[大人コミック]よしながふみ

  1. 2008/11/21 よしながふみ『きのう何食べた?2』(モーニングKC)
  2. 2008/06/05 「きのう何食べた?」週刊モーニンクNO.27 2008年06月05日(木)発売号掲載
  3. 2007/11/26 よしながふみ「きのう何食べた?」#9 週刊モーニングNO.51 掲載
  4. 2007/11/22 よしながふみ「きのう何食べた?1」(講談社/モーニングKC)
  5. 2007/10/22 「きのう何食べた?」#7 &11/22コミックス1巻発売!! 
PREV→

よしながふみ『きのう何食べた?2』(モーニングKC)

どちらにするか悩みましたが、やっぱこっちでいっかな~。

と言うことで、よしながふみさんの『きのう何食べた?2』(講談社/モーニングKC)を読みました!

きのう何食べた? 2 (2) (モーニングKC)

食べるは、幸せ。
 
グリーンアスパラのからしマヨ合え、鮭のみそホイル焼き、セロリと牛肉のオイスターソース炒め、黒みつがけミルクかんてんetc.……
おウチで食べよう。


■初出■
2008年 モーニング8号・21/22合併号・27号・30号・35号・40号・45号・48号に掲載
--------

限定版」には“特製ビニールカバー”(台所でも使える防水仕様)&ポストカード3種が付いるそうですよ。
ビニールカバーは市販のものでいいし、ポストカードもケンシロでは…(失礼)ということで、今回は通常版をご近所で購入して来ました。(BLじゃないのですぐ買えました♪笑)

天下のモーニング誌上でゲイカップルの日常を綴るという、一見無謀な挑戦に見えたこのお話も、単行本で2冊を数えることになりました。
感無量であります。

そんな2巻を読んで思ったことですが…

ますますレシピ本化が進んでますよね!?(1巻の感想はこちら

料理の手順まで細かくイラスト(漫画)で描かれていて、下ごしらえの仕方もバッチリ。

分量も二人暮らしにはもってこいの内容ですよ!
新婚家庭の奥さん!!

今回も、食材を余すところなく使いたがったり、一緒の鍋で下茹でを全部済ませてしまおうとしたり、めんつゆも便利な調味料として活用してたり、ざっくりした作り方がわかればあとはアレンジして自分好みに作ったり、イチイチ計量なんてしなかったり、材料や外出の予定にあわせて2日分まとめて作ったり、「(やりたいやりたくないに関わらず)毎日料理をしている人間」には、かなり共感するところの多い内容でした。笑

さらに、洗濯排水の漏れを片付けてるところ!!
このくだりでうちの旦那はまさにシロさんの元彼と同じタイプというところに、ため息をつきたくなり…。
人間、一緒に暮らしてみないと何気に本当の部分が見えて来ないので、日本もフランスのように婚前同居が当たり前になればいいと思うんですよね。
いや、そろそろ当たり前になって来ているのかな?

よしながさんはひとつ下の妹と同じ年ですが、年齢的な問題(若い頃と同じ食事で太ってくるとか、量が食べられなくなってくるとか、親の病気や介護が発生してくるとか)がテーマの回もあって、共感できる部分も多いなぁ、とも。

そして、日々の暮らしの中で「食べること」とはいかに大切な行為なのか。
シロさんの手際のいい料理を見ながら、しみじみ考えさせられました。

食べること=生きることなんだって、この年になるとわかるものなんですよね~。

で。
ツナサラダにお砂糖入れるってのは、人生ではじめて聞いたのでびっくり!
これってポピュラーな味付けなんですか?
美味しいんだろうか…。

それにしても日々バラエティに富んだメニューが並ぶシロさんちの食卓を見るにつけ、ケンちゃんの幸福がねたましい~。
「ただいま」って帰ったら「ご飯出来てるよ~」って生活、心底うらやましいです。

人の作ったご飯って本当に美味しく感じるよな。
料理をしない旦那を持った主婦10年目のつぶやきです。笑

「きのう何食べた?」週刊モーニンクNO.27 2008年06月05日(木)発売号掲載

久々に発売日にモーニングの「なに食べ」をチェックしてみました。
ああッ!でも、一体何話だったのかがわからない~!!
たぶん#12か13位ですか!?

モーニング№27表紙
「きのう何食べた?」
(週刊モーニング№27 2008年6月5日号掲載)

志乃の秘密って!?
大人気月イチ連載表紙で登場!!

バター不足、北京オリンピック、猛暑、ユーロ高、メタボリック…ところで、きのう何食べた?
(表紙より転載)
---------

確かに、バター不足もオリンピックも猛暑も原油高もメタボリックも気になるけど、なんと言っても今夜のおかずが気になるよね~。
と、妙に納得のお言葉でした。笑

法律事務所のシロさんの天敵?志乃さんの「秘密」がとうとう明らかにッ!!
いや、普通にけっこうびっくりしました。
なんだか泣かせるし…。

でも、確かに贅肉って何のことだかわからない時代が私にもあった。
過ぎ去りし青春の日々よ…。

さて。

今週のメニューはこれまた参考になりましたね。
アクセントとしてちょっと加えたいけれど、使い回しがけっこう難しい上級食材。
セロリ』がお題。

ミネストローネには欠かしたくないけど、それだけだと大抵余ってしまう。
アレンジするにもサラダやマリネばかりで、もう一ひねり欲しい。

食材を腐らせることを何よりも嫌がる史郎にとってさえ、セロリはかなりハードルの高い野菜だと判明。
余すことなく使い切るためのアレンジ方法を志乃さんに聞いて、早速実践する様子が・・・
ほんと、えらいよね~!←私、野菜室でダメにするの得意なので…。汗

旦那がセロリが嫌いなので、結婚以来買ったことないです。
でも、私はけっこう好きな野菜なので、今度ぜひ「牛肉(の細切れ)とセロリのオイスターソース炒め」に挑戦してみようっと♪
だって、オイスターソースもナンプラーに次いで、ダメにする調味料なので~。

それから、ポテトサラダのじゃがいもは、茹で上げたら、ボールの中で水に晒した玉ねぎとあえつつ菜ばしで皮を剥く、ってのが新鮮でしたね。←難しそうだけど。これだと玉ねぎの甘みが増す…気がするそうです(byシロさん)
私は粉ふき芋にしてから作ってたんですけど、皮付きで茹でたほうが栄養が逃げないですよね。

あと、胡瓜は割れないように塩をまぶすだけってのも、へ~って感じでした。
ガシガシ塩もみしてたわ。
料理って、ホントに人それぞれなんですね~。

って、普通にレシピ本として活用しまくってますが、私本当に料理ダメダメなので助かってます。
なんだか申し訳ない。汗

よしながふみ「きのう何食べた?」#9 週刊モーニングNO.51 掲載

単行本1巻(感想はこちら)の発売日に、本誌にも掲載されていたんですね~。
ということで、よしながふみさんの「きのう何食べた?#9」(週刊モーニングNO.51 2007年11月22日(木)発売号掲載)をやっと読みました!

モーニング№51表紙 
世界中で二人しか知らない思い出の味、思い出の時間。

←なんか、このオレンジ色、書店ですっごい目を引いてましたね~。
普段、モーニングは素通りしてしまう人でも、思わず手に取りたくなるような。第一話が掲載された時のターコイズブルー(こちら)に匹敵するインパクト!
でも、生活観も否応なく増してってますね…。

----------


いつもは月末掲載なのに、単行本発売記念で掲載が早まったために、発売日にチェックし忘れちゃいましたよ!
ちぇ。

それはともかく。

ここに来て、やっとシロちゃんとケンちゃんの“出会い編”が描かれましたね!

そして、今週はうれしはずかし「クリスマスディナーメニュー」!
シロちゃんが腕によりをかけて作ってますよ~♪

凝ったイタリア料理がメインなだけに、いつもよりレシピが詳しかった!!笑
でも、こんなの自宅ではきっと作りません。
てへ。

このメニューまで単行本に載ってた方が、レシピ本としては時期的にも完璧だったかも!?←注:レシピ本ではありません

よしながふみ「きのう何食べた?1」(講談社/モーニングKC)

うわ~、やった~!!
実はいつも立ち読みしちゃってるので(すみません)、コミックス化を「今か、今か、」と待ちわびておりました♪

ということで、よしながふみさんの「きのう何食べた?1」(講談社/モーニングKC)を読みました!

きのう何食べた?1
これは、都内某所2LDKに男二人暮らしで住む、筧史朗(弁護士)43歳と矢吹 賢二(美容師)41歳の「食ライフ」をめぐる物語です。
ちなみに1ヵ月の食費は2万5千円也。

【MENU】
鮭とごぼうの炊き込みごはん/いわしの梅煮/たけのこ と がんも と こんにゃくの煮物/栗ごはん/トマトとツナのぶっかけそうめん/鶏肉のオーブン焼き/ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み/いちごジャム


-------------

ひと目コミックスの表紙を見て、なごんじゃいました~。
ケンちゃんのくまさんのスリッパ…!!
お気に入りなんだろうね。

と、思ってページをめくると、ちゃんと連載1回目の表紙見開きでもこれ、履いてるんですね。
さすがです~。


美味しそうなご飯とシロさんとケンちゃんの愛あふれる日常をあたたかく描いたこの漫画。

個人的にはレシピ本として大いに期待しておりました!!
シロさんが(よしながさんが?)作り出す献立は一汁三菜なんて当たり前。
驚くべきはメインに対して付け合せる、おかずの取り合わせの妙!!

主腐・・・いえ、主婦として毎日台所に立っていますが、ここまで手の込んだ献立を作るのははっきり言って出来ませんから!←開き直り

それだけに、読み返してみて、また感嘆しきりでありました。

それと、お買い物のシーンのリアル感や(底値買いは当たり前よね)、シロさんがご飯作る前にエプロンしめて「よし!」って言うところなんか、本当に毎日台所立ってる感じがよく出てて、共感出来ます。

あと、言い尽くされてると思いますが、ほんと、よしながさんの描く食べ物は美味しそうなんだよね~。
エッジのたった盛り付けも美しい
小野さん(by「アンティーク」)の作るケーキの数々も、そのエッジの効いたデザインがとても素敵でしたが、これは普通の日常のご飯なのにね~。
よだれ・・・。

で、各回の感想は逐一書いてきましたので(こちら)、今さら申し上げることもありませんが(おい)、今回コミックスを読んでみて、気付いたことが。

何と、第8話を本誌で見落としていた…!!
あれれ~??

しかも、シロさんのご両親が登場する、貴重かつ重要な回でしたね。
身内にゲイというマイノリティが存在する事実との葛藤や、とまどいがすごくリアルに描かれていて、軽いタッチなのに、すごくテーマは重たいことを再認識しました。

私も息子に「ゲイだから」ってカミングアウトされたら、驚き、とまどって、訳の分からん対応をしちゃいそうです。
壷は買わないと思うけど…。


あ!!
そういえば、今日月末の木曜じゃん!!

コミックスに気を取られて、今日発売のモーニング、またチェックしそびれた~!!涙

「きのう何食べた?」#7 &11/22コミックス1巻発売!! 

先日「アンティーク―西洋骨董洋菓子店―」の韓国での映画化の話にびっくりして記事を書いていて(こちら)、ふと思い出しました。

そうだよ。
前回の「きのう何食べた?」の感想忘れてたよ。
25日に次の号出ちゃうじゃん…。汗

いえ、前回のが決して面白くなかったわけじゃないですよ!
ただ先月末は面白い新刊のラッシュで~~~、えへへへ。←誤魔化してみた

ということで、「きのう何食べた?」第7話は、シロちゃんと、そのクライアントさんのお話でした。
シロちゃんは弁護士さん。
そのくせにこれまで料理する姿しか見たことがなかったのは、気のせいではないですよ?笑

シロちゃんの弁護士事務所に、ある日男性のDV被害者が相談に来ます。
そう「男性の被害者」です。
仕事に対して、クライアントに対して誠実に対応するシロちゃん。
男は顔じゃないっていう、よしながさんのメッセージも伝わって来て、心に残りました。

その回のメニュー、秋の味覚・さんまの塩焼きと一緒に…。

そしてケンちゃんは、これまでもかいがいしくお仕事してました。
さらに、嫉妬もかいがいしい。
弁護士が相談に来るクライアントをいちいち気にしてたら、仕事になるまいよー。
シロちゃんの日常の苦労が垣間見えて、面白かったです。


で、前々からレシピ本として欲しいと騒いでいたこの漫画。
いよいよ11/22に第1巻が発売です!

思ったよりも早い刊行で嬉しいです♪
何がいいって、主菜・副菜がきちんと考えられたレシピっていうのが主婦には嬉しいんですよね。
楽しみだわ~。

ところで、週刊モーニングの「きのう何食べた?」コーナーの【なにたべ公式ブログ】。

なにたべブログバナー


担当さんが日常で食べたものをひたすら記録していってるだけなんだけど、けっこう興味深いです。
人の食生活って、その人の「生」を感じますね。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad