[BLコミック]高口里純

  1. 2007/06/10 高口里純「美しい美しい美しい」(太田出版/Fx COMIX)

高口里純「美しい美しい美しい」(太田出版/Fx COMIX)

高口里純さんの「美しい美しい美しい」(太田出版/FxCOMIX)を読みました!

美しい美しい美しい

「美しい美しい美しい」#1~#4
「マンガ・エロティクスF」2006年vol.38~vol.41掲載

【同時収録】
「after story」(描きおろし)
「白い指の悪魔」(「マンガ・エロティクスF」vol.43収録)


冷めた瞳の男子高校生・晃(こう)と、彼の前にあらわれた、別れた彼女の兄・秋生(あきお)。彼は、妹と同じ桜貝のような美しい爪をしていた。晃は、自分を「汚い」ものと嫌悪する秋生に次第に興味を持ちはじめ、二人の心が交差してゆく。少年二人の「二度とは戻らない、青い季節」を描く、センシティブ&エロティックストーリー。


-------

1985年、角川書店から発行された月刊「ASUKA」(現在は「Asuka」)創刊をリアルタイムで経験し、「花のあすか組!」に大変なインパクトを受けました。

だから高口里純さんと言えば、少女マンガ界の大御所!のイメージが強かったのです。

けれど。

近年BL作品を読み返すようになってすぐ、あの山田ユギさんは「高口組」の出身で、つまりは高口さんはユギさんのお師匠さまだということを知り、愕然としたものです。

今までもあちらこちらで見かける作品が多作、かつジャンルの間口も広い作家さんだとは思っていましたが…。
いつの間にかに「本格的BL作家さん」に転向されていらしたんですね~。

そんな高口さんの最新刊「美しい美しい美しい」。

オジさま大好きな高口さんが描く高校生同士の純情は、あくまで耽美な世界に存在していました。

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad