2007年08月

  1. 2007/08/30 今市子『僕のやさしいお兄さん 1』(芳文社/花音コミックス)
  2. 2007/08/27 アニメ「おおきく振りかぶって」第5話
  3. 2007/08/26 今市子『幻月楼奇譚 2』(徳間書店/キャラコミックス)
  4. 2007/08/24 稲荷屋房之介原作『百日の薔薇』ドラマティックCDコレクション(ムービック)
  5. 2007/08/22 「おおきく振りかぶって」1巻 ひぐちアサ(講談社/アフタヌーンKC)
  6. 2007/08/21 ある休日のBL本をめぐるひとコマ・・・
  7. 2007/08/11 鳥人ヒロミさんの「成層圏の灯」文庫版(新書館) 全2巻ゲット♪
  8. 2007/08/08 西田東『天使のうた 1』(新書館/ディアプラスコミックス)
  9. 2007/08/02 2007年7月購入

今市子『僕のやさしいお兄さん 1』(芳文社/花音コミックス)

チャラーーーン
おめでとう!連続刊行~~ッ!!
と、いうことで。
いささか興奮状態ですが、29日発売の今市子さん『僕のやさしいお兄さん』1巻(芳文社/花音コミックス)を読みました♪

僕のやさしいお兄さん 1 (1) (花音コミックス)
柏原聖(かしわばら・さとし)は、二丁目デビューした夜はじめて本当の恋を知った。お相手は‘千人斬り’と名高い二丁目の王子。でもキスをされた直後、父危篤の連絡が入り、聖はホテルを去った。ところが数日後、大人達の事情で同居することになった義理の兄・鉄平(てっぺい)が王子と同一人物だったのだ---!!! 突然始まったモテモテ禁欲同居☆にとまどう義兄弟ラブコメディ。描き下ろし入り。

■初出■
<第一話> 2005年花音10月号
<第二話> 2006年花音6月号
<第三話> 2006年花音8月号
<第四話> 2006年花音10月号
<第五話> 2007年花音4月号
描き下ろし

------------

ちょっと、ちょっと~!
帯がかかってて気づかなかったけど、さとぽん、パンツ見えてんじゃん。
今、Amazonの画像の表紙を見て気づいてしまいました。笑

で、書店ではこの帯に踊る「義兄弟たちラブコメ」なる言葉を目にして思わずニヤリ…。

BLで義兄モノと言えば、萩尾望都先生の『残酷な神が支配する』全10巻(ってこれはBLではないか。汗)、高口里純さんの『幸運男子(ラッキーくん)』全2巻、山田ユギさんの『開いてるドアから失礼しますよ』(←すでにすべて…古典!?汗)などが思い浮かびますが、好きです!
大好きなんです!
血のつながらない兄弟モノ!!

でも自分、ショタ、近○相○、拉致監禁…は3大苦手シチュなんです…。←ぬるい?

しかもかわいい・健気・意外と武闘派な主人公15才と、王子・変人・(なのに)意外と真人間な義兄24才!!
この年の差がまたいい感じ~


先日発売の『幻月楼奇譚2』(感想はこちら)に狂喜乱舞し、血圧も下がるヒマが無いままのこの新刊登場はファンにとっては本当に嬉しい限り!

カバーをめくった見返しの美しいカラーから匂い立つエロスに、ノックアウトされました~!

アニメ「おおきく振りかぶって」第5話

ちょうど「おおきく振りかぶって」の原作を読み出したので、たまっていたアニメを同時に見て行こうと思い立ち、今さらですが第5話を見ました~♪←ホント今さら

おお振り5話
第5話 『手を抜くな』
脚本:ヤスカワ正吾 絵コンテ:松本 淳 演出:松本 淳 作画監督:古瀬真弓

両チーム無得点のまま迎えた三回。三星学園の投手・叶は、三橋を意識するあまり徐々にペースを崩し、コントロールが乱れ始める。西浦高校はこのチャンスを活かし、4回の表に4番田島のツーベース、続く花井の犠牲フライで2点を先取し、勢いにのる。一方、三橋には元チームへの明らかな未練が見られた。そんな三橋に、「本当は三星に戻りたいのでは?」と疑う阿部だったが……。

-----------

う~ん、叶くん、いいよッ!いいッ!

改めて叶くんの生真面目さに惚れました。
それでこりゃ、あれですね。
お相手は織田くんだ。
うんうん。
畠…じゃないよね。汗


やはりアニメは試合の様子が手に取るようにわかっていいですね。
臨場感ばっちりです。
阿部くんの出すサインや、モモカンのサインなんかも、細かくきっちり考えてあるんですね~。
感心してしまいました。

そして花井くんの放った犠牲フライの際に見せてくれた、田島くんの見事な俊足。
彼の魅力を余すことなく伝えてくれました~♪
ホームインの無邪気な姿に田島の性格がよく出てて、好きなシーンです。

「三橋はいいピッチャーなんだ!」
繰り返す叶くんの必死の訴えに、はじめて本気で三橋と戦う気を見せた三星ナイン。
「お前のほうがいいピッチャーだ」と、言い切る畠もなかなかです。

さ~、面白くなってきたよ!←モモカン風にゾクゾクしてみました。笑

今市子『幻月楼奇譚 2』(徳間書店/キャラコミックス)

「鶴来屋の若旦那ったら、幻月楼の男芸者に入れあげてましてね。通っちゃあ ふられ、通っちゃあ ふられで、ここんところは手のひらでいいように転がされてるって話でございますよ…。」

と、いうことで。

今市子さんの『幻月楼奇譚』(徳間書店/キャラコミックス)の第2巻がやっと発売されました~!

幻月楼奇譚 2 (2) (キャラコミックス) (キャラコミックス)
老舗高級味噌屋の若旦那・鶴来升一郎(つるぎしょういちろう)は、 
名だたる「道楽息子」で器用貧乏の変わり者。
そんな彼のご贔屓は、物の怪が見える曲者の幇間・与三郎(よさぶろう)。
今日も吉原の料亭「幻月楼」で言い寄るけれど、二人の逢うところ、なぜか不思議な事件が巻き起こり…!?
げに怖しきは人間か妖しか──人気シリーズ第2弾!! 

■初出■
其ノ伍 Chara 2005年8月号
其ノ六 Chara 2006年4月号
其ノ七 Chara 2006年12月号
其ノ八 Chara 2007年6月号
あとがき/描き下ろし 
-------------

巷で今市子さんといえば、『百鬼夜行抄』がドラマ化するなど、ホラー漫画で一世を風靡した作家さんだと思われている方も多いと思います。
他の作品を読んでみようと思い立って、実はBL作家さんだったと知って驚いた方も少なくないでしょう。

実は私もそんな一人。

『百鬼』のカラーがあまりにも美しくて、読んでみたいと思って調べてみて思わず狂喜した思い出があります。笑

ですから、初めての作品には迷わずBLを選びました。
それが『いとこ同士』(2002年ムービック版・2006年フロンティアワークスから再販)。
表紙の2人のイラストに魅かれて読んだのですが、初期の作品を集めたものでしたので(同人誌再録もあり)、今思うと今市子作品の出発点としてはちょうどよかったのかも。

何重にも張られた伏線。
行ったり来たりする時系列。
多数の登場人物etc,etc。

・・・の特徴により、今さんの作品を「読みにくい」をおっしゃる方もいらっしゃるようですが、どっこいそれが今市子作品ならではの味わい。

一度知ってしまうと、癖になります。

そんな今さんの作品の中でも『幻月楼奇譚』は№1に好きな作品。
『百鬼』のホラーテイストと、時代背景、BL感の絶妙なバランスがなんとも良いのです。

それになんと言っても、若旦那と与三郎が…!!
若旦那と、よ・さ・ぶ・ろ・う、が~~~~ッ!!!(叫)

と、まぁこれが気になって気になって、3年に1冊の発売を今か今かと心待ちにしてしまう力がある『幻月楼奇譚』。←ホント、BL読みって気が長くなりますね。

2人の関係にちょっと変化を感じた第2巻です。

稲荷屋房之介原作『百日の薔薇』ドラマティックCDコレクション(ムービック)

え!?
クラウスの声、井上さんがやってるんだ!?

と、相変わらず世間の皆さんよりもかな~り遅れて仕入れた情報に狂喜し、『百日の薔薇』ドラマCD(ムービック)を即効ゲット☆

Dramatic CD Collection 百日の薔薇
『Dramatic CD Collection 百日の薔薇 』
原作 : 稲荷家房之介
刊行 : オークラ出版(アクアコミックス)
発売日:2007年06月29日
レーベル:Dramatic CD Collection

我が騎士。お前の命運を支配するのは、私だ。
気高く美しい指揮官・タキと彼に忠誠を誓う騎士であり気性の荒さから『狂犬』と呼ばれるクラウス。敵国の軍人同士でありながら主従の契りで結ばれているふたりだが、周囲の目はさまざまな危惧や心配から冷ややかだった。純粋に想いあいながらも戦況の激しさに伴い過酷になる恋の行方は―――!? 息詰まる大河ロマンがついにドラマCD化!

【出演】
タキ・レイゼン:千葉進歩、クラウス・フォン・ヴォルフシュタット:井上和彦
スグリ:秋元羊介、ハセベ:広瀬正志、ウエムラ:加藤亮夫
トリエダ:宮澤正、ハルキ・ヤマモト:重松朋、クロウディア:武田華
幼少時のタキ:中野さゆり、アズサ:山中真尋、ダテ:佐々木大輔
モリヤ:フルヤミツアキ、少年:金田アキ、店主:蓮岳大
中隊長:川原慶久、学生:川野剛稔、士官:御園行洋

【内容】
1. 狂犬
2. なきごえ
3. 花の下で
4. 敵襲
5. 騎士を支配するもの
6. 浅ましい行為
7. メイデン・ローズ
8. 尋問

発売日: 2007年06月29日  
収録時間: 56分07秒  トークなし

-----------------------

普段ほとんどドラマCDなるものは聞かない私ですが、井上さんが出演しているとなると思わず触手が動きます!
(と言っても、他に持っているのは『開いてるドアから失礼しますよ』(=本田家次男)と『西洋骨董洋菓子店』1~4(=チィ)だけなんですが~。ささやか。そして、ものすごい偏食。汗)

BLって、漫画で読むにはまったく恥ずかしいとは思わないんですが、ドラマCDはな~んか駄目なんですよね~。

そう。
は、恥ずかしいんです!

目から入る情報は理性で整理しているみたいなのですが、耳から入るとなると、どうにもこうにも微かに残った「乙女の恥じらい」を直球でえぐられちゃうようなんです。きゃ

でも、そんな羞恥心をかなぐり捨てて、その声に噛り付かされてしまうのが井上さんの

しかも、あの「百日の薔薇」(漫画の感想はこちら)のクラウス役だなんて~!!

今作でもその魅惑のヴォイスに心奪われました~

「おおきく振りかぶって」1巻 ひぐちアサ(講談社/アフタヌーンKC)

今年も「熱闘!甲子園!!」がタイムリーに繰り広げられている中、やはりこの作品はハズせません。

小学生の頃に読んだ水島新司さんの「ドカベン」、「野球狂の詩」、そしてあだち充さんの「タッチ」以来、久々に野球漫画に浸っています!

それが巷で話題騒然、アニメも絶好調!なひぐちアサさんの「おおきく振りかぶって」(講談社/アフタヌーンKC)です。

おおきく振りかぶって (1)
「オレ……オレ……がんばってるって思う?」
絶対に面白い高校野球漫画。
オレらのエースは暗くて卑屈(ひくつ)。
勝つために、弱気なエースのために。
行け、オレら!
読むとためになり、しかも血湧き肉躍り涙する。
連載中から人気沸騰、本格高校野球漫画!
2004年3月23日第一刷発行

---------

かな~り話題に乗り遅れながらも、気になっていたこの作品。
初めは書店の「お試し読み」で1巻をざっと読んで、次に録画したアニメを数ヶ月遅れでチェックし、今やっと原作を読みました。←相変わらず遅ッ!

中学時代はヒイキでエースだったという負い目から、自分に全く自信がもてず性格も暗い三橋。
中学野球部の仲間からも疎まれ、エスカレーター式の三星学園への進学をやめ、越境して入学した西浦高校の硬式野球部に入部することに。
そこで情熱ある百枝監督や、理論派キャッチャーの阿部、ありのままの三橋を受入れてくれる仲間たちと出会い、ピッチャーとしての自信を取り戻していきます。

登場人物の個性豊かな描写と、分かり易く解説してある野球理論によって、野球経験者も、そうでない人も存分に楽しめる野球漫画。

「野球って、いいわ!」

日本人の野球好きなDNAを刺激してくれる作品です。

ある休日のBL本をめぐるひとコマ・・・

いや~、やっとお盆休みが明けて主人が会社に行ってくれました!

あんまり長いお休みも我が家にとっては考えもの。
お盆休み後半、することが無く暇を持て余した主人が私の蔵書を漁り始めた!

ひえ~~!
さすがに主人にはBL三昧の日々は隠しておるのです~!

うだるような暑さの日曜日、和室で昼寝をしている主人の横で私はHちゃんから借りている「鋼の錬金術師」を一心不乱に読んでいました。
(ちなみにこの時点では2度目の読み返し。マイベストカップルはヒューロイに決定。)

と、主人がおもむろに寝返りを打ったかと思うと、開け放っていた押入れに無造作に突っ込んである数々の紙袋の一つに手を突っ込んだ!

意表をつかれた私があっけに取られたこと、コンマ数秒。
そこから引っ張り出した手に掴まれていたのは・・・神楽坂はん子さんの「駅から5分」!!

「いや~~、何すんのよ~~!!」
思わず叫んで、主人の手からそれを奪い取る私。
同時に「よかった~、これで・・・」と安堵する心の声。

だって、「駅から5分」は表紙がBLくさくないんですもん。

「だって、暇で。なにか貸してよ」と、主人。

おぉ!これはめずらし~!
だってうちの主人が私の蔵書に興味を持つなんて、普段あり得ないので。
なぜなら彼は、「女性の描く漫画が読めない」と公言して憚らないのです。

「じゃあ、これ読めば?」と、手許の「ハガレン」をすかさずオススメ。
すると、大人しく1巻を手に取り読み始めた。

だがしかし、2~3ページ読んだところで「やっぱ、駄目。これ、描いてるの女の人じゃない?」

す・・・鋭い!!

普段「昼行灯」な感じの主人ですが、なぜか女性作家の作品(漫画)に関しては異常に鋭い嗅覚を持っています。
荒川弘さんが女性だとはなかなか見抜けないと思ったのに~、侮れないヤツめ~!

「私、基本的に女性作家さんのしか持ってないから、貸せるの無いよ。」
と、答えたら大人しく諦めたようで、最近はまり出した藤原周平を読み始めました。

この一件で学んだことが2点。

1:蔵書の整理をきちんと行う必要がある
2:人間、好き嫌いは本能でかぎ分ける


今回はたまたま私が横にいて、さらに取り出したのが「駅から5分」だったけど、その紙袋にはBLがぎっちり詰まっていたのですよ。
というか、押し入れ中の10数個に及ぶ紙袋は、中身がほぼBL本なんですよ!
また、これから主人が好奇心で私の蔵書を点検する日が来るかもしれない!

いや~、でもそれはマズイ!!
さすがに主人にだけは、ぶっちゃける気にはならないわ!!
隠せるなら一生隠しておきたいのです。

でも、ここで基本的な疑問が。
一体他の主腐の皆さんは家族の目からどうやってBL本を隠してるんだろう??
どなたか、いいアイデアがあったら教えて下さい。
ちなみに、我が家は押入れの紙袋以外にも、クローゼットの衣装箱3ケースはBL本で埋まっています・・・。

なにはともあれ。

これから安心して毎日を送るためにも、押入れ内の緊急整備を自らに発令。
ああ、でも、毎日こう暑くちゃ、そんなことやる気にもなんないよ~!

押入れの神様、ヘルプ!←現実逃避

鳥人ヒロミさんの「成層圏の灯」文庫版(新書館) 全2巻ゲット♪

待ちに待った鳥人ヒロミさんの「成層圏の灯」文庫版全2巻(新書館)が入荷との知らせが、やっと来ました~♪

ふふふふ。
うれしー

近所の書店ではなかなか(BLの)欲しい新刊が手に入らず、市をまたいで何軒も梯子するはめになるので、最近もっぱら愛用しているのが「セブンアンドワイ」の発送サービス。
こっちの方が確実で、早い。

amazonと違って自宅まで届けてはくれませんが、指定したセブンイレブンでの受け取りが可能で、なんといっても中身が店員さんには「分からない」というのがよい!笑

別に今さら書店で「通常なら人に見られるのも恥ずかしい表紙」を差し出すことには何の抵抗もありませんが、コンビニでとなると話は別・・・でしょう?

しかも、amazonだと¥1500以上購入しないと配送料がかかってしまうのに対し「読みたいものを料金に関わらず1冊から無料で」受け取り店舗まで届けてくれるこのサービスのほうが、私には向いています。(¥1500以上購入すれば自宅まで配送です)

受け取りは仕事のある日は通勤途中のセブンイレブン、休日だったらご近所のセブンイレブン、と使い分けています。


だがしかし、今回はとある問題が!!

実は11日からしばらくお盆で東北の実家に帰省する予定で、近所に届いてもすぐ読めない!
しかし、せっかくだからすぐ読みたい!

そうだ、セブンイレブンだったんだ!!

ということで、実家の近所のセブンイレブンで受け取ることにして、一件落着。
今回ばかりは全国展開のコンビニパワーに感謝、感謝です。

8/8にメールで商品入荷のお知らせがあって、11日には店舗で受け取り可能のお知らせ(登録すれば携帯にメールが来る親切さ)がありました。

10日発売予定だったから、1日の遅れか~。
でも、暑い中バカ高いガソリン代かけて書店梯子すること考えたら、このサービスさまさまです♪

これからもお世話になります!

西田東『天使のうた 1』(新書館/ディアプラスコミックス)

すご~~く楽しみにしていた西田さんの新刊!
『天使のうた』(新書館/ディアプラスコミックス)を読みました~♪

天使のうた 1 (1) (ディアプラスコミックス)

最愛の妻と子供を事故で失い、人生に希望を見出せない医師・ミシェル。ある日ゲイストリートに迷い込んだ彼は、かつて知り合いだった少年を目撃する。その少年・アレックスは美形の音楽家、クリストフ・アドラーの息子。アレックスのことを相談しにクリスの楽屋を訪れたミシェルが目にしたのは、男と戯れるクリスの姿だった——。

■初出■
「天使のうた」Dear+ 2006年6.7.9.11.12月号掲載
「見守る者」 描き下ろし

---------

ご覧下さい、この麗しい表紙を
まず2人が素晴らしい。
その色合いも、ベルベッドの風合いまで感じられるようです。

そしてもちろん、ストーリーも期待を裏切りません・・・!!

う~む。
確実に進化しています!

西田先生~、こうなったらどこまでもついて行きますぞ~!

2007年7月購入

2007年7月のいきあたりばったりのお買い物控えです!

【中古】

児島かつら「蜂蜜の味」(感想はこちら)「Sweet(同人誌)」「Onde Anda o MeuAmor(同人誌)」
ヤマシタトモコ「くいもの処明楽」(感想はこちら
総領冬実「チェーザレ」1.2巻
今市子「砂の上の楽園」文庫版「夜と星のむこう1」
高口里純「バラと最悪の魂」1巻
尾田栄一郎「ONEPIECE YELLOW」
小野塚カホリ「そどむ―完全版」上下巻(感想はこちら
成田美名子「NATURAL」4巻
トジツキハジメ「前略(Dear)」
灰原薬「とかげ」2巻
オノナツメ「さらい屋五葉」1巻

【新刊】

尾田栄一郎「ONEPIECE」46巻(感想はこちら
木下けい子「キスブルーⅡ」
草間さかえ「夢見る星座」※予約通販でやっと手に入りました~♪(感想はこちら

計19冊。

なんだかモレもある様な気がしますが、夏休みに入ってしまうと必然的に息子(小2)の目があり、漫画を漁るのも(オレにも買ってとうるさい)読むのも(さすがに目の前でBLは読めないため、代替で?ハガレン読んでます)差し支えてます…。

6月に買いすぎてるので、こんなところでしょうか。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad