[BLコミック]小野塚カホリ

  1. 2007/07/21 小野塚カホリ『そどむ―完全版』上下巻(講談社/KCデラックス)
  2. 2007/03/19 小野塚カホリ「美剣士」(マガジン・マガジン/ジュネコミックス)

小野塚カホリ『そどむ―完全版』上下巻(講談社/KCデラックス)

待ちに待って「復刊ドットコム」にもリクエストしていたのに…
いつの間にか再販されていた「そどむ―完全版」上下巻 小野塚カホリ(講談社)を読みました~!

そどむ 上 完全版 (1) (KCデラックス)そどむ 下 完全版 (3) (KCデラックス)
幼い頃、母親に手ほどきを受けたピアノ。今はもう見たくもない。指だって動かない。あれほど練習したのに。里香子でもない、柿崎でもない、知花でもない。葉二の求める愛はどこにあるのか。里香子が自分と対峙した時、葉二が過去と対峙した時、奇蹟は起こる!? 6年の歳月を経て、小野塚カホリ幻の最高傑作、ここに完結。

小野塚カホリ幻の最高傑作完全版
6年の歳月を経て「そどむ」完全単行本化
小野塚カホリ初の長編600p超を2冊に収録
●ラスト7話と番外編1話を初単行本化
●雑誌掲載時の扉絵をすべて収録
●描き下ろしカラーイラストページ

----------------------------------

先日またしても状態のいい(←ここポイント)中古本を求めて行きつけのブクオフを徘徊。
「今日は収穫なしか、チッ」
と、やさぐれつつ帰ろうかと思った矢先、レジ横の“オススメコーナー”に視線をくれると…。
黒地の表紙に蛍光カラーの文字も鮮やかな「そどむ―完全版」が、2冊仲良く並んでるじゃぁないですか…!!!

「うっそ!いつ出てたの!?」
と、心拍数も急上昇!!
奥付を見ると…うわ~、5月に再販されてたんだ~!
定価1冊=¥1200!?
た、…高ッ!!

…しかも、もうブクオフに並んでるって…。

さらに表紙の葉二と理香子が、ぜんぜん別人みたいに線ががっちりしていて、あやうく見逃すところでした。

連載は終了していても3巻が発売未定のままで、2巻以降の展開がずっと気になっていた「そどむ」。

小野塚さんがBL作品から現在のスタイルに移行する丁度中間地点辺りともいえる作品ですが、今回初めて通して読んで抱いた感想は我ながらちょっと意外なものでした。

小野塚カホリ「美剣士」(マガジン・マガジン/ジュネコミックス)

小野塚カホリさんの「美剣士」(マガジン・マガジン/ジュネコミックス)を読みました!

美剣士
江戸末期。戸山藩五万石の小姓を勤め、大鳥家の家督を継ぐ身分である菊之助と、下級武士ながらその剣の腕を買われ剣術指南役として城中に出入りしていた大月重四郎は師弟の間柄にあった。ある夜重四郎が藩を出奔したことを聞きつけた菊之助は、自らその捜索役を願い出る。「鬼ゆり峠」で雲助の用心棒に身を落としている重四郎を見つけた菊之助だが、その頭である定次の策略により監禁され手篭めにされる…。その姿を目の当たりにした重四郎のとった行動とは…!

-------------

こちらは団鬼六氏著「鬼ゆり峠」にインスパイアされて、小野塚さんが自らBLむきに仕立て直した作品とのこと。BOY'Sピアス2006年3~11月号に掲載されました。

小野塚さんの時代物と言えば、「」「美少年」(マガジンマガジン)、「我れに五月を」(新書館)などが思い浮かびますが、いずれも近代が舞台です。ご自身も仰るとおり江戸モノは始めての挑戦とのこと。

いつものスタイリッシュな現代モノも魅力ですが、着物に脇差、大仰な台詞回しに侍・前髪若衆姿の主役2人もたいへん魅力的でした!

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad