[少女マンガ]末次由紀

  1. 2008/09/15 末次 由紀 「ちはやふる 1・2」 (Be・Loveコミックス)

末次 由紀 「ちはやふる 1・2」 (Be・Loveコミックス)

何度読み返しても読み飽きない面白さですよ~!
ということで、末次 由紀さんの 「ちはやふる」 1・2巻 (講談社/Be・Loveコミックス)を読みました!

ちはやふる 1 (1) (Be・Loveコミックス)
その札は、きみがくれた情熱。
百人一首競技かるたに魅せられた千早の想いを描く、注目度No.1ストーリー!!

小学6年生の千早が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新(あらた)。大人しくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中になって札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは、千早のずば抜けた「才能」だった――。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!


ちはやふる 2 (2) (Be・Loveコミックス)
今も昔も変わらない、たった31音の恋物語。
日本最古の文化系スポーツ――それが、百人一首競技かるた!!

新、太一とともに挑んだ小学校最後の団体戦。
それぞれの道が待つ、春のせつなさを知った卒業式。
抱えきれない想いを胸に、千早は高校生になった。
離れていても、私たち三人のかるたに対する情熱は変わらない。
そう信じていた千早だったが、昇級を報告しようとかけた電話で、
新から思いがけない言葉を聞く―――。
私たちはかるたでつながっている―ー。千早たちの切なる想いがきらめく第2巻!!

-------------

1巻が出たときにかなり評判が良かったので、チョー久しぶり!
に、今時の少女マンガを手にとったのがこの作品でした。
(でも、「BE・LOVE」に連載ってことは、少女が対象の漫画じゃないのでしょうか…??汗)

「競技かるた」なんてほんのかけらほどの関心もなかったのに、読み出してすぐに物語に引き込まれました。

しかも…
1巻では主役3人が、小学生~!!

我ながらこれにはびっくり。
子どもの頃だって、同年代が主役の漫画なんて読んじゃいなかったよ…。
(あ、『あさりちゃん』があったか。汗)

2巻のあたままでが「小学生編」。
以降、中学時代をスキップして「高校生編」が始まります。

ここでは、「努力」「友情」「勝利」という古典的な3大テーマがキラキラとまぶしく輝いていました!

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad