エースの加藤空の様子がおかしい。ガッツと闘争心、タフな体にカリスマ性を持ち合わせた加藤が練習中に倒れたのだ。しかし、それは後輩マネージャーが加藤の体に仕込んだ或るモノの所為だった――!? 青春一直線(!?)な表題作ほかデビュー作を含む、溢れる情熱と欲望が止まらない、熱くてカッコイイ男子満載の著者ファーストコミックス!!

■CONTENTS■
「ジョカトーレ、捕獲計画。」…麗人Bravo!2005春号
「若者よ、迷走(はし)れ!」…麗人 2006年3月号
「ブラザー・ギルティ」…麗人Bravo!2006春号
「ギリギリ☆カウント2.9!!」…麗人2006年7月号
「欲望サウンドホール」…麗人Bravo!2005秋号
「矢鶴町胡瓜天王祭」…麗人Bravo!2006年秋号
「ウィーク・ポイント・ハニー」…麗人 2004年11月号
「あとがき」…描き下ろし

-----------

「ジョカトーレ」とは、イタリア語でplayerの意。
転じて「サッカー選手」のこと。

へ~。そうなんだ。
サッカーについて全然知識がないもので、勉強になりました。

というか、この作品、表紙の手彩色(ですよね…?)の美しさに魅かれて購入し、さらに内容も勝手に「耽美」っぽいイメージを抱いてましたけど、実はぜんぜん違った~!!

腰周りのがっちりした、筋肉質な男たちが次々と出てくるわ出てくるわ…。
道具もあれば、縛りもあり。
もちろん、体毛もね!!みたいな。

さらには、エロの表現も「最上級」。
モロ出し丸出しで、細部の表現までしっかりです。

よくぞここまで…!!

これが「ガチホモinBL」ってやつですか??←ちがう?

そんな訳でなんというか、初期から現在に至る内田かおる(カヲル)さんを彷彿とさせます。

でも、これが初コミックスとは恐れ入る!!
最近の新人さんの、底知れぬパワーに圧倒されました!!

よしながふみ「きのう何食べた?1」(講談社/モーニングKC)

うわ~、やった~!!
実はいつも立ち読みしちゃってるので(すみません)、コミックス化を「今か、今か、」と待ちわびておりました♪

ということで、よしながふみさんの「きのう何食べた?1」(講談社/モーニングKC)を読みました!

きのう何食べた?1
これは、都内某所2LDKに男二人暮らしで住む、筧史朗(弁護士)43歳と矢吹 賢二(美容師)41歳の「食ライフ」をめぐる物語です。
ちなみに1ヵ月の食費は2万5千円也。

【MENU】
鮭とごぼうの炊き込みごはん/いわしの梅煮/たけのこ と がんも と こんにゃくの煮物/栗ごはん/トマトとツナのぶっかけそうめん/鶏肉のオーブン焼き/ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み/いちごジャム


-------------

ひと目コミックスの表紙を見て、なごんじゃいました~。
ケンちゃんのくまさんのスリッパ…!!
お気に入りなんだろうね。

と、思ってページをめくると、ちゃんと連載1回目の表紙見開きでもこれ、履いてるんですね。
さすがです~。


美味しそうなご飯とシロさんとケンちゃんの愛あふれる日常をあたたかく描いたこの漫画。

個人的にはレシピ本として大いに期待しておりました!!
シロさんが(よしながさんが?)作り出す献立は一汁三菜なんて当たり前。
驚くべきはメインに対して付け合せる、おかずの取り合わせの妙!!

主腐・・・いえ、主婦として毎日台所に立っていますが、ここまで手の込んだ献立を作るのははっきり言って出来ませんから!←開き直り

それだけに、読み返してみて、また感嘆しきりでありました。

それと、お買い物のシーンのリアル感や(底値買いは当たり前よね)、シロさんがご飯作る前にエプロンしめて「よし!」って言うところなんか、本当に毎日台所立ってる感じがよく出てて、共感出来ます。

あと、言い尽くされてると思いますが、ほんと、よしながさんの描く食べ物は美味しそうなんだよね~。
エッジのたった盛り付けも美しい
小野さん(by「アンティーク」)の作るケーキの数々も、そのエッジの効いたデザインがとても素敵でしたが、これは普通の日常のご飯なのにね~。
よだれ・・・。

で、各回の感想は逐一書いてきましたので(こちら)、今さら申し上げることもありませんが(おい)、今回コミックスを読んでみて、気付いたことが。

何と、第8話を本誌で見落としていた…!!
あれれ~??

しかも、シロさんのご両親が登場する、貴重かつ重要な回でしたね。
身内にゲイというマイノリティが存在する事実との葛藤や、とまどいがすごくリアルに描かれていて、軽いタッチなのに、すごくテーマは重たいことを再認識しました。

私も息子に「ゲイだから」ってカミングアウトされたら、驚き、とまどって、訳の分からん対応をしちゃいそうです。
壷は買わないと思うけど…。


あ!!
そういえば、今日月末の木曜じゃん!!

コミックスに気を取られて、今日発売のモーニング、またチェックしそびれた~!!涙

「乙女読み」と「腐女子読み」、「萌え」をかく語りき。

私のアルバイト先の上司、Tさん(女性、10歳年上)と、自分の「萌え観」について語る機会がありました。

私が今Tさんから借りて読んでいる、萩原規子さんの「西の善き魔女」全4巻(中央公論新社)について話したのがきっかけです。

3巻の前半で本編が一旦終わるので、「続く外伝は飛ばしていいから」と、Tさんに言われて4巻を読み始めたところでした。

papico:「Tさん、4巻に入ってからアデイル、アデイル、アデイル、ヴィンセント、みたいに女子しかでないんで読むのが止まっちゃいましたよ~!」(「西の善き魔女」キャラは「アニメ公式サイト」参照 こちら

Tさん:「あ、4巻の最初も外伝なのよ。そこもあとから読んで大丈夫だよ」

papico:「そうですか~。わかりました!なんか私、男子が出てこないと読む気が起きないんですよね。私は正直言って、ルーンとロットの絡みがもっと読みたいんですけど~」

ちなみにTさんには漫画読みの“たしなみ”として、BL作品も読んでいることを告白済み。
「西の善き魔女」も、はじめはフィリエルに感情移入して泣いたり笑ったりしてましたが、読み進めるうちにルーンと脇キャラ・ロットの関係を深読みする“腐女子読み”にすっかり移行してます。
ははは。

Tさん:「あ、ロットは最後まであんまり出てこないよ」

papico:「そうなんですか!?なんだ~、楽しみ減っちゃいましたよ。(あからさまにがっかり)じゃあそこらは妄想しておくしかないですね。」(近頃は腐的発言をかなりぶっちゃけ気味)

Tさん:「あ、私も妄想はするよ!特にルーンが精神的に参ってたりすると、もっとやれ!まだ足りない!!とか思って、脳内でどんどん痛めつけて立ち直れないくらいにやりこめる。」

papico:「・・・・・・。それもまた新たな楽しみ方ですね。でも、Tさんは基本的に主人公にどっぷり感情移入した“乙女読み”(参照:「かつくら」2007年秋号より 感想はこちら)じゃないですか?私がルーンとフィリエルがいちゃこいてるとムカつく!って言ったら、「それがいいのよ」って言ってたじゃないですか~?それは自分がフィリエルに入り込んでるから、ルーンといちゃいちゃしてるのが嬉しいわ♪ってことですよね??」

Tさん:「それはそうなんだけど・・・。なんて言うのかな~。ルーンに関して言うと、もっと虐めてやりたくなっちゃうのよね~。そこに「萌え」るって、言うか・・・。」

そう言うと、しばしうつむき、考え込むTさん。
やおら顔を上げると、急に声を上げました。

Tさん:「あ!わかった!!言わば“S型乙女読み”なんだわ!」

…。
「S=サド」ということですね。

世の中には、無限の「萌えツボ」があることを実感しました。

この後、「萌えは世界平和につながる」(今までのように、他人の「萌え」を排除しないで互いに互いの「萌え」を認め合えば、争いは起きずにひいては世界平和に貢献する。Tさん曰く「メカビvol.01」で語られていたそう)という壮大なテーマに話は移行し、しばし「萌え」について大いに語りあってしまいました。


ちなみに、「私がここまでで1番萌えたのは、ロットがルーンに「その眼鏡はあとがつくからやめたまえ」と言ったところなんですけど?」と言ったら、Tさんに「それは萩原さんはなーーーんも考えてないと思うよ。」って言われました…。

ええ~!?そうなの!?

ルーンロットユーシス








↑アニメ版のきらきらなルーン、ロット、ユーシス。
ルー・ルツキン(ルーン)とロットは黒髪と金髪でお似合いでしょ!?
赤髪のユーシスは二人にとっては犯しがたい太陽のようなものかと。


アデイルが作中で自分の義兄ユーシスとルーンのBL小説を書いて、母校の修道院で人気をはくす設定なんですが、基本的にお坊ちゃまで、真っ直ぐ育ったユーシスにはそんな淫靡さが似合わない。
伊達男のロットの方が遊び慣れてるし、「ルーンの寝顔がかわいい」と発言したり、ルーンにかまいたがって何かとちょっかい出してくるところがいい。
おまけにルーンは小さい頃、見世物小屋にいましたが、そこが窃盗団でもあり、必要とあれば夜伽で客を取らされていたという筋金入りの少年です。

確かに「活字倶楽部 2007秋号」での三浦しをんさんとの対談でも、BLの要素はない!と作者ご本人が言い切ってますけど・・・。

これは絶対にあえて「匂わせてる」んだ、と思うけどな~。

やっぱり「乙女読み」と「腐女子読み」には超えることの出来ない深い溝があるようです・・・。

石原理『あふれそうなプール3』(HUG文庫/メディエイション)

発売日に買い損ね、書店を7軒梯子してようやく手に入れた思い入れ深い作品!?
石原理さんの『あふれそうなプール3』(HUG文庫/メディエイション)の感想です!

あふれそうなプール 3 (3) (HUG文庫)
良太とともに、温泉に来た入谷。良太に自分への気持ちをぶつけられと惑う。 
そこに木津が現れて…。 
入谷をめぐる、二人の勝負の行方は…?入谷の出した答えは…?それぞれの進む道は…? 
友情・愛情・同情・嫉妬…絡み合ったそれぞれの思いが完結するコミック文庫第三巻。描き下ろしマンガとともに登場!! 

■初出■
あふれそうなプール溺れた魚3…MAGAZINE BExBOY(99年8月~9月号・11月~12月号・00年1月・5月号)掲載
あふれそうなプール…MAGAZINE BExBOY(00年8月~9月号)掲載HIKONE…MAGAZINE BExBOY(00年12月~01年1月号)掲載
手当たり次第にオスを刺す君は最悪のキス・・・b-BOY Zips⑩(98年9月)掲載
CHIRISTMAS NIGHTMARE…同人誌再録
描き下ろしマンガ…描き下ろし

----------


おっと、2巻の感想(こちら)で述べた勝手な予想に反して、表紙は木津x入谷の黄金の2ショット~!!
木津が学ランの襟を開けようとして入谷にとめられてるのか、それとも入谷が開けさせようと誘っているのか…。

それにしても、石原先生!
ここに来て、入谷の学ラン姿をありがとう!!
お坊ちゃまの入谷には、ブレザーももちろん似合いますが、やっぱり学ランは格別ですね。
しっかりと見納めたいと思います


しかも、ここに来て、急に木津がかわいく見えて来ましたよ!?
そうか。
木津ってば、まだ17歳だったんだよね…。

人生の早い時期に運命の人に出合ってしまう。
「あふプ」は、そんな奇跡を互いに認め合うまでの物語だと思いました。

グローブ座公演 篠井英介主演「欲望という名の電車」

この所野暮用が重なり、更新が滞ってしまいました。
ただでさえ感想をあげるのが遅い上、書き出すと無駄に愛を叫びまくって長文になり、推敲に異常に時間がかかってしまうので、テキパキ更新できないのです~。涙

それはともかく。

昨日は友人の結婚式があり、都内某ホテルにて華燭の宴に臨席して参りました。
スピーチもなく(これ重要!!)、旧知の友人達とも久しぶりに会って、リラックスして楽しい時間を過ごして来ました。
Nちゃん、おめでとう!!末永くお幸せに!!

ホテルでの披露宴後は電車で数駅移動して、2次会にも参加。
若い頃ならともかく、ほとんど既婚者ばかりの2次会というのは、余興に走りすぎずに、会話とお酒を心から楽しむ落ち着いた雰囲気がとても良かった。

そして、夕方。

前日に急きょ誘われた、グローブ座で興行中の、篠井英介さん主演「欲望という名の電車」の舞台をみるために、新大久保に移動。

欲望という名の電車
≪あらすじ≫ 公式サイトより (役者名追加)
 アルコール中毒で元教師のブランチ(篠井英介)は、妹のステラ(小島聖)が暮らしている街ニューオリンズのフレンチクォーターへ、「欲望」という電車に乗り「墓地」という電車に乗り換え、「極楽」で降りてたどり着いた。
 二人は南部の大農園ベル・リーブで育った、古き良き時代の上流階級の出である。上品に振舞うブランチの態度に、ステラの夫でポーランド系のスタンリー(北村有起哉)は我慢できず、事あるごとにステラとブランチにあたりちらす。
 スタンリーの友人ミッチ(伊達暁)は、清楚なブランチに惹かれてゆき、ブランチはミッチの愛に、最後の望みをかけるのだったが・・・・・。
-------------

友人の友人が、仕事のため急きょキャンセルになったための、いわばおこぼれで誘ってもらった舞台でしたが、今回篠井英介さんの女方と聞いて、是非見たい!!と。笑
しかも座席が1列目だったので、役者さんの熱演振りを目前で見られたのは、本当に幸運でした!
私を誘ってくれてありがとう!!Yちゃん!!
(ちなみにYちゃんはお仕事がシナリオライターなので、月に1~2本は必ず舞台を見るそう…。プロなんだな~。)

私は舞台を見るのなんて、1992年に東京芸術劇場で上演された「奇跡の人」(ヘレン・ケラー役 : 中嶋朋子 アニー・サリバン役:大竹しのぶ)以来実に15年ぶりだったんですけど。恥

演劇ファンでなくとも、1度はタイトルを耳にしたことのあるこの戯曲。
篠井さんがブランチを演じるのはなんと3回目だそう。
おじさんのはずなのに、仕草や声がちゃんとおばさんに見える。
役者さんの仮面ってすごいです。

「シャア専用」が・・・そそる!

いわゆるファーストガンダム世代です。
生まれて初めて買ったアニメの本は「ガンダム大百科」でした。
シャアとセイラさんが兄妹と知った時の感情は今思うと「萌え」でした。
でも、当時はララァ・スンが大好きでした。


ガンダムはファースト以外はちゃんと見ていないのですが、そんな私もやはり「シャア」というと思わず反応してしまいます。
名台詞を連発する金髪の貴公子は、マスクをしていても、ゴキ●リマントをつけていても、ほんとにかっこよかったもん。

で。

巷でウワサのSoftbankの「シャア専用携帯」がいよいよ予約発売開始しましたね。

シャア専用携帯【商品説明】
913SH G TYPE-CHAR(タイプ シャア)は、人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するキャラクター「シャア」を題材にした、シャープ製のスライド型3G端末。
 機能的には、夏モデル「913SH」と同等だが、デザイン面やプリインストールのコンテンツでは、サンライズや創通が監修し、バンダイの完全協力を得たデザインとなっている。「機動戦士ガンダム」に登場する主人公のライバルキャラクター「シャア・アズナブル」をモチーフとし、“シャア専用ケータイ”と呼ばれている。なお、シャア専用を謳ってはいるが、ソフトバンクではシャア・アズナブル以外の人も購入・使用が可能としている。←笑


この携帯、携帯そのものよりも、充電器がザクの頭部っていうのが売りです…。
最初聞いたときはイマイチぴんと来ませんでしたが、このページを見てびっくり!

ケータイWatch[ザク頭部が充電台のシャア専用ケータイ「913SH G」]


…。
でかッ!!

一瞬欲しいと思いましたが、その充電器のでかさで吹っ切れました。笑

でも、今度はこっちの誘惑が…。

シャア専用カード」ならお財布にも収まるよ!←当たり前

でも、こういうの企画する人って、きっと同世代だろうな、ってよく思う。
きっと今がすごく楽しいんだろうな~。

「活字倶楽部」2007秋号【特集“乙女と隠れ腐女子のための読書案内”】

先日、私の少女マンガの師匠Sさん(自宅リビングの本棚に2000冊もの少女マンガを蔵書されているのです!)に、久しぶりにお会いした時、開口一番にこの雑誌のことを教えて頂いた。
それが「活字倶楽部」(通称:かつくら)の【特集“乙女と隠れ腐女子のための読書案内”】。

活字倶楽部 2007年 12月号 [雑誌]

巻頭特集は、『乙女と隠れ腐女子のための読書案内』。
〈乙女〉のみなさまには女子のココロのツボにヒットする小説を。〈隠れ腐女子〉のみなさまには殿方の素敵な愛の物語を。慎み深い女子の魂に捧げる、ナナメ読み文学ガイド!
【荻原規子×三浦しをん】のスペシャル対談、腐女子がお仕事!な人たちによる座談会、【松野志保】【江森備】の特別インタビューの他、「108冊文学ガイド」をお届けします!


-------------

「面白かったよ~!でも私は“乙女読み”だな♪」と教えてくださったSさんは子供の頃の物書きになりたいという夢をつい最近実現されて、昨年念願の作家デビューを果たした方。

そして、お嬢さんがお二人いて、上のお嬢さんは「BL作家になりたい」との夢のために、日々精進なさっているとのお話を以前伺っていたのです。
「私は女子高でJuneを読んでいたので、お嬢さんのお気持ちわかります」と話したことを、ずっと覚えていらしたようです。
もちろん、今でもガッツリ読んでいますとは隠しておりますが。


で、今号の「かつくら」の特集は「小説の楽しみかたはさまざま」あって、その中でも「特に、キャラクターに思い入れが強い読者」の読み方は「乙女読み」「腐女子読み」「BL読み」3パターンに分類できるとしています。

ほほう。
ならば私はどの分類に属するのだ??

そんな興味からはじめて手にした「かつくら」。
三浦しをんさんと萩原規子さんの対談が、とても面白かったです!

山田ユギ『ありえない二人』(竹書房/バンブーコミックス)

山田ユギさんの「3冊連続発刊」の最後を飾るのは、こちら。

頑固な鞄職人と今時職業webデザイナーが主役の『ありえない二人』(竹書房/バンブーコミックス)を読みました!

ありえない二人 (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
―見えない振りをしていても本当はわかってる、この気持ちの正体を――。

一点もののカバンが縁で知り合った鞄職人の鈴木とWebデザイナーの北原。
正反対の性格の二人だったが意外にもウマが合い、鈴木の工房に二人でいるのが日常となっていた。
互いが互いを意識し始めた時、二人の間に存在する思いがけない事実が明らかに!?
見えない振りをしていても本当はわかってる、この気持ちの正体を・・・オトナの恥ずかしい恋がタップリ詰まった待望の最新作品集!!

■初出■
ありえない二人/麗人2006 3月号
死ぬ前にやっておきたいこと/Charade2003 9月号
ああ爆弾part1/Charade2001 9月号
ああ爆弾part2/Charade2001 11月号
ああ爆弾part3/Charade2002 5月号
ああ爆弾part4/Charade2003 5月号
ああ爆弾part5/Charade2002 11月号
檻/Charade2006 7.9月号
描き下ろし連動企画③水野編/描き下ろし

--------------------

『開いてるドアから失礼しますよ 新装版』(感想はこちら)『最後のドアを閉めろ!2 新装版』(感想はこちら)から続く、この描き下ろし連動企画の登場人物の謎がやっと解けましたよ。
『開いてるドア~新装版』の第一弾を読んだ時、なんでこのwebデザイナーのお兄ちゃんがお茶だししてるんだ!?とかの。←ささやかな疑問

キャラがわかるとこの企画の面白さもぐっと増すというものです。
改めて読み返して、また笑っちゃいましたよ~。←単純

そんなわけでお楽しみいっぱいだった、山田ユギさんの新刊ラッシュもひと段落!
短編も相変わらず面白い!!

これぞ、ツンデレ!な、「Bar鬼」のマスターに心を奪われました~!

町屋はとこ『またあした』(リブレ出版/スーパービーボーイコミックス)

―年下、敬語、優しく、逞しい、迫り来る、「男」。―


この帯の文句に誘われて、ほぼ1年前に購入…。
町屋はとこさんの「また あした」(リブレ出版/スーパービーボーイコミックス)を、やっと読みました!
(正直、押入れに埋もれていた。汗)

今作品が初コミックスだなんて、信じられないくらい上手ですよ!?
どうして今まで読んでなかったんだろう~~。
わたしのバカバカ~!!←いつも言ってる

またあした (スーパービーボーイコミックス)
―家に荷物を届けにきた年下の逞しい働く「男」―。
自分をかばったせいでケガをしてしまった間中に、謝罪したいと家を訪ねる木下に思わぬ展開!?一度きりのはずだったのに、交わす小さな約束「また明日」・・・。いつしか泣きたいくらい、体が欲情に熱くなる!
肌で愛を感じ合う―不器用な大人の恋情・リーマン大全集!!

■初出■
また あした/BE・BOY GOLD(’05年10月号)掲載
あしたのつづき/MGAZINE BExBOY(’069月号)掲載
引っ越し/描き下ろし
ア・ロット・オブ/BE・BOY GOLD(’05 2月号)
愛は降り積もる/描き下ろし
やっかいな恋と君/BE・BOY GOLD(’05 6月号)
やっかいな境界線/描き下ろし
あとがき/描き下ろし

-------------

穏やかなのにどこか熱すぎて、仕事の合間に何度も体を重ねたくなる恋♡


・・・ってこれも帯にある言葉なんですが、上手いですね。
思わず買ってしまったじゃないですか。
これに煽られて買った人、多いんだろうな~。笑

宅配便業者×リーマン、やり手後輩×先輩リーマン、若手社員×眼鏡上司の3作品の短編集。
リーマン、リーマン、リーマンづくし!
重ねて全てが「年下敬語攻め」の「乙女誘い受け(しかも無自覚)」!!

これは読まずにいられまいよ。

意外性のあるキャラの作り方は、乙女受けが苦手な方も挑戦する価値大!
今までにない読後感を味わえる、貴重な1冊です。

山田ユギ『開いてるドアから失礼しますよ 新装版』(リブレ出版/ビーボーイコミックス)

『最後のドアを閉めろ!新装版』(感想はこちら)の文字通りの兄弟編!!
ちょっぴりアダルト!アーンド切なさ120%増し!!な『開いてるドアから失礼しますよ 新装版』(リブレ出版/ビーボーイコミックス)を読みました~!

開いてるドア新装版

本田の兄・正一は、税務署に勤めるお堅い青年。
ある日仕事の最中に、失踪していた真ん中の弟・俊二と再会する。正一と俊二は10年前、たった一度だけ抱き合った。そしてその直後に俊二は、正一のために家を出たのだ。
本田兄カップルの家庭内恋愛、描き下ろしを加えた新装版★☆★

■初出■
開いてるドアから失礼しますよ/MAGAZINE BExBOY(’02年1.3.9~10月号)掲載
開いてるドアから失礼しますよ♡ おまけ♡/描き下ろし
小間使いの日記/Guilty vol.1(’01年11月、心交社)掲載
※本書は2003年1月にビーボーイコミックス「開いてるドアから失礼しますよ」として刊行されたものに以下の作品を追加収録しました。
描き下ろし連動企画①俊二&正一編/描き下ろし

開いてるドアから失礼しますよ (ビーボーイコミックス)
←ちなみに旧ビブ版の表紙はこちら
 心なしか、新装版の方が、二人とも若返ってる…!?







--------------

「ドアシリーズ」のサイドストーリーとしてあまりに有名なこちらは、1冊丸まる本田家三兄弟の長男・正一と次男・俊二の禁断の恋のお話です!
頭にネクタイを巻き酒をあおる永井さんも好きですが(褒めてない?)、私はどちらかと言えばこちらのストイックな長兄・正一が好み♪

頭でっかちな長男肌で、職業もガッチガチな公務員(しかも、税務署員)。
真面目が服を着て歩いているような正一ですが、そのネクタイをきっちり締めた襟元の内側には、ほとばしる熱い情熱を抱え込んでいるのです

そして国内外を10年放浪し、各種特殊技能を身につけて堂々の凱旋?を果たした次男・俊二は、無精ヒゲを剃ると実は嫌味なくらいのいい男!
秘めた過去を抱きつつ、さりげなく兄のサポートにまわる姿がいい!
人当たりがよくて、軽く見えるんだけど、決めるところは決める。
さすが賢三の兄!って感じです。

この年になってきますと、勢いにまかせて兄弟の禁忌を犯してしまうというよりは(いや、犯してるんだけれども。)、じっくり時間をかけ、覚悟を決めて育もうとする二人の愛を、心底応援したくなるというものなのですね。

あ、そういえば。

井上さんが俊二を演じていたため、この作品は「ドラマCD 」も持っていました~!

ルボーサウンドコレクション 開いてるドアから失礼しますよ
ドラマCD 置鮎龍太郎 井上和彦 森川智之 鈴村健一 小西克幸 立木文彦 白石涼子 吉原ナツキ
マリン・エンタテインメント (2003-10-24)
売り上げランキング: 58681


ちなみにキャストは井上和彦(本田俊二)×置鮎龍太郎(本田正一)と森川智之(本田賢三)×鈴村健一(永井篤) の豪華版!!

井上さんが弟役っていうのに魅かれて購入したんですが、これは「当たり」でした~♪
井上さんのソフト、かつ、ちょっとやらしーい口調が、俊二にぴったりです!笑


税金のこともちょっぴり分かりますが、税金マンガではありませんよ!
理性と恋情の狭間で揺れ動く、義兄弟の切ない恋物語です。

山田ユギ『最後のドアを閉めろ!新装版』全2巻(リブレ出版/ビーボーイコミックス)

11/1は待ちに待った『最後のドアを閉めろ!2』と『開いてるドアから失礼しますよ』(BBC)の新装版発売日~♪
ということで、ファン待望の新装版発売を持って、ドアシリーズ、これにて完結です!!

最後のドアを閉めろ! 1 (1) (ビーボーイコミックス)
【1巻】
《泣いて笑って恋をして・・・男心が揺れるリーマンラブ!》

飲んでこの痛みを忘れたい!特別にかわいい後輩・斉藤が結婚し荒れる永井は、その夜、本田と飲み狂いうっかりホテルへ。「なぐさめセット」と称したキスに流されちゃって・・・。苦悩する永井に、今度はヨメに逃げられたと斉藤が泣いてすがってきて・・・。
どうなる3人の恋バトル!!大人気作品の新装版!



最後のドア2新装版
【2巻】
意外に嫉妬深い本田のせいか、優柔不断な永井のせいか、2人の毎日にはケンカが絶えない。
そう、大人気ない2人…今がチャンスだ斉藤(え?)! 
かけがえのないトキメキと、ジンと泣ける胸騒ぎ。
本田&永井+斉藤は永遠に不滅です!!! 
新装版は、42P+描き下ろし17Pを完全収録☆★



ダイジェスト/描き下ろし
ACT.6/MAGAZINE BExBOY('02年12月号)掲載
本田家3兄弟+永井 特別番外編/MAGAZINE BExBOY('03年12月号)掲載
ACT.7/MAGAZINE BExBOY('02年2月号)掲載
ACT.8/MAGAZINE BExBOY('02年7月号)掲載
ACT.9/MAGAZINE BExBOY('03年8月号)掲載(コミックス収録にあたり加筆)
FINAL ACT/描き下ろし
※本書は2004年6月にビーボーイコミックス「最後のドアを閉めろ!2」として刊行されたものから上記作品を抜粋。下記作品を追加収録しました。
BonusTrack1/MAGAZINE BExBOY('06年7月号)掲載
BonusTrack2/MAGAZINE BExBOY('04年12月号)掲載
BonusTrack3/MAGAZINE BExBOY('07年4月号)掲載
描き下ろし連動企画②斉藤編/描き下ろし
リクエストまんが p.95の真相/描き下ろし

--------------

私のリーマンもの好きの原点、「ドアシリーズ」!
この「最後のドアを閉めろ!」(新装版)の2巻で、何が楽しみだったかと言いますと、新装版の発売が決まってから、山田ユギさんがリブレ出版の「b-boy web」で、描き下ろしについての読者リクエストを受け付けて下さってたんですよ♪

それがこちら「リブレマンション山田ユギ先生の掲示板」。

何を隠そう、私もそれを知ってすぐにリクエストは「やっぱりあのシーン!!」との熱い思いを、この掲示板にぶつけたファンの一人です。笑

そして…。

願いがかなえられて、本当に嬉しいです~!
ユギさん、ありがとう!!
ファンからのリクエストが圧倒的に多かったシーンだそうです。
みんな、同じこと考えるのね。てへ。

さらに、新装版では2巻の表紙も描き下ろしになるというのも、掲示板での担当さんのお返事で教えて頂きました♪

最後のドアを閉めろ! 2 (2)
←ちなみに旧ビブ版の表紙はこちら

 こちらと比べると、新装版では「永井夢の3P」に、着実にむかっていってますよ!?
 新装版での斎藤の無邪気な笑顔が…怖い!!爆
 




「ドアシリーズ」は森川智之さん(本田)、鈴村健一さん(永井)、遠近孝一さん(斎藤)の熱演で稀に見る傑作との呼び声も高いドラマCDも発売され、今年2月にはOVA化も実現したユギさんの代表作。

ユギファンでなくとも、1度は抑えておきたいBLのあらゆる魅力がぎゅっとつまった作品です!

2007年10月購入

2007年10月の行き当たりばったりお買い物控えです!

【中古コミック】

こだか和麻「恋愛方程式 1」※1「NOT READY!?センセイ 1.2」
オノ・ナツメ「GENTE 1」
トジツキハジメ「初恋の病」
高永ひなこ「チャレンジャーズ」全4巻
夏目イサク「どうしようもないけれど 1」※2
石原理「電子少年1」「其は怜々の雪に舞い」
鹿乃しう子「こんな男に誰がした」「君さえいれば」「出来のいいキス悪いキス」文庫全2巻
さいとうちほ「少女革命ウテナ」文庫全3巻
小野塚カホリ「ゆびのわものがたり2」
やまねあやの「ファインダーの標的」「ファインダーの檻(ゲージ)」「ファインダーの隻翼」
庄司陽子「生徒諸君」文庫版1.2.6.10.11.12巻 ※3
麻々原絵里衣「ダブル・キャスト」
鈴木ツタ「あかないとびら」
内田かおる「それではみなさん。2」


※1「恋愛方程式2」は12/10リブレ出版より発売~~!
※2「どうしようもないけれど 2」は11月30日発売!
※3いつでも売ってそうなのに、いざ読みたいと思ったときにはなかなか手に入らないんですよね。


【新刊コミック】

石原理「セルナンバー8」「DAMPS完全版」「羊たちの番人2」(感想はこちら
こだか和麻「腐った教師の方程式」文庫全5巻(感想はこちら

【新刊エッセイ】

よしながふみ対談集「あの人とここだけのおしゃべり」

【中古BLCD・ビデオ】

ビデオ:「間の楔」「間の楔―完結編」※4
BLCD:「腐った教師の方程式」2・3※5

※4 塩沢さんのイアソンと関さんリキの組み合わせが最高です!泣けた…!!mikerisuさん、オススメありがとうございました!
※5 ただ井上さんの雅美が聞きたかった。笑
-----------

コミックスだけで40冊か…。
ここのところ買い控えていた反動が出てしまったわ~。

押入れの不用品を多少処分したので、まだしばらくはいけると思う!!
うん。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad