[大人コミック]槇村さとる

  1. 2007/02/16 槇村さとる「Do Da Dancin’! -ドゥ ダ ダンシン-」(集英社ヤングユーコミックス)既刊9巻

槇村さとる「Do Da Dancin’! -ドゥ ダ ダンシン-」(集英社ヤングユーコミックス)既刊9巻

槇村さとるさんの「Do Da Dancin’! -ドゥ ダ ダンシン-」(集英社ヤングユーコミックス)既刊9巻を読みました!
この作品は2001~2005年にかけて「YOUNG YOU(ヤングユー)」に連載。
バレエ漫画大好き♪なYちゃんが、「SWAN」(感想はこちら)に引き続き貸してくれました。

Do Da Dancin’! 1 (1) 
魚屋の1人娘・桜庭鯛子(さくらばたいこ)は、幼い頃からバレエを始め、将来を嘱望されていたが14歳で母親を事故で亡くして以来、バレエへの真の情熱を失っていた。でも、踊ることが好きな鯛子はバレエから離れることもできない。
自分の踊りを見出せないままいた鯛子の前に、ある日世界的に成功しているダンサー・三上朗(みかみあきら)が現れ、鯛子のバレエへの情熱が再び沸き立ってくる…。

-----------------

漫画から遠ざかっていた間にも、たま~にチェックしていた雑誌がありました。それが、「YOUNG YOU」。
少女マンガを本屋で立ち読みするにも、ましてやジャンプは人前ではいかがなものか、と思っていた10代後半から20代半ばつまり女子大生~OL時代、チラチラとチェックしていた唯一の漫画雑誌でした。
1986年の創刊から20年。
休刊はさみしい限りですが、「コーラス」と「YOU」にその精神は引き継がれるということなので、今後はそちらで多くの名作を生み出してくれることと思います。

さて、槇村さとる先生!(公式HPはこちら
この作品連載中に、漫画家デビュー30周年を迎えてらしたんですね!
「おめでとうございます~♪」

抜群のデッサン力と、ストーリー展開の巧みさはまさに職人気質
いずれの作品でも安心して読み、泣き、笑い、感動できる作家さんです。
主役の女の子もキュートでお洒落。
すぐにでも真似したい可愛いコーディネートが大好きです♪

ダンスものをお描きになることも多いですが、実はわたしは槇村作品ではこの漫画が初めて。
やっぱり、絵が上手くなくては肉体美を表現するバレエ漫画は楽しめません!
そういう点でもこの作品は大満足!

主人公鯛子ちゃんの気持ちに寄り添って、バレエへの、そして朗への揺れる想いにドキドキしましょう!

  Template Designed by めもらんだむ RSS

special thanks: web*citron, ARCHIMIXDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


FC2Ad