[大人コミック]二ノ宮知子

  1. 2009/06/30 二ノ宮知子『のだめカンタービレ』10~21巻まで一気読み!
  2. 2007/02/06 二ノ宮知子『天才ファミリー・カンパニー スペシャル版』幻冬舎コミックス

二ノ宮知子『のだめカンタービレ』10~21巻まで一気読み!

コミックが巴里編に入ってしばらくしてから、千秋とのだめのラブッぷりが鼻に付くようになって(我ながら狭量・・・)、一時読むのを止めた二ノ宮知子さんの『のだめカンタービレ』 (講談社コミックスKiss) 。

巻数もかなり進んだので、改めて10巻から挑戦してみました!

のだめカンタービレ (10) (講談社コミックスKiss (505巻))こんなに笑えるクラシック音楽があったのか!?

のだめ王国の住人たち ジャン・ドナデュウ
「誰も僕にはかなわない!いつか世界は僕のもの!!」
千秋&のだめ、ヨーロッパ上陸!!
クラシック音楽の聖地に旅立った千秋とのだめ。期待と不安に胸を躍らせながらパリでの生活が始まった。早くも指揮者コンクールに挑む千秋とはうらはらに、のだめはホームシックに……!?新たな仲間とライバルに出会ったふたりの新楽章が幕を開ける!!

-------------

フランスの白王子こと、ジャンのお声が…アニメでは帝王でしたね。笑
アニメ「のだめカンタービレ 巴里編」公式サイト

アニメはこれまでも見ていなかったのですが、第1話の視聴を見てみたらハリセンが中井さんだったり、キャストを確認してみたら、のだめ父が大川さんだったり、ユンロンが日野さんだったり、オリバーが安元さんだったりしていて、今さらながら驚きでした。苦汗

第3弾が今秋から始まりますが、果たしてS台ではやるのだろうか…。

と、まあそれはさておき。

漫画です。

せまい日本を捨て…いえ、抜けて、欧州留学に旅立った千秋とのだめ。
10~21巻では、巴里での苦労と努力、そして相変わらずの2人の関係が描かれます。

ここまで千秋がのだめにぞっこんだなんて…!!

と、驚きの巴里編でした!

二ノ宮知子『天才ファミリー・カンパニー スペシャル版』幻冬舎コミックス

『天才ファミリー・カンパニー スペシャル版』全6巻(幻冬舎コミックス)を読みました。
Kちゃん、いつも買ったばかりの漫画を気前よく貸してくれてありがとう!

ただいま真っ盛りの二ノ宮知子さん!!
大ブレイク中の『のだめカンタービレ』(講談社)は2002年1月に第1巻が発売されてます。

さかのぼってこちら「天ファミ」は1994年12月~2001年春まで「きみとぼく」(ソニーマガジンズ…すでに廃刊)に連載されていました。
このスペシャル版はコミックス部門を受け継いだ幻冬舎から2003年に発売されています。

天才ファミリー・カンパニー―スペシャル版 (Vol.1)
二ノ宮 知子
幻冬舎コミックス
売り上げランキング: 43372


あら、このメガネの彼、知的でなかなかいい雰囲気だわ~♪
と不純な気持ちいっぱいで表紙を開くと、二ノ宮さんのコメントが載っています。

「天才ファミリー・カンパニー」は若い人に向けて描いたお話です。95年ごろの日本を振り返りつつ、読んで頂けたらな、と思います。



ふむふむ。
1995年というと、新卒で入社した会社を3年勤めたので退社し、半年間ぷらぷら過ごし、年末に金欠に困って慌てて派遣登録した会社から外資のPC会社を紹介されて即効飛びついた…という年だったわ。
おっと、日本を振り返らずに自分を振り返ってしまいました。
というか、95年の日本に対する記憶なんて皆無ですって!!

そういえば、当時妹がさくらももこさんの『コジコジ(COJICOJI)』グッズを集めていましたよ!思い出した!これも「きみとぼく」に連載されていたんですよね。

コジコジの可愛さに気を取られて、当時漫画への興味が魔法(呪い!?)によって消されていた私の記憶にはまったく残っていなかった「天ファミ」…。
ぜひリアルタイムで読みたかった!!

さすが「のだめ」の作家さんは常に時代を先取りする「天才」なんだな~、と納得の面白さです♪

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad